ココナッツオイルでいつものご飯がカロリーオフできるの?!

ココナッツオイルを入れて炊くだけで、いつものご飯がカロリーオフできると話題となっています。

しかし、そんなに簡単なことで、果たして本当にカロリーが減るのでしょうか。

ここでは、なぜココナッツオイルご飯がダイエットに向いているのか、効果的な作り方や食べ方、保存方法などについてご紹介いたします。

ダイエットの参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

体に優しいダイエット!味噌汁と牛乳のカロリー・レシピ

ダイエットや筋トレをしていると、食材やおかずのカロリーに敏感になりますよね。美しく、あるいはた...

カロリー消費をして食べ物の摂取カロリーを少なくできる?

ラーメン、寿司、焼き肉など、カロリーの高い食事をした後にはいつも後悔が残りませんか?カロリー...

カロリー低いフルーツを食べて美味しく綺麗になりましょう!

フルーツといえば、美味しくてビタミンが豊富。美と健康のために、積極的に摂り入れたい食材ですよ...

1日の摂取&消費カロリーの目安!ダイエット中の女性は必見

カロリーは、ダイエットや健康に日々大きく関わってきます。1日の摂取カロリーと消費カロリーは、...

マヨネーズを使うレシピをカロリーオフするためにできること

かけたり、和えたり、ソースを作ったり、マヨネーズはレシピが豊富ですね。しかしレシピによっ...

米麹と酒粕、甘酒には2種類?スーパーフードと言われる理由

甘酒は「飲む点滴」と言われるほど豊富な栄養が含まれています。甘酒は酒粕と米麹、2つの種類の甘...

食生活改善でダイエット!脂肪を減らしていくにはこれはNG?

食生活改善で余分な脂肪を減らして、健康的に痩せたいですね。ところが、世の中にはこれはいかがな...

りんごでカロリー制限!噂の夜りんごダイエットとは?

みなさんは夜りんごダイエットというダイエット方法の存在を知っていますか?実は、りんごはダイエ...

朝食抜きは太る?効果的なダイエットの為に玄米を食べよう!

その日の元気の源を作り出してくれるのは、朝食ですよね。朝食、昼食、夕食と一日3回食事をする事は...

枝豆はカロリーが低くてダイエットに最適って本当なの?

夏から秋にかけての旬といえば、枝豆ですよね。最近は芸能人の方が「枝豆ダイエット」に成功したこと...

美肌・ダイエット等に効果的と昨今世間で話題の甘酒麹レシピ

女性を中心に健やかな肌作りやダイエット、また便秘解消効果などで話題の甘酒。しかし、麹で作られ...

砂糖やバターを減らしてカロリーオフ!おいしいおやつレシピ

疲れた時、友達と集まった時、おいしいおやつはマストですね。そんな時に食べておいしいのは、...

ダイエットに役立つ!油を分解してくれる飲み物は?

油っこいものを食べすぎたとき、この油を流し去りたい!と願ったことはありませんか?人間だれしも、太...

ご飯をカロリーオフできるしらたき。味や作り方、保存方法も

おいしいおかずに欠かせないのは白いご飯ですよね。箸が進むとつい「もう1杯!」とおかわりを...

ウォーキングを楽しもう!カロリー計算を歩数から行うには?

ウォーキングを運動として定期的に行っていらっしゃるかたも、少なくないかもしれませんね。モチベー...

スポンサーリンク

ココナッツオイルがダイエットに向いている理由

ココナッツオイルでご飯がカロリーオフできることをお話しする前に、そもそもココナッツオイルはどうしてダイエットに向いているのかをお話しいたしましょう。

実は、ココナッツオイル自体は高カロリーなのです。

大さじ1杯で、ご飯のお茶碗1杯強のカロリーがあります。

それなのになぜダイエットに向いているかというと、すばやくエネルギーとして分解され、体に溜まりにくい性質があるからです。

大豆油やコーン油など一般的な植物油は、体に摂取されると肝臓や筋肉、脂肪組織に入り、必要に応じてエネルギーに変換されますが、それ以外は蓄積されます。

しかしココナッツオイルは肝臓に入って3時間後には燃焼のピークを迎え、10時間以内にほとんど全てが分解されてしまうのです。

そのため太りにくいというわけです。

なぜココナッツオイルでご飯がカロリーオフできるの?

ではなぜ、ココナッツオイルがご飯をカロリーオフするのか、その仕組みをお話しいたしましょう。

ご飯は炭水化物ですからデンプンでできています。

デンプンには吸収されやすい消化性デンプンと、吸収されにくい難消化性デンプンがあり、ココナッツオイルを加えるとご飯の難消化性デンプンが増えて吸収されにくくなるために、血糖値を上げて脂肪として溜まることがなく、結果的にカロリーが減るのです。

これはスリランカの研究グループが発表したもので、タイムやワシントンポストが取り上げたことで広く話題となりました。

お米を炊くときにココナッツオイルを入れ、炊けたご飯を12時間以上冷やすことで、さらに難消化性デンプンが増えます。

そのため炊きたては食べません。

炊けたら小分けにしてラップにくるみ、冷蔵庫でまずは冷やします。

食べるときは冷ごはんでも、レンジでチンして温めてもOKです。

糖質が体に吸収されにくいことから、糖質オフダイエットをしているかたにもピッタリのダイエット方法といえるでしょう。

ココナッツオイルご飯で本当に50%カロリーオフできるの?

ここまでココナッツオイルご飯でカロリーオフができることをご説明しましたが、50~60%もカロリーが減らせるという情報があります。

果たして本当にそこまでカロリーが落ちるのでしょうか。

スリランカの研究を見てみましょう。

まず、用意されたのは38種類のお米です。

それぞれにココナッツオイルを入れ、8つの調理法で炊いたところ、最も成績の良かったお米と調理法で50~60%カロリーダウンしましたが、その他は10~12%しかカロリーが減りませんでした。

しかも38種類のお米はスリランカのお米です。

細長いインディカ米が主流で、日本の丸い粘りのあるお米とは性質が異なります。

さらに50~60%カロリーが減ったのは、沸騰したお湯にココナッツオイルを入れ、そこに洗ったお米を入れて炊くという調理法でした。

炊飯器を使うやり方とはだいぶ異なります。

ですから私たちが普段食べているお米でも、50~60%カロリーが減るせるかといったら、それはハッキリと肯定はできません。

しかし、38種類すべてのお米で1割程度はカロリーが減ったのですから、ココナッツオイルでご飯のカロリーオフができるのは本当だといえます。

ただし、日本米での正式なデータはまだありません。

そのため、日本米でのココナッツオイルご飯は、正確にはカロリーオフできるともできないともいえるのです。

それでも芸能人をはじめ多くの女性が、ココナッツオイルご飯でダイエットに成功しています。

ダイエットの一つの方法として取り入れてみてもいいのではないでしょうか。

カロリーオフなココナッツオイルご飯の基本の作り方

それでは、カロリーオフなココナッツオイルご飯の作り方をご説明いたしましょう。

上述したスリランカでは、カップ半分のお米に対し、小さじ1杯のココナッツオイルを加えます。

お米を研いだら鍋で炊飯用のお湯を沸かし、ココナッツオイルを加えて研いだお米を入れて炊きましょう。

2合のお米を炊くなら水の量は400~450ml、3合なら600~650mlが目安です。

炊き上がったらタッパーに移し替え、12時間以上冷蔵庫で冷やし、食べるときはレンジでチンしていただくといいでしょう。

冷えたものを再加熱しても、難消化性デンプンに変わりありません。

スリランカではご飯は鍋で作りますが、私たちは炊飯器で炊いても大丈夫です。

お米を研いだら目盛り通りの水を入れ、1合につき小さじ2杯のココナッツオイルを加えて普通に炊きます。

炊きあがったら冷蔵庫で半日以上冷やしてからいただきす。

炊飯器で炊くとお釜にココナッツの香りがこびりつくので、一回ピラフなどを炊いて香りを消してから、次の白米を炊くといいでしょう。

ココナッツオイルの風味を生かしたおいしいカロリーオフご飯のレシピ

ココナッツオイルご飯はココナッツの甘い独特の香りが食欲をそそりますが、実は苦手と感じる人も多いようです。

そんなかたのために、香りが気にならないご飯のレシピをご紹介しましょう。

おいしく、楽しくカロリーオフができるガーリックライスです。

【材料】

・基本の冷えたココナッツオイルご飯 茶碗1杯分
・オリーブオイル 大さじ2杯
・にんにく 1片
・塩 適量
・黒コショウ 適量
・醤油 小さじ1/2杯

【作り方】

①にんにくの半分をみじん切りにし、もう半分をスライスします。

②フライパンにオリーブオイルを入れて、スライスしたにんにくを入れます。

③にんにくに色が付いたら取り出し、みじん切りしたにんにくと、冷えたココナッツオイルご飯を入れて炒めます。

④塩と黒コショウで味付けをし、風味づけに醤油を回し入れます。

⑤皿に盛って、③のスライスにんにくを飾って出来あがりです。

にんにくで炒めるだけなので簡単にできます。

このガーリックライスにカレーをかけると、とてもおいしいガーリックライスカレーになります。

ガーリックライスにしなくても、基本のココナッツオイルご飯にカレーは相性がバッチリです。

特にエスニックなカレーとは好相性なので、ぜひ一度お試しください。

ココナッツオイルご飯のかしこい保存方法は?

ココナッツオイルご飯は一度に炊いて、小分けにして冷凍保存することをおすすめします。

12時間以上冷やすことで消化性デンプンが難消化性デンプンに変わるのですから、冷凍しても同じです。

食べる分だけチンしていただけばOKです。

カロリーオフに変わりはありません。

上述したようなチャーハンにするときは、予め解凍してから使いましょう。

また、ココナッツオイルご飯を作るときに、肉や野菜、コンソメと一緒に炊けば、ピラフになります。

肉の代わりに魚介類を使えばシーフードピラフに、カレー粉を加えればおいしいカレーピラフが出来上がります。

こうして炊き上がったピラフを1食分ずつ小分けにして冷凍しておけば、忙しい時にチンするだけで食べられるのでとても重宝します。

ぜひお試しください。

ココナッツオイルご飯はダイエットの補助としての利用を

ココナッツオイルは確かにご飯のカロリーを減らしますが、1~2割程度だとするとあまり大きな期待はできません。

それでもご飯は毎日食べるものですから塵も積もれば山となるので、カロリーが少しでも減ればトータルとして大きな結果となるでしょう。

しかし、ココナッツオイルは油なので、摂りすぎは禁物です。

ダイエットの補助として上手に使いましょう。