玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

余ってしまった蕗味噌はどうする?便利な冷凍保存の方法とは

      2018/05/30

余ってしまった蕗味噌はどうする?便利な冷凍保存の方法とは

春の到来を告げる蕗の薹は、冬の終わりを感られる代表的な山菜の一つです。

一般的に、蕗の薹と言えば天ぷらとして食べるのが定番ですが、食べきれない、使いきれない量がある場合には、蕗味噌にしてしまう方もいるでしょう。

しかしながら、蕗味噌を作っても一度に全部を食べきれるものではありません。

そんな時は、冷凍保存が一番です。

この記事では、最善な蕗味噌の冷凍保存についてご説明していきます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

美肌は食から!食生活改善でニキビや毛穴の開きを解消しよう

肌の悩みで最も多いといわれる、ニキビや毛穴の開き。 効...

「玄米or5分づき米」どちらを食べる?栄養面の違いとは?

栄養がたっぷり含まれたお米となると、玄米を選択して食べた...

食生活改善は妊娠した時がチャンス!妊婦が摂るべき栄養は?

食生活改善は、変えようと思ったとき、または変える必要にか...

玄米に小豆を入れて一緒に炊いたご飯にはどんな効果がある?

玄米は体に良いご飯として人気がありますよね。 これに小豆...

味噌を容器に入れるとき、保存に大事なことはなんだろう?

味噌を美味しく保存するためには、容器だけではなく、保存す...

玄米?それとも3分づき米?栄養面ではどちらを食べるべき?

玄米には栄養がたっぷりと含まれているので、体内に栄養素を...

一食700カロリーの食事を目安にカロリーをコントロール!

1回の食事を700カロリーに抑えることを目安にすれば、カロ...

昔なつかしいポン菓子のカロリーは玄米で作るとどれくらい?

スーパーのお菓子コーナーで、ポン菓子を見かけることがあり...

味噌を熟成して3年経ったものこそ、いい効果が得られる!?

「3年味噌」で、パソコンやスマートフォンの検索エンジンに...

硬い玄米に小豆を加えて土鍋で炊くと、ふっくらつやつやに!

体に良い栄養がたくさん含まれているといわれる玄米は、太り...

カロリーが気になる!お菓子対策はざっくり計算して意識する

大好きなお菓子をついつい食べ過ぎてしまって、あとから後悔...

玄米餅の作り方が簡単にできる炊飯器のもち米モードを紹介

普通のお餅は白米のもち米を使いますが、玄米餅はもち玄米を...

ダイエット中に気になるカロリー!一食分の摂取目安とは!?

ダイエットをする時、まず気になるのはカロリーです。 性...

栄養豊富で体に良い酒粕は、カロリーが高くて太るって本当?

飲む点滴と話題になった甘酒の原料である酒粕には、発酵食品...

体に良いと評判の大豆だけどカロリーが高くて太るって本当?

畑の肉と呼ばれ、昔から私たちの食卓には欠かせない存在だっ...

糖質のカロリーをエネルギーに!おにぎりの具で上手に消費

コンビニで簡単にお昼を購入しようと思い、おにぎりかサンド...

1000キロカロリーの一食は多い?摂ったら動いてしっかり消費

私たちが一日に最低限、何もせずに必要とするエネルギーを基...

雑炊のカロリーってどれくらい?ダイエットに向いているの?

冬の寒い日やお酒を飲んだ後にいただく雑炊は、体にしみわた...

アボカド一つの栄養とカロリーは?おすすめの使い方教えます

野菜売場にはアボカドがありますね。 大体一つずつ購入で...

例えばバナナ50gは?人気の果物の気になるカロリー目安!

バナナやりんごなどの果物は、みなさんが好んで食べるフルー...

スポンサーリンク


春の味覚の蕗味噌!まず蕗の薹について知ろう!

蕗味噌の冷凍保存についてご説明する前に、まずは、春の味覚である蕗の薹について知っていきましょう。

早春を代表する蕗の薹は、古くから日本人には馴染みの深い野草で、独特な香りと苦みを持ちます。

ハウスで栽培されている蕗の薹は、大体12月頃から流通し始めますが、全国的には天然物が多いです。

天然物の蕗の薹は、地域の気候にもよりますが、暖地は雪が解け始める1~3月を通して、寒冷地では3~4月に土手や水辺に顔を出します。

産地としては、全体の約30%を群馬が占めており、北海道、岩手、山形、福島、秋田、長野などが挙げられますが、主に寒冷地のような東北地方の方が、蕗の薹が育つ環境に適していると言えます。

ほのかな苦みが栄養の理由!蕗の薹の栄養と効能

蕗の薹と言っても、あの特有の苦みが苦手という方も少なくないと思います。

しかしながら、蕗の薹には体に良い栄養成分が豊富に含まれています。

では、一体どのような魅力的な栄養成分があるのでしょうか。

・フキノリド

これが蕗の薹の香りの成分なのですが、胃腸の働きを促し、消化液の分泌を助けてくれるので、消化を促進してくれます。

・フキノール酸、ケンフェロール、植物アルカロイド

蕗の薹が持つ苦みの成分で、強い抗酸化作用があるポリフェノールの一種です。

特に、フキノール酸は花粉症や咳止めにも予防効果が期待できます。

・ビタミンE 

抗酸化作用が強いため、肌や細胞の老化予防、アンチエイジングを促します。

また、女性ホルモンのバランスを調整し、更年期障害を予防し、更には血行を良くして冷え症を改善する傾向もあります。

・ビタミンK

「止血のビタミン」とも呼ばれており、血液の凝固を正常に機能させる作用があります。

また、健康的な骨作りのサポートを施し、骨粗鬆症の予防にも繋がります。

・カリウム

過剰なナトリウム(塩分)や老廃物、水分を排出する作用があるので、むくみを軽減させる効果も期待できます。

・食物繊維

腸の調子をサポートし、便秘解消にも効果的で、満腹感も得られるとしてダイエットに有効です。

さらに、血糖値を抑える働きがあるため、糖尿病の改善にも期待があります。

他にも多くの栄養が豊富ですので、非常に魅力的な山菜ですよね。

蕗の薹の栄養知識を得たところで、いよいよ蕗味噌の冷凍保存についてお話していきます。

食べきれない蕗味噌は冷凍保存!

蕗味噌と言えば、細かく刻んだ蕗の薹を、焼き味噌や練り味噌と合わせた定番料理です。

そもそも、蕗の薹はレシピのレパートリーが少ないですが、蕗味噌は作り方も簡単で、ご飯にのせて食べると絶品ですよね。

そこで、作り置きたい蕗味噌ですが、やはり冷凍保存が一番長期保存ができます。

保存パックなどの密封した袋に小分けにして保存すれば、なんと1年も保存が利きます。

保存する際は、まとめてパッキングすることもできますが、小分けに袋詰めした方が、食べる時には一番使いやすいでしょう。

解凍方法は、自然解凍か電子レンジでチンしてくださいね。

なお、注意したいポイントとしては、しっかりと密閉して保存することです。

密閉の状態が甘かったりすると、冷凍庫の臭い移りに繋がりますし、冷凍焼けの原因にもなります。

長期的で美味しい蕗味噌を味わうためには、密閉をしっかりして保存してください。

また、冷蔵保存をしたい場合は、賞味期限は大体10日から2週間ほどになりますが、できるだけ風味や香りを楽しみむためには、できるだけ早めに食べた方が良いですね。

ただ、冷蔵保存をする方法は、熱湯消毒をした瓶や容器などに入れて保存してください。

蕗味噌だけじゃない!蕗の薹でも冷凍保存は可能

たくさん頂いたり、たくさん採れてしまった蕗の薹。

前述した通り、蕗味噌にしても冷凍保存は可能ですが、蕗の薹のままでも冷凍保存することができます。

では、どのように蕗の薹を冷凍保存すればいいのか、ご説明していきます。

①加熱

蕗の薹を冷凍する場合は、必ず加熱処理をしてください。

加熱処理によって、蕗の薹の持つ酵素が不活性化され、蕗の薹の独特な苦みも比較的抜くことができます。

しかし、この加熱処理を怠ると、酵素の活性が残ってしまい、冷凍保存された蕗の薹は色も風味も変化してしまいます。

加熱処理は沸騰水で行います。

蕗の薹は軽いために、表面に浮いてきてしまうので、しゃもじなどで軽くかき混ぜるようにしましょう。

蕗の薹を入れて、再び沸騰しましたら、沸騰が少し続く程度に火を弱めてください。

加熱の時間は3分程でOKです。

②水にさらす

加熱処理が終わったら、お湯から水に移します。

蕗の薹の香りとアクを抜くために、かき回しながら水を何回か変えてください。

その方が、流し水よりも効果的です。

蕗の薹をさらしている水が、緑褐色から淡い黄緑色になるのを目安にアク抜きをしてください。

③水抜き

水にさらした蕗の薹を、ふきんに挟み、水を絞ります。

その際は、蕗の薹が潰れないように注意してください。

④冷凍保存

蕗味噌と同様に小分けし、水分が逃げないようにポリエチレン製の袋などに入れてください。

入れる際は、できるだけ空気を抜きましょう。

⑤解凍

自然解凍が良いですが、急ぎの場合は袋に入れたままお湯に浸してください。

以上が蕗の薹の冷凍方法になります。

蕗の薹の場合、冷凍保存は2~3か月を目途にしてくださいね。

蕗の薹を美味しく食べたい!食べ頃って?

蕗の薹は、調理しても生のままでも、冷凍保存が有能だということが分かりましたね。

次に、蕗の薹の食べ頃についてお話します。

蕗の薹の旬の季節、せっかくですから、一番美味しい食べ頃が知りたいですよね。

基本的には、花が咲く前の、つぼみの状態で食べられることが多いです。

というのも、つぼみの状態はまだ日光を浴びていないために黄色く、苦みが少なく柔らかいので、天ぷらや蕗味噌、お浸しとして最適です。

一方で、日光を浴びて花が開いていくと、色が緑に変わり、苦みが増していきます。

ですから、苦いものが得意ではない方々は、若いつぼみの状態で調理した方が無難ですね。

ただ、地方によっても違いがあるようで、東北地方ではあえて花が開いてから食べるという、通な方々もいるようです。

冷凍保存で長く楽しめる蕗の薹!しかしそんな蕗の薹には毒がある?

栄養満点な蕗の薹ではありますが、実は、そんな蕗の薹にはちょっと怖い毒性が含まれています。

毒性についてですが、ペタシテニン、別名フキノトキシンという有毒物質によるもので、肝毒性が強いと言われいます。

過剰に摂取してしまうと、肝癌といった肝臓にダメージを及ぼす危険性があります。

ただ、そんなに大量の蕗の薹を食べる機会もないかと思われますので、普通に食べる分には影響はありません。
また、その毒性を逃がすために、調理前にアク抜き処理も行っています。

万が一、蕗の薹を食べ過ぎてしまい、体に異常を感じた場合には、早めに病院に受診してくださいね。

蕗味噌でも、長期的に冷凍保存ができるからと言って、食べ過ぎには注意が必要ですね。

基礎知識を大切に、春の味覚を楽しもう

蕗味噌や天ぷらで、いち早く春の訪れを感じられる蕗の薹。

冷凍保存にも利き、栄養価も高い一方で、少し怖い毒性も含まれていたりと、やはり食べる前には基礎知識が欠かせませんね。

一年を通して流通する時期は短いですが、せっかくの早春の山菜ですから、性質や調理法をよく知った上で、蕗の薹を楽しみましょう。

 - その他食材