玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

自分で作れる!簡単!本格!おいしい味噌ラーメンの作り方

      2018/05/26

自分で作れる!簡単!本格!おいしい味噌ラーメンの作り方

寒い冬など、無性に味噌ラーメンが食べたくなることって、たまにありませんか?

外出するのが面倒な時、自宅で作ることができたらうれしいですよね。

しかし、味噌ラーメンを作るのは、なんだか難しそうで、ハードルが高い気がしませんか?

意外ですが、味噌ラーメンを作るのは、それほど難しくありません。

ここでは、自宅で作れる味噌ラーメンの作り方やアレンジ方法、さらには味噌ラーメンを低カロリーで食べる方法などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

体に良い玄米の家庭での炊き方をご紹介!3合なら水加減は?

健康に良いといわれる玄米ですが、ご家庭でも簡単に炊けること...

玄米のびっくり炊きとは?圧力鍋を使ってもうまく炊けるの?

体に良いといわれる玄米ですが外皮が硬く、食べるとポソポソし...

ダイエットで健康改善!コンプレックスから解き放たれよう!

ご自身で何かを感じ、ダイエットを決意することが多いですが、...

玄米に虫が付いた!ダニ?付けないための保存の工夫を紹介

家で保管している玄米などの穀類に虫が付いてしまった、とい...

美肌は食から!食生活改善でニキビや毛穴の開きを解消しよう

肌の悩みで最も多いといわれる、ニキビや毛穴の開き。 効...

「玄米or5分づき米」どちらを食べる?栄養面の違いとは?

栄養がたっぷり含まれたお米となると、玄米を選択して食べた...

食生活改善は妊娠した時がチャンス!妊婦が摂るべき栄養は?

食生活改善は、変えようと思ったとき、または変える必要にか...

玄米に小豆を入れて一緒に炊いたご飯にはどんな効果がある?

玄米は体に良いご飯として人気がありますよね。 これに小豆...

味噌を容器に入れるとき、保存に大事なことはなんだろう?

味噌を美味しく保存するためには、容器だけではなく、保存す...

玄米?それとも3分づき米?栄養面ではどちらを食べるべき?

玄米には栄養がたっぷりと含まれているので、体内に栄養素を...

一食700カロリーの食事を目安にカロリーをコントロール!

1回の食事を700カロリーに抑えることを目安にすれば、カロ...

昔なつかしいポン菓子のカロリーは玄米で作るとどれくらい?

スーパーのお菓子コーナーで、ポン菓子を見かけることがあり...

味噌を熟成して3年経ったものこそ、いい効果が得られる!?

「3年味噌」で、パソコンやスマートフォンの検索エンジンに...

硬い玄米に小豆を加えて土鍋で炊くと、ふっくらつやつやに!

体に良い栄養がたくさん含まれているといわれる玄米は、太り...

カロリーが気になる!お菓子対策はざっくり計算して意識する

大好きなお菓子をついつい食べ過ぎてしまって、あとから後悔...

玄米餅の作り方が簡単にできる炊飯器のもち米モードを紹介

普通のお餅は白米のもち米を使いますが、玄米餅はもち玄米を...

ダイエット中に気になるカロリー!一食分の摂取目安とは!?

ダイエットをする時、まず気になるのはカロリーです。 性...

栄養豊富で体に良い酒粕は、カロリーが高くて太るって本当?

飲む点滴と話題になった甘酒の原料である酒粕には、発酵食品...

体に良いと評判の大豆だけどカロリーが高くて太るって本当?

畑の肉と呼ばれ、昔から私たちの食卓には欠かせない存在だっ...

糖質のカロリーをエネルギーに!おにぎりの具で上手に消費

コンビニで簡単にお昼を購入しようと思い、おにぎりかサンド...

スポンサーリンク


基本的な味噌ラーメンの作り方

では、基本的な味噌ラーメンの作り方をさっそくご紹介していきましょう。

【材料(2人分)】
・豚ひき肉 100g
・ネギの白い部分 5㎝
・ネギの青い部分 10㎝
・生姜 1片
・にんにく 1片
・中華麺 2玉
・豆板醤 小さじ1/2
・ごま油 小さじ2
・バター 15g

【★】
・味噌 大さじ3
・酒 大さじ1
・みりん 大さじ1
・しょうゆ 小さじ1
・鶏ガラスープの素 大さじ1
・水 800cc

【作り方】

1.野菜を切る

にんにく、生姜、ネギの白い部分はみじん切り、ネギの青い部分は小口切ります。

2.炒める

鍋にごま油を投入し、にんにく、生姜、ネギの白い部分、豆板醤を入れ、香りが出るまで炒めます。

そこに豚ひき肉を加えて炒め、豚ひき肉の色が変わったら味噌の1/3を入れさらに炒めます。

3.水と調味料を加える

【★】を加えて煮立たせます。

4.灰汁をとる

沸騰すると灰汁が出るので、その度灰汁をとります。

5.味噌を加える

一旦火を止めて、味噌を加えます。

味噌が溶けたら、再度火をつけて、沸騰させないように軽く加熱していきます。

6.麺を茹でる

麺を表示通りの時間で茹でます。

7.盛り付け

器に茹で上がった麺を入れ、スープを注ぎ、お好みの具材を盛り付けて、ネギを散らし、最後にバターを乗せたら完成です。

案外、簡単にできますよね。

自分で作るラーメンはおいしそうじゃないですか?

ぜひ一度、味噌ラーメンを作ってみましょう。

簡単な味噌ラーメンの作り方

さきほどは、基本的な味噌ラーメンの作り方についてご紹介しました。

ここでは、時間をかけずにできる、簡単な味噌ラーメンの作り方をご紹介します。

【材料(2人分)】
・味噌 小さじ4
・麺つゆ(3倍濃縮) 大さじ2
・鶏がらスープの素 小さじ2
・砂糖 小さじ1/2
・生姜(チューブすりおろし) 小さじ1/2ほど(お好みの量)
・にんにく(チューブすりおろし) 小さじ1/2ほど(お好みの量)
・ラー油かごま油 少々
・お湯 400ml

【作り方】

1.スープを作る

丼に、お湯以外の材料すべてを入れてよく混ぜ合わせます。

そこに、お湯を少しずつ入れて溶かしながら混ぜていきます。

2.麺を茹でる

麺を表示通りに茹でて、「1」の丼に入れたら完成です。

基本的な味噌ラーメンの作り方より、だいぶ作業数が少なく、とても簡単ですよね。

ここに、自分好みの具を入れると、さらにおいしさがアップし、見た目にもいいです。

このレシピの材料だと、もともと家にあるものが多いのではないでしょうか。

この簡単な味噌ラーメン作りに、ぜひチャレンジしてみてください!

本格的な味噌ラーメンの作り方

これまでは、基本的な味噌ラーメンの作り方と簡単な味噌ラーメンの作り方をご紹介してきました。

基本、簡単ときたら、本格のラーメンの作り方も知りたいという方もいるのではないでしょうか。

そこで、ここでは本格的な味噌ラーメンの作り方をご紹介していきましょう。

鶏がらや豚骨を使った本格的な作り方なので、分量は今までよりやや多めになります。

【材料(8人分)】
・鶏がら 2羽分
・豚骨 1袋(適宜)
・生姜すりおろし 大さじ1
・ニンニクすりおろし 大さじ1
・ごま油 大さじ4
・味噌 300g
・醤油 15g
・みりん 40g
・酒 40g
・だしの素 大さじ2

【作り方】

1.ガラスープを作る

大きい鍋にお湯を沸かして鶏がらと豚骨を入れ、霜降りになるように軽く湯がきます。

湯がいたら、骨を水ですすぎます。

そうしたら、鍋に水をたっぷり注ぎ、すすいだ鶏がらと豚骨を入れていきます。

沸騰するまでは強火にし、沸騰後は灰汁を取りつつ、弱火で3~6時間煮ていきます。

2.味噌スープを作る

大き目の鍋で、ごま油、生姜、ニンニクを中火で炒めます。

香りが出たら、味噌、醤油、みりん、酒を入れて、5~10分火にかけます。

「1」のガラスープを3.5リットルと、だしの素を入れます。

このとき、ガラスープが足りない場合は水を入れて対応します。

ここまで合わせたら、さらに1~2時間弱火で煮込みます。

3.麺を茹で、盛り付ける

麺を表示通りに茹でて、「2」でできたスープを丼に盛り付けます。

最後にお好みの具材を乗せたら、完成です。

ガラスープの下処理があるので、手間や時間もかかります。

しかし、本格的な味噌ラーメンが自宅で食べられるので、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

アレンジした味噌ラーメンの作り方

ここまでは、「基本的」、「簡単」、「本格的」な味噌ラーメンの作り方をご紹介してきました。

こちらでは、味噌ラーメンのアレンジ方法についてもお話ししていきましょう。

アレンジでよく使われる食材としては、キムチ、牛乳や豆乳などがあります。

これらの食材を使うと、いつもと違う味噌ラーメンになります。

「本当に味噌ラーメンに合うの?」と感じる方もいるかもしれませんが、これが案外おすすめなので、気になる方はぜひ一度挑戦してみましょう。

具体的に、どのようにこれらの食材を使うのかといいますと、

■キムチ

アレンジ法:スープを作る時に、キムチも一緒に入れて沸かすだけ

■牛乳や豆乳

アレンジ法:スープを作る時に使用する水を、牛乳や豆乳に変えるだけ

なんと、たったこれだけで味に変化が出て、美味しくすることができます。

他にも試してみたい食材があれば、自分なりに作ってみるのもおすすめです。

味噌ラーメンのさまざまなトッピングを試してみよう!

アレンジした味噌ラーメンの作り方についてご紹介しましたが、乗せるトッピングによっても自分好みにアレンジできますよね。

トッピングの好みには、かなり差が出るのではないでしょうか。

では、どんなトッピングがあるのか、「定番のトッピング」と「変わり種のトッピング」に分けて、一例をご紹介していきましょう。

■定番のトッピング

・半熟卵
・ひき肉
・チャーシュー
・コーン
・のり
・わかめ
・ネギ
・もやし
・メンマ
・きくらげ

■変わり種のトッピング

・もつ鍋の具材(モツ、ニラなど)
・辛みそ
・チーズ
・高菜
・紅生姜
・ワンタン
・生卵

変わり種のトッピングに関しては、びっくりする食材もありますよね。

定番の具材だけではなく、いつもと違う具材を入れて作ってみるのも楽しく、おすすめです。

ただし、具材によっては摂取カロリーを引き上げてしまうものもあるので注意しましょう。

味噌ラーメンを低カロリーにするには?

味噌ラーメンは、おいしいものだとスープまで飲み干したくなるものですよね。

しかし、塩分やカロリーが気になりますよね。

味噌ラーメンのカロリーは、作り方や含まれる具材によって、約500Kcal~1,000Kcalも幅があります。

ですが、工夫によって、高いカロリーを抑える方法があるのです。

ここではその方法をご紹介していきましょう。

■スープの飲みすぎに注意

スープの飲みすぎが高カロリー摂取の原因の一つでもあります。

味噌ラーメンのスープには、多くの塩分や脂質が含まれています。

ついついたくさん飲んでしまわぬよう、注意しましょう。

■トッピングの具材を工夫する

具材によっては高カロリーのものがあります。

高カロリーの具材はなるべく使わないようにしましょう。

そして、より低カロリーで、身体にいい効果をもたらしてくれるものを選びましょう。

例えば、食物繊維やビタミンが豊富に含まれている、わかめ、もやし、メンマは脂質を解消してくれます。

また、ネギは血行をよくし、血栓を予防してくれる成分が含まれています。

これらは、さきほど紹介した「定番のトッピング」の中にも入っていましたよね。

このように、トッピングする具材を工夫することによって、ある程度カロリーを抑えたり、身体にいい効果をもたらしてくれることを期待できるのです。

■調味料を効果的に使う

「味噌ラーメンには唐辛子をかける」、という方が多いのではないでしょうか。

唐辛子の辛み成分には、血行をよくし、脂肪を分解するという特徴があります。

また、代謝を促してくれる効果もあるので、すすんで取り入れたいですね。

味噌ラーメンを自宅で作ってみよう!

さまざまな味噌ラーメンの作り方や、アレンジ方法などについてご紹介していきました。

案外、味噌ラーメンを作ることはそんなに難しいことではないでしょう。

具材に低カロリーなものを使うと、摂取カロリーが低減できるのも嬉しいですよね。

また、調味料を効果的に使うことで、身体にいい効果が得られることもわかりました。

自分好みの味やトッピングで、そして、より健康的に味噌ラーメンを食べるために、ぜひ自分で作ってみましょう!

 - その他食材