オーガニック野菜が高い!安く仕入れるための3つの方法とは

この記事では、人気のオーガニック野菜について詳しくご説明していきます。

オーガニックの意味についてスタートして、高いオーガニック野菜を安く仕入れる方法についても、お伝えします。

オーガニック野菜を買うことに抵抗を感じている方や、安く仕入れる方法が知りたい方は必見ですよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

味噌鍋の残りでアレンジレシピ!今日の夕食はこれで決まり!

寒い冬の時期は、お鍋料理にすると身体も心も温まります。そのため、冬はお鍋料理が増え、週末の夕...

節約料理をブログに書いて、人気ブロガーを目指そう!

芸能人だけでなく、一般人でもブログをやっていて、中でも主婦の方が書いている節約料理のブログは、大...

文明開化の味?牛鍋のレシピ!醤油味も味噌味も簡単に!

牛鍋を食べられるお店は、現在減りつつあるようです。そんな牛鍋は、本来味噌味だったということはご...

炊飯器蒸気シートとは?蒸気を防ぐ驚きの方法をご紹介

食器棚に炊飯器を置いておくと、蒸気が棚を劣化させてしまいますよね。今回は、それを防ぐ蒸気シー...

オーガニックお菓子が食べたい!レシピや買えるお店をご紹介

アレルギー体質の方も少なくないこの頃、食の安全に関心のある方も多いのではないでしょうか。ご家...

味噌の保存容器にガラスを使う!美味しい保存の仕方とは?

現在、家庭での味噌の保存容器としては、ホーロー、タッパー、ガラスなど、色々な材質のものから選べま...

着色料は色々な食品に使われている?食品例から種類もご紹介

着色料とはどんなもので、どんな役割がありどんな種類があるのでしょうか。着色料があることに...

材料色々な味噌チゲのレシピ!魅力満載の韓国料理について

日本の和食と同様に、韓国料理も健康食として、世界中から注目を集めています。韓国の家庭料理のひ...

食いつきが違う!?子供が喜ぶ夕飯のおかずメニューをご紹介

近年では、共働きな家庭が増えていますよね。食事を担ってくれているお母さんの帰宅が遅いと、自然...

甘酒は麹によって生きてる酵素が違う、その発酵方法とは?

「飲む点滴」とも言われるほど、栄養が高い甘酒。甘酒には、米麹と酒粕、2種類があります。米...

使っていない田んぼや畑を土地活用。転用で価格が変わる?

農家の高齢化が進んでいます。高齢化に伴い、農家をリタイアする人も多いです。田んぼや畑を持...

炊飯器から出る蒸気で天井に結露!蒸気が出ない炊飯器とは?

ご飯を炊くときは、炊飯器を使うご家庭が比較的多いでしょうか。炊飯のスイッチを押すだけで、美味...

新しい未来化農業が作るオーガニック野菜のメリットを応援

野菜は好きですか。野菜はビタミンやミネラルを摂取するために、なくてはならないものです。中...

オーガニックのベビーフードを贈ろう!ギフトのおすすめは?

オーガニックのベビーフードが人気です。これは、食の安全に対する意識が高まってきたことの表れで...

「味噌豚丼」は秩父の名物!お土産を使ったレシピもご紹介!

突然ですが、皆さんは「味噌豚丼」をご存知でしょうか?秩父の名物として有名で、味噌で味を付けた...

スポンサーリンク

有機栽培のメリット・デメリットとは

初めに、オーガニックについてご説明します。

オーガニックとは有機栽培のことです。

有機栽培とは、農薬や化学肥料をほとんど使わない栽培方法です。

普通の栽培方法に比べると、大きなメリットが2つあります。

1つ目は、安全であるということです。

農薬、化学肥料をほとんど使っていません。

ですので、普通の栽培方法に比べてかなり安全です。

また、海外から輸入しているものもあります。

しかし、それは日本の基準で検査します。

そして、無事に通ったものだけが販売されています。

そのため、海外のものでも安心です。

2つ目に、味がおいしいという点です。

なぜ味がおいしいのかという点についてご説明します。

それは、栄養素が関係しています。

有機栽培で栽培されたものは、自然に近い形で栽培されています。

自然栽培をした場合、ミネラルなどの栄養素を多く含んだ状態で収穫できます。

このミネラルのおかげで、おいしくなるのです。

以上二つが、有機栽培のメリットです。

普通の栽培方法と比べると、お得だと感じたと思います。

しかし、反対にデメリットも存在します。

デメリットは、値段が少しだけ高いという点です。

値段が高いことで、手を引く方も多く存在します。

続いてオーガニック野菜についてご説明します。

高いイメージがあるオーガニック野菜とは?

大切な家族の体に入る食材はちゃんとしたものを選びたい。

こういった意識の高まりから、近年ではオーガニック野菜がブームになっています。

オーガニック野菜についてご説明します。

オーガニック野菜とは、有機栽培で栽培された野菜のことです。

オーガニック野菜に含まれている主な栄養素は、ビタミン類です。

詳しく説明すると、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンK、食物繊維等の成分になります。

ビタミンAは、肌の健康を維持することが出来ます。

また、細菌から体を守るなど重要な役割を担っています。

続いて、ビタミンCは、細胞の老化予防をしてくれます。

また、風邪を予防するための免疫力を高める力を持っているので、風邪がはやる前に特に摂取したい成分です。

続いて、ビタミンKです。

ビタミンKは、出血した時に止血する因子を活性化させる能力があります。

また、骨の健康を維持することも可能です。

続いて、食物繊維です。

食物繊維は、食べ過ぎを防いでくれるという効果があります。

そのほかにも、整腸効果があります。

食べ過ぎてしまったときでも、摂取することにより大腸内で分解の手伝いをしてくれます。

次は、オーガニック野菜が高い価格になる時期についてご説明します。

オーガニック野菜が高い時期とは

オーガニック野菜について、おわかりいただけたと思います。

続いて、オーガニック野菜が高くなる時期についてご説明しましょう。

オーガニック野菜が高い時期は、主に2つあります。

1つ目は、旬の時期であることです。

旬の時期は、どれだけ価格が上がったとしても需要者が増えます。

旬の時期は最高の質を楽しめるから、という理由から購入する方が多いです。

売る側からすれば絶好のチャンスなので、価格が上がります。

次に2つ目です。

2つ目は、何らかの問題が発生し、供給量が激減したときです。

供給量とは、農作物の数の事です。

供給量が需要量より減少してしまうと、価格が上がってしまいます。

具体的な例を挙げるとすれば、台風が発生したときです。

台風が直撃すると、たくさんの農作物が被害を受けます。

つまり、供給量が需要量を下回ってしまい、結果的に値段が上がります。

主に、この2つが価格が高くなる時期なので、覚えておきましょう。

オーガニック野菜の高い時期ではない時とは

先ほどは、オーガニック野菜が高い価格になる時期についてご説明しました。

続いて、オーガニック野菜が安くなる時期についてお話しします。

オーガニック野菜が安くなる時期は、大きく分けて2つあります。

1つ目は、旬ではない時期です。

旬ではない時期は値段が下がります。

需要量が減るので、値段を下げないと買ってくれないからです。

供給量が同じくらいであればそこまで変わりませんが、旬ではない時期は供給量が需要量に比べて多いケースがほとんどです。

2つ目は、先ほどもお伝えしましたが、供給量が需要量より多くなった場合です。

具体的な例を挙げると、気候に恵まれた場合です。

気候に恵まれた場合は、供給量が上がります。

しかし、需要量は上がりません。

そのため、供給量が需要量より多くなります。

結果的に値段が下がります。

主に、この2つのケースが価格が安くなる時期です。

オーガニック野菜をできるだけ安く買いたいと考えている方は、参考にしてみてください。

オーガニック野菜を安く仕入れる方法

ここまで、オーガニック野菜の高くなる時期や、安くなる時期についてお話ししてきました。

続いて、高いオーガニック野菜を少しでも安い価格で手に入れる方法をご紹介します。

大きく分けて3つあります。

1つ目は、旬ではない時期を狙うことです。

先ほどお伝えした通り、旬の時期に比べて価格が下がるので狙い目です。

2つ目は、豊作の年に購入することです。

豊作の年であれば、全体的に供給量が増すので、結果的に安い価格で手に入れることが可能です。

また、豊作の年であれば、質のいい農作物が食べられるので一石二鳥です。

最後の方法は、農家に直接販売してもらうという方法です。

有機栽培で作っている農家の方から販売してもらう、もしくは無料でもらうことで、安く手に入れることが出来ます。

新鮮な状態で食べることが出来るので、味の最もよい状態で食べることが出来ます。

この3つが、主なオーガニック野菜を仕入れる方法です。

この3つを守ることで、より安い価格でオーガニック野菜を入手できるので、ぜひ試してみてください。

オーガニック野菜をおいしく食べる方法

オーガニック野菜は、普通の野菜に比べて価格が高いです。

高いものなので、食べ方がいまいちよく分からないという方も多いでしょう。

ですので、最後にオーガニック野菜のおいしい食べ方をお伝えします。

オーガニック野菜のおいしい食べ方は、生で食べることです。

有機栽培は冒頭でご紹介した通り、できるだけ自然に近い方法で栽培されたものです。

そのため、自然のおいしさが野菜に凝縮されています。

生で食べる方がおいしく感じます。

そのため、水洗いして食べやすいサイズに切ったら、サラダ感覚で食べてもらって大丈夫です。

それでも生で食べることに対して抵抗を感じる方は、塩を振ることでおいしく食べられると思います。

塩は、オーガニック野菜にとてもマッチする調味料です。

生で食べてもおいしいオーガニック野菜ですが、塩を振ることでもおいしく食べられるので、ご自分のお好みで選んでください。

ただ注意しなければいけないのは、塩をかけることで血圧が上がります。

高血圧の方は塩分を控えて、生で食べるようにしましょう。

オーガニック野菜を安く仕入れる方法を実践してみよう

ここまでご紹介したように、オーガニック野菜を安く仕入れる方法は、旬ではない時期に買うこと、農家の方から直接買う、豊作の年に買うということです。

これらを意識して、高いオーガニック野菜をできるだけ安く仕入れて、毎日の食事に使えるようにしましょう。