玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

マヨネーズを使うレシピをカロリーオフするためにできること

      2018/05/11

マヨネーズを使うレシピをカロリーオフするためにできること

かけたり、和えたり、ソースを作ったり、マヨネーズはレシピが豊富ですね。

しかしレシピによっては、マヨネーズをたっぷり使わないとおいしく作れません。

マヨネーズはカロリーが高いので、できれば量を抑えた方がよいですよね。

そこで今回のマヨネーズレシピはすべて、ある食材を加えて使う量を減らしています。

これでカロリーオフできるので安心です。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

一食700カロリーの食事を目安にカロリーをコントロール!

1回の食事を700カロリーに抑えることを目安にすれば、カロ...

昔なつかしいポン菓子のカロリーは玄米で作るとどれくらい?

スーパーのお菓子コーナーで、ポン菓子を見かけることがあり...

味噌を熟成して3年経ったものこそ、いい効果が得られる!?

「3年味噌」で、パソコンやスマートフォンの検索エンジンに...

硬い玄米に小豆を加えて土鍋で炊くと、ふっくらつやつやに!

体に良い栄養がたくさん含まれているといわれる玄米は、太り...

カロリーが気になる!お菓子対策はざっくり計算して意識する

大好きなお菓子をついつい食べ過ぎてしまって、あとから後悔...

玄米餅の作り方が簡単にできる炊飯器のもち米モードを紹介

普通のお餅は白米のもち米を使いますが、玄米餅はもち玄米を...

ダイエット中に気になるカロリー!一食分の摂取目安とは!?

ダイエットをする時、まず気になるのはカロリーです。 性...

栄養豊富で体に良い酒粕は、カロリーが高くて太るって本当?

飲む点滴と話題になった甘酒の原料である酒粕には、発酵食品...

体に良いと評判の大豆だけどカロリーが高くて太るって本当?

畑の肉と呼ばれ、昔から私たちの食卓には欠かせない存在だっ...

糖質のカロリーをエネルギーに!おにぎりの具で上手に消費

コンビニで簡単にお昼を購入しようと思い、おにぎりかサンド...

1000キロカロリーの一食は多い?摂ったら動いてしっかり消費

私たちが一日に最低限、何もせずに必要とするエネルギーを基...

雑炊のカロリーってどれくらい?ダイエットに向いているの?

冬の寒い日やお酒を飲んだ後にいただく雑炊は、体にしみわた...

アボカド一つの栄養とカロリーは?おすすめの使い方教えます

野菜売場にはアボカドがありますね。 大体一つずつ購入で...

例えばバナナ50gは?人気の果物の気になるカロリー目安!

バナナやりんごなどの果物は、みなさんが好んで食べるフルー...

ご飯2合は茶碗何杯分?カロリーや栄養はどのようなもの?

毎日、日本人の多くが主食として食べている、ご飯。 あな...

栄養の宝庫!アボカド1玉のカロリーは?どんな栄養がある?

「森のバター」とも言われるアボカドは、健康と美容に良いと...

野菜不足を解消する野菜ジュース500mlのカロリーは多い?

皆さんは、テレビのコマーシャルで1日30品目の食品を食べ...

玄米は消化に時間がかかる食品!消化を良くする工夫を知ろう

玄米は、栄養バランスが良く、体に良いイメージが強い食品な...

玄米のタンパク質の特徴や含有量と健康面との関係性とは?

タンパク質、脂質、炭水化物は三大栄養素と呼ばれる、人の体...

低いのはどちら?玄米と白米ご飯の茶碗一杯分のカロリー比較

ご飯を食べるとき、私たちは茶碗を使います。 カロリーや栄...

スポンサーリンク


マヨネーズを使うレシピをカロリーオフする方法

揚げ物につけたり、ポテトサラダに使ったり、今やマヨネーズはいろいろなレシピに欠かせない存在です。

ただ、マヨネーズは大さじ1杯で、98kcalと驚きの高カロリーです。

ほんの大さじ1杯で、白ご飯1杯(250kcal)の3分の1を占めてしまいます。

しかし、マヨネーズもこの3つのコツを使えば、レシピ全体でカロリーオフができます。

・カロリーオフ食材を使う

野菜やカロリーの少ない肉、魚を使ったレシピです。

・なるべくマヨネーズを使う量を減らす

今回の全てのレシピのマヨネーズの量は、1人当たり大さじ1までしか使っていません。

・調理方法を工夫する

油で揚げたり煮たりせずに、蒸す、茹でる方法で調理します。

マヨネーズ自体のカロリーは高いですが、卵や油で出来ているので腹持ちがよいです。

今回のレシピは、すべて効果的にマヨネーズを使っています。

カロリーオフしたレシピならば、毎日大好きなマヨネーズを食べられますよ。

マヨネーズを使っても安心?大根でカロリーオフするレシピ

最初のマヨネーズのカロリーオフレシピは、大根を使います。

大根自体がカロリーオフ食材ですので、マヨネーズを安心して使えますね。

そしてマヨネーズのカロリーオフレシピの基本は、いかに少量に抑えるかがカギです。

瑞々しい大根は、何もつけずに食べてもおいしいですよね。

さらにこのレシピは、貝割れ菜の苦味が味にアクセントを加えています。

素材の味を活かすために、マヨネーズは最小限の大さじ1杯でよいのです。

<大根サラダ>

【材料 2人分】

・大根 10cm
・貝割れ菜 1/2パック
・マヨネーズ 大さじ1
・塩、コショウ 少々

【作り方】

①大根は皮を剥き、薄い輪切りにしてから千切りにします。

②ボウルに入れて塩を振って混ぜ、5分おいて水気を絞ります。

③貝割れ菜は根元を切り落とし、長さを半分に切ります。

④ボウルに大根、貝割れ菜を入れ、マヨネーズと塩、コショウを加えて混ぜ合わせます。

大根を1本買ったら、数日間は大根サラダが作れますね。

マヨネーズだけでは飽きてしまう場合は、ごま、カツオ節などを入れるとさらにおいしくなりますよ。

カロリーオフできるトッピングを選ぶようにしましょう。

マヨネーズは隠し味、鶏胸肉のカロリーオフレシピ

次は、子どもも大好きな組み合わせ、鶏肉とマヨネーズを使ったレシピです。

マヨネーズ単体ではカロリーが高いので、カロリーオフするために鶏胸肉を使います。

しかし鶏胸肉などのカロリーオフレシピによく使われる肉は、淡白で食べ飽きてしまいまうことがあります。

そこでマヨネーズを効果的に使っておいしく作りましょう。

マヨネーズの濃厚さで、箸が止まらないおかずに変身しますよ。

そしてこのレシピは、すりごまもカロリーオフのポイントです。

ごまのコクをプラスして、マヨネーズの量を最小限にしています。

<鶏胸肉のサラダ>

【材料 2人分】

・鶏胸肉 1枚(200g)
・きゅうり 1/2本
・セロリ 1/4本
・塩、コショウ 少々

A
・水 200ml
・酒 大さじ2
・塩 小さじ1
・ショウガの薄切り 10g
・粉山椒 少々

B
・マヨネーズ 大さじ2
・白すりごま 小さじ1
・鶏肉の茹で汁 小さじ1

【作り方】

①鍋にAを入れて火にかけ、煮立ったら鶏肉を加えてフタをし、途中裏返して弱火で15分煮ます。

煮汁につけたまま冷蔵庫で冷やします。

②きゅうりは斜め千切りに、セロリは5cmの細切りにします。

③鶏肉を汁から取り出し、表面に塩、コショウを振って、5mm程の厚さの薄切りにします。

④器に鶏肉、きゅうり、セロリを盛り、混ぜ合せたBのソースをかけたら出来上がりです。

マヨネーズは最小限の量で!鮭のホイル焼きのレシピ

次のカロリーオフレシピは、魚嫌いの子どもも大好きなホイル焼きです。

ホイルの中で蒸されるので魚も野菜も甘くなり、味の決め手はマヨネーズです。

食材に甘味があり、マヨネーズの量は小さじ1だけでよいので、カロリーオフできますね。

今回のレシピは、グリルやオーブンを使わずにフライパンを使います。

そして油も使わないレシピなので、さらにカロリーオフできますよ。

【材料 2人分】

・しめじ 60g
・玉ネギ 1/4個
・アスパラガス 2本
・鮭の切り身 2切れ
・塩、コショウ 少々
・味噌 大さじ1
・マヨネーズ 小さじ2

【作り方】

①しめじ、玉ネギ、アスパラガスを食べやすい大きさに切ります。

②アルミホイルに鮭の切り身、鮭の上に①をのせ、塩、コショウをふります。

③味噌とマヨネーズを②に塗り、アルミホイルを密封します。

④約1cmの水を張ったフライパンに③を置き、蓋をして約10分間蒸し焼きにして完成です。

マヨネーズの濃厚さを活かした納豆トースト

次は、濃厚な味の食材を使って、マヨネーズをカロリーオフするレシピです。

今までのレシピは鶏胸肉や鮭など、淡白な味の食材を使ってきました。

このレシピは、マヨネーズのコクに負けない味の納豆を使います。

納豆は1パック81kcalとおなじみのカロリーオフ食材でありながら、力強い味に仕上がります。

納豆とマヨネーズを混ぜて作ったソースをかけたトーストです。

【材料 2人分】

・食パン 2枚
・納豆 1パック
・マヨネーズ 小さじ2

【作り方】

①納豆は付属のからしとタレがあれば、入れて混ぜます。

②食パン全面に納豆をのせます。

③その上にマヨネーズをかけ、トースターで焼いて完成です。

このレシピ以外にも、納豆マヨネーズはオーブン焼きや和え物などのレシピに応用して、カロリーオフできますよ。

マスタードを使うポテトサラダレシピ

ポテトサラダに使うマヨネーズの量は、通常大さじ4杯です。

マヨネーズだけで約400kcalもありますので、とてもカロリーオフとは言い難いレシピです。

今までのように、コクのある具を入れてマヨネーズを減らしたいですが、ポテトサラダはそうはいきません。

玉子やハムなどの具が多い程、つなぎの役割をするマヨネーズが必要になります。

そこでこのレシピでは、マスタードを入れることでマヨネーズの量を減らしてカロリーオフします。

粒マスタードもペースト状なので、具をつないでまとまりが出ます。

そして、粒マスタードのカロリーは、大さじ1杯で約40kcalです。

このレシピは、マヨネーズの場合の半分以上もカロリーオフができますよ。

【材料 2人分】

・じゃがいも 2個
・玉ネギ 1/4個
・ニンジン 1/4本
・きゅうり 1/4本
・マヨネーズ 大さじ2
・粒マスタード 大さじ1
・塩、コショウ 少々

【作り方】

①じゃがいもは洗った後、ぬれたままキッチンペーパーで包み、レンジで5分加熱します。

皮をむいてフォークなどで潰します。

②玉ネギは薄切りにし、レンジで1分加熱します。

ニンジンは皮をむいて小さめの角切りにし、ラップをかけてレンジで約1分加熱します。

きゅうりは小さめの角切りにします。

③ ①に②を加え、マヨネーズと粒マスタードを加えて全体を和え、塩、コショウで味を整えます。

マヨネーズはカロリーオフに強い万能調味料

食材によっては、サッパリとさせたりコクを出したり、マヨネーズの引き出しは多いです。

レモンを入れれば、マヨネーズの酢の酸味を活かせます。

おからや納豆は、マヨネーズの卵のコクを深めます。

食材の組み合わせ次第で、マヨネーズの量は減らせます。

お好みのマヨネーズの味で、レシピを工夫してみましょう。

 - 健康的なダイエット