和食文化の日本でのトランス脂肪酸フリーマーガリンの必要性

戦後30年を過ぎたころ、特に、和食から洋食へと食生活を変えた人たちから、生活習慣病が多く見られるようになりました。

その原因の一つとしてあげられたのが、トランス脂肪酸です。

トランス脂肪酸を含む代表的な食品のマーガリンでは、トランス脂肪酸を減らす、0にするフリーというものも製造されるようになりました。

そこで今回は、気になる「トランス脂肪酸フリーマーガリン」について詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パンの耳の上手な活用法!気になるカロリーはどのくらい!?

サンドイッチを作る時にパンの耳を切り落として余ってしまったり、もしくは、パンの耳が苦手だから残してし...

野菜ジュースに頼りたいけど、どれくらいの栄養がとれるの?

野菜ジュースの種類は沢山ありますが、種類によってとれる栄養が違ったり、とれる栄養の量が違ったり、...

砂糖大さじ1杯は何gあるの?気になるカロリーは?糖質は?

私たちに身近な調味料である砂糖には、上白糖、グラニュー糖など様々な種類があることをご存知ですか?...

女性のいつものお昼ご飯!摂取カロリーや食事内容の理想は?

いつものお昼休憩の時間になると「今日は何食べよう」と考えながら食堂や外に出かけます。また、節...

玄米お茶碗一杯ではじめるダイエットの簡単なカロリー管理術

玄米はダイエットによいといわれますが、その理由をご存知でしょうか?カロリー以外にも、栄養や食...

アボカドは離乳食に使える?気になるカロリーはどれくらい?

アボカドは「森のバター」とも呼ばれ、とても栄養価が高いことでしられます。「世界一栄養価が高い...

どうして?うちの子離乳食を食べない!8ヶ月の食卓事情は?

離乳食を開始して、ゴックン期では色んな食材を美味しそうに食べてくれていたのに、用意した離乳食を食べ...

メタボリックシンドローム改善は食事改善と生活改善が必要

「メタボリックシンドローム」は、「メタボ」の愛称で世の中に浸透しています。しかし、健診で指摘...

トランス脂肪酸は危険?マーガリンに多いって本当?

近年、マーガリンはトランス脂肪酸が多いから体に悪いという認識を持っている方が増えてきたのではない...

1歳児の食事で手づかみ食べをするメリットやデメリットとは

1歳児で食事をするときに、まだ、手づかみで食べるけどいいの?と悩むお母さんも多いのではないでしょうか...

離乳食期にはバナナが便利!でも食べ過ぎには気をつけて!

離乳食として果物を与える場合、その時期や量が気になりますよね。今回は、バナナを取り上げてお伝...

菓子パンは危険?安全?嘘の情報に惑わされないためには!?

菓子パンには、添加物が多く含まれているので危険だという情報が流れています。ですが、コンビニなど...

1日に必要なカロリーを知って健康女子を目指そう

1日に必要なカロリーを食品摂取基準といいます。男女別、年齢別というのがまず決められていますが...

カロリーの一日に必要な摂取量はどれくらいなのでしょうか?

飽食の時代と言われて久しい現代、生活習慣病に悩む人々も増えています。そこでダイエットに取り組...

太りたい人も太りたくない人も必見!カロリーが高い食事は?

カロリーが高い食事は、痩せたい人にとっては避けるべきものですが、太りたい人にとっては切望されるも...

スポンサーリンク

トランス脂肪酸フリーのマーガリンが生まれた背景

牛脂やバターには、元々天然のトランス脂肪酸が含まれています。

また、植物油や魚油に含まれている、オメガ3系脂肪酸もトランス脂肪酸の一つです。

しかし、人体に害がある、心疾患を及ぼすといわれているのは、液体で存在する植物油や魚油を製品化する時に固めるために水素を添加することで生まれる、人工的なトランス脂肪酸です。

植物油を固めることで製品化する食品の代表が、マーガリンです。

2000年当初、アメリカのマーガリンには、100グラム当たり20グラム以上のトランス脂肪酸が含まれていました。

当時のアメリカではハンバーガーやピザ、ホットドッグといったジャンクフードや、生クリームたっぷりのカップケーキやスコーンが人気で、それと一緒にコーラを飲むという人が多くいました。

その反面、健康を害するような生活をするのは、自己管理能力に欠けるため、一流のビジネスマンにはなれない、と言われていた時代です。

肥満大国アメリカでは、日本以上に生活習慣病に対する見方も厳しく、その原因の一つであるトランス脂肪酸の規制もいち早く始まります。

毎日のパン食で使うマーガリンをバターやオリーブオイルに、市販されている加工食品のトランス脂肪酸の量を明記することが義務付けられます。

そこで、トランス脂肪酸フリーというマーガリンも生まれています。

トランス脂肪酸フリーのマーガリンの原料

2003年にWHOでトランス脂肪酸の危険性が発表されてから、世界各国で、トランス脂肪酸を含む加工食品の見直しが始まります。

中でも、最も多くトランス脂肪酸を作りだすマーガリンは、規制のターゲットになります。

当時の日本のマーガリンのトランス脂肪酸の量は、アメリカの半分以下でした。

それでも危険と言われる量の10倍ということで、減らすことを余儀なくされ、10年以上をかけて、現在はさらに10分の1にまで減らすことができています。

日本では、トランス脂肪酸フリーのマーガリンとして、フィンランドで開発されたステロール油脂を利用した、ステロール・マーガリンが発売されています。

こちらは、ユニリーバが海外で販売しているもので、日本ユニリーバと提携したJオイルミルズのマーガリンです。

他にはオーストラリアのバター風味スプレッドマーガリン「トランス脂肪酸フリー ベジタリアン」を購入することができます。

ステロールとは、ステロイドアルコールの別名で、植物由来のステロールを「フィトステロール」、動物由来のものを「コレステロール」と言います。

ステロールには、トランス脂肪酸をほとんど含みません。

和菓子はトランス脂肪酸フリー

マーガリン以外にも、トランス脂肪酸フリーの食品が多く作られています。

例えば、ガーリックバターやピーナツバターです。

それ以外にも、海外ではビスケットやクッキー、チョコレートパイなどの菓子類で、トランス脂肪酸フリーの食品が販売されています。

日本では、「ぽてかる」という、ポテトチップスがトランス脂肪酸フリー食品として販売されています。

トランス脂肪酸フリー以前に、オイルフリーの菓子であれば、トランス脂肪酸を気にする必要はありません。

こういった理由から、ノンフライのスナック菓子も増えています。

たしかに、海外のクッキーはトランス脂肪酸フリーを意識しているのか、食べるとパサパサした感じのものが多いです。

こういった点からも、和菓子は究極のトランス脂肪酸フリー食品です。

和菓子は蒸したり、焼いたものが多く、バターやマーガリン、ショートニングを使いません。

トランス脂肪酸の規制が高まっている今こそ、せんべいやまんじゅうといった、油を使わない日本の菓子を、もっと世界の人に知ってもらう良い機会ではないでしょうか。

トランス脂肪酸フリーのマーガリンの弊害

トランス脂肪酸フリーのマーガリンには、ステロール油脂が使われています。

ステロール油脂は、フィトステロール、または植物性ステロールと言います。

フィトケミカルとも呼ばれ、食品添加物や医薬品・化粧品にも使われています。

植物ステロールには、β-シトステロール、カンペステロールがあります。

β-シトステロールは、アボガドやかぼちゃの種子・カシューナッツ・大豆に含まれています。

小麦胚芽やコーン油・米糠にも含まれています。

カンペステロールは、バナナやザクロ・きゅうり、玉ねぎ・じゃがいもなどに含まれる、植物コレステロールです。

植物ステロール油脂のマーガリンには、コレステロールを低下させてしまう作用があります。

さらに脂溶性ビタミンA・D・Eの吸収を損なう作用もあります。

コレステロールは、ワルモノと思われていますが、細胞膜の原料やホルモンの原料になったり、脂溶性ビタミンの吸収を助ける働きがあります。

脂溶性ビタミンの一つ、ビタミンDはカルシウムの吸収のための補酵素ですので、コレステロールが不足すると骨密度が低下し、骨粗鬆症や疲労骨折を起こすことがあります。

ビタミンAが不足すると、眼精疲労や成長の低下につながります。

そのため、トランス脂肪酸フリーのマーガリンには、「植物ステロールは、ビタミンAやEを多く含む果物、野菜類と共に摂取してください」という表示があります。

しかし、コレステロールの低下は、他にもビタミンDの吸収を阻害することもありますので、カルシウム不足にもなります。

単純に野菜や果物を一緒に摂れば、良いというわけではありません。

そこで、オーストラリアのバター風味スプレッドマーガリン「トランス脂肪酸フリー ベジタリアン」は、キャノーラ油とパーム油を原料にしていますが、他にビタミンA・D・Eが添加されています。

国産のトランス脂肪酸フリーのマーガリン

現在、国産のトランス脂肪酸フリーのマーガリンは販売されていません。

トランス脂肪酸が低いマーガリンは、数多く作られるようになりました。

2018年現在、一般的に販売されているマーガリンのほとんどが、100グラム中1グラム以下になっています。

雪印のネオソフトも、明治乳業のコーンソフト、Jオイるミルズのラーマも全て1グラム以下です。

中でも、雪印のネオソフトは、0.8グラムになっています。

他にも、イオンのプライベートブランドのマーガリン、小岩井乳業のマーガリン、帝国ホテルのマーガリンは、0.4グラムから0.8グラムと、低トランス脂肪酸のマーガリンです。

原料はキャノーラ油・べに花油、オリーブ油・亜麻仁油になります。

それでも、トランス脂肪酸フリーのマーガリンがないのは、なぜでしょうか。

それは日本人の普段の食事が、和食を中心としたもので、トランス脂肪酸そのものの摂取量が、欧米の人と比較して、かなり少ないからです。

トランス脂肪酸フリーのマーガリンがない理由

日本でも、バブル期にはトランス脂肪酸の摂取量が、欧米並みの高さになります。

1990年代の日本人のトランス脂肪酸の摂取量は、1日平均1.5グラムでした。

2000年代に入っても、ヨーロッパの人たちのトランス脂肪酸の摂取量は、平均1.4グラムから1.7グラムです。

アメリカとアイスランドは、5グラムを超えています。

2017年の日本では、マーガリンのトランス脂肪酸の低減で、0.7グラムにまで低下しています。

バブル期は多かったとは言っても、アメリカと比較したら三分の一で、かなり少ないです。

先進国諸国の中で、日本のトランス脂肪酸の摂取量は韓国に次いで、少ない方から2番目です。

しかし、日本人の中でも肉食、洋食、ジャンクフードやインスタント食品に頼っている食生活をしている人の、トランス脂肪酸の摂取量は多くなります。

0.7グラムは、あくまでも平均値になります。

和食中心の人は、豆腐や野菜の漬物、こんにゃく、煮物の食生活で、1日の中で油脂が不足するくらいの人もいます。

そのため、和食中心の人にはトランス脂肪酸の心配はありませんが、洋食中心の食生活をしている人は、注意をする必要があります。

マーガリンは利用しなくても、菓子類や普段の食生活で、トランス脂肪酸フリーにする必要があるかもしれません。

マーガリンではないものを使ってみるということ

トランス脂肪酸が気になるので、マーガリンを使わないという人もいます。

輸入のトランス脂肪酸フリーのマーガリンを購入している人もいます。

中には、マーガリンをバターに変えるという人もいます。

バターは飽和脂肪酸を含みますので、使いすぎると、コレステロール値の上昇になります。

オリーブ油を使うという人もいますが、一価不飽和脂肪酸の摂りすぎになることもあります。

脂肪酸は、飽和脂肪酸:一価不飽和脂肪酸:多価不飽和脂肪酸=3:4:3で取ることが理想とされています。

何かに偏ることなく、バランスの良い食生活をすることは、トランス脂肪酸の摂りすぎを防ぐこともできます。