天然の着色料について正しい知識を持って食品を選びましょう

食品売場の商品は、おいしそうに見える様々な工夫がされています。

商品のボリュームや匂い、そして色合いです。

その新鮮な見た目は、もしかすると着色料によるものかもしれません。

着色料であるとして、天然由来のものであれば安全なのでしょうか?

「天然」の言葉に惑わされない食品の選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

体を作るタンパク質の元!アミノ酸の含有量が多い食品とは?

アミノ酸はタンパク質の元で、人間の生命維持の為にも絶対に欠かすことのできない栄養素です。そん...

離乳食でスプーンを噛む原因!スプーンの練習はいつから?!

生後5,6ヶ月頃になると、離乳食を始めるのではないでしょうか。離乳食を始める頃は、赤ちゃんの歯...

一人暮らしの夕飯などの食事は外食になりがち!自炊のススメ

一人暮らしの皆さん!毎日の食事、どうしていますか?一人暮らしの夕飯などの食事は、...

減塩に気を付けたい人は味噌の塩分濃度と計算式を知っておく

医師に「血圧が高い」と言われました。それならまず、日常の塩分濃度、塩の量を知ることが近道かも...

玉ねぎの栄養成分を余さず摂取!玉ねぎ水を飲むと健康になる

玉ねぎは血液をサラサラにしてくれる。このように玉ねぎを食べると血液がサラサラにになると言います...

塩分を取りすぎたからといって水ばかり飲むのは大丈夫?

今回は、塩分の取りすぎについてのお話です。しょっぱいものと食べた後は、水が飲みたくなりますが、...

食品に含まれる食品添加物のメリット・デメリットについて

多くの食品に含まれる食品添加物ですが、体に良くないというイメージがありますね。出来るだけ無添...

納豆ご飯は高カロリー?なぜダイエット向きと言われるの?

納豆は、健康や美容に良い食品として、日本では古くから好まれています。納豆は、ダイエットに向い...

1日に必要なカロリーはどれくらい?不足するとどうなるの?

体の脂肪が気になり、ダイエットをしようと決意されているかたはいらっしゃいませんか?ダイエット...

卵と小麦粉にアレルギーがあっても食べられるおやつを紹介

食物アレルギーを持つ子供が増えていますが、自分や自分の子供にアレルギーがないと、あまりピンとこな...

チューブタイプのバターに含まれるトランス脂肪酸への疑問

チューブタイプのバターと聞くと、いつもは固く感じがちなバターが、使いやすくなったものかなと思われ...

体の水分量を増やしたい!水分量を増やす水の飲み方&選び方

皆さんは、体の水分量って気にしたことはありますか?私達人間の体は、成人男性で約60%が水...

危険な食品添加物はこんなにある!一覧表から健康を考える!

昨今の健康に対する意識の高まりで、食品添加物への関心も高まっています。健康を保つためにも、危険な...

子供の栄養ドリンク。何を飲ませれば良いのか悪いのか?

子供の成長には、栄養が必要です。そんな子供に栄養がある飲み物として何を飲ませれば良いのでしょう...

ふざけ行為には危険すぎる!醤油のがぶ飲みは死と隣り合わせ

最近では、ユーチューバーが閲覧数を増やすために、人とは違った行動をして注目を浴びていることもあり...

スポンサーリンク

天然着色料に求められていること

食品の色は、消費者の購入動機に大きなインパクトを与えます。

明太子が少しでも茶色くなっていたら、鮮度に問題がなくても買いたくありませんよね。

お菓子の色がカラフルだったり、純白だったり目を引く色であればプレゼントをしたくなります。

市販の食品には、彩りを与えるために着色料が使用されています。

食品に色付けする方法は、食品自体を使うか、着色料を使うかの2種類です。

カボチャを使ってオレンジ色にするのは、食品自体で色付けをしています。

パプリカ色素を使ってオレンジ色にするのは、着色料を使う方法です。

食品に使われる着色料を食用色素と言いますが、食品衛生法により食品添加物として分類されています。

さらに食用色素は、天然着色料、合成着色料の2種類に分類されます。

食品の見栄えへの需要は、毎年増加傾向です。

ネット通販での販売に、画像映りのよさは不可欠です。

個人でも、SNS投稿を前提に食品を購入したりしますよね。

このような見栄えに加えて、求められているのは安全性です。

着色料は天然のものなら安全なのか、海外では天然でも規制されているのかなど、特に天然着色料についての関心は高まっています。

天然着色料と合成着色料の違い

食品衛生法上の食用色素は2種類あるとお話しました。

・天然着色料は食品や植物や昆虫の色素など自然のものから採取して作られます。

・合成着色料は石油を原料としたものから化学的に合成して作られます。

天然着色料、合成着色料共に共通しているルールがあります。

食肉、魚介類、野菜類などの生鮮食品への着色料の使用は禁止されています。

鮮度などで消費者の判断を誤らせる恐れがあるからです。

どちらの着色料も消費者が持つ食品のイメージに沿った色にしたり、あえて奇をてらった色付けをするために使います。

消費者が着色料の安全性に不安を覚えるのは、後者の方です。

真っ青なアイスキャンディーなど、いかにも加工食品を思わせる色には合成着色料が使われているのだろうと思いがちです。

しかし実際には商品裏面の食品表示欄に、天然着色料名が記されています。

「よくわからない植物由来の着色料で、しかも品質試験も行われていないらしい」

というウワサもあります。

天然着色料の一部分の情報だけに尾ひれがついてしまい、これが安全性が疑問視される原因でもあります。

代表的な天然着色料とその食品

真っ青なアイスキャンディーなどに天然着色料が使われていることは珍しくありません。

以下は代表的な天然着色料です。

・クチナシ色素

クチナシの果実から抽出されます。

デンプン質に対して強い染色性を持つので、中華麺やスナック菓子の着色によく使用されます。

青色、黄色、赤色色素があります。

青色色素はアイスキャンディーや清涼飲料水などに使用されています。

・パプリカ色素

唐辛子の一種であるパプリカから抽出、赤色、黄色色素があります。

マーガリン、スナック菓子などの食品に使われます。

・ラック色素

東南アジアに生息するラックカイガラムシから抽出します。

酸性度によってオレンジや赤色の色素が作れます。

ジャム、トマトケチャップ、野菜ジュースなどの食品に使われます。

・カラメル色素

世界で最も多く使用される天然着色料であり、デンプンや糖分を薬品で色素を抽出します。

国内でも最も需要があり、天然着色料の全体の8割を占めます。

代表的な食品は、コーラ、ウィスキー、醤油などで、カラメル色素の濃淡で色を調整します。

天然着色料の安全性チェック

天然着色料は植物や昆虫、食物成分など自然由来の抽出物です。

確かに青いアイスキャンディーをみるとギョッとしますが、食品衛生法で認められた植物由来と聞けば納得できます。

ただ問題に上がるのは、一部の天然着色料の抽出方法です。

自然素材から色素を抽出する方法は、水に浸けるのと、薬品を使う方法の2種類があります。

薬品を使って抽出する代表的な天然着色料は、カラメル色素です。

デンプンや糖分などの炭水化物から酸やアルカリなどの化学薬品を使って抽出します。

自然のものが原料であっても、化学薬品を媒介している時点で天然着色料と言えるのかという声が多いのです。

平成7年に食品衛生法が改正されるまでは、天然着色料については安全性評価が行われていませんでした。

改正により天然着色料も合成着色料と共に食品添加物として定義され、安全性評価の対象になりました。

現在も数多くの天然着色料の安全性評価が順次行われています。

「昔から天然着色料と言われているけど、実は化学薬品を使っているかもしれない」

などの声が多く聞かれるのは、順次評価されている段階にあるからなのです。

天然着色料の食品だから安心?

カラメル色素のように、例え薬品を使って抽出した色素であっても天然着色料の安全性は保証されています。

ただし、天然着色料も食品添加物のひとつです。

以下は天然着色料について、あまり知られていない食品添加物としての一面です。

・用法、用量を守る

お菓子作りで使う時は注意です。

天然着色料の発色は穏やかなので場合によっては、色が薄いと感じることもあるかもしれません。

だからと言って決められた以上の分量を使わないようにして下さい。

・天然着色料と発色剤を併用した食品

発色剤は、食品そのものの色を明るく見せます

例えば明太子は乾燥した部分が、赤色から茶褐色になります。

茶色いと売り物になりませんので、きれいな赤色を保つために発色剤を使います。

赤の天然着色料だけでなく、発色剤も使用しているのです。

2種類の食品添加物を使っている明太子があることは意外に知られていません。

無添加にこだわりたいなら、留意しておきましょう。

・海外に比べて規制が厳しくない

日本での天然着色料の禁止食品の対象は、生鮮食品のみです。

しかしEUでの対象は、生鮮食品、チーズ、パン、野菜ジュースなど27種類にも及びます。

日本の方が厳しいかと思いきや、実際は欧州の方が厳しいのです。

天然着色料を含む食品と上手に付き合う

天然かどうかを問わず、着色料の摂取の安全性は保証されています。

しかし説明の通り、「天然」という文言で安易に判断するべきではありません。

そこで、天然着色料を含む食品と上手に付き合う方法を紹介します。

・なるべく手作りして着色料を摂らない

鮮やかな色にしたいならカボチャを使うなど、なるべく食品自体の色合いを活かしましょう。

外食したなら、デザートは手作りにするなど市販の食品が続かないようにして下さい。

・デザートは和菓子を食べる

和菓子は伝統的に渋い色が好まれてきた背景があります。

そして、薬品を使わず色素を抽出した天然着色料が多く使われています。

・たまには少し高級な食品を選ぶ

例えば無添加、無着色のこだわり食品は、安全性が高く素材そのものの味が楽しめます。

逆に安くて見た目もきれいな食品をみたら、どのような着色料が使われている自らも調べてみましょう。

天然着色料の種類は今後も増えます

新しい技術が開発されれば、今後も着色料の可能性は広がります。

石油由来ではない合成着色料の種類が増える、または薬品を使わない天然着色料が増えるかもしれません。

今の時点では、なるべく着色料を摂取しないことが最善策としか言えません。

いつか着色料を食品添加物だからと必要以上に構えなくてよい日が来るといいですね。