野菜ジュースはいつ飲むのがおすすめ?健康に良い摂り方とは

健康のために野菜を摂る事は大事ですが、野菜嫌いな方にとっては辛い事です。

野菜ジュースなら飲みやすいものも多くあるので、毎日飲んでる方も多いと思いますが、どのタイミングで飲んでいますか?

せっかく健康のために飲んでいるのに、あまり効果がない飲み方をしている方もいます。

今回は、栄養を効率よく摂るために、飲むタイミングやおすすめの野菜の組み合わせをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

菓子パンは実は危険?!パン屋さんのパンと比べてどう違う?

スーパーなどで手軽に買えて、種類も豊富な菓子パンは何かと助かりますよね。しかし、危険性のある...

1日に必要なカロリーはどれくらい?不足するとどうなるの?

体の脂肪が気になり、ダイエットをしようと決意されているかたはいらっしゃいませんか?ダイエット...

毎日飲む野菜ジュースはジューサーで。手作りレシピも充実

生の野菜を使った野菜ジュースには、栄養がたっぷり含まれています。近頃は、この栄養を効率的...

脂肪分とカロリーが違う牛乳の種類と大さじ1のカロリー

一言で牛乳といっても、濃厚牛乳や無脂肪牛乳、低脂肪牛乳など色々な牛乳があります。含まれる成分...

ビタミンの種類やどれくらいの数があるかご存知ですか?

今回は5大栄養素のひとつである、ビタミンについてです。ひとくちにビタミンと言っても、いろいろな...

男性の一食分のカロリーはどれくらいにすれば太らないか

自炊派にしろ外食派にしろ、男性の一人暮らしはとかく食生活が乱れがちです。好きな食べ物を好きな...

アルコールの度数(パーセント)には、しっかり気を付けよう

大学や社会に出れば、必ずあるであろう飲み会。お酒に強い人もいれば、弱い人もいますが、アルコー...

ラーメン2玉のカロリーはどれくらい?意外と多くてビックリ

ラーメンは好きですか?ラーメンが好きな人なら、一度は夢見る替え玉。しかし、2玉も食べたら...

知っていますか?身長162センチの方の美容体重と平均体重

身長162センチというと、日本人女性の平均とされている身長より、少し高いくらいですが、その平均体重...

卵と小麦粉にアレルギーがあっても食べられるおやつを紹介

食物アレルギーを持つ子供が増えていますが、自分や自分の子供にアレルギーがないと、あまりピンとこな...

人生90年!60代の女性の食事はカロリーよりもバランスが大切

日本人の食事摂取基準というのをご存知ですか?食事摂取基準では男女別、年代別のエネルギー必要量...

紅茶の効能とは?産地別の茶葉の特徴や砂糖の種類について

紅茶は世界中の人々に飲まれていますよね。紅茶にはどのような効能があるか、皆さんはご存知で...

味噌汁に含まれる塩分はどれくらい?計算方法はこちらです

健康のために、食事の塩分量を気にしている人が増えています。スーパーでも減塩の文字をよく見...

酵母って何をしてくれるの?発酵とフルクトースの関係

「健康にいい食べ物」といった話題の中で度々登場する「酵母」というワード。きっと一度や二度、それ以...

カロリーの一日に必要な摂取量はどれくらいなのでしょうか?

飽食の時代と言われて久しい現代、生活習慣病に悩む人々も増えています。そこでダイエットに取り組...

スポンサーリンク

生野菜と野菜ジュースはどちらが健康に良い?

健康のためには野菜を食べる必要がありますが、生野菜は苦手という方も多いと思います。

野菜が苦手なため、野菜ジュースで栄養を補っている方もいますが、栄養価に違いはあるのでしょうか?

野菜ジュースのメリットやデメリットを見てみましょう。

野菜ジュースにするメリットは、ミキサーやジューサーなどを使うため、カサを減らす事が出来ます。

生野菜100グラム食べるとなると、お皿いっぱいの量を食べないといけませんが、ジュースにするとコップ1杯で済みます。

ただし、ミキサーなどを使うと、摩擦熱が発生するため、熱に弱いビタミンや酵素は壊れてしまいます。

しかし、代わりに食物繊維を壊すため、体の中で吸収しやすくなります。

生野菜と野菜ジュースには、それぞれのメリット・デメリットがあるため、うまく使い分けて下さい。

ジュースにすると、相性の良い栄養素を組み合わせることが出来て、コップ1杯で手軽に摂る事が出来るため、忙しい朝の時間にはおすすめです。

野菜ジュースを飲むおすすめの時間

野菜ジュースは、飲む時間によって少し効果が違うのをご存知ですか?

健康のため、ダイエット・栄養価を補うためなど、いろいろな理由で野菜ジュースを飲むかと思います。

時間帯によってどのように効果が変わるのかご説明します。

☆朝

ダイエットや美容目的の場合は、朝飲むのがおすすめです。

1日の始まりに飲む事で、栄養が体に吸収されやすく、普通の朝食に比べると摂取カロリーも抑える事が出来ます。

☆昼

お昼に飲む時は、食前や3時のおやつの時間がおすすめです。

食前に飲む事で、血糖値の上昇を抑える事が出来ます。

3時前後は、脂肪がつきにくい時間に加え、小腹が空く時間のため、一緒に集中力も上げる事が出来て効率が良いです。

☆夜

寝てる間は、胃や腸も休むため、夜遅くに野菜ジュースを飲んでしまうと、体が消化に集中して寝不足や、栄養が消化しきれず、肥満の原因になります。

夕食の代わりに野菜ジュースを飲むなら良いのですが、就寝2時間以上の間隔を空けて飲むことをおすすめします。

どの時間帯にも言えることですが、食前に野菜ジュースを飲む事で、血糖値の上昇を抑える事が出来ます。

これは、サラダを食べた時も同じ効果があります。

野菜ジュースとグリーンスムージーは違う?

最近よくグリーンスムージーという言葉を聞きますが、野菜ジュースとどう違うのでしょうか?

2つの違いについてご説明します。

☆野菜ジュース

・アクの強い野菜以外なら、ほとんどの野菜を組み合わせる事が出来ます。

・食物繊維を取り除き、サラサラしているため、消化に時間がかからず胃に負担がかかりにくいです。

☆グリーンスムージー

・名前の通り、緑黄色野菜と果物を合わせたものです。

・食材を丸ごとと飲む事が出来るため、野菜ジュースよりも食物繊維を多く摂る事が出来ます。

でんぷん質を含む野菜を中心に使うため、栄養や満腹感があるので、食事の代わりにしても良いです。

体調が悪い時は、胃に負担をかけずに栄養を摂取した方が良いので、食物繊維をあまり含んでいない野菜ジュースがおすすめです。

逆に、ダイエットや食事制限をしてる方は、満腹感があるスムージーがおすすめです。

食物繊維も豊富でとろみがついてるため、腹持ちが良いです。

どちらのジュースも健康には良いですが、栄養価や効果が違いますので、用途に合わせて飲むと良いです。

健康に良いおすすめの野菜

野菜ジュースといっても、いろいろな種類の野菜がありますが、手作りで作るときはどの野菜を使えば良いのでしょうか?

おすすめの野菜を、健康に良い理由と一緒にご紹介します。

☆小松菜

クセがなく、どんな野菜とも組み合わせがよく、特にりんごやバナナと合わせると飲みやすいです。

ビタミン・ミネラル・カルシウム・鉄分が豊富で、野菜の中でも栄養価が高いです。

☆人参

人参と言えばカロテンというほど、カロテンが豊富です。

見た目も色鮮やかなオレンジのため、子どもにも人気です。

オレンジと合わせる事で、人参の独特の香りを消す事が出来ます。

☆トマト

トマトには、リコピンという抗酸化作用のある栄養素が含まれています。

トマトは好きだけど、トマトジュースは苦手という方も多いと思いますが、オレンジと組み合わせると飲みやすくなるので、試してみて下さい。

☆アボカド

アボカドは、森のバターと呼ばれるほど栄養価が高いのに、コレステロールが0です。

バナナと組み合わせることで、コクのあるジュースに仕上がります。

市販の野菜ジュースは健康に良いの?

毎日手作りの野菜ジュースを飲むのが理想ですが、忙しい時は市販の野菜ジュースを買うこともあるかと思います。

市販の野菜ジュースのパッケージには、1日の栄養を補えるなど書いていますが、本当でしょうか?

市販の野菜ジュースは、様々な味や種類のものが、各メーカーから販売されています。

添加物や砂糖を加えているものもあるため、健康に気を遣う方はなるべく無添加のものを選び、濃縮還元よりも100%ストレートタイプを選びましょう。

濃縮還元とは、食材を加熱して体積を減らしペースト状にしたものに、水分を加えるジュースのことを言います。

加熱をしているため、熱に弱いビタミンやミネラルなどの栄養素は、ほとんどありません。

また、濃縮還元のジュースの野菜は、どこで生産されたものかがわかりません。

ペースト状の食材が外国産だったとしても、日本で水分を加えて加工すれば、国産扱いになります。

市販の野菜ジュース買う時は、目の前で作ってくれるお店のものなら信用できますが、スーパーにある特売品などでは、あまり効果が期待できませんので、栄養価を考えるなら、手作りがおすすめです。

健康に良いおすすめ野菜ジュースレシピ

野菜ジュースは組み合わせ次第でいろいろな味を楽しめますが、作り慣れていないとなにを混ぜたら良いか悩んでしまいます。

健康に良い野菜ジュースのおすすめレシピをご紹介するので、自宅で作ってみませんか?

『赤い野菜ジュース』

【材料】
・人参 1/2本
・スイカ 30グラム
・りんご 1/2個
・トマト 30グラム
・レモン汁 小さじ1杯

【作り方】

①野菜はジューサーの投入口に入る大きさに皮をむかずに切ります。

②ジューサーに入れて、混ぜ合わせたら出来上がりです。

『緑の野菜ジュース』

【材料】

・アボカド 1/2個
・グレープフルーツ 1個
・水 30グラム
・はちみつ 大さじ1杯

【作り方】

①アボカドだけ皮と種をとり、グレープフルーツは、ジューサーの投入口に入る大きさに切ります。

②ジューサーに入れてすべての材料を混ぜ合わせれば、出来上がりです。

作り慣れていない方は、野菜ジュース用に材料を買わず、料理用に買った野菜の余りを使うと、作るハードルを下げることが出来ます。

まずは、時間に余裕のある時だけ作ってみましょう。

健康への第一歩に野菜ジュース

今は手軽にいろいろな食事を摂ることが出来ます。

肉・魚は好きだけど、野菜は苦手という方も多いと思いますが、栄養のバランスを考えると、野菜は不可欠です。

苦手な野菜を食べるのは辛いと思いますが、果物を混ぜてジュースにする事で、美味しく野菜を摂ることが出来ます。

是非、野菜嫌いを克服して、バランスの良い食事を目指して下さい。