玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

味噌煮込みうどんのおすすめの具と素材を生かした調理方法

      2018/05/01

味噌煮込みうどんのおすすめの具と素材を生かした調理方法

味噌煮込みうどんというと、冬の寒い季節に召し上がることが多いでしょうか。

しかし、体を芯から温めてくれる味噌煮込みうどんは冬に限らず、どの季節でもおすすめの料理なのです。

発酵食である味噌は体の新陳代謝を促してくれますし、素材の特長を生かした具を使用することで、更なる健康促進効果や美容効果も期待できます。

おいしい上に体にも優しい味噌煮込みうどんを、もっと食べてみませんか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

牡丹鍋は味噌味が最強!その歴史と分布・作り方をご紹介

近年はジビエが流行したりと、ちょっと変わったお肉を食べるの...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。 近年、コ...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。 春...

文明開化の味?牛鍋のレシピ!醤油味も味噌味も簡単に!

牛鍋を食べられるお店は、現在減りつつあるようです。 そん...

自然薯はとろろ以外にもレシピが豊富!味噌汁にしても美味!

自然薯は、一般的にはとろろにして食べることが多いですよね...

トランス脂肪酸は危険?マーガリンに多いって本当?

近年、マーガリンはトランス脂肪酸が多いから体に悪いという...

トランス脂肪酸を含まない油を選んで健康生活を送りましょう

心血管系疾患リスクや、その他の健康被害に影響を及ぼすこと...

電子レンジ料理のレシピ!料理に不慣れな男性でも簡単に!

料理を始めたくても器具が無かったり、どこから始めたら良い...

電子レンジのオーブン機能で焼き魚が簡単ジューシーに出来る

電子レンジで焼き魚が出来ることをご存知でしょうか。 お...

電子レンジでカンタンおいしいトーストや食パン料理の作り方

電子レンジで食パンを上手にトーストできますか。 多機能...

電子レンジで作る!簡単おいしい手作りパイのアイデアレシピ

ご家庭にある電子レンジを使い、難しいといわれるパイを作っ...

電子レンジで目玉焼きができちゃう?ラップを利用して作ろう

ちいさな子どもがいる家庭や、コンロが足りない時などに便利...

スポンサーリンク


日本各地の味噌煮込みうどん

味噌煮込みうどんというと、名古屋めしでお馴染みの方も多いかと思います。

しかし、もともとは山梨の郷土料理であるほうとうが元になっています。

このことが名古屋周辺にも伝わり、広がっていったのではないかという説が有力です。

名古屋や山梨のほかにも、日本各地で土地の食材・味噌を使った味噌煮込みうどんを郷土料理として食する地域が見られます。

それらは素朴な味わいからなのか、田舎うどんと呼ばれることもあります。

煮込みうどん全般にもいえることですが、汁を作って別に茹でた麺を入れるというのではなく、味噌仕立ての汁の中で最初から具と共に麺を煮込むという特徴があります。

調理中に煮崩れてしまわないよう、麺は太めで具も大ぶりのものがよく見られるようです。

麺を汁のなかで煮込むため、汁にとろみがつくのも特徴の一つです。

外食店舗では、一人前ずつ小さな土鍋で作って供されることが多いのですが、ご家庭で作る場合には、大きな土鍋で人数分をまとめて作ってしまうこともあるようです。

名古屋の味噌煮込みうどんはどんな素材を使う?

名古屋で味噌煮込みうどんといえば、八丁味噌を代表とする豆味噌で仕立てた煮込みうどんのことを指します。

豆味噌は旨味の濃いのが特徴ですが、そこに濃厚なかつおだしをしっかりと効かせているので、とてもインパンクトの強い、しっかりとした味に仕上がります。

名古屋風の味噌煮込みうどん用の麺には、塩を加えずに小麦粉と水だけで打ちます。

これは、うどんの麺に含まれる塩気が味噌味の汁で煮込むと塩辛くなりすぎてしまうためでもあります。

塩を加えずに麺を打つことで麺の中心部にまで火が通りにくくなり、固くてしこしことした独特の歯触りが楽しめます。

これにより、味噌煮込みうどんの麺の特徴である太くてコシのある麺に仕上がるのです。

味噌で煮込んだきしめんもとてもポピュラーなメニューですが、普通の味噌煮込みうどんとは厳格に区別されているようです。

名古屋コーチンなどといった地元の有名な食材が具に使われていることも多く、お店によっては旬の素材を使った天ぷらをのせたりもします。

満足感のある味付けのため、うどんを食べ終わった後に残った汁の中に、白いご飯を入れて食べるのも人気食べ方の一つです。

山梨の味噌煮込みうどん!ほうとうの具は?

名古屋の味噌煮込みうどんの元ともなった山梨のほうとうは、幅広く厚みもある麺を使用します。

もっちりとした麺には、名古屋周辺で見られる味噌煮込みうどんと同じく、作成時に塩を加えません。

ただ、こね鉢の中で小麦粉と水を素手で練って作り、麺の生地を寝かせる時間も取らないため、小麦粉から生成されるグルテンの量が少なく、麺のコシは比較的控えめです。

ほうとうに使われるだしは煮干しだしがメインで、力強く素朴な風味が特徴です。

具ですが、季節によって変わる野菜やキノコ類が中心で、山菜類を加えることも多いです。

味付けには、一般的に甲州味噌と呼ばれる、米麹と麦麹の両方を使って仕込まれた味噌をしますが、信州味噌のように米麹だけで仕込まれた味噌を使う場合もあります。

野菜の中でも、特にカボチャは基本的な軸として使われ、素材そのものの甘味と、味噌の塩気がうまい具合に合わさることで、複雑な味が生み出されます。

そのほか地域の味噌煮込みうどんの具と素材

味噌煮込みうどんの具としておすすめなのは、コクのある味噌の味を上手に受け止めてくれるような食材です。

全国各地で見られる味噌煮込みうどんを見てみても、味噌の味と良く合う、鶏肉や卵、蒲鉾、長ネギなどがよく具として使われています。

淡白な味わいの食材に味噌味をじっくり沁み込ませていただくのもおすすめです。

豆腐や餅、里芋などの味の主張が少ない素材をを入れたり、シイタケやシメジ、エノキなどの色々なキノコ類を入れて、味をしみこませてみましょう。

これらとは逆に、素材の持つ独特な味を味噌味とマッチングさせて楽しむ具材もおすすめです。

サツマイモやカボチャなどの甘みのある野菜類は、素材そのものが持つ甘みと味噌の塩辛さが相まって、バランスの良い味が楽しめます。

ゴボウやセリなどの一癖ある野菜も、パンチの効いた味噌味とうまく合わさって、独特のおいしさが楽しめます。

クセのある野菜から出たうまみ成分が味噌煮込みうどんの汁に溶け込み、汁の部分も複雑で繊細な味わいになります。

味噌煮込みうどんに加える隠し素材

上記のように、味噌煮込みうどんは体を芯から温めてくれます。

その効果を更に高めるために、すりおろした生姜もたっぷりと加えてみてください。

味噌と生姜は、どちらも体を温める効果に優れているので、ダブルで使用することで更なる相乗効果があらわれます。

同じく、すりおろしたにんにくを加えてみても良いでしょう。

体が温まりますし、その独特の香りが味噌の芳醇な香りと相まって、食欲を誘ってくれることでしょう。

味噌と共に、塩麹などの発酵調味料を合わせて使うのも、具のおいしさを引き出してくれるのでおすすめです。

味噌自体も麹で作られているので、麹を利用した調味料とはとても相性が良いです。

発酵調味料の持つ健康効果・疲労回復効果が促進されるのも嬉しい副産物ではないでしょうか。

意外なところでおすすめなのが、ヨーグルトや牛乳などの乳製品です。

ほんの少量ですが、加えることで角の取れた味になり、そのほかの素材の味を引き立てます。

バターを少量加えてみてもコクが深まり、リッチな味わいになりますよ。

味噌煮込みうどんにおすすめの薬味としての具

食べる直前にパラパラと振りかけたり、横に添えたりする薬味ですが、どのようなものが味噌煮込みうどんには合うでしょうか。

よく見られるのは、うどん屋さんに行くと大抵はテーブルの上に並んでいる、一味唐辛子や七味唐辛子です。

ピリッとした味が全体の味を引き締め、味噌ととても良く合う、ハズレの無い定番のおいしさです。

具として中に入れてある長ネギとは別に、長ネギを細かく裂いて水に晒した白髪ネギをどんっと乗せるのもネギの風味が味噌と合わさり、食欲が進みます。

また、アサツキを小口切りにしたものを上からどっさり載せるのも、フレッシュな味わいが加味されて、おいしくいただけますよ。

温泉卵を上に乗せて、トロっとした卵の黄身にしっかりと味噌味の付いたうどんや具を絡めて食べるのも、まろやかな口当たりが楽しめる組み合わせです。

生湯葉を添えてみると、とろみのある大豆の素材感が味噌の味を包み込んで、とてもやさしい味わいになりますよ。

味噌煮込みうどんを、もっと身近なものにしませんか

何気なく食べていた味噌煮込みうどん。

日本各地の味を食べ比べてみたりするのも面白いですね。

ご家庭では、いろいろなアレンジを楽しむこともできますよ。

冬だけでなく、夏場でもクーラーで冷えてしまった体を芯から温めてくれる味噌煮込みうどんは、もっと活躍の場を増やしていっても良いのではないでしょうか。

ぜひ味噌煮込みうどんをおいしく楽しく味わってみてください。

 - その他食材