美容に健康に!もつ鍋レシピ6選!人気の味噌味でこっくりと

皆さん、もつ鍋を食べたことはありますか?

もつ鍋は福岡市周辺の郷土料理で、もつのコラーゲンが、美容にいいと人気です。

また、ビタミンなどの栄養も豊富で、地元では医者いらずともいわれています。

しかし、もつ鍋を専門店で食べ続けるのは大変です。

そんなときは、もつ鍋をご自宅で簡単に作ってみましょう。

味噌ベースのスープの、6つのもつ鍋レシピをご紹介します。

皆さん是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

鶏肉の味噌焼きのレシピ!オーブンで簡単調理!

ヘルシーでたんぱく質が豊富に含まれている鶏肉は、どんな調味料でも相性が良く、扱いやすい食材です。...

ブロッコリーとカリフラワーの中間!?ロマネスコとは?

ロマネスコという野菜、聞いたことありますか?味はブロッコリーに近く、食感はカリフラワーに近いとい...

スイカを種から発芽させてみよう!スイカの栽培方法教えます

夏の暑さで喉の渇きを感じると、食べたくなる果物と言えば?「スイカ」ではないでしょうか?...

ハンバーグに味噌?隠し味やソース、アレンジレシピをご紹介

好きなおかずといえばハンバーグ、という方も多いのではないでしょうか。肉汁たっぷりのハンバ...

チョコレートケーキは高カロリー?太らないためには?

チョコレートの甘さが際立つチョコレートケーキは絶品ですよね。チョコレートケーキをはじめ、ケー...

昆布の佃煮の作り方は?冷凍可能?アレンジレシピは?

ご飯によく合う昆布の佃煮。おいしいだけでなく、ビタミンやミネラルなどの栄養を、バランスよく含...

オーガニックコーヒーとは?インスタントのおすすめをご紹介

健康ブームの近年は、スーパーなどでも「オーガニック」と表記されている食品が増えてきています。...

ミニトマトの栽培には連作障害がつきもの?その対策法とは

ミニトマトは、見た目もかわいくて、栄養満点ですから、家庭菜園でも人気の野菜です。プランターや...

パスタを電子レンジで!ペペロンチーノもたらこスパも!

最近電子レンジで手軽にできる調理が流行っていますよね。洗い物も少なく、火も使わないので子ども...

朝、水筒に入れたお茶がお昼に変色してしまう理由と対策法

エコや節約などの理由で、水筒を持ち歩く人が増えましたね。水筒の中身の定番は、どんな場面でも飲...

玉ねぎは長期保存可!自分で栽培、収穫、保存してみよう!

玉ねぎは様々な料理の具材になる便利な野菜です。血液をサラサラにすることで有名ですよね。...

夕飯の献立は魚がおすすめ!栄養豊富な魚で毎日の健康維持を

日本の和食文化に欠かせない「魚」。現代人の食は変化しつつありますよね。日本の和食文化に欠...

アボカド一つの栄養とカロリーは?おすすめの使い方教えます

野菜売場にはアボカドがありますね。大体一つずつ購入でき、色も熟す前後で異なります。スーパ...

電子レンジで時短&楽チン!豆腐とキムチを使ったレシピ

いろいろなジャンルのレシピに使える便利な豆腐とピリッとした辛さと歯ごたえが魅力のキムチ。この...

オーガニックのレモングラスのおすすめや使い方は?

オーガニックという言葉を、目にすることが多くなりましたね。野菜や食品、またはレストランに、こ...

スポンサーリンク

人気の味の味噌醤油レシピ

はじめに、コクある味噌とほんのり醤油味のもつ鍋レシピをご紹介します。

もつと味噌は人気の組み合わせで、さらににんにくチップが入るので、香りのいい鍋が楽しめます。

味噌や醤油の量を加減して、お好みの味で試してみてください。

【材料】

・キャベツ 1/2玉
・もやし 2袋
・にら 1束
・牛もつ 400~500g
・乾燥にんにくチップ 適量
・白すりごま 適量
・輪切り唐辛子 適量
◎水 900ml
◎鷄がらスープの素 大さじ2
◎合わせ味噌 大さじ8
◎砂糖 60g
◎オイスターソース 小さじ2
◎豆板醤 小さじ1~3の間でお好みの量
◎醤油 大さじ2

【作り方】

①もつはさっと熱湯にくぐらせて冷水に取り、ざるにあげておきます。

キャベツは、大きめのざく切りにします。

もやしは洗い、水気を切っておきます。

にらは、7cmほどの幅で切っておきます。

②土鍋に、スープの◎の材料を全て入れ、よく混ぜて溶かします。

さらにもつを入れ、土鍋を火にかけ、アクを時々とりながら煮ます。

アクが出なくなったら、火を止めましょう。

③もつを煮た②の土鍋に、キャベツ、もやしを入れ、火にかけます。

キャベツがしんなりするまで、煮ましょう。

④キャベツがしんなりしたら、にらをのせます。

さらに乾燥にんにくチップ、白すりごま、輪切り唐辛子を散らします。

ひと煮立ちさせ、にらがしんなりしたら完成です。

味噌豆乳スープのもつ鍋レシピ

続いては、味噌と豆乳のスープの、やさしい味のもつ鍋レシピです。

あっさりしていそうですが、香味野菜の生姜とにんにくのすりおろしが入ります。

やさしい味ながらも、香りがよいのと、コクがあるのが人気の秘密です。

【材料】

・豚もつ 300g
・白菜 300g
・豆腐 1丁
・えのき茸 1袋
・しらたき 1袋
◎鶏がらスープの素 大さじ1
◎水 700cc
◎塩 小さじ1/2
◎生姜すりおろし 大さじ1
◎にんにくすりおろし 1かけ分
◎味噌 大さじ3
・豆乳 300cc
・あれば白すりごま 適宜
・あればラー油 適宜

【作り方】

①もつはさっと熱湯にくぐらせて、冷水に取り、ざるにあげておきます。

白菜は4~5cm長さの太めの千切りにします。

千切りにした白菜は、さっと湯通しします。

えのき茸は石づきを切り落とし、ほぐします。

しらたきは、下茹でしておきましょう。

豆腐は8等分にします。

②土鍋に◎を入れよく溶かし、さらに豚もつを入れます。

土鍋を火にかけ沸騰させたら、アクを時々とります。

アクが出なくなったら、火を止めます。

③もつの入った④の土鍋に、白菜、豆腐、えのき茸、しらたきを入れます。

土鍋を中弱火にかけて、一煮立ちさせましょう。

④具材を入れた②の土鍋に、豆乳を加え、さらに煮ます。

豆乳を入れたら、吹きこぼれに注意しましょう。

⑤お好みで、ラー油やすりごまをふり、完成です。

ごまの香り高い人気レシピ

続いては、味噌とすりごまのもつ鍋レシピです。

ほんのりとした西京味噌の甘さと、たっぷりのすりごまの香りが、人気の秘密です。

【材料】

・牛もつ(小腸) 300g
・キャベツ 1/3玉
・ごぼう 1/2本
・にら 1束
・豆腐(絹ごし) 4切れ
・昆布 5cm×3
・水 900cc
◎西京味噌 大さじ2と1/2
◎合わせ味噌(だし入り) 大さじ3
◎おろしにんにく 1片
◎醤油 大さじ1
◎塩 小さじ1/4
◎豆板醤 小さじ1~
◎コチュジャン 小さじ1
◎すりごま 大さじ5
・輪切り唐辛子 1本分までで好みの量

【作り方】

①土鍋に水と昆布を入れ、30分ほどつけ、昆布だしをとる準備をしておきます。

②昆布だしの準備をしている間に、具材の下準備をしておきましょう。

もつはさっと熱湯にくぐらせて、冷水に取り、ざるにあげておきます。

ごぼうはささがきにし、水にさらし、ざるにとり水気を切ります。

キャベツは、大きめのひと口大に切ります。

③水と昆布が入った①の土鍋を、弱火にかけます。

沸騰直前になったら、土鍋から昆布を抜きます。

④昆布だしの入った③の土鍋が沸騰したら、火を止めます。

調味料の◎の材料を、土鍋に入れ、溶かしておきます。

⑤もつ、ごぼう、豆腐を④の土鍋に入れ、中火で煮ましょう。

ごぼうが煮えるまで、アクを時々とっておきます。

⑥ごぼうに火が通ったら、さらにキャベツを入れます。

キャベツがしんなりしてきたら、にらを入れます。

にらがしんなりしたら、輪切り唐辛子を散らし、完成です。

芝麻醤と味噌のもつ鍋レシピ

続いては、味噌と芝麻醤のコクのあるスープの、もつ鍋レシピです。

芝麻醤のなんともいえない、ナッツペーストのような、濃厚な味わいが人気の秘密です。

豆板醤と唐辛子で、お好みの辛さにして試してみてください。

【材料】
・牛もつ 400~500g
◇キャベツ 1/3個
◇豆腐 1丁
◇舞茸 1パック
◇にら 1束
◇にんにく 3片
・唐辛子 1~2本
◎鶏がらスープの素 大さじ1
◎水 900㏄
◎芝麻醤 大さじ3
◎お好みの味噌 大さじ4
◎豆板醤 小さじ1~大さじ1の間でお好みの量
◎醤油 大さじ2

【作り方】

①もつはさっと熱湯にくぐらせて、冷水に取り、ざるにあげておきます。

②にんにくは、薄くスライスしておきましょう。

にらは7cmほどの長さに切ります。

キャベツは、大きめのざく切りにしておきます。

舞茸は軽くほぐしておきます。

唐辛子は、種ごと粗みじん切りにしておきます。

③スープの材料の◎を、全て土鍋に入れ溶かします。

そこにもつを入れ、土鍋を火にかけ、アクを時々とりながら煮ます。

アクが出なくなったら、火を止めます。

⑤もつを煮た③の土鍋に、下準備した◇を入れ火にかけます。

キャベツがしんなりしたら、粗みじんの唐辛子をふり、完成です。

クリーミーな味わいが人気!

続いては、味噌と生クリームの、もつ鍋レシピです。

こちらのもつ鍋は、〆にちゃんぽん麺を入れて食べてみてください。

まるでクリームパスタのような、美味しさになりますよ。

パルメザンチーズで、さらにコクを出しているのが人気の秘密です。

【材料】

・キャベツ 1/3玉
・にら 1束
・絹豆腐 1丁
◎水 800cc
◎鶏がらスープの素 大さじ2
◎合わせ味噌 大さじ6
◎にんにくすりおろし 小さじ1
◎ごま油 小さじ2
◎ラー油 少々
◎一味唐辛子 小さじ1
◎砂糖 大さじ1
◎醤油 大さじ1
◎コチュジャン 小さじ2
・生クリーム 200ml
・パルメザンチーズ 50g

【作り方】

①もつはさっと熱湯にくぐらせて、冷水に取り、ざるにあげておきます。

にらは7cmほどの長さに切ります。

キャベツは、大きめのざく切りにします。

豆腐は8等分にしておきます。

②スープの材料の◎を全て土鍋に入れ、溶かします。

さらにもつを入れ、土鍋を火にかけ、アクを時々とりながら煮ます。

アクが出なくなったら、火を止めます。

③もつを煮た②の土鍋に、キャベツ、豆腐を入れ火にかけます。

キャベツがしんなりしたら、生クリームを入れ、ひと煮立ちさせます。

生クリームを入れた土鍋ににらを入れ、さらにパルメザンチーズをふります。

ひと煮立ちさせれば完成です。

味噌とカレーのもつ鍋レシピ

最後は、味噌とカレー粉の、もつ鍋レシピです。

カレー粉の香りと、パンチの効いた辛さが人気の秘密です。

また、チリペッパーの中でも、辛味の強いカイエンペッパーを使います。

冬は血行促進でほかほかと温かく、夏は食欲増進、夏バテ予防にもってこいのもつ鍋です。

【材料】

・豚もつ 350g
□にんじん 1本
□にら 1束
□だいこん 1/4本
□もやし1袋
□キャベツ 1/3玉
□長ねぎ 1本
□しいたけ 4個
◎しょうがすりおろし 大さじ1
◎にんにくすりおろし 大さじ1
◎水 800ml
◎鷄ガラスープの素 大さじ2
◎合わせ味噌 大さじ6
◎醤油 大さじ2
◇カレー粉 大さじ1
◇カイエンペッパー 小さじ1/2

【作り方】

①もつはさっと熱湯にくぐらせて、冷水に取り、ざるにあげておきます。

にらは7cmほどの長さに切ります。

にんじんは、3mm幅ほどの半月切りにします。

だいこんは、3mm幅ほどのいちょう切りにします。

もやしは洗い、ざるにあげ、水気を切っておきます。

キャベツは、大きめのざく切りにします。

長ねぎは斜め切りにします。

しいたけは、軸を切り取っておきます。

②スープの材料の◎を、全て土鍋に入れ、溶かします。

さらにもつを入れ、土鍋を火にかけ、アクを時々とりながら煮ます。

アクが出なくなったら、火を止めます。

③もつを煮た②の土鍋に、野菜類の□を入れ火にかけます。

にんじんに火が通ったら、◇のスパイスを入れ、全体に混ぜたら完成です。

意外に簡単に作れるもつ鍋

こちらでは味噌ベースのスープで作る、もつ鍋レシピをご紹介しました。

ご覧になってみていかがでしたか?

美容と健康にいいもつ鍋が、意外に簡単に作れると、驚かれたかたもいるのではないでしょうか。

6種のもつ鍋から、皆さんのお気に入りを見つけて、是非作ってみてください。