美容に健康に!もつ鍋レシピ6選!人気の味噌味でこっくりと

皆さん、もつ鍋を食べたことはありますか?

もつ鍋は福岡市周辺の郷土料理で、もつのコラーゲンが、美容にいいと人気です。

また、ビタミンなどの栄養も豊富で、地元では医者いらずともいわれています。

しかし、もつ鍋を専門店で食べ続けるのは大変です。

そんなときは、もつ鍋をご自宅で簡単に作ってみましょう。

味噌ベースのスープの、6つのもつ鍋レシピをご紹介します。

皆さん是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

味噌ラーメンのワンランクアップレシピ!極旨スープの秘訣!

味噌ラーメンには、醤油ラーメンや豚骨ラーメンにはない魅力がありますね。そんな味噌ラーメンのス...

じゃがいもと玉ねぎを大量に保存しておく方法を伝授します

じゃがいもと玉ねぎは、常備野菜の筆頭ですよね。常に野菜庫に入っている野菜だと思います。し...

冬が旬の野菜!かぶの味噌汁はカロリーがどれくらいあるの?

かぶは、普段の食卓では、どちらかというと脇役的存在ですよね。しかし実は、大切な栄養素がぎ...

珍しい形!ウチワエビで作る美味しい味噌汁の作り方

年中食べられている、子どもから大人まで人気のエビ。お寿司や揚げ物にしても、美味しいですよね。...

レタスとキャベツの栄養素を比較!食物繊維が多いのはどっち

レタスとキャベツは、栄養素のひとつとも言われる「食物繊維」が多いとよく聞きますよね。この食物...

にんじんのみじん切りが簡単にできる器具は?レシピも紹介!

にんじんのみじん切りが苦手な方は意外と多い気がします。レシピを見ていて「にんじんのみじん切り...

味噌鍋おすすめレシピ!野菜の栄養やサイドメニューもご紹介

寒い日は温かいものが食べたくなります。そんな時は鍋などいかがでしょうか。1人鍋もいいです...

味噌煮込みうどんのレシピは意外と簡単 八丁味噌料理もご紹介

味噌煮込みうどんと聞いて名古屋を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。愛知県の郷土料理と...

離乳食初期から使いやすいバナナ。でも量が多くて余るもの。

栄養価の高く、調理がしやすく、離乳食初期から使用できるバナナは人気の食材ですよね!1年中いつでも...

砂糖のカロリーは1gでどれくらい?体に優しい砂糖はある?

砂糖は普段の生活で欠かせない調味料ですが、摂り過ぎてしまうと体に悪影響を及ぼします。ダイエッ...

メープルシロップ特集。オーガニックで人気の種類はどれ?

メープルシロップは、パンケーキ・ヨーグルト・シリアルなどに欠かせないアイテムです。最近では...

味噌は健康と美容に効果的!炒めても煮ても美味しいキャベツ

体に良い調味料と言えば、味噌だということは、ご存知の方も多いのではないでしょうか。それでは、...

イカを使った料理のレシピのご紹介!新鮮なイカは、刺身に!

イカは、私達日本人が最も良く食べる魚介類の一つです。イカは、刺身や、お鮨、天ぷらなど...

バナナは栄養豊富!カロリーが高いだけの果物ではありません

バナナは糖度の高い果物ですが、バナナダイエットというダイエット法があるくらい、ダイエットにもよい...

ジャガイモ、人参、玉ねぎのそれぞれの栄養&レシピの紹介

ジャガイモは嫌いな人が少ないでしょう。ボテトにしたら美味しいですものね。しかし人参や玉ね...

スポンサーリンク

人気の味の味噌醤油レシピ

はじめに、コクある味噌とほんのり醤油味のもつ鍋レシピをご紹介します。

もつと味噌は人気の組み合わせで、さらににんにくチップが入るので、香りのいい鍋が楽しめます。

味噌や醤油の量を加減して、お好みの味で試してみてください。

【材料】

・キャベツ 1/2玉
・もやし 2袋
・にら 1束
・牛もつ 400~500g
・乾燥にんにくチップ 適量
・白すりごま 適量
・輪切り唐辛子 適量
◎水 900ml
◎鷄がらスープの素 大さじ2
◎合わせ味噌 大さじ8
◎砂糖 60g
◎オイスターソース 小さじ2
◎豆板醤 小さじ1~3の間でお好みの量
◎醤油 大さじ2

【作り方】

①もつはさっと熱湯にくぐらせて冷水に取り、ざるにあげておきます。

キャベツは、大きめのざく切りにします。

もやしは洗い、水気を切っておきます。

にらは、7cmほどの幅で切っておきます。

②土鍋に、スープの◎の材料を全て入れ、よく混ぜて溶かします。

さらにもつを入れ、土鍋を火にかけ、アクを時々とりながら煮ます。

アクが出なくなったら、火を止めましょう。

③もつを煮た②の土鍋に、キャベツ、もやしを入れ、火にかけます。

キャベツがしんなりするまで、煮ましょう。

④キャベツがしんなりしたら、にらをのせます。

さらに乾燥にんにくチップ、白すりごま、輪切り唐辛子を散らします。

ひと煮立ちさせ、にらがしんなりしたら完成です。

味噌豆乳スープのもつ鍋レシピ

続いては、味噌と豆乳のスープの、やさしい味のもつ鍋レシピです。

あっさりしていそうですが、香味野菜の生姜とにんにくのすりおろしが入ります。

やさしい味ながらも、香りがよいのと、コクがあるのが人気の秘密です。

【材料】

・豚もつ 300g
・白菜 300g
・豆腐 1丁
・えのき茸 1袋
・しらたき 1袋
◎鶏がらスープの素 大さじ1
◎水 700cc
◎塩 小さじ1/2
◎生姜すりおろし 大さじ1
◎にんにくすりおろし 1かけ分
◎味噌 大さじ3
・豆乳 300cc
・あれば白すりごま 適宜
・あればラー油 適宜

【作り方】

①もつはさっと熱湯にくぐらせて、冷水に取り、ざるにあげておきます。

白菜は4~5cm長さの太めの千切りにします。

千切りにした白菜は、さっと湯通しします。

えのき茸は石づきを切り落とし、ほぐします。

しらたきは、下茹でしておきましょう。

豆腐は8等分にします。

②土鍋に◎を入れよく溶かし、さらに豚もつを入れます。

土鍋を火にかけ沸騰させたら、アクを時々とります。

アクが出なくなったら、火を止めます。

③もつの入った④の土鍋に、白菜、豆腐、えのき茸、しらたきを入れます。

土鍋を中弱火にかけて、一煮立ちさせましょう。

④具材を入れた②の土鍋に、豆乳を加え、さらに煮ます。

豆乳を入れたら、吹きこぼれに注意しましょう。

⑤お好みで、ラー油やすりごまをふり、完成です。

ごまの香り高い人気レシピ

続いては、味噌とすりごまのもつ鍋レシピです。

ほんのりとした西京味噌の甘さと、たっぷりのすりごまの香りが、人気の秘密です。

【材料】

・牛もつ(小腸) 300g
・キャベツ 1/3玉
・ごぼう 1/2本
・にら 1束
・豆腐(絹ごし) 4切れ
・昆布 5cm×3
・水 900cc
◎西京味噌 大さじ2と1/2
◎合わせ味噌(だし入り) 大さじ3
◎おろしにんにく 1片
◎醤油 大さじ1
◎塩 小さじ1/4
◎豆板醤 小さじ1~
◎コチュジャン 小さじ1
◎すりごま 大さじ5
・輪切り唐辛子 1本分までで好みの量

【作り方】

①土鍋に水と昆布を入れ、30分ほどつけ、昆布だしをとる準備をしておきます。

②昆布だしの準備をしている間に、具材の下準備をしておきましょう。

もつはさっと熱湯にくぐらせて、冷水に取り、ざるにあげておきます。

ごぼうはささがきにし、水にさらし、ざるにとり水気を切ります。

キャベツは、大きめのひと口大に切ります。

③水と昆布が入った①の土鍋を、弱火にかけます。

沸騰直前になったら、土鍋から昆布を抜きます。

④昆布だしの入った③の土鍋が沸騰したら、火を止めます。

調味料の◎の材料を、土鍋に入れ、溶かしておきます。

⑤もつ、ごぼう、豆腐を④の土鍋に入れ、中火で煮ましょう。

ごぼうが煮えるまで、アクを時々とっておきます。

⑥ごぼうに火が通ったら、さらにキャベツを入れます。

キャベツがしんなりしてきたら、にらを入れます。

にらがしんなりしたら、輪切り唐辛子を散らし、完成です。

芝麻醤と味噌のもつ鍋レシピ

続いては、味噌と芝麻醤のコクのあるスープの、もつ鍋レシピです。

芝麻醤のなんともいえない、ナッツペーストのような、濃厚な味わいが人気の秘密です。

豆板醤と唐辛子で、お好みの辛さにして試してみてください。

【材料】
・牛もつ 400~500g
◇キャベツ 1/3個
◇豆腐 1丁
◇舞茸 1パック
◇にら 1束
◇にんにく 3片
・唐辛子 1~2本
◎鶏がらスープの素 大さじ1
◎水 900㏄
◎芝麻醤 大さじ3
◎お好みの味噌 大さじ4
◎豆板醤 小さじ1~大さじ1の間でお好みの量
◎醤油 大さじ2

【作り方】

①もつはさっと熱湯にくぐらせて、冷水に取り、ざるにあげておきます。

②にんにくは、薄くスライスしておきましょう。

にらは7cmほどの長さに切ります。

キャベツは、大きめのざく切りにしておきます。

舞茸は軽くほぐしておきます。

唐辛子は、種ごと粗みじん切りにしておきます。

③スープの材料の◎を、全て土鍋に入れ溶かします。

そこにもつを入れ、土鍋を火にかけ、アクを時々とりながら煮ます。

アクが出なくなったら、火を止めます。

⑤もつを煮た③の土鍋に、下準備した◇を入れ火にかけます。

キャベツがしんなりしたら、粗みじんの唐辛子をふり、完成です。

クリーミーな味わいが人気!

続いては、味噌と生クリームの、もつ鍋レシピです。

こちらのもつ鍋は、〆にちゃんぽん麺を入れて食べてみてください。

まるでクリームパスタのような、美味しさになりますよ。

パルメザンチーズで、さらにコクを出しているのが人気の秘密です。

【材料】

・キャベツ 1/3玉
・にら 1束
・絹豆腐 1丁
◎水 800cc
◎鶏がらスープの素 大さじ2
◎合わせ味噌 大さじ6
◎にんにくすりおろし 小さじ1
◎ごま油 小さじ2
◎ラー油 少々
◎一味唐辛子 小さじ1
◎砂糖 大さじ1
◎醤油 大さじ1
◎コチュジャン 小さじ2
・生クリーム 200ml
・パルメザンチーズ 50g

【作り方】

①もつはさっと熱湯にくぐらせて、冷水に取り、ざるにあげておきます。

にらは7cmほどの長さに切ります。

キャベツは、大きめのざく切りにします。

豆腐は8等分にしておきます。

②スープの材料の◎を全て土鍋に入れ、溶かします。

さらにもつを入れ、土鍋を火にかけ、アクを時々とりながら煮ます。

アクが出なくなったら、火を止めます。

③もつを煮た②の土鍋に、キャベツ、豆腐を入れ火にかけます。

キャベツがしんなりしたら、生クリームを入れ、ひと煮立ちさせます。

生クリームを入れた土鍋ににらを入れ、さらにパルメザンチーズをふります。

ひと煮立ちさせれば完成です。

味噌とカレーのもつ鍋レシピ

最後は、味噌とカレー粉の、もつ鍋レシピです。

カレー粉の香りと、パンチの効いた辛さが人気の秘密です。

また、チリペッパーの中でも、辛味の強いカイエンペッパーを使います。

冬は血行促進でほかほかと温かく、夏は食欲増進、夏バテ予防にもってこいのもつ鍋です。

【材料】

・豚もつ 350g
□にんじん 1本
□にら 1束
□だいこん 1/4本
□もやし1袋
□キャベツ 1/3玉
□長ねぎ 1本
□しいたけ 4個
◎しょうがすりおろし 大さじ1
◎にんにくすりおろし 大さじ1
◎水 800ml
◎鷄ガラスープの素 大さじ2
◎合わせ味噌 大さじ6
◎醤油 大さじ2
◇カレー粉 大さじ1
◇カイエンペッパー 小さじ1/2

【作り方】

①もつはさっと熱湯にくぐらせて、冷水に取り、ざるにあげておきます。

にらは7cmほどの長さに切ります。

にんじんは、3mm幅ほどの半月切りにします。

だいこんは、3mm幅ほどのいちょう切りにします。

もやしは洗い、ざるにあげ、水気を切っておきます。

キャベツは、大きめのざく切りにします。

長ねぎは斜め切りにします。

しいたけは、軸を切り取っておきます。

②スープの材料の◎を、全て土鍋に入れ、溶かします。

さらにもつを入れ、土鍋を火にかけ、アクを時々とりながら煮ます。

アクが出なくなったら、火を止めます。

③もつを煮た②の土鍋に、野菜類の□を入れ火にかけます。

にんじんに火が通ったら、◇のスパイスを入れ、全体に混ぜたら完成です。

意外に簡単に作れるもつ鍋

こちらでは味噌ベースのスープで作る、もつ鍋レシピをご紹介しました。

ご覧になってみていかがでしたか?

美容と健康にいいもつ鍋が、意外に簡単に作れると、驚かれたかたもいるのではないでしょうか。

6種のもつ鍋から、皆さんのお気に入りを見つけて、是非作ってみてください。