玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

味噌汁に合うねぎの切り方は?味や食感も変わるの?

      2018/03/29

味噌汁に合うねぎの切り方は?味や食感も変わるの?

ねぎは味噌汁の材料に欠かせない存在だと思う人も多いのではないでしょうか。

炒め物や煮物、汁物、薬味などいろいろな用途で活用できるねぎですが、4つの部位に区別され、切り方によって味わいや食感が変わることをご存知でしたか?

この記事では、ねぎの栄養や種類、部位の特徴、味噌汁におすすめなねぎの部位と切り方、他の用途でおすすめのねぎの切り方、ねぎを使用した味噌汁のレシピについてご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

味噌汁の簡単レシピをご紹介!一人分を作る便利な方法は?

一口すするとホッとする味噌汁は、食卓の一品として欲しくなり...

別茹でなし!味噌煮込みうどんのレシピ!乾麺使用で時間短縮

うどん料理を作るとき、皆さんは市販の茹でうどんを使います...

美味しい味噌ラーメンの作り方は?簡単・本格両方紹介!

ラーメンは、とんこつや鶏を煮て、時間がかかるイメージです...

味噌入り鍋はおいしいうえに栄養満点!人気レシピの作り方

味噌入り鍋は体が温まりますし、野菜の甘味と味噌のコクが一...

手作り味噌の容器の大きさは?口の広さや大きい方がよい理由

近頃は、手作り味噌の材料や、容器がネット通販で買いやすく...

簡単な味噌汁のレシピ!栄養豊富なオクラを食べてみましょう

意外に知られていませんが、オクラは栄養が豊富です。 特...

焼きおにぎりに味噌を塗ってシソを添えると味と香りがアップ

焼きおにぎりには、味噌と醤油味があります。 こんがり焼...

ズッキーニを相性の良い味噌とチーズで美味しく食べよう!

みなさんは、ズッキーニを食べたことはありますか? ラタト...

手軽でおいしい味噌汁の作り方!なすの定番・斬新レシピ

なすの味噌汁と言えば定番の味噌汁の具のうちの一つかと思い...

毎年味噌を手作りするならホーロー。おすすめする5つの理由

手作り味噌のおいしさを一度知ったら、やみつきになってしま...

寒い冬にはユリ根の味噌汁はいかが?意外に豊富なレシピ公開

冬の高級野菜、ユリ根はどんな食べ方が好きですか? とは...

自家製味噌の製造販売の許可を取る方法と必要な資格の取り方

味噌は材料があれば、誰でも製造をすることができます。 ...

味噌鍋、旬の食材や冷蔵庫のもの全てをおいしく食べる作り方

冬と言えば鍋、鍋の定番のひとつは味噌鍋ですね! 味噌は...

発酵食品パワーをおかず味噌で手軽に!6つの作り方をご紹介

味噌は古くから「医者いらず」と言われるほどの発酵食品で、...

沖縄の味噌汁はもはやおかず並み!簡単美味な作り方もご紹介

長寿番付で日本一になったことのある沖縄。 沖縄で暮らす...

自家製味噌の手作りで美味しい味噌の出来上がりを楽しもう!

家庭で手作り味噌を作ったことはありますか? 大豆を柔ら...

雑煮に味噌を入れる地域と入れない地域!違いは室町時代から

元旦に必ず食べるお雑煮は、日本各地で様々な種類があるのを...

味噌汁の新しい作り方は白だしを使う?便利さに手放せない!

近頃は、味噌汁に白だしを使う人が多いのをご存知ですか? ...

味噌汁の味噌、自分基準の分量を決めればおいしく作れます!

和食派だったら、ごはんのお供に欠かせないのは味噌汁ですね...

美容に健康に!もつ鍋レシピ6選!人気の味噌味でこっくりと

皆さん、もつ鍋を食べたことはありますか? もつ鍋は福岡市...

スポンサーリンク


ねぎの栄養

ねぎにはどのような栄養があり、私たちの身体にどんな影響を寄与してくれるのでしょうか。

味噌汁の具材で使うねぎの切り方を考える前に、ねぎの栄養素についてふれておきます。

ねぎに含まれる代表的な栄養素は以下の通りです。

・ビタミンC

ビタミンCは、抗酸化作用があり、老化の防止につながります。

また、身体の抵抗力を高めたり、肌の健康状態を良くしてくれますので、ストレスから身体を守ったり、肌が荒れるのを防いでくれる働きがあります。

・ビタミンK

骨を丈夫にしたり、出血した際に止血する作用があります。

・Bカロチン

粘膜や皮膚、目の健康状態を良くする役割があり、癌対策も期待できます。

・アリシン

ねぎの独特な香りが気になるという人もいるのではないでしょうか。

実は、あのねぎの香りの元となっているのがアリシンです。

アリシンは、殺菌力・抗菌力が優れており、身体を病気から守るのに役立ちます。

さらに、アリシンにはコレステロールを抑えたり、発癌を防止する働きもあるといわれています。

・カルシウム

歯・骨の形成時に必要なミネラル成分です。

また神経を正常な状態にすることにもつながります。

このように、ねぎにはさまざまな栄養素があります。

特に風邪気味のときや寝つきが良くないとき、妊婦時にねぎを摂取するのがおすすめです。

ねぎの種類と部位の特徴

続いてはねぎの種類と部位の特徴についてお伝えします。

ねぎの代表的な種類は以下の通りです。

・千住ねぎ
・下仁田ねぎ
・赤ねぎ
・加賀ねぎ
・小ねぎ
・曲がりねぎ
・九条ねぎ
・アサツキ
・ワケギ

同じねぎといってもさまざまな種類が存在しますね。

そのようなねぎをおおまかに区別すると以下の通りです。

・白ねぎ(長ねぎ、根深ねぎ)
・青ねぎ(葉ねぎ)

白ねぎは主に白くなっている部分だけを使い、青ねぎは根元まで青いのですべて使えます。

白ねぎと青ねぎには味わいや香りなどの違いがみられます。

白ねぎは、青ねぎと比べると甘さを強く感じられます。

適した調理法としては、煮物や焼き鶏などがあげられます。

青ねぎは、白ねぎと比べると香り高いのが特徴です。

適した調理法としては、炒め料理や薬味としての使用があげられます。

味噌汁に入れる具材では、長ねぎが人気だと思いますが、実はねぎの部位によって味わいや食感が変わってきます。

長ねぎの部位は以下の通りです。

・白色の根に近い部分
・白色の葉に近い部分
・白色と緑色の葉の境目の部分
・緑色の葉の部分

次項では、味噌汁に合う長ねぎの部位とその切り方についてご紹介します。

味噌汁におすすめのねぎの切り方と部位①

こちらから2項に分けて、味噌汁の具材として使うときの、おすすめのねぎの部位とその切り方についてふれていきます。

使用する部位ごとに順を追ってお伝えします。

ねぎは緑色が濃くなっていくほど辛さを強く感じ、白いところの根本に近いほど甘さが感じられるので、この特性に合うようにねぎを切っていきましょう。

まず、「白色の根に近い部分」です。

こちらは、比較的に甘さを感じることができ、火を通すととろみが出るので味噌汁の具材にはぴったりです。

この部分のおすすめな切り方は以下の通りです。

・縦割り

ねぎの内側を使用して、繊維を生かして縦に切ります。

・千切り

中の緑の部分は除き、ねぎの外側を使用しましょう。

・筒切り(輪切り)

火を通すと、外側には歯ごたえが残って、内側にはとろみがつきます。

・小口切り

端から直角に細かくねぎを切っていきます。

次に、「白色の葉に近い部分です。」

こちらは、甘さと辛さのバランスが良く、香り高い部分です。

また、白い部分の下部と比較すると、やわらかい食感が楽しめます。

この部分のおすすめな切り方は以下の通りです。

・斜め薄切り

ねぎの外側と内側の部分を同時に使用することで、甘さと辛さのバランスが丁度良くなります。

味噌汁におすすめのねぎの切り方と部位②

前項から引き続き、味噌汁の具材として使うときにおすすめなねぎの部位と、その切り方についてご紹介します。

まず、「白色と緑の葉の境目の部分」です。

こちらは、青い部分の辛味と白い部分の甘みが混在しており、両方の味わいが楽しめます。

ねぎの内側には白くてふわふわしているところがあり、やわらかな食感となります。

さらに、火を通してとろみを出すことができます。

この部分は葉の付け根部分に土が入っている可能性もありますので、水で流してから使用しましょう。

この部分のおすすめの切り方は以下の通りです。

・縦切り

繊維に沿って長めの縦切りにします。

次に、「緑色の葉の部分」です。

こちらは、ねぎの部位の中で最も辛さを感じる部位であり、薬味として使用するのに打って付けです。

内側の白いワタにはぬめりがあります。

この部分のおすすめの切り方は以下の通りです。

・縦切り

内側のワタを付けたままで、縦にざっくりと切ります。

・角切り

辛さを存分に生かした薬味にする際は、内側のワタを除去します。

このように、ねぎは4つの部分に区別され、味や食感にも違いがみられます。

それらの特性を生かしてねぎを切っていきましょう。

他の用途でおすすめのねぎの切り方

前項では、味噌汁におすすめのねぎの部位と切り方についてお伝えしました。

味噌汁以外にも、それぞれの用途別で相性の良いねぎの切り方はあるのでしょうか。

いつくかご紹介していきます。

まずは、炒め物やサラダ、煮物、汁物に合うのは、斜め切りです。

ねぎの緑の部分は少し固い食感ですが、捨てずに食べることができますので、加熱する料理に使ってみましょう。

ねぎは、細長い食材ですが、斜めに切ると切り口の断面が大きくなるので、味が染み込みやすくなります。

次は、歯ごたえがほしい料理に合うのが、みじん切りです。

この切り方は、カルパッチョに活用したり、チャーハンなどの炒め物、ドレッシングやソースに混ぜて使用するのがおすすめです。

また、細かく刻んだことで納豆にも混ぜやすいですよね。

さらに、煮物や焼き物、鍋ものに合うのは、ぶつ切りです。

まっすぐに包丁を入れて、形にこだわらずに大まかに切りましょう。

他にも、酢の物、うどんやラーメン、汁物、サラダ、煮物、薬味には小口切りが合います。

端から繊維に直角に切っていきましょう。

ねぎを使った味噌汁のレシピ

こちらでは、ねぎを使用した味噌汁のレシピをご紹介します。

紹介するレシピは「ねぎと大根の味噌汁」です。

コクを出すために2種類の味噌を使用しています。

今回は長ねぎを1本使用し、切り方も部分分けをせずに統一させていますが、お好みで使う部分を選んだり、上記を参考にして切り方を工夫してみてください。

【材料 4人分】
・長ねぎ   1本
・大根   1/6本
・味噌   大さじ3
・赤味噌   大さじ1
・和風出汁(顆粒タイプ)   小さじ1
・水   800cc

①材料の下準備をします。

長ねぎはよく洗って、斜め切りにします。

大根はよく洗って、拍子切りにします。

②鍋に水と大根を投入して、火をつけます。

③②が沸騰し出したら、和風出汁を入れて混ぜます。

④和風出汁が溶けたら、長ねぎを入れて火を通します。

⑤長ねぎがしんなりとしてきたら、一度火を止めます。

鍋の中の出汁を器に取り、計量スプーンなどですくった味噌・赤味噌を箸で溶いていきます。

味噌が溶き終わったら、鍋に戻し入れましょう。

⑥再度鍋に火をつけたら、沸騰する直前で火を止めます。

器に盛って完成です。

ねぎは使う部位や切り方によって味や食感が変化!

この記事では、ねぎの栄養や種類、部位の特徴、味噌汁におすすめのねぎの部位と切り方、他の用途でおすすめのねぎの切り方、ねぎを使用した味噌汁のレシピについてご紹介しました。

ねぎには4つの部位があって、それぞれの味わいや食感に違いがみられます。

また、ねぎは切り方によっても合う調理法が変わってきますので、それぞれの用途に合った切り方を覚えると、より美味しくねぎを食べることができるでしょう。

 - その他食材