きび糖と上白糖の違いはあるの?2つの砂糖を比べてみよう

どの家庭にもある砂糖ですが、色や粒の大きさも様々です。

スーパーで砂糖を買う時は、何を基準に買いますか?

店頭には何種類も砂糖があり、どれを買えばいいか悩んでしまいます。

値段・見た目・栄養価など比べる点がたくさんあるので、今回は家庭で良く使う、きび糖と上白糖の2つの違いについて、比べていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カレーに野菜をすりおろすならこの野菜!その野菜が良い理由

すりおろした野菜をカレーに入れるという人は、とっても多いです。すりおろすことによって、子供が...

りんごを使った絶品レシピ!簡単なレシピをご紹介!

ヨーロッパには、「1日1個のりんごは医者知らず」という、ことわざがあります。それだけりんごには...

白菜の上手な保存方法とは!?畑で未収穫の白菜はどうする?

皆さんは、白菜は好きですか?白菜は、豆腐や大根と同じくらい、冬の健康維持に欠かせない食材とし...

ノンホモ牛乳からバターを手作りしよう!残ったホエーも活用

みなさん「バター」は、お好きですか?そのままパンに塗ったり、料理の風味をアップさせてくれたり...

冬が旬の野菜!かぶの味噌汁はカロリーがどれくらいあるの?

かぶは、普段の食卓では、どちらかというと脇役的存在ですよね。しかし実は、大切な栄養素がぎ...

ほっこり体が温まる!意外に簡単な味噌鍋スープ6つのレシピ

鍋料理はスープの味が決め手です。中でも味噌鍋というと、味がなかなか決まらないこともありま...

電子レンジで朝食レシピ!アレンジトーストで優雅な時間に

朝食はご飯派、パン派と分かれるかとは思いますが、パン派という方でトーストをよく食べるという方もい...

オーガニックコーヒーのおすすめは?人気の豆とお店は?

オーガニックが人気です。コーヒーもオーガニックにこだわってみませんか?しかし、そもそもオ...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。多くの人が、精肉コーナーや焼肉屋のメニューで、豚の絵を...

ひと手間加えるだけでワンランクアップ!味噌漬け魚の作り方

外食した際に、西京焼き・味噌漬け焼きというメニューを見かけたことがあるかと思います。もちろん...

家で焼肉をする時のオススメ材料について。目指せ健康体!

家で焼肉をする方、結構多いのではないでしょうか?お店で食べるよりも、低価格で抑えられるのはと...

クックパッドでひじきを使った人気のレシピを検索してみよう

皆さんは、ひじきって好きですか?ひじきは、低カロリーで、体内の老廃物を排出する食物繊維が多く...

りんごのカロリーは高い?糖分は?りんごは太る?

りんごは『一日一個で医者いらず』といわれるほど健康的な食べ物として知られています。それに、り...

自家製シロップ作り!砂糖+○でできるシロップの作り方

甘い飲み物は、心と体を癒してくれますね。暑い季節には、冷たい飲み物に甘いシロップを入れて飲み...

ブルガリアヨーグルトの砂糖添付が終了!別売り品で代用は?

ブルガリアヨーグルトでおなじみだった、砂糖の添付が終了してしまいましたね。確かに、添付さ...

スポンサーリンク

きび糖と上白糖の原材料の違い

きび糖と上白糖は色が違いますが、原材料も違うのでしょうか?

はじめに、砂糖の原材料についてご説明します。

砂糖の原材料は何種類かあり、代表的なものは、サトウキビ・甜菜が良く使われます。

どの原材料でも、精製して不純物を取り除けば、ほとんど同じ砂糖になります。

きび糖と上白糖は、サトウキビから作られていますが、製造工程によって見た目などが違います。

白砂糖の上白糖やグラニュー糖は、サトウキビを精製し、不純物やミネラルなどを取り除いています。

上白糖の白さは漂白していると思われがちですが、砂糖の結晶は無色透明です。

光の反射によって白色に見えるため、着色料なども使われていません。

茶砂糖のきび糖や黒糖も、サトウキビを精製しますが、上白糖のように完全に精製しないため、ミネラルも少し残ります。

茶砂糖に甜菜糖や三温糖もありますが、甜菜糖は原材料が違い、三温糖はサトウキビの精製の仕方によって作られます。

同じ茶砂糖でも、原材料や精製の仕方によって、砂糖の特徴が変わります。

きび糖と上白糖の作り方の違い

きび糖と上白糖は同じサトウキビが原材料ですが、作り方に違いはあるのでしょうか?

それぞれどうやって作られるか、見ていきましょう。

☆きび糖、上白糖は同じサトウキビが原材料で、作り方も途中まで同じです。

上白糖とは違い、精製途中で煮詰めるため、薄い茶色でミネラルなどの栄養素も少し残っています。

きび糖は、ミネラルやコクのある黒糖と、すっきりした甘さの上白糖の中間くらいの砂糖です。

同じサトウキビでも、作り方によって全く異なる砂糖になります。

☆上白糖は原材料のサトウキビを絞り、不純物を取り除き、煮詰めます。

次に、煮詰めたものを遠心分離機を使い、糖蜜(液体)と粗糖(固体)に分けます。

粗糖をさらに遠心分離機にかけて、不純物を取り除いていき、糖質の純度を上げて、精白・精製していきます。

最後に転化糖を加えれば、上白糖が出来上がります。

ちなみにグラニュー糖は、転化糖を加える前の砂糖の事です。

転化糖を入れる事で、しっとりした砂糖の上白糖になります。

きび糖と上白糖の栄養価の違い

同じサトウキビで作られた砂糖でも、精製の仕方によって、栄養価が大きく違います。

茶砂糖は健康に良いとよく聞きますが、実際はどうなんでしょうか?

2つの栄養価の違いについてご説明します。

☆きび糖
・カロリー 396カロリー
・ナトリウム 17mg
・カリウム 172mg
・カルシウム 21mg
・マグネシウム 13mg

☆上白糖
・カロリー 384カロリー
・ナトリウム 1mg
・カリウム 2mg
・カルシウム 1mg
・マグネシウム 0mg

2つの砂糖を比べてみました。

カロリーは同じくらいですが、ミネラルに関しては、きび糖の方がかなり豊富に含まれています。

きび糖は上白糖よりも、ナトリウムは約17倍、カリウムは約86倍、カルシウムは約21倍、マグネシウムは13倍と大きく違います。

他にもきび糖には、リン・鉄・銅のミネラルも、微量ではありますが含まれています。

普段砂糖を使うときも、なるべくミネラルが豊富なきび糖を使うのがおすすめです。

ただ、きび糖に向かない料理もあるので、料理によって砂糖を使い分けて下さい。

きび糖と上白糖の使い分け

ミネラルが豊富なきび糖ですが、きび糖よりも上白糖の方が相性がいい料理もあります。

相性が悪いと、互いの良さが消えてしまうので、砂糖の使い分けについてご説明します。

☆きび糖

きび糖はミネラルが豊富で、コクがありますが、茶砂糖のため料理に色が付いてしまいます。

色を付けたくない時や、素材の味を生かしたい時には不向きですが、それ以外の用途なら、体に良いのでおすすめです。

上白糖よりもコクがあるため、特に煮物を作る時はおすすめです。

☆上白糖

上白糖はクセも少なく、適度なコクがあり、どの料理とも相性が良いです。

色を付けて仕上げたくない場合も、上白糖などの白色の砂糖がおすすめです。

また、上白糖にはグラニュー糖にはない、メイラード反応というのがあります。

これは、焼いた時に焼き色がつきやすく、香ばしい風味に仕上げる事が出来ます。

同じ砂糖でも、種類によって使い方も違います。

料理と相性のいい砂糖を使う事で、より美味しくなるので、上手く使い分けてみて下さい。

きび糖と上白糖は代用出来る?

きび糖と上白糖は、甘さや料理の相性の種類も違いますが、家に砂糖が1種類しかない場合は、代用出来るのでしょうか?

2種類あっても上手く使い分けれず、1種類しか使わない事もあると思いますので、代用出来るかご説明します。

☆上白糖をきび糖で代用

きび糖で代用する時の注意は、まず色が付いてしまう事です。

生クリームのような、白く仕上げたい時に、きび糖を使うと、薄っすら茶色になるので注意しましょう。

他にも、コクや風味が強いため、ジャムやピクルスのような、素材の味を生かした料理には不向きです。

色が付いても気にならなく、コクのある味に仕上げたい時は、ミネラルも一緒に摂れるため、代用しても問題はありません。

☆きび糖を上白糖で代用

きび糖と違い、上白糖はクセがなく、どんな料理とも相性が良いです。

きび糖の代わりに上白糖を使っても、料理の味に大きな違いはないので、問題なく使って大丈夫です。

ただ、普段きび糖を使うように上白糖を入れても、ミネラルの効果はほとんど期待出来ないです。

上白糖はどの料理とも相性が良いので、常備しておくと、いざという時に便利です。

砂糖はしっかり密封しておけば、湿気ることも傷む事もありませんので、2種類の砂糖を上手く使い分けるのも、おすすめです。

きび糖と上白糖のおすすめメーカー

きび糖や上白糖は、スーパーに行けば色んなメーカーのものがあります。

どれを買えばいいか悩んだ事はありませんか?

メーカーによって大きな違いがあるのか、調べていきます。

☆きび糖

・大地を守る会の砂糖

奄美諸島の1つである、喜界島で栽培されたサトウキビを使っています。

ミネラル豊富でコクがあるため、どの料理とも相性が良いです。

・日新製糖

スーパーでよく見かけるきび糖です。

昭和50年代から販売されてる、大ロングセラーの砂糖です。

ミネラルを残しながら、黒糖ほどクセのない砂糖のため、様々な用途で使う事が出来ます。

初めてきび糖を使う方にもおすすめです。

☆上白糖

上白糖と言えば、日新製糖・三井製糖・パールエースの3種類が有名です。

よくスーパーで見かけると思いますが、どれも何十年何百年と続く老舗メーカーです。

どこのスーパーにもあるため、安定して買う事が出来て、砂糖を切らしてしまった時もすぐに買いに行けます。

大きな味の違いはなく、どの料理とも相性が良いため、お好みで選んでください。

用途に合わせた砂糖の使い方

茶砂糖は体に良く、白砂糖は体に悪いイメージが強いですが、どの砂糖も一長一短です。

普段はミネラル豊富なきび糖を使い、お菓子のような色を付けたくない場合は、上白糖を使う。

こんな風に使い分けると、料理が楽しくなります。

相性の良い砂糖を使って、普段の食生活を楽しんでください。