甘酒は麹によって生きてる酵素が違う、その発酵方法とは?

「飲む点滴」とも言われるほど、栄養が高い甘酒。

甘酒には、米麹と酒粕、2種類があります。

米麹の甘酒には、麹菌が作り出した栄養がたっぷりと詰まっています。

この栄養を余すことなく吸収する方法があります。

それは、酵素が生きてるうちに飲むのです。

温め方や飲む時間などに気を配れば、生きてる酵素を摂れます。

効率的にとる方法を、ご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

トランス脂肪酸がアメリカで禁止の理由は摂取量が多いから!

摂りすぎると健康に悪影響を及ぼすといわれるトランス脂肪酸が、いよいよアメリカで禁止されることにな...

醤油を薄めるには水よりお酢?知って得する料理と醤油の知識

煮物に使った醤油が濃すぎて、薄めるべくついつい水など足したくなります。そうすることによって確...

江戸時代の食事とは?江戸の町人たちが育てた日本食文化

江戸時代は時代劇などで取り上げられることもあって、親しみを感じる時代ではないでしょうか。しかし...

オーガニック野菜・フルーツの購入には宅配サービスが便利?

美味しい野菜やフルーツを手軽に食べられるとあって、オーガニック食材の宅配サービスが人気を集めてい...

味噌容器を選ぼう!袋・パック・チューブの味噌の詰め替え方

普段使う味噌はどんな容器に入っていますか?袋入り、角パック入り、最近ではチューブ入りなんて物...

太らない体作り。カロリーを知って、1日の食生活を考えよう

カロリーとは何でしょう?ただ一口にカロリーと言っても、何だかうまく説明できない方も多いのでは...

醤油の値段は高い方がよい?意外に知られていない違いとは?

スーパーに並ぶ醤油の種類はたくさんあります。そして、値段に注目してみると200mlサイズ...

素敵&美味しいお弁当タイムを!冷凍保存と自然解凍のすすめ

日中の活力の源になるお昼ごはん。いろいろなお昼ごはんを楽しみたい! と思っても、外食ばかりだと食...

麦茶を作る容器の名前って何だっけ?容器を選ぶポイントは?

世の中には、たくさんのものが存在しますが、けっこう名前が分からないものもありますよね。例えば...

みんなが虜になる組み合わせ!醤油は卵のベストフレンド!

冷蔵庫に何もない日も、卵と醤油があれば何とかなります。卵かけごはんは、困ったときの最強のメニ...

家庭菜園で使った土をもう1度使いたい!土は再生できる?

家庭菜園を毎年楽しんでいる人にとって、土の管理は大変ですよね。通常、プランターや庭で家庭菜園...

麦茶の容器を洗う頻度は?使いやすいおすすめな容器のご紹介

夏になると、冷蔵庫に麦茶を作って常備している方は多いですよね。キンキンに冷やした麦茶をゴクゴ...

日本人の伝統的な食文化「和食」の特徴や世界からの評価とは

日本人の伝統的な食文化「和食」私たち日本人は毎日当たり前に食べている和食ですが、世界からも高...

酒粕甘酒と米麹甘酒どっち派?酒粕甘酒は美味しいけど太る?

寒い季節になると恋しくなる甘酒。お正月に激甘な甘酒を初詣で飲んだり、おせちと一緒におばあちゃ...

韓国と日本の違い。食文化の違い、習慣やマナーの違いとは?

韓国と日本は割と近いので旅行で行かれる方も多いのではないでしょうか。主食がお米ということもあり...

スポンサーリンク

甘酒は麹の発酵によって生きてる酵素が変わる?

甘酒は、米と水と麹で作ります。

ここまでは、米麹も酒粕も同じです。

これを発酵させたものが、米麹の甘酒です。

酒粕の甘酒は、米麹をさらに酵母で発酵させて作ります。

つまり、米麹は1回の発酵(麹)、酒粕は2回の発酵(麹・酵母)で甘酒を作ります。

米麹のものは、麹の働きによる生きてる酵素が甘酒に含まれています。

酒粕のものは、酵母の働きによる生きてる酵素が含まれます。

そして、それぞれ含まれる栄養のバランスが大きく違うのです。

どちらも同じ米と水と麹で作るので同じ栄養ですが、バランスが違います。

欲しい栄養価によって、それぞれの生きてる酵素の飲み分けができます。

ちなみに酵素とは、栄養の吸収や消化のスピードを速める分子です。

加齢とともに体が疲れやすくなるのは、体内の酵素が少なくなってきているからです。

米麹は麹の発酵で生きてる酵素が生成

米麹と酒粕、それぞれの甘酒を麹による発酵から見ていきましょう。

米麹の甘酒は、麹の発酵で作られます。

蒸した米に麹をつけて、米麹を作ります。

米麹を発酵すると、生きてる酵素(アミラーゼ)がデンプンを分解してブドウ糖が生まれます。

このブドウ糖が、麹による発酵によるものです。

米麹の甘酒の特長は、まさにブドウ糖と言えます。

ブドウ糖には、ふたつの特長があります。

・糖化による甘み
・エネルギー源

甘酒と言えば、砂糖をたっぷりと入れたような甘みです。

これは、生きてる酵素(アミラーゼ)がブドウ糖の糖化を促しているからです。

通常、米麹の甘酒は砂糖を入れません。

米麹の甘酒はブドウ糖100%の甘みです。

そして、ブドウ糖と言えば、エネルギーの素です。

生きてる酵素が、ブドウ糖のほとんどをエネルギーに変えます。

そのため、同じ糖分でもブドウ糖は太りにくいのです。

エネルギーの素、つまり、疲労回復に効果があります。

酒粕は麹と酵母で生きてる酵素が生成

そして酒粕の甘酒は、麹と酵母、2種類の発酵で作られます。

・蒸した米に麹をつけて米麹を作ります。
・発酵させた米麹に酵母をつけて諸味を作ります。
・もろみを搾って日本酒を作り、搾ったあとのカス(酒粕)を溶いて甘酒を作ります。

米麹を発酵させるということは、ブドウ糖が生まれます。

しかしその後、米麹に酵母をつけて発酵させています。

酵母によってアルコールやビタミン、タンパク質、食物繊維が生成されます。

そしてブドウ糖は、酵母の発酵の後は、ほとんど残っていません。

つまり、麹による生きてる酵素はほぼありません。

逆に酵母による生きてる酵素を含んでいます。

酒粕の甘酒は、ダイエットによいと言えます。

タンパク質の一種、レジスタントプロテインを含んでいます。

しかもレジスタントプロテインは、限られた食物にしか含まれていません。

レジスタントプロテインは、食事に含まれる油分を吸収します。

甘酒には消化酵素リパーゼも含まれていて、脂肪の燃焼を促進します。

食物繊維と合わせて、生きてる酵素はさらにダイエット効果があります。

生きてる酵素を最大限引き出す温度

「米麹の甘酒=エネルギー摂取」「酒粕の甘酒=ダイエット効果」という、代表的な効果が分かりました。

さらに、もうひとつ、甘酒を効率的に飲む方法があります。

それは、温度です。

甘酒の温度に気を配れば、なるべく酵素が生きてる状態で飲めます。

甘酒は発酵食品なので、いかに生きてる麹が由来の酵素を多くとるかがカギになります。

ここで、甘酒の栄養を最も効率よく摂るという目的では、米麹の甘酒をおすすめします。

もちろん、米麹、酒粕どちらの甘酒も説明の通り、栄養たっぷりです。

それでも、米麹をおすすめするのは、麹が由来の酵素が100種類以上も含まれているからです。

麹由来の酵素がほぼなくなっている酒粕よりも、米麹の甘酒の方が多いのです。

そして、50℃~60℃が、麹の生きてる酵素をたっぷり摂れる適温です。

米麹の甘酒は、発酵温度の60℃前後、作りたてが一番です。

作りたての生きてる酵素を壊さないように、なるべく70℃以上に加熱しないように注意してくださいね。

手作りの甘酒で麹の生きてる酵素を引き出す

米麹の甘酒は作りたてが一番ということが分かりました。

ということは、手作りして飲めば生きてる酵素をたくさん摂れますね。

とても簡単なので、ぜひ自宅で甘酒を手作りしましょう。

麹の働きによる生きてる状態の酵素をつくのには、炊飯器が最適です。

炊飯器でおかゆを作って、米麹を入れて、8時間保温をするだけで作れます。

寝ている間に作れば、朝には麹由来の生きてる酵素がたっぷり詰まった、作りたて甘酒が飲めます。

多く作った場合は、冷蔵庫に入れて3日以内に飲み切りましょう。

ただし、甘酒は温度が低すぎると、味が酸っぱくなるので、作ったらすぐに飲む!のがベストです。

1ヶ月なら冷凍保存もできますよ。

1回分ずつ、ジッパー付きの袋に小分けしておくと便利です。

冷たい甘酒もおいしいですが、既述の通り、温めた方が生きてる酵素をより多く摂れます。

温めるときは、70℃以上にならないように気を付けましょう。

作りたての方が麹由来の生きてる酵素の量が多いですが、麹の働きはなくならないのでご安心を。

しかし時間が経つと、発酵が進みすぎて味が落ちるおそれがあります。

味が落ちたらスムージーなどにアレンジして使うのも、甘酒生活を長く続けるコツです。

最近ではアレンジをして、玄米や黒米で甘酒を作る人もいます。

白米よりも甘さ控えめで作れます。

また玄米は、白米よりも食物繊維やビタミンB1を多く含んでいます。

玄米の味が好きな人は、日替わりで飲めば、飽きることなく甘酒を飲めますね。

甘酒以外の麹の生きてる酵素を摂る方法

最後に、米麹の甘酒を甘味料として使う方法を紹介します。

米麹の甘酒は、説明の通り、甘みがしっかりとしています。

麹の働きによる生きてる酵素を存分にとるために、調味料として使う人もいます。

スイーツや料理に使えば、毎日の習慣として自然に取り入れられますね。

米麹から炊飯器で手作りする場合、時間がかかるのがデメリットです。

しかし、砂糖代わりに使うことを考えれば、手作りの価値は十分にあります。

毎日飲むスムージーや煮物料理まで、砂糖を使うものなら何にでも甘酒を入れてみてください。

生きてる酵素を、毎日の3食すべてに取り入れられます。

麹は発酵品なので、味に深みが出ておいしくなりますよ。

近年、精製した白砂糖を使わないなど、自然の持つ作用をそのまま食べるマクロビオティックという食習慣も人気です。

麹の作用による生きてる酵素を摂ることは、マクロビオティックの理念にも適っていますね。

甘酒で生きてる酵素を毎日摂りましょう

同じ麹から作る甘酒でも、発酵によって違うことが分かりました。

共通しているのは、生きてる酵素が含まれていることです。

元気で健康な体をキープするために、生きてる酵素を摂り続けるのは必須です。

それなら、無理のない方法で習慣にしたいですよね。

最後にご紹介した甘酒以外のアレンジも、ぜひ取り入れてみて下さい。

少しの量でも、飲んだり料理に入れたりして、自然に摂取しましょう。