玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

味噌を使ったチーズとなすの季節を彩る献立の数々をご紹介

      2018/02/27

味噌を使ったチーズとなすの季節を彩る献立の数々をご紹介

味噌風味と言うと、身体が温まる寒い季節に、ぴったりの味付けになります。

味噌ラーメンや豚汁は身体が温まり、寒い日にぴったりの料理です。

しかし、同じ味噌風味でも、使いかた一つで温かい料理ばかりだけでなく、さっぱりした料理にもなりますね。

夏でも、味噌を使った、ごま汁うどんや冷や汁うどんがあります。

チーズ料理も同じです。

チーズフォンデュやチーズグラタンというと、寒い時に最適な料理です。

そして、味噌もチーズも発酵食品です。

一方、なすは夏野菜。

味噌とチーズの発酵食品のダブル利用と、夏野菜のなすを上手に使って、身体に元気を与えてくれる、季節を彩る献立をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

味噌汁の簡単レシピをご紹介!一人分を作る便利な方法は?

一口すするとホッとする味噌汁は、食卓の一品として欲しくなり...

別茹でなし!味噌煮込みうどんのレシピ!乾麺使用で時間短縮

うどん料理を作るとき、皆さんは市販の茹でうどんを使います...

美味しい味噌ラーメンの作り方は?簡単・本格両方紹介!

ラーメンは、とんこつや鶏を煮て、時間がかかるイメージです...

味噌入り鍋はおいしいうえに栄養満点!人気レシピの作り方

味噌入り鍋は体が温まりますし、野菜の甘味と味噌のコクが一...

手作り味噌の容器の大きさは?口の広さや大きい方がよい理由

近頃は、手作り味噌の材料や、容器がネット通販で買いやすく...

簡単な味噌汁のレシピ!栄養豊富なオクラを食べてみましょう

意外に知られていませんが、オクラは栄養が豊富です。 特...

焼きおにぎりに味噌を塗ってシソを添えると味と香りがアップ

焼きおにぎりには、味噌と醤油味があります。 こんがり焼...

ズッキーニを相性の良い味噌とチーズで美味しく食べよう!

みなさんは、ズッキーニを食べたことはありますか? ラタト...

手軽でおいしい味噌汁の作り方!なすの定番・斬新レシピ

なすの味噌汁と言えば定番の味噌汁の具のうちの一つかと思い...

毎年味噌を手作りするならホーロー。おすすめする5つの理由

手作り味噌のおいしさを一度知ったら、やみつきになってしま...

寒い冬にはユリ根の味噌汁はいかが?意外に豊富なレシピ公開

冬の高級野菜、ユリ根はどんな食べ方が好きですか? とは...

自家製味噌の製造販売の許可を取る方法と必要な資格の取り方

味噌は材料があれば、誰でも製造をすることができます。 ...

味噌鍋、旬の食材や冷蔵庫のもの全てをおいしく食べる作り方

冬と言えば鍋、鍋の定番のひとつは味噌鍋ですね! 味噌は...

発酵食品パワーをおかず味噌で手軽に!6つの作り方をご紹介

味噌は古くから「医者いらず」と言われるほどの発酵食品で、...

沖縄の味噌汁はもはやおかず並み!簡単美味な作り方もご紹介

長寿番付で日本一になったことのある沖縄。 沖縄で暮らす...

自家製味噌の手作りで美味しい味噌の出来上がりを楽しもう!

家庭で手作り味噌を作ったことはありますか? 大豆を柔ら...

雑煮に味噌を入れる地域と入れない地域!違いは室町時代から

元旦に必ず食べるお雑煮は、日本各地で様々な種類があるのを...

味噌汁の新しい作り方は白だしを使う?便利さに手放せない!

近頃は、味噌汁に白だしを使う人が多いのをご存知ですか? ...

味噌汁の味噌、自分基準の分量を決めればおいしく作れます!

和食派だったら、ごはんのお供に欠かせないのは味噌汁ですね...

美容に健康に!もつ鍋レシピ6選!人気の味噌味でこっくりと

皆さん、もつ鍋を食べたことはありますか? もつ鍋は福岡市...

スポンサーリンク


味噌とチーズとなすのグラタン

なすは、秋なすというのだから、秋の野菜では?

という人がいますが、なすは夏野菜になります。

一番出回るのは7月から8月で、お盆の季節になると、家庭菜園のなすが食べきれないくらいに実る、という経験をしたことがある人もいるでしょう。

寒い時も良いけれど、暑い時でもグラタンは美味しいですよね。

そんな季節にぴったりの、なすとチーズの味噌風味グラタンをご紹介します。

【材料4人分】

・豚ひき肉 250グラム
・なす 4~5本
・にんにく 1かけ
・プチトマト 4個
・油 小さじ1
・みそ
・牛乳 50ミリリットル
・みりん 30ミリリットル
・酒 30ミリリットル
・溶けるチーズ 100グラム
・パセリ 適量

【作り方】

①なすは長めのものを用意します。

縦半分に切って、皮にそって、ぐるっと5ミリくらい切り込みを入れます。

中にも切り込みを入れておきます。

②耐熱皿になすを並べて軽くラップをし、3分加熱します。

③中身をくりぬいて、大き目にザク切りします。

④にんにくはみじん切りにし、プチトマトは4等分にします。

⑤フライパンに油を入れて、にんにくを入れて香りを出し、豚ひき肉を入れて色が変わるまで炒めます。

⑥フライパンに刻んだなすの中身と、プチトマト、調味料を入れ、ドロッとなるまで炒めます。

⑦なすの皮の器に入れます。

⑧溶けるチーズを上に散らして、230℃のオーブンで12~14分焼きます。

⑨焼きあがったら、パセリを散らします。

寒い時だけでなく、暑い時でも美味しい、味噌とチーズとなすのグラタンです。

味噌とチーズとなすのラザニア風グラタン

なすを器にしたグラタンは、器も美味しく食べることができます。

なすをラザニアのように切って、重ね焼きするグランも美味しいです。

【材料4人分】

・豚ひき肉 200グラム
・なす 5~6本
・にんにく 1かけ
・玉ねぎ 1個
・油 小さじ2
・バター 40グラム
・味噌
・砂糖 大さじ3
・みりん 大さじ2
・酒 60ミリリットル
・醤油 小さじ2
・パルメザンチーズ 大さじ2
・溶けるチーズ 100グラム
・パセリ 適量

【作り方】

①なすは5mmくらいの厚さに切り、水にさらします。

②玉ねぎ、にんにくはみじん切りにします。

③調味料を合わせておきます。

④フライパンに油小さじ1を入れ、なすを両面に焼き色がつくまで炒めます。

⑤なすを取り出した後、新たに油小さじ1を入れて、にんにく、玉ねぎ、ひき肉の順に入れて炒めます。

⑥調味料を玉ねぎ、ひき肉のフライパンに入れて、混ぜます。

⑦グラタンの皿にバターを溶かし、なすを敷き詰め、炒めた玉ねぎ、豚ひき肉を挟むように、なすと交互に入れます。

なすをラザニアのように入れるとキレイです。

⑧上に溶けるチーズを散らして、230℃のオーブンで12~14分焼きます。

⑨パセリを散らします。

なすを細かく切って、普通にグラタンの具にしてしまう方法もありますが、ラザニア風の方が、層にひく肉味噌が入ってキレイです。

食感も楽しめますので、美味しいですよ。

なすとチーズの味噌漬け

大根やキャベツ・なすを味噌漬けにして、そのまま漬物のように食べることもできますが、なすは味噌焼きにもできます。

味噌に漬けることで、生よりも長く保存することができるようになります。

一般的に多いのは、味噌にみりんや砂糖を少し入れて、甘辛く漬けておく方法です。

甘い漬物は苦手という人なら、砂糖の量を少し控えて、粉辛子をほんの少し入れると、ピリっとした辛みが出て、美味しくなります。

チーズの味噌漬けは、チーズが好きな人にとっては邪道と言われてしまいそうですが、いつもと違う食感が楽しめるので、オススメです。

トロっとしたチーズの味噌漬けを楽しみたい人は、クリームチーズの味噌漬けがオススメです。

チーズの周りにこってりと味噌を漬けてもいいですが、あまり無駄に使いたくない人は、液体味噌が簡単です。

ジッパー付きのポリ袋に液体味噌を入れて、その中にチーズを入れてひと晩置いて下さい。

味噌の風味のチーズが楽しめます。

また、水切りをした豆腐の味噌漬けは、チーズのようでとても美味しいです。

チーズや豆腐、たくさんの野菜を味噌漬けにして、楽しんでみましょう。

味噌とチーズとなすを合わせた時の栄養素

味噌、チーズ、なすのグラタンに合うのが豚ひき肉です。

他にも、玉ねぎとパセリを入れれば、それだけでたくさんの栄養を摂ることができます。

味噌とチーズそれだけで、たんぱく質を摂ることができます。

特に、チーズは豚ひき肉に次ぐたんぱく質量に、豊富なビタミンB1・E・葉酸・カルシウム・亜鉛を含みます。

たんぱく質はもちろんですが、豊富なビタミンEは赤血球を正常の保つために必要な補酵素で、葉酸やB1も細胞を健康に保つためには必要です。

カルシウムはもちろん、亜鉛も新しい細胞を作るためには必要な栄養素です。

チーズに多く含まれるビタミンやミネラルは、いずれも女性の肌の老化予防や、新陳代謝に必要な栄養素です。

そのため、年を重ねている人こそ、たくさんのチーズを摂ることをお勧めします。

パセリはわずかでも、多くのビタミンC、カルシウムを多く含みます。

たかがトッピングとバカにできませんね。

味噌とチーズに含まれるナトリウム(塩分)は、野菜に含まれるカリウムを一緒に摂ることで、身体の中のバランスを保ちます。

なすは、カリウムを多く含む野菜です。

なすを入れることは、食感を楽しむだけでなく、バランスの良い栄養を摂ることになります。

さらに良いのが、ラザニア風のグラタンには玉ねぎが入っていることです。

玉ねぎは高血圧予防効果があるといわれていますが、それは玉ねぎに大量のカリウムが含まれているからです。

味噌とチーズとなすのグラタンは、それ一つで充分な栄養素を摂ることができる、バランスのいい主菜なのです。

味噌の代わりにトマトソースもオススメ

なすは植物性食品、チーズは動物性食品、そして味噌は「畑のお肉」です。

栄養素を考えると、一緒に食べることで、それぞれの特徴と欠点を補うことができますね。

チーズや味噌にはないビタミンC・カリウム・食物繊維はなすで、なすには不足しているたんぱく質は、チーズや味噌で摂ることができます。

味噌にはたんぱく質やナトリウムが含まれていると言っても、チーズほどではありません。

それでも、ただの化学調味料を使うよりも、大豆の栄養を摂ることができますね。

なすとチーズ、豚肉のひき肉を使った、同じ様なグラタンには味噌の代わりに、トマトソースを使ったものがあります。

トマトソースを使っても、作り方はほぼ一緒ですが、味噌のたんぱく質を摂ることはできません。

その分、トマトでカロテンやビタミンCを摂ることができます。

なすとチーズに合わせる味噌の種類

同じ「味噌とチーズとなすのグラタン」でも、普通の味噌を使うよりも、名古屋の八丁味噌を利用すると、調味料に醤油もパルメザンチーズも必要なく、コクを出すことができますよ。

八丁味噌は、大豆麹で作られていますので、普通の味噌よりもたんぱく質もより多く摂ることができます。

このように味噌の種類によって、なすやチーズの食感や味、栄養素も違ってきます。

なすの味噌漬けでも、白味噌の甘味噌を利用すると、砂糖やみりんをあまりいれる必要がありません。

なすの味噌炒めも、白味噌の方が、甘味が感じられて美味しいという人もいます。

塩辛い方が好きという人は、赤みそに鷹の爪(唐辛子)を入れて炒めると、ピリッとした辛みを感じることができます。

同じなすの炒めものでも、味噌が違うと、甘味を感じるものもあれば、辛みを楽しむこともできます。

特に八丁味噌は、チーズを使ったグラタンだけでなく、様々ななす料理に合いますので、一度利用してみると良いでしょう。

なすとチーズで新しいメニューを

なすがあっても、いつも野菜炒めか漬けもので、それ以上のレパートリーがないという人は、グラタンだけでなく、パスタのトッピングにもいかがでしょうか。

なすは、うどんの具にも、焼きそばの具にもなります。

そんな、なすとチーズは意外と相性が良いです。

なすを細く切って、ひき肉味噌と合えるだけで、ラーメンやうどんの漬け汁にもなります。

パスタの上にのせて、パルメザンチーズをかければ、和風イタリアンの出来上がりです。

こんな風に、いつもサイドメニューや、付け合わせにしかならなかったなすも、合わせる調味料次第で、主食や主菜になりますね。

冷蔵庫に、安売りで購入したなすがあったら、いつもとは違う、味噌とチーズを使った新メニューを試してみましょう。

 - その他食材