玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

味噌鍋のおすすめレシピをご紹介!キャベツを入れて栄養満点

      2018/02/15

味噌鍋のおすすめレシピをご紹介!キャベツを入れて栄養満点

寒い冬に温まれる定番の料理と言えば、やはりお鍋ですよね。

調理も簡単なうえに、なかなか摂れないキャベツや白菜、など多くの野菜を簡単に摂ることができます。

今回は、数ある鍋料理の中から、「味噌鍋」に焦点を絞ってレシピをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

まずは、鍋料理の歴史からお話していきます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

濃厚とろとろ茶碗蒸しを電子レンジで作る秘訣はチーズにあり

みなさんは、茶碗蒸しは好きですか? お店で出される茶碗...

電子レンジのターンテーブルにケーキ型をのせて手作りケーキ

小さい子どものため、ケーキを焼きたいという人のために、便利...

チューブタイプのバターに含まれるトランス脂肪酸への疑問

チューブタイプのバターと聞くと、いつもは固く感じがちなバ...

自然製法でもトランス脂肪酸フリーのバターは存在しない?

2018年6月にアメリカでは、トランス脂肪酸の使用の規制...

味噌を詰める容器がガラスであるメリットと注意点とは?

味噌というと、スーパーで売られているパック入りの味噌が一...

麦味噌を作ってみよう!試しに2kgを容器に詰めてみよう

麦味噌をご存知ですか? 九州や愛媛県、山口県ではメジャ...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。 多くの人が、精...

カロリーの一日に必要な摂取量はどれくらいなのでしょうか?

飽食の時代と言われて久しい現代、生活習慣病に悩む人々も増...

お茶碗一杯分のカロリー消費にはどんな運動をどれくらい?

秋、食事が美味しくなる季節です。 ついつい箸が進み、食...

枝豆はカロリーが低くてダイエットに最適って本当なの?

夏から秋にかけての旬といえば、枝豆ですよね。 最近は芸能...

おにぎりと大福のカロリーと満足度の比較をしてみた結果…!

お弁当の定番はおにぎりという方も多いのではないでしょうか...

ドライトマトにはどんな栄養がある?カロリーはどれぐらい?

ドライトマトといえば、美容・健康・ダイエットに効果があると...

5kgダイエットするために必要な消費カロリーは?方法は?

年々、付きやすく、落ちにくくなってきました。 これは体...

食事が進まない2歳児!1日に必要とするカロリーの目安は?

かわいい盛りの2歳児は、「魔の2歳児」といわれるぐらいで...

自分のカロリー消費量を知ろう!1日の活動強度ごとに解説

あなたは、自分の体が1日にどれくらいのカロリーを消費して...

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持ってい...

玄米を浸水のために冷蔵庫を使う時の注意点とポイントとは?

冷蔵庫はとても便利な家電で、玄米の保存にも浸水のためにも...

スープジャーで楽しむ!栄養満点な玄米のあたたかいリゾット

健康やダイエットのために、玄米はとても効果的です。 昼...

マクロビは玄米食がメイン!そこに潜む「危険」とは?

海外のセレブも導入していることで日本にも広まった「マクロビ」...

玄米を土鍋で炊く場合、水の量はどれくらい入れれば良いの?

健康ブームに乗って見直されている玄米ですが、炊飯器ではな...

スポンサーリンク


鍋料理の歴史

寒い冬に家族や友人とお鍋を囲むのは、楽しいですよね。

日本の鍋料理は、どのような経緯で登場したのでしょうか。

鍋料理とは、お鍋に食材を入れて煮込んだ料理です。

囲炉裏に吊るした鍋で煮込んだ料理は、明治以前からありました。

それが一般家庭に広まったのが、明治時代とされています。

しかし、囲炉裏ではなくガスコンロを使うようになり、家庭で加熱しながら食べることが難しくなった時期は、「お鍋はお店で食べる料理」になりました。

しかし、カセットコンロで調理できるようになったことで、お鍋の人気が再燃し、現在に至ります。

比較的、片付けが楽なのもメリットですね。

そして、鍋料理には大きく分けて2つの種類があります。

・煮汁に味付けをして、そのまま食べるタイプ
・煮汁には味付けせず、取り分けてからタレやポン酢などで味付けするタイプ

今回は、煮汁に味付けするタイプのお鍋に焦点を当て、特に「キャベツを入れた味噌鍋」について、そのレシピをご紹介していきます。

味噌鍋とは?

スマホなどで「鍋料理」と打って検索すると、「煮汁に味付けをするタイプの鍋料理」だけでも、本当に多くのレシピが出てきます。

さらに、煮汁に味付けする際に使う調味料も様々で、それによって呼び方が変わります。

味噌鍋の他には、醤油鍋、チゲ鍋、豆乳鍋などがありますね。

そして、味噌鍋に向くものには、

・キャベツなど色々な野菜(具材)を入れる寄せ鍋
・牡蠣を入れる土手鍋

などがあります。

味噌は発酵食品なので、割とどんな具材とも合います。

そのため、寄せ鍋の味付けにピッタリで、牡蠣とも相性が良いです。

家にある調味料を使って、オリジナルのスープも作ることができます。

しかし、最近では、鍋スープの素も多く売られていて、その中にはもちろん、味噌味のものもあります。

そうした商品は、1人暮らしの人でも使いやすいように、小分けにされていることが多いです。

衛生面から見ても、使いたい分だけ使えるように配慮されているのは嬉しいですね。

また、味付けがしっかりしてあるのも特徴なので、こうしたものを使えば、簡単に味噌鍋を楽しめます。

鍋料理も時代の変化に合わせて、日々進化しているのですね。

味噌鍋以外の鍋にもキャベツが人気!

鍋料理は、様々な具材を入れて食べるものですが、「鍋といえば、キャベツ!」という人も多いのではないでしょうか。

鍋料理には、どんな味付けのスープにも合う「淡色の野菜」が好まれます。

鍋によく登場する淡色の野菜には、

・キャベツ
・白菜
・長ネギ

がありますが、最近は、キャベツの人気が高いようです。

その理由には、

・一年を通して買えるので手に入れやすい
・だしのうま味を味わうのに最適
・鍋スープの種類が増えた

ことがあります。

先ほどもお伝えしたように、鍋料理も時代の変化に合わせて進化しています。

味のバリエーションが多くなっているので、どんな味付けにしても合うキャベツの出番が増えたのでしょう。

実際に、味噌鍋など和風以外の鍋(洋風、エスニック風の鍋)にもキャベツはよく合うので、鍋にはなくてはならない、「メインの野菜」になっています。

もちろん、キャベツの代わりに、春菊や白菜などを入れても、味噌鍋は十分美味しくなります。

また、野菜以外にも、焼き豆腐や油揚げ、つみれ、魚(タラなど)を入れて食べるなど、人によって違いが出るのが鍋の良さなので、好きな具材を入れれば間違いありません。

では、いよいよ次の章から、味噌鍋のレシピを2つとシメのレシピを1つ、ご紹介します。

キャベツを入れる味噌鍋のおすすめレシピ!

では、キャベツをたっぷり食べられる、寒い日におすすめの味噌鍋レシピをご紹介します。

【材料 1~2人分】

・キャベツ      300g
・鶏もも肉      200g
・油揚げ       1枚
・だしの素      小さじ1
・砂糖        小さじ1
・水         1カップ
・味噌        大さじ1
・水(味噌溶き用)  大さじ4

【作り方】

①キャベツと鶏肉を、それぞれ食べやすい大きさに切っておきます。

②油揚げは、細長く切ります。

③土鍋にキャベツを敷き詰めます。

④③で敷いたキャベツの上に、油揚げと鶏肉をのせます。

⑤その上から、だしの素と砂糖をふりかけ、水(1カップ)を入れます。

⑥土鍋の蓋をして、火にかけます。

⑦土鍋から蒸気が上がったら、そのタイミングで火を止めます。

⑧沸騰がおさまったら、味噌を水(大さじ4)で溶いて入れます。

その後、もう一度火にかけ、今度は、沸騰する手前まで温めてください。

キャベツと鶏肉のうま味がよく染み出す、おすすめの味噌鍋です。

このレシピはそれほど辛くないので、「辛い味噌鍋は苦手」という人でも、美味しく食べられるでしょう。

辛いのが好きな人に!辛い味噌鍋のレシピ!

先ほどは、あまり辛くない味噌鍋のレシピをご紹介しましたが、「寒い冬には、辛いものが食べて温まりたい!」という人もいますよね。

そうした人に向けて、先ほどよりもピリっとした辛い味噌鍋のレシピをご紹介します。

【材料 1~2人分】

・水           6カップ
・コチュジャン      小さじ1
・すりおろしニンニク 小さじ1/2
・すりおろししょうが 小さじ1/2
・味噌 大さじ7
・和風だし 小さじ1
・中華だし 6g
・豆板醤 小さじ1
・粉唐辛子 大さじ1
・トウチジャン 小さじ1
・オイスターソース 大さじ2
・野菜          適量
・肉           適量

【作り方】

①鍋に水を入れ、沸騰させます。

②①にすべての材料を入れれば、味噌鍋のスープは完成です。

③好きな具材を入れて煮込み、美味しくいただきましょう。

野菜やお肉は、好きなものを入れてください。

キャベツはもちろんですが、その他にも、ネギや白菜など、何でもいいですね。

冷蔵庫にあるものを入れて食べれば、野菜が摂れるだけでなく、冷蔵庫もきれいになります。

辛さも、お好みで調整してください。

キャベツを使った味噌鍋のシメにおすすめのレシピは?

鍋料理は、キャベツなど色々な具材を煮込むので、とてもいいだしが出ます。

先ほどご紹介したように、味噌鍋にはキャベツなどの野菜がよく合うので、気付かないうちに野菜を沢山食べられます。

鍋料理のシメとして、残ったスープに入れてよく食べられるものには、

・麺類(うどん、ラーメン、春雨など)
・雑炊(ご飯と卵)
・餅

などがあります。

シメも、材料をお鍋に入れるだけでできるので、その手軽さも鍋料理の嬉しいところですよね。

今回のテーマである味噌鍋のシメにおすすめなのは、ラーメンです。

ここでは、味噌鍋のスープを生かしたラーメンのレシピをご紹介します。

【味噌鍋のスープで作る締めのラーメン】

【材料 2人分】

・生ラーメンの麺   2玉
・水         適宜
・お好きな具材    お好みで

【作り方】

①温まっているスープに、生ラーメンの麺を入れます。

味噌鍋のスープが足りなければ少し水を足し、野菜が足りなければ、キャベツなども追加してください。

②さらにお好みの具材を入れて、完成です。

美味しい味噌鍋のあとに、ラーメンで締めると気持ちも満たされますね。

味噌鍋を作って美味しく頂こう!

今回は、味噌鍋のレシピをメインにご紹介しましたが、参考になったでしょうか?

日本の鍋料理は、野菜が沢山摂れて、さらに美味しくいただけるので、寒い季節にピッタリです。

他の鍋と同じように簡単に作れて美味しいので、「今まで味噌鍋に馴染みがなかった」という人も、ぜひ作ってみてくださいね。

 - その他食材