味噌鍋のおすすめレシピをご紹介!キャベツを入れて栄養満点

寒い冬に温まれる定番の料理と言えば、やはりお鍋ですよね。

調理も簡単なうえに、なかなか摂れないキャベツや白菜、など多くの野菜を簡単に摂ることができます。

今回は、数ある鍋料理の中から、「味噌鍋」に焦点を絞ってレシピをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

まずは、鍋料理の歴史からお話していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

栄養の宝庫!アボカド1玉のカロリーは?どんな栄養がある?

「森のバター」とも言われるアボカドは、健康と美容に良いとされ、特に女性を中心に人気を集めている果...

グラニュー糖と上白糖の違いが活かされた料理とお菓子の数々

お砂糖と一言でいっても、種類は様々です。黒砂糖にきび砂糖、三温糖・和三盆と砂糖も色々です。...

味噌漬けお肉や魚のレシピ、栄養満点な野菜の献立をご紹介

味噌漬けにした魚や肉は美味しく、簡単に調理をすることができます。長期保存もできるため、お...

「うど」どうやって食べてる?味噌とマヨネーズ、夢の共演!

スーパーや八百屋さんで山菜が出回り始めると、春を感じますよね。栽培されている山菜で代表的なも...

肉と大根を使った美味しいご飯!気になるカロリーは?

鶏肉、豚肉、牛肉とお肉にも沢山の種類がありますが、大根は味にクセがないので、どんな肉とも相性が良い...

フランス産バターは美味しい!人気でオススメなバターの紹介

フランスは国土が広くて平地の割合も高く、気候も農業に適している事などから、言わずと知れた農業国です。...

家庭菜園をやってみよう!ジャガイモは大量収穫、保存も可!

家庭菜園でジャガイモは人気です。なぜならたくさん収穫できること、さまざまな調理方法で食べるこ...

ぶりの味噌焼きで美味しく健康に!味噌焼きレシピもご紹介

ぶりの味噌焼きはごはんにもお酒にもよく合いますね。味噌焼きにすることで、味噌のこってりと...

たまらない組み合わせ!ワインとチーズのカロリーは?

ワインを飲もうと思うと、つまみたくなるのがワインの相棒、チーズです。チーズと一緒にいただくワイ...

味噌ポテトってご存知ですか?簡単レシピと人気が出た秘密!

秩父のB級グルメ「味噌ポテト」。B級グルメとは言っても、作られ始めてからの歴史は長く、秩父で...

鶏肉を電子レンジで調理!玉ねぎも一緒に使うレシピとは?

高タンパク質でヘルシー、やわらかくてお肉の旨味もある鶏肉と、火を通す前の辛味が特徴的でいろいろな料...

上白糖だけじゃない!?知って得する砂糖の違い

料理の紹介やお菓子のレシピを見ると、様々な種類の砂糖の名前を目にします。上白糖やグラニュー糖...

ショートニングの特徴を再確認!代用できるのはバターだけ?

お菓子作りやパン作りが趣味の人にはなじみのある「ショートニング」。実際、どんなものなのか、同じ...

一度食べたら止まらない!インゲン豆を使ったレシピ

インゲン豆は、大豆などと同様で身近な豆です。大豆は畑の肉とも言われるほど、高タンパク・高カロ...

野菜を冷凍すると、どのくらいの期間保存ができるの?

みなさんは、野菜をどのように保存していますか?常温や冷蔵庫で保存すると、すぐにダメになってし...

スポンサーリンク

鍋料理の歴史

寒い冬に家族や友人とお鍋を囲むのは、楽しいですよね。

日本の鍋料理は、どのような経緯で登場したのでしょうか。

鍋料理とは、お鍋に食材を入れて煮込んだ料理です。

囲炉裏に吊るした鍋で煮込んだ料理は、明治以前からありました。

それが一般家庭に広まったのが、明治時代とされています。

しかし、囲炉裏ではなくガスコンロを使うようになり、家庭で加熱しながら食べることが難しくなった時期は、「お鍋はお店で食べる料理」になりました。

しかし、カセットコンロで調理できるようになったことで、お鍋の人気が再燃し、現在に至ります。

比較的、片付けが楽なのもメリットですね。

そして、鍋料理には大きく分けて2つの種類があります。

・煮汁に味付けをして、そのまま食べるタイプ
・煮汁には味付けせず、取り分けてからタレやポン酢などで味付けするタイプ

今回は、煮汁に味付けするタイプのお鍋に焦点を当て、特に「キャベツを入れた味噌鍋」について、そのレシピをご紹介していきます。

味噌鍋とは?

スマホなどで「鍋料理」と打って検索すると、「煮汁に味付けをするタイプの鍋料理」だけでも、本当に多くのレシピが出てきます。

さらに、煮汁に味付けする際に使う調味料も様々で、それによって呼び方が変わります。

味噌鍋の他には、醤油鍋、チゲ鍋、豆乳鍋などがありますね。

そして、味噌鍋に向くものには、

・キャベツなど色々な野菜(具材)を入れる寄せ鍋
・牡蠣を入れる土手鍋

などがあります。

味噌は発酵食品なので、割とどんな具材とも合います。

そのため、寄せ鍋の味付けにピッタリで、牡蠣とも相性が良いです。

家にある調味料を使って、オリジナルのスープも作ることができます。

しかし、最近では、鍋スープの素も多く売られていて、その中にはもちろん、味噌味のものもあります。

そうした商品は、1人暮らしの人でも使いやすいように、小分けにされていることが多いです。

衛生面から見ても、使いたい分だけ使えるように配慮されているのは嬉しいですね。

また、味付けがしっかりしてあるのも特徴なので、こうしたものを使えば、簡単に味噌鍋を楽しめます。

鍋料理も時代の変化に合わせて、日々進化しているのですね。

味噌鍋以外の鍋にもキャベツが人気!

鍋料理は、様々な具材を入れて食べるものですが、「鍋といえば、キャベツ!」という人も多いのではないでしょうか。

鍋料理には、どんな味付けのスープにも合う「淡色の野菜」が好まれます。

鍋によく登場する淡色の野菜には、

・キャベツ
・白菜
・長ネギ

がありますが、最近は、キャベツの人気が高いようです。

その理由には、

・一年を通して買えるので手に入れやすい
・だしのうま味を味わうのに最適
・鍋スープの種類が増えた

ことがあります。

先ほどもお伝えしたように、鍋料理も時代の変化に合わせて進化しています。

味のバリエーションが多くなっているので、どんな味付けにしても合うキャベツの出番が増えたのでしょう。

実際に、味噌鍋など和風以外の鍋(洋風、エスニック風の鍋)にもキャベツはよく合うので、鍋にはなくてはならない、「メインの野菜」になっています。

もちろん、キャベツの代わりに、春菊や白菜などを入れても、味噌鍋は十分美味しくなります。

また、野菜以外にも、焼き豆腐や油揚げ、つみれ、魚(タラなど)を入れて食べるなど、人によって違いが出るのが鍋の良さなので、好きな具材を入れれば間違いありません。

では、いよいよ次の章から、味噌鍋のレシピを2つとシメのレシピを1つ、ご紹介します。

キャベツを入れる味噌鍋のおすすめレシピ!

では、キャベツをたっぷり食べられる、寒い日におすすめの味噌鍋レシピをご紹介します。

【材料 1~2人分】

・キャベツ      300g
・鶏もも肉      200g
・油揚げ       1枚
・だしの素      小さじ1
・砂糖        小さじ1
・水         1カップ
・味噌        大さじ1
・水(味噌溶き用)  大さじ4

【作り方】

①キャベツと鶏肉を、それぞれ食べやすい大きさに切っておきます。

②油揚げは、細長く切ります。

③土鍋にキャベツを敷き詰めます。

④③で敷いたキャベツの上に、油揚げと鶏肉をのせます。

⑤その上から、だしの素と砂糖をふりかけ、水(1カップ)を入れます。

⑥土鍋の蓋をして、火にかけます。

⑦土鍋から蒸気が上がったら、そのタイミングで火を止めます。

⑧沸騰がおさまったら、味噌を水(大さじ4)で溶いて入れます。

その後、もう一度火にかけ、今度は、沸騰する手前まで温めてください。

キャベツと鶏肉のうま味がよく染み出す、おすすめの味噌鍋です。

このレシピはそれほど辛くないので、「辛い味噌鍋は苦手」という人でも、美味しく食べられるでしょう。

辛いのが好きな人に!辛い味噌鍋のレシピ!

先ほどは、あまり辛くない味噌鍋のレシピをご紹介しましたが、「寒い冬には、辛いものが食べて温まりたい!」という人もいますよね。

そうした人に向けて、先ほどよりもピリっとした辛い味噌鍋のレシピをご紹介します。

【材料 1~2人分】

・水           6カップ
・コチュジャン      小さじ1
・すりおろしニンニク 小さじ1/2
・すりおろししょうが 小さじ1/2
・味噌 大さじ7
・和風だし小さじ1
・中華だし6g
・豆板醤 小さじ1
・粉唐辛子大さじ1
・トウチジャン 小さじ1
・オイスターソース 大さじ2
・野菜          適量
・肉           適量

【作り方】

①鍋に水を入れ、沸騰させます。

②①にすべての材料を入れれば、味噌鍋のスープは完成です。

③好きな具材を入れて煮込み、美味しくいただきましょう。

野菜やお肉は、好きなものを入れてください。

キャベツはもちろんですが、その他にも、ネギや白菜など、何でもいいですね。

冷蔵庫にあるものを入れて食べれば、野菜が摂れるだけでなく、冷蔵庫もきれいになります。

辛さも、お好みで調整してください。

キャベツを使った味噌鍋のシメにおすすめのレシピは?

鍋料理は、キャベツなど色々な具材を煮込むので、とてもいいだしが出ます。

先ほどご紹介したように、味噌鍋にはキャベツなどの野菜がよく合うので、気付かないうちに野菜を沢山食べられます。

鍋料理のシメとして、残ったスープに入れてよく食べられるものには、

・麺類(うどん、ラーメン、春雨など)
・雑炊(ご飯と卵)
・餅

などがあります。

シメも、材料をお鍋に入れるだけでできるので、その手軽さも鍋料理の嬉しいところですよね。

今回のテーマである味噌鍋のシメにおすすめなのは、ラーメンです。

ここでは、味噌鍋のスープを生かしたラーメンのレシピをご紹介します。

【味噌鍋のスープで作る締めのラーメン】

【材料 2人分】

・生ラーメンの麺   2玉
・水         適宜
・お好きな具材    お好みで

【作り方】

①温まっているスープに、生ラーメンの麺を入れます。

味噌鍋のスープが足りなければ少し水を足し、野菜が足りなければ、キャベツなども追加してください。

②さらにお好みの具材を入れて、完成です。

美味しい味噌鍋のあとに、ラーメンで締めると気持ちも満たされますね。

味噌鍋を作って美味しく頂こう!

今回は、味噌鍋のレシピをメインにご紹介しましたが、参考になったでしょうか?

日本の鍋料理は、野菜が沢山摂れて、さらに美味しくいただけるので、寒い季節にピッタリです。

他の鍋と同じように簡単に作れて美味しいので、「今まで味噌鍋に馴染みがなかった」という人も、ぜひ作ってみてくださいね。