玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

きゅうりの味噌和えのレシピ!低カロリーなのに美味しい!

      2018/02/14

きゅうりの味噌和えのレシピ!低カロリーなのに美味しい!

みなさんは、どんな野菜がお好きですか?

食事のバランスをとるためにも、積極的に野菜を摂り入れていきたいものです。

今回は、比較的いつでも手に入るきゅうりを使った味噌和えのレシピをご紹介します。

カロリーは低くくても、満足のいく一品ですよ。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

牡丹鍋は味噌味が最強!その歴史と分布・作り方をご紹介

近年はジビエが流行したりと、ちょっと変わったお肉を食べるの...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。 近年、コ...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。 春...

文明開化の味?牛鍋のレシピ!醤油味も味噌味も簡単に!

牛鍋を食べられるお店は、現在減りつつあるようです。 そん...

自然薯はとろろ以外にもレシピが豊富!味噌汁にしても美味!

自然薯は、一般的にはとろろにして食べることが多いですよね...

トランス脂肪酸は危険?マーガリンに多いって本当?

近年、マーガリンはトランス脂肪酸が多いから体に悪いという...

トランス脂肪酸を含まない油を選んで健康生活を送りましょう

心血管系疾患リスクや、その他の健康被害に影響を及ぼすこと...

電子レンジ料理のレシピ!料理に不慣れな男性でも簡単に!

料理を始めたくても器具が無かったり、どこから始めたら良い...

電子レンジのオーブン機能で焼き魚が簡単ジューシーに出来る

電子レンジで焼き魚が出来ることをご存知でしょうか。 お...

電子レンジでカンタンおいしいトーストや食パン料理の作り方

電子レンジで食パンを上手にトーストできますか。 多機能...

電子レンジで作る!簡単おいしい手作りパイのアイデアレシピ

ご家庭にある電子レンジを使い、難しいといわれるパイを作っ...

電子レンジで目玉焼きができちゃう?ラップを利用して作ろう

ちいさな子どもがいる家庭や、コンロが足りない時などに便利...

スポンサーリンク


きゅうりにも栄養素はある!

味噌和えのレシピの前に、きゅうりについてお話します。

野菜は栄養価が高いといわれているなかで、きゅうりは栄養が少ない野菜と噂されています。

しかし、きゅうりにも栄養価はありますよ。

主な栄養素と効能を見てみましょう。

●βカロティン
きゅうりの皮である濃い緑色をしている部分に、βカロティンが含まれます。

βカロティンは、抗発ガン作用や免疫賦活作用があり、体内でビタミンAに変換されます。

すると、髪の健康や視力、皮膚や粘膜の健康維持、喉や肺など呼吸器系統を守る働きが期待できるのです。

●カリウム
きゅうりが豊富に含んでいる栄養素です。

カリウムには、ナトリウム(塩分)を排泄する働きがあります。

体内の水分量を調節して、むくみの解消や利尿作用、高血圧に効果があります。

このほかの効能としては、身体を冷やす働きがあることから、薬膳料理でもよく使われています。

暑さが厳しい季節などは、きゅうりを食べることで、ほてった身体を冷ます効果がありますよ。

では、きゅうりのカロリーも見ていきましょう。

低カロリーなきゅうり

きゅうり100gあたりのカロリーと、細かい成分を見てみましょう。

【きゅうり 100g】

・エネルギー 14Kcal
・水分 95.4g
・炭水化物 3g
・食物繊維 1.1g
・タンパク質 1.0g
・灰分 0.5g
・糖質 0.1g
・不飽和脂肪酸 0.01g

・カロテン 330μg
・ビタミンA 28μg
・葉酸 25μg
・ビオチン 1.4μg
・C 14mg
・パントテン酸 0.33mg
・E 0.3m
・ナイアシン 0.2mg
・B6 0.05mg
・B1 0.03mg
・B2 0.03mg

・カリウム 200mg
・リン 36mg
・カルシウム 26mg
・マグネシウム 15mg
・ナトリウム 1mg
・鉄 0.3mg

野菜の中では栄養素が少ないといわれていますが、これだけの成分が含まれています。

低カロリーでコレステロールもゼロのため、食事の内容を気にする方にとっては、きゅうりは救世主といえるでしょう。

しかし、きゅうりは身体を冷やす食べ物です。

食べ過ぎてしまうと、下痢や腹痛などの症状が起こりやすくなります。

1日にして1~2本までにとどめ、食べ過ぎに注意しましょう。

では、味噌和えにするために、美味しいきゅうりの選びかたのポイントをご紹介します。

美味しいきゅうりを見分けて味噌和えを作ろう

美味しい味噌和えを作るためには、美味しいきゅうりを選びましょう。

ここでは、新鮮なきゅうりの選びかたのポイントをご紹介します。

きゅうりの保存方法も併せてご覧ください。

【美味しいきゅうりの見分け方】

☆イボのあるきゅうり
きゅうりを手に取ってみるとお分かりいただけるかと思いますが、ポツポツとイボがあります。

触ると痛いぐらいのイボがあるきゅうりを選んでください。

☆果肉が硬い
きゅうりの中まで、しっかりとしているものが、鮮度が良いきゅうりです。

☆曲がっていてもOk
まっすぐなきゅうりでなくても、味は変わりません。

スーパーなどではあまり見かけませんが、直売所などでは曲がったきゅうりがお求めやすい価格で販売されていますよ。

【きゅうりの保存方法】

☆野菜室
きゅうりは冷蔵庫で保管をしますが、冷やし過ぎてしまうと傷みやすくなります。

ラップをしてけから、袋に入れて、野菜室で保管してください。

☆冷凍庫
長期で保管したい場合は、冷凍も可能です。

きゅうりを薄くスライスしてから塩もむみをしたのち、軽く水分を絞ってから小分けにして保存しましょう。

解凍方法は、冷蔵庫に移して自然解凍してください。

冷凍は可能なのですが、食感は損ないます。

サラダなどには向きません。

味噌和えなどの和え物でお使いください。

では、低カロリーなきゅうりを使って、調理していきましょう。

きゅうりの味噌和えは1人分34キロカロリー

美味しく作るため、きゅうりの下処理を行いましょう。

きゅりの両端は、苦みの元になる成分があります。

調理を行う際は、端から1㎝ほど切り捨てましょう。

また、きゅうりの付け根部分に皮も、厚めに剥きます。

きゅうりの皮にはβカロティンが含まれるので、付け根部分以外は、なるべく剥かずに使うことをおすすめします。

続いて、まな板の上にキュウリを置いて塩をふり、ゴロゴロときゅうりを転がします。

これを「板ずり」といってきゅうりの青臭さを抑えて、色を鮮やかにする効果があります。

では、お待ちかねの味噌和えのレシピをご紹介します。

☆きゅうりの味噌和え

【材料 4人分】

・きゅうり 3本
・味噌 大さじ2
・ゴマ油 小さじ1
・醤油 少々
・黒コショウ(あらびき) 少々

【作り方】

①きゅうりは、先ほどお伝えした下処理を行い、一口大の乱切りにします。

②ボウルに、味噌とゴマ油、醤油とコショウを入れて混ぜます。

そこにきゅうりを加えて、よく混ぜ合わせます。

③5分ほど置いて味がなじんだら、できあがりです。

もう一品おかずが欲しいときなどに、ぴったりですよ。

1人分のカロリーは34Kcalです。

低カロリーな野菜で味噌和えを作ってみよう

きゅうり以外でも、低カロリーな野菜はあります。

いろいろな野菜を使って味噌和えを作ってみましょう。

では、チンゲン菜と白菜での作り方をご紹介します。

☆チンゲン菜のゴマ味噌和え

【材料 2人分】

・チンゲン菜 1束
◎すりごま 小さじ2
◎味噌 小さじ1
◎マヨネーズ 小さじ1
◎醤油 小さじ2/3

【作り方】

①チンゲン菜を洗って、食べやすい大きさに切ります。

②鍋にお湯を沸かし、チンゲン菜をサッと茹でます。

冷水にとって冷ましておきましょう。

③ボウルに◎を入れて混ぜ、水気を絞ったチンゲン菜を加えて和えればできあがりです。

☆ツナ缶と白菜のゴマ味噌和え

【作り方 2人分】

・白菜 1/16~1/8株
・塩 少々
・ツナ缶1 缶(80g)
◎すり白ゴマ 大さじ1
◎白味噌 小さじ2
◎酒 小さじ2
◎砂糖 小さじ1
◎薄口醤油 少々

【作り方】

①白菜を水洗いして、幅1cmに切ります。

②袋に白菜と塩を入れて、袋に空気を入れてながら口を持ちます。

袋を上下左右に振りながら、全体に塩をからめましょう。

③全体にからまったら空気を抜いて、口を縛ります。

白菜から水が出るまで置きましょう。

④ツナはザルに上げて、汁気をきります。

⑤ボウルに◎を入れて、混ぜ合わせます。

そこに、水気を絞った白菜を加えて、和えればできあがりです。

きゅうりをつけて召し上がれ!味噌ディップ

味噌和えも良いですが、きゅうりがポリポリ食べれる味噌ディップもおすすめです。

ディップにすることで、いろいろな野菜も一緒に食べれますよ。

☆マヨ味噌ディップ

【材料 作りやすい分量】

・味噌 大さじ1
・砂糖 大さじ2と1/2
・マヨネーズ 大さじ1
・すりゴマ 大さじ1

【作り方】

①作り方は簡単です。

材料を混ぜ合わせれば完成です。

きゅうりやにんじん、セロリなどをつけてお召し上がりください。

☆肉味噌ディップ

【材料 作りやすい分量】

・豚ひき肉 100g
・水 大さじ1
・片栗粉 大さじ1
◎赤だし味噌 大さじ2
◎砂糖 大さじ1
◎酒 大さじ1
◎おろし生姜 適宜

【作り方】

①耐熱容器にひき肉と水、片栗粉を入れて混ぜ合わせます。

そこに、◎の材料を加えて、混ぜずにラップをしてください。

②電子レンジ(600W)で2分加熱します。

レンジから取り出して混ぜます。

ひき肉が生の状態なら、再度加熱をしましょう。

肉味噌ディップのできあがりです。

冷蔵庫で保存してください。

マヨネーズを添えて、お好きな野菜につけて、お召し上がりください。

低カロリーとは思えないほどの、満足のできる一品になることでしょう。

きゅうりで食卓を鮮やかに

毎日の食事の用意は、大変なことです。

栄養バランスや彩りを考えると、何を作ろうかと悩みますよね。

そんなときは、今回ご紹介した味噌和えやディップで一品足してみましょう。

今日はきゅうり、明日は白菜などと、色々な野菜が手軽に食べることができますよ。

 - その他食材