玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

オーガニックショートニングのメリットと美味しいレシピ

      2018/02/06

オーガニックショートニングのメリットと美味しいレシピ

マーガリンやショートニングに含まれるトランス脂肪酸が話題にあがったことがありましたね。

トランス脂肪酸はいろいろな健康被害を引き起こすため、トランス脂肪酸フリーのオーガニックのショートニングが注目されることになりました。

今回は、オーガニックのショートニングとは何か、それを使うことのメリットとそれを使ったレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

おからを電子レンジで簡単おやつに!蒸しパンをおいしく作る

電子レンジおやつとして人気なのが蒸しパンです。 材料を...

電子レンジで手軽に作れるお菓子!カップケーキのレシピ集!

小さな子どもがいる家庭では、おやつのお菓子を用意するのも...

電子レンジでもトーストは作れる?!オーブンがなくてもOK!

ほとんどの方がトーストを作るのに、トースターやオーブンを使...

味噌作りの容器はどんな材質が最適?プラスチックでもいい?

日本人にとって欠かせない調味料の味噌。 食の欧米化が進...

醤油を刷毛で料理に塗りたい!おすすめの商品や使い方は?

近頃は健康に気を使う人が増え、醤油や味噌なども「減塩」のも...

カロリーゼロは万能ではない!どんな食品でも摂りすぎに注意

カロリーゼロの食品を利用したことがありますか。 小腹が...

カロリーは1日に摂って使って!健康で綺麗な女性を目指そう

皆さんはダイエットをしたことがありますか? 女性であれ...

カロリーはダイエットとは全く関係ないの?多面的に解説

カロリーを抑えればダイエットできるという話をよく耳にしま...

必要カロリーはそれぞれ違う?女性の一日に必要なカロリー

暑い日が続き、今年はいわゆる「酷暑」といわれています。 ...

カロリーが気になるなら牛乳とヨーグルトどちらがおすすめ?

カロリー制限中やダイエット中でも必要な栄養素はバランスよ...

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

牡丹鍋は味噌味が最強!その歴史と分布・作り方をご紹介

近年はジビエが流行したりと、ちょっと変わったお肉を食べるの...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。 近年、コ...

スポンサーリンク


オーガニックとは何を指しているのか?

オーガニックってよく耳にしますが、具体的にオーガニックの意味は何なのかと聞かれると、はっきりと答えられる方は少ないかもしれません。

オーガニックという言葉は『有機』という意味です。

つまり、化学肥料や農薬を基本使用せず栽培・加工されたもののことを指します。

日本では、農林水産省がオーガニックの認定をしており、オーガニックの規定を定めています。

その規定とは、禁じられた農薬や肥料を使用しないこと、植え付けや種まきの2,3年前から化学肥料を使っていない土壌で栽培していること、遺伝子組み換えの種を使わないことなどです。

高い基準をクリアし、認定されたものに初めて、有機JASマークが付けられ、オーガニック、また有機という表示をすることが許されます。

また、加工の段階でも、オーガニックは可能な限り化学的な添加物を使用しないようにしますので、安全性が高いのです。

オーガニックといえば、野菜とか果物を思い浮かべる方が多いかもしれませんね。

今回取り上げるのは、オーガニックのショートニングです。

ショートニングとは何かご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

それで今回は、オーガニックのショートニングとは何かについてと、これらを使ったレシピもご紹介します。

オーガニックショートニングとは?そのメリット

そもそもショートニングとは、何でしょうか。

一般的なショートニングとは、主に植物油を原料として作られた食用油脂です。

常温で半固形状なのが特徴です。

主にパンや焼き菓子などの製造に、バターやラードの代わりに使用されます。

ショートニングは液体の植物油に水素添加を行い、油を固めて作られています。

この加工の途中で、トランス脂肪酸が発生してしまうのですが、このトランス脂肪酸はニューヨーク市では完全禁止、ヨーロッパでは厳しく規制されるほど危険性があります。

トランス脂肪酸は細胞膜の形成を妨げ、免疫異常を引き起こし、活性酸素も大量に発生します。

摂り続けてしまうと体に蓄積してしまい、ダメージも大きくなります。

癌や動脈硬化、心疾患、アレルギー、うつなど様々な病気の原因になる可能性があるのです。

オーガニックショートニングは、有機パームオイルを原材料として、水素添加を行わない特殊加工で製造されたものです。

そのため、トランス脂肪酸は表示義務以下しか含まれていないので、トランス脂肪酸フリーと表記されます。

オーガニックショートニングを使うと、トランス脂肪酸が及ぼす害を避けることができますし、パンやお菓子作りに使うと、さっくり軽く仕上がります。

ノンコレストロールで、添加物や保存料も使われていません。

あっさりした味わいなので、素材の風味も生かすことができますよ。

それでは、オーガニックショートニングはどこで買えるのか、またオーガニックショートニングを使った様々なレシピをご紹介します。

オーガニックショートニングはどこで買える?

気になるのは、オーガニックショートニングは、いったいどこで購入できるのかです。

答えは、ネットストアでも手に入りますし、オーガニックストアや製菓材料店で購入できますよ。

●富澤商店

オーガニックマウンテン トランスファットフリーショートニング680gが1,000円(参考価格)ほどで購入できます。

有機栽培されたパームを100%使用しています。

300gのミニサイズのオーガニックショートニングもあります。

●kikuya

お菓子材料のお店です。

ダーボン・オーガニック・ジャパン オーガニック・トランスファットフリー100%パームオイルショートニング680gが1,200円(参考価格)ほどで購入できます。

有機JAS認定を受けた自社農園と自社工場にて原料栽培から加工まで一貫製造しています。

トランス脂肪酸を含まず、ノンコレステロール・添加物、保存料不使用です。

アレルゲンも含みません。

●mamapan

ママパンは、小麦粉と優れた食材を揃えたお店です。

有機・オーガニックも取り揃えてあり、オーガニックショートニングもあります。

このオンラインストア上で、お菓子やパンや料理のレシピも紹介されているのでうれしいですね。

●PROFOODS

家庭で作るパン・和洋菓子の材料、世界と日本のこだわり食品のお店です。

有機・オーガニックの商品もたくさん取り揃えてあります。

実店舗もオンラインストアもありますので、利用しやすいですね。

オーガニックショートニングで作ろう!クッキーレシピ

オーガニックショートニングのさくさく感を楽しみたいなら、クッキーやサブレはいかがでしょうか。

ここでは、紅茶の葉入りクッキーのレシピをご紹介します。

【材料】
・有機薄力粉 200g
・オーガニックショートニング 100g
・オーガニックシュガー 80g
・卵 1個
・有機紅茶のティーバッグ 1袋

【作り方】
①ショートニングにオーガニックシュガーを擦り混ぜます。

② ①に溶いた卵をふんわりするまで混ぜます。

そこに、薄力粉をふるい入れ、紅茶も混ぜて、さっくりまとめます。

③生地を棒状にまとめ、冷蔵庫で休ませましょう。

④生地を5㎜位にスライスして、クッキングシートを敷いた天板に並べ、160℃のオーブンで15分焼きます。

オーガニックショートニングを使ったパンレシピ

ここでは、ふわふわのレーズンパンレシピをご紹介します。

【材料】
・有機強力粉 250g
・オーガニックショートニング 15g
・オーガニックシュガー 15g
・塩 5g
・スキムミルク 20g
・水 170cc
・ドライイースト 小さじ1
・有機レーズン 50g

【作り方】
①レーズン以外の材料をホームベーカリーに入れ、一次発酵までホームベーカリーにお任せします。

レーズンは、ミックスコールの時に入れましょう。

②一次発酵が終わったら、生地を取り出して2つに分けます。

③生地を丸めて、濡れふきんをかぶせてベンチタイムを15分取ります。

④生地をそれぞれ形成します。

生地を伸ばし、両端を折りたたんだのち、生地の手前をくるくると巻いていき、指でしっかりとつまんで留めます。

⑤パンケースに2つの生地を並べ、37℃で45分ほど発酵させます。

生地の高さがパンケースからはみ出したら、発酵終了です。

⑥190℃で30分焼きます。

オーガニックショートニングを使ったビスケットレシピ

オーガニックショートニングを使うと、スコーンやビスケットがサクサクに焼けます。

ここではスコーン風ビスケットのレシピをご紹介します。

【材料】
・有機薄力粉 200g
・塩 10g
・オーガニックシュガー 12g
・ベーキングパウダー(アルミニウムフリー) 14g
・豆乳 160g
・オーガニックショートニング 65g

【作り方】
①粉類はふるっておきます。

粉類に豆乳を入れて混ぜ、ショートニングも加えてよく混ぜ合わせます。

②冷蔵庫で生地を1時間ほど寝かせます。

③打ち粉をした台に生地をこねます。

厚さを1.5㎝くらいにしたのち、スコーンの型で抜きます。

④クッキングシートを敷いた天板に並べ、220℃に予熱したオーブンで10分から13分ほど焼きます。

出来上がりです。

オーガニックショートニングで健康を目指そう

いかがでしたか?

オーガニックショートニングはトランス脂肪酸がかなり少ないので、安心感がありますね。

健康に気を付けている方、子供たちや家族に安全性の高い物を食べさせたいという方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

 - その他食材