玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

牛丼店のサイドメニューである味噌汁のカロリーを比較!

      2018/01/30

牛丼店のサイドメニューである味噌汁のカロリーを比較!

日本中にある牛丼店は、早くて安くて美味しく、学生やサラリーマンの強い味方です。

牛丼店では、味噌汁や卵・サラダ・漬物などのサイドメニューも充実しています。

しかし、味噌汁は塩分の摂り過ぎになるのでは?と心配になる人もいらっしゃるかもしれません。

中でも一番気になるのがカロリーです。

そこで今回は、牛丼店にあるサイドメニューの代表、味噌汁のカロリーをお話します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

野菜の味噌漬けの歴史と、その栄養がもたらす健康効果

日本人にとって野菜の漬け物は、飯の友として欠かせない存在...

自宅で本格的な味を!味噌ラーメンのスープ、手作りレシピ

ラーメンは味噌・醤油・塩・とんこつ、などの、どの味が好き...

神戸は味噌だれ!餃子のいろいろなたれレシピをご紹介!

餃子のたれというと、酢醤油が一般的です。 しかし、餃子...

名古屋めし「味噌カツ」のソースが自宅でも楽しめるレシピ

名古屋というと、その多彩なグルメを思い浮べる人も多いでし...

自宅で簡単に作れる!味噌ちゃんこ鍋のおすすめレシピ

これからの寒い時期には、鍋料理が食べたくなる人も多いので...

身体の芯から温まるもつ鍋味噌スープの美味しいレシピを紹介

寒い日が続くと身体の芯から温まるものが食べたくなります。...

旬のたけのこを美味しく味わおう!味噌和えのレシピ3選

たけのことは、みなさんがご存知のとおり、竹の芽の部分です...

美味しい味噌汁の作り方!もっと「ほんだし」を活用しよう

和食は、だしが要の料理です。 味噌汁も、だしがなくては...

味噌炒めの材料に嫌われ者の?ピーマンとなすを使ってみよう

子どもの嫌いな食べものと言えば「ピーマン」と「なす」が必...

美味しくてコクのある味噌鍋!スープのアレンジも豊富!

夕方以降に気温が下がる、寒い時期に食べたくなるのは鍋料理...

味噌鍋のおすすめレシピをご紹介!キャベツを入れて栄養満点

寒い冬に温まれる定番の料理と言えば、やはりお鍋ですよね。...

きゅうりの味噌和えのレシピ!低カロリーなのに美味しい!

みなさんは、どんな野菜がお好きですか? 食事のバランス...

醤油を薄めるには水よりお酢?知って得する料理と醤油の知識

煮物に使った醤油が濃すぎて、薄めるべくついつい水など足し...

醤油の違いは古来の製造方法をアレンジメントして生まれた

醤油には本醸造方式・混合醸造方式・混合方式の、主に3つの...

調味料の醤油にはjasマークがあるものとないものがある!?

日本人ならたいていのかたが口にする醤油。 醤油はふだん...

醤油醸造所が取り組む売上確保と伝統を守る姿をご紹介

2018年1月現在、醤油醸造所・メーカーの数は約1500...

新潟県長岡市中心の地域限定の食べ物「醤油おこわ」の作り方

皆さんは醤油おこわ(醤油赤飯)をご存知ですか?通常「赤飯...

醤油も原因?アレルギーの発生メカニズムと症状、対応方法

日本人の実に10人中、3人がなんらかのアレルギーを持って...

日本製の醤油は外国人にとっても日常に欠かせない存在

醤油は今や、外国人にとっても欠かせない調味料として存在感...

味付け調味料は醤油?ソース?焼き飯と炒飯の違いはどこに?

「焼き飯」という名称は、関東地方に住んでいる人にとっては...

スポンサーリンク


牛丼の歴史

文明開化と共に、牛肉を食べるという習慣が始まった日本では、当時まだ獣肉になれていないため、獣臭を消すために様々な工夫をしていました。

少しでも日本人が食べやすいようにと作られたのが、ネギと味噌を入れた牛鍋というもので、これがすき焼きのルーツともいわれています。

もちろん、当時のものには味噌汁はついていません。

その後、醤油と砂糖を使った割下というものが作られ、そこに牛肉以外に豆腐や白滝を入れ煮込むという、今のすき焼きが作られ始めます。

1899年創業の吉野屋は当時、このすき焼きをご飯にかける「牛鍋ぶっかけ」というものを始め、それが牛丼の始まりとなりました。

戦後の復興で牛丼屋というのができてきましたが、当時は栄養不足の時代で、今のようにカロリー過多を気にする人はなく、カロリー表示というものはありませんでした。

今では牛丼は手軽に作れる、食べられると、牛丼店以外でも家庭でも夕飯の献立として利用されることもあります。

定食屋や学校、会社の学食や社員食堂のメニューにもなるなど、牛丼は普段に食べられる「和食」の一つとなりました。

牛丼の吉野家で選べる三種の味噌汁のカロリー

牛丼の老舗吉野屋では、基本の味噌汁のほかに、豚汁としじみ汁があります。

普通の味噌汁の具は、ネギとわかめで20キロカロリーになります。

味噌汁を一緒に食べることで、牛丼だけでは不足しがちな海藻や野菜を摂ることができます。

豚汁は183キロカロリー、しじみ汁は132キロカロリーです。

しじみ汁はほかの牛丼大手店にはない、吉野家だけのメニューになります。

吉野家の牛丼は並盛が669キロカロリー、普通の味噌汁と合わせて689キロカロリーになります。

20代の男性が一日に必要なカロリーは2,550キロカロリー、女性が2,000キロカロリーなので、昼食・夕食に最適な熱量になります。

しかし、野菜が不足しますので、ベジ皿174キロカロリー、女性はゴボウサラダ85キロカロリーを一緒に食べると、バランスが良くなりますよ。

牛丼の松屋は味噌汁付きでカロリー充分

松屋は牛丼ではなく、牛めしという献立名になります。

松屋の牛めしは、店内での飲食の場合は、全ての食事メニューに必ず味噌汁がつきます。

普通の牛めしは女性に嬉しいミニ盛から、がっつり食べたい人に最適な特盛まで4サイズあります。

そして、全てに味噌汁がついています。

ミニ盛は、牛めしにワカメや油揚げの味噌汁がついて、総合507キロカロリーを摂ることができます。

並通盛は705キロカロリー、大盛は945キロカロリー、一番量の多い特盛は1299キロカロリーのエネルギー量です。

リーズナブルな価格でありながら、充分満腹になる松屋の牛めしは、学生やサラリーマンに人気です。

小腹が空いた時などに、サッと食べられるのも、便利です。

味噌汁自体は34キロカロリーですが、豚汁は320キロカロリーと、ややカロリーが高くなります。

バラエティに富む、すき家の牛丼と味噌汁のカロリー

すき家は普通の牛丼のほかに、牛丼に鰹節オクラや白髪ねぎ、ネギ玉と様々なトッピングをした牛丼があります。

つい野菜不足になりがちな牛丼ですが、トッピングで選ぶものでたくさん摂ることができます。

また、おススメのセットは牛丼とお新香、味噌汁のセットで、ミニからメガ盛まで6種類あります。

味噌汁は普通の味噌汁ではなく、豚汁でニンジンやシイタケと具だくさんです。

女性にぴったりのミニ盛のセットは、牛丼にトン汁、お新香で総合602キロカロリーです。

ワンコインでお腹いっぱいになるので、女性だけでなく男性にもぴったりです。

食べることが大好きな人は、一番大きいメガ盛りがおすすめです。

カロリーは1351キロカロリー摂取することができますので、運動部の大学生にはぴったりのメニューです。

もちろん普通の味噌汁もあり、こちらはわかめ・あぶらあげ・長ネギなどが入り48キロカロリーになります。

豚汁だけは156キロカロリーです。

(カロリーは参考までに)

うどんのなか卯の牛丼と味噌汁のカロリー

なか卯は牛丼の専門店ではなく、うどんと丼のお店になります。

メニューも牛丼という名前ではなく、牛とじ丼です。

その名の通り、普通の牛丼を卵でとじたものになります。

セットメニューでは味噌汁だけというものはなく、味噌汁にお新香やから揚げがついているものや、サラダと味噌汁がつくものなどバラエティ豊かです。

具だくさんの味噌汁は、56キロカロリーになります。

うどんが専門のため、汁物は味噌汁や豚汁だけでなく、鴨うどんやイワシのつみれそばもあります。

豚汁のカロリーは136キロカロリーと、ほかの店舗と比べると低カロリーです。

うどんを提供しているなか卯の味噌汁は、出汁が違います。

出汁の味が効いているなか卯の味噌汁は、美味しいと評判です。

牛丼に合わせてフリーズドライの味噌汁で野菜を補充

牛丼はご飯・牛肉・玉ねぎの三つの食材からできています。

人は健康を保つために一日30品目、1食10品目必要といわれています。

残りの7品目をほかの副菜で採るのが一番ですが、一人暮らしでは少々面倒ですよね。

そこで、ちょっと多めの具で味噌汁を作って食べてみましょう。

味噌を1つとすると4品目摂れます。

ここに、わかめ・豆腐・長ネギ・ほうれん草だけを入れると8品目になります。

残りはお新香のキュウリやキャベツを添えれば、充分に10品目達成ですね。

わかめ・豆腐・長ネギ・ほうれん草はフリーズドライの味噌汁用のものを使っても大丈夫です。

フリーズドライの野菜は乾燥させると、ミネラルが凝縮されるため、栄養価に比べてカロリーは控えめになります。

中にはお湯を注ぐだけの味噌汁ものもあります。

一人暮らしの場合は、こういったもので栄養のバランスをとっていきましょう。

もちろんほかの食事でも、定食やランチセットを食べ、サラダや和え物など野菜を積極的に摂るように心がけることが大切です。

最後に一番気になる塩分のお話をします。

高血圧の人は、味噌汁を飲んだら塩分過多になるから良くないと思っていませんでしょうか。

塩分、つまりナトリウムは摂りすぎると、たしかに高血圧の原因になります。

ナトリウムは細胞の外側で㏗の調整をしますが、過剰になると血管内のナトリウム濃度を保つために、血管内の水分が多くなり、血管壁を圧迫してしまいます。

これが高血圧の原因です。

しかし、このナトリウムと対の働きになるのがカリウムです。

大豆の発酵食品である味噌には、ナトリウムとカリウムの両方が含まれているため、ただの塩分とは違います。

ナトリウムのバランスをカリウムが調整してくれています。

さらに、味噌汁の具に入る野菜や海藻にもカリウムが含まれています。

牛丼と味噌汁で身体の中からポカポカ

味噌汁は、塩分もカロリーも思ったよりも控えめです。

そして、不足しがちな野菜や海藻などの食材を同時に摂ることができます。

お財布に優しい牛丼に、温かいお味噌汁をつけて体の中から温まりましょう。

敷く時のバランスも良くなりますよ。

 - 健康管理