ごはんを味噌汁置き換えでカロリーオフ!味噌が持つ効能とは

日本の定番食といったら、「ごはん+味噌汁」ですよね。

実は、味噌汁の食べ方などを少し工夫するだけで、簡単にカロリーオフすることができます。

味噌汁を使ったダイエット方法や、味噌の効能について解説していきましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

離乳食の完了期はいつ?この時期におすすめの朝ごはんとは

1歳の誕生日を迎えると、離乳食の最終ステップである『完了期』に入る準備が始まります。では、完...

飲む点滴!甘酒を麹少なめで作ってもおいしくなるコツとは?

健康ブームで話題の甘酒は、飲む点滴といわれるほど、カラダに良い成分がいっぱいです。それを余す...

安全なカロリーゼロ甘味料はあるのか?摂取するとどうなる?

カロリーゼロの甘味料をいつとっているかご存知ですか?実は、日常生活でなにも気にしないで食生活...

食べものと運動の両方でカロリーコントロールを心がけよう!

痩せるために、一度はダイエットを試みたことがあるかたは多いのではないでしょうか。一度といわず、...

醤油1リットルについての雑学。一気飲みは危険って本当?

醤油は万能調味料であり、日本の食卓には欠かせないものです。身近な調味料である醤油ですが、使い...

玄米茶は体にいい効能がたっぷり!血圧を下げるって本当?

お茶には色々種類がありますが、「玄米茶」を飲む機会はありますか?各ご家庭で飲むお茶といえ...

離乳食の進め方は個人差がある?6ヶ月でスタートは遅いの?

赤ちゃんが生まれて、初めての育児にようやく慣れてきたのは何か月の頃でしょうか。ねんねばかりして...

卵の賞味期限は1週間過ぎても問題ない?正しい賞味期限とは

気付いたら、卵の賞味期限が1週間過ぎてしまっていた!なんていうことありませんか?まだ食べら...

離乳食期に利用したい!でもベビーフードしか食べないときは

離乳食をスタートさせた頃、何の味付けもしていないおかゆを美味しそうにもぐもぐ食べていた我が子。し...

夏も冬も食べたい鍋レシピ!生姜と味噌の驚くべき効能とは?

暑い夏でも、冷房の効いた部屋にいると身体が冷えてしまいますよね。冬場は手足が冷え込み、冷え性...

カレーを一晩寝かせるなら冷蔵庫!常温保存は危険がいっぱい

子どもから大人まで大人気のカレーは、簡単に作れて忙しい主婦のお助けメニューのひとつです。「カレ...

食事改善をして健康に!おすすめの方法と様々な仕方

産後、加齢、運動不足等、日々の生活で、体型や体調が変化したな、と思うことはありませんか?体重...

離乳食開始は生後5、6ヶ月?始める目安や2回食への移行は?

赤ちゃんが生後5、6ヶ月頃になると首も座って、そろそろ離乳食を始めようかな?と考える方も多いのではな...

甘酒のもと米麹と酒粕の違いは?栄養満点で便秘解消にも!

最近の甘酒ブームで、季節問わずスーパーでも甘酒を見かけるようになりましたね。甘酒は米麹と酒粕の...

自分に必要な1日のカロリーを勉強して健康な体を目指そう

みなさんは、1日にどれだけカロリーが必要かを勉強してみようと思ったことないでしょうか?普...

スポンサーリンク

ごはんのお供、味噌汁に隠された驚くべき効能①

普段何気なく、食卓に取り入れているのが味噌汁です。

味噌汁に、入れる具材は様々ありますが、低カロリーの海藻類、タンパク質豊富な豆腐、食物繊維を多く含むキノコ類などを入れると、栄養満点でダイエットにも効果的です。

具沢山の味噌汁を食事に加えれば、ごはんの量を抑え、カロリーオフすることもできます。

そもそも、味噌には、ダイエットに良いとされる成分がたくさん含まれています。

そこで、まずは味噌に含まれる成分とその効果について解説していきましょう。

・「大豆レシチン」

レシチンは大豆だけでなく、肉や卵にも含まれる成分です。

ですが、大豆由来のレシチンは、卵や肉のレシチンと違いコレステロールを含まないのが特徴です。

大豆レシチンは、脂肪を分解しコレステロールの改善、さらに中性脂肪を低下させる働きをしてくれるものです。

・「サポニン」

サポニンには、脂肪の吸収を抑え、肥満の予防に効果がある成分です。

また、血中の悪玉コレステロールを低下させる効果もありますので、心筋梗塞や動脈硬化の予防にも効果が期待できます。

ごはんのお供、味噌汁に隠された驚くべき効能②

味噌には、ダイエットに効果的とされる成分がまだまだ含まれています。

続いて解説していきましょう。

・「ロイシン」「イソロイシン」

これらの成分には、アミノ酸が含まれています。

アミノ酸は、代謝を促進させ、脂肪の燃焼をスムーズにします。

・「ビタミン類」

味噌には、脂質や糖質の燃焼を促すビタミンB群や血液の流れを良くするビタミンEも含まれています。

ビタミンB群はダイエットに欠かせない栄養素でもあります。

このように、味噌にはダイエットに効果的とされる成分がたくさん含まれています。

また、味噌汁というものは、温かい飲み物でもありますので、身体の代謝を上げることにも効果があります。

さらに、多くの食物繊維が含まれていることから、便秘の解消にも役立ちます。

そして、味噌汁に入れる具材を食物繊維が豊富な食材にすることで、より高い効果が期待できます。

ごはんのお供として、定番の味噌汁ですが、普段の食事に取り入れている方も多いでしょう。

さらにダイエット効果を高めるために、カロリーをオフできる工夫があります。

早速お伝えしていきましょう。

味噌汁でカロリーオフ!ダイエット効果を高めるには?

味噌汁を作る際は、かならず具材を入れて作りますよね。

その具材によって、得られるダイエット効果も変化してきます。

では、どんな具材を選んだら良いのか、ご紹介していきます。

・わかめなどの海藻類

わかめなどの海藻類には、ほとんどカロリーがありません。

また、多くの食物繊維を含んでいる食材です。

食物繊維というものは、お腹の中で膨れ、満腹中枢を刺激します。

ですので、普段のごはんの量を減量する代わりの食材としては、最適なのです。

さらに、血糖値の上昇も穏やかになるので、脂肪も溜め込みにくくなります。

・豆腐

豆腐も原料は味噌と同じ大豆です。

そのため、味噌と同じダイエット効果を得ることができます。

さらに、多くのタンパク質を含んでいるため、ダイエット中、不足してしまいなタンパク質を摂取することができます。

豆腐もわかめと同じように、糖質の吸収を抑える効果がありますので、味噌汁と共にごはんを食べると、糖質の吸収を抑えて脂肪を溜め込みにくくなるといった期待が望めます。

・なめこ

味噌汁の定番ともいえる具材の1つが「なめこ」ですね。

なめこには、ダイエットに効果的なビタミンB群が含まれています。

さらに、ローカロリーなので安心して食べることができます。

・きゃべつ

野菜の中でも、きゃべつは食物繊維が豊富な食材です。

さらに、食感と共に食べ応えがあるので、かさ増し食材として満足感も得られやすくなります。

美容にも良いとされるビタミンCも多く含まれていますので、美容効果も期待できます。

味噌汁ダイエットを成功させるポイント

ダイエットにも効果が期待できる味噌汁ですが、さらにダイエット効果をアップさせる方法があります。

まず、ごはんなどの食事と共に味噌汁を取り入れる場合は、最初に味噌汁を飲むようにしてください。

最初に味噌汁を飲むことで、満足感を早くに得ることができるため、余分なカロリー摂取を防止することができます。

さらに、味噌汁に使う味噌を選ぶときにもポイントがあります。

味噌には大きく分けて「白味噌」「赤味噌」「合わせ味噌」がありますが、ダイエットに最適とされている味噌は「赤味噌」です。

赤味噌には、「メラノイジン」という成分が多く含まれています。

この成分には、血糖値の急上昇を抑えるといった働きがあります。

ですので、ごはんよりも先に赤味噌を使った味噌汁を食すだけで、血糖値の上昇を防ぎ糖分の吸収速度を落とすことができます。

もともとダイエットに効果的な味噌汁ですが、食べる順番や味噌にも工夫してみることで、より高い効果が期待できるでしょう。

具沢山味噌汁をごはんに置き換えることで簡単にカロリーオフ!

味噌汁は、ダイエットにも効果がある成分がたくさん含まれています。

そこで、より効果的にするために、朝食のごはんの代わりに「具沢山味噌汁」へと置き換えてみましょう。

カロリーをオフすると、どうしても物足りなさを感じてしまうことが多いですが、具沢山味噌汁にすることで、カロリーオフしつつも満足感を得ることができるのでおすすめです。

この味噌汁ダイエットに使用する具材は、先ほどもお伝えしたように、低カロリー、高タンパク、食物繊維豊富な食材を選びましょう。

野菜類、キノコ類、海藻類などをたくさん入れて、満腹感共に栄養価の高い味噌汁にすることがポイントです。

さらに、ダイエット効果を上げるのであれば、唐辛子などの「カプサイシン」、または「しょうが」を摩り下ろして入れてみるのもおすすめです。

唐辛子に含まれるカプサイシンは、発汗や血行の促進に効果がありますので、身体の代謝をアップさせ、さらにダイエットの天敵ともなる冷えの解消にも効果があります。

しょうがにも同様のことがいえますので、味噌汁ダイエットを実践される方は試してみてはいかがでしょうか。

カロリーだけでなく味噌汁の塩分にも注意しよう!

実際、普通の食事を取るように味噌汁を飲む分には、そこまでのカロリーは気にしなくても大丈夫でしょう。

味噌汁のカロリーは、具なしの場合40kcal程度です。

具材を入れたとしても1杯100kcal程度でしょう。

この味噌汁に比べてごはんのカロリーは、普通盛り(140g)で235kcalです。

カロリーを比較しても分かるように、味噌汁をごはんに置き換えることで、大幅なカロリーをオフすることができます。

ですが、カロリーがいくら低いからといっても、1つ注意しなければならないことがあります。

それは「塩分」です。

いくら低カロリーだからといって、味噌汁ばかり飲んでいると、塩分を過剰摂取することになりかねません。

塩分を摂りすぎると、顔や身体がむくんだ状態になります。

身体がむくんだ状態になると、老廃物が流れにくくなり、セルライトがつきやすくなります。

さらに流れが悪くなっているので、酸素や必要な栄養分も配給されにくくなります。

結果、代謝が悪くなり、痩せにくい身体となってしまうのです。

ごはんの代わりに味噌汁を置き換えるダイエット方法は、効果が期待できますが無理は禁物です。

1日1食置き換えを目安に行ってみましょう。

味噌汁を飲んでダイエット

ご紹介したように、味噌には様々な効能があります。

普段の生活に意識して味噌汁を取り入れてみてはいかがでしょうか。

味噌で健康的に、さらにダイエットにも効果が期待できますよ。

ぜひ、参考にしてくださいね。