味噌鍋の残りでアレンジレシピ!今日の夕食はこれで決まり!

寒い冬の時期は、お鍋料理にすると身体も心も温まります。

そのため、冬はお鍋料理が増え、週末の夕食はお鍋にしているご家庭もあることでしょう。

お鍋料理といえば、水炊き、寄せ鍋、ちゃんこ鍋、キムチ鍋など色々種類があります。

その色々あるお鍋の中で、今回は味噌鍋の残りで作るアレンジレシピの中でも、定番のものから順にご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ホワイトチョコで決まり!バレンタインのおすすめレシピは?

恋する女の子が、相手に想いを伝えるきっかけになるバレンタインデー。甘いチョコレートに想いを込...

醤油とオレンジジュースの意外な組み合わせが絶妙?!

オレンジジュースが料理に使える、と言ったら驚かれると思います。しかも、醤油とも相性が良いと言...

フランスに行くときは日本のお菓子をおみやげにしよう!

フランスのみならず、世界中で日本のお菓子は人気です。外国の方が、日本のお菓子をたくさん購入し...

これでもう困らない。知って得する炭水化物の種類の覚え方。

栄養素の中でも、よく耳にする炭水化物は、三大栄養素のひとつです。しかし、ひとくちに炭水化物と...

脱穀・もみすりを手作業で行う方法について!玄米の炊き方!

皆さんは、いつも私達が食べている美味しいお米が、どういう流れを経て食卓にあがるかご存知ですか?...

醤油の違いは古来の製造方法をアレンジメントして生まれた

醤油には本醸造方式・混合醸造方式・混合方式の、主に3つの製造方法があります。また濃口・薄口な...

体の芯からあったまろう!美味しい味噌風味鍋のおすすめ6選

日本人が古くから親しんできた鍋料理。寒い冬には体をあたためる料理として、食卓に欠かせない存在...

トマトの栽培に適しているのは米ぬか肥料?その作り方とは?

精米する際に必ず出てくる米ぬか。実は、ガーデニングに肥料として使えることを知っていましたか?...

野菜をどこで買いますか?時代と共に変わりつつある販売方法

農業従事者の高齢化が進む一方で、新規で就農する若者を応援するという動きがあります。新規就農す...

手作り味噌の容器の大きさは?口の広さや大きい方がよい理由

近頃は、手作り味噌の材料や、容器がネット通販で買いやすくなりました。しかし、容器の大きさはど...

美味しい醤油作りは製造工程が肝心!ろ過の重要性と技術

醤油は古くから日本の食卓に欠かせない存在です。美味しく製造するには、原材料はもちろん、製造中...

気になる着色料、粉末と液体の使い方!こんなメリットも

鮮やかな色のケーキ、クッキー、砂糖菓子。どれも見た目からして美味しそうですが、きれいな色を付...

日本の農業が直面している問題点とは?どんな解決策がある?

今、日本の農業が危機にあると聞きますが、どんな問題があるのでしょうか。今回は、日本の農業が抱...

オーガニック料理とは?レシピとおすすめのお店をご紹介

人気が高まりつつある、オーガニック料理。しかしまだ聞いたことがない、あまり知らない、という方...

和食にもワインを!醤油や味噌にワインが合うって本当?

和食の基本である醤油や味噌を使った料理は、ワインには合わないという考えの人もいます。確かに、...

スポンサーリンク

鍋の残りで作る定番といえばこれ!シンプル味噌鍋雑炊!

鍋料理のシメに食べる料理といえば、雑炊が定番です。

雑炊は鍋の種類を問わず、皆さんに好まれて、食べらている料理ですよね。

もちろん、味噌鍋の残りでも雑炊を簡単に美味しく作ることが出来ます。

まず最初にご紹介する雑炊は、とても簡単アレンジレシピです。

材料が少なくてすみ、鍋の後すぐに作って食べることが出来ます。

とても簡単に作れるこのレシピですが、ポイントがひとつだけあります。

それは、「卵の火の通りに注意すること」です。

それだけで簡単に美味しく出来上がりますよ。

塩分を気にされる方のためにも味が薄めのレシピになっています。

味が足りない場合は、鍋の出汁や醤油を足してみてください。

それでは、レシピをご紹介します。

【材料】(2人分)
・ご飯 茶碗2杯
・卵 1コ
・鍋の残り汁 200cc
・水 100cc
・塩 少々
・ネギ 適量

【作り方】

①鍋の残り汁、水、塩を鍋に入れ、火にかけます。

②鍋が沸騰したら火を止めて、ご飯をほぐしながら入れます。

③ご飯がほぐれたら、また火をつけ、沸騰させます。

④沸騰したら火を止めて、溶き卵、刻んだネギを入れます。

⑤再度火をつけて沸騰させ、溶き卵が固まりだしたら火を止めます。

⑥鍋に蓋をして3分蒸します。

これで出来上がりです。

味噌鍋の美味しさがギュッと詰まった簡単レシピです。

味噌鍋の残りで作るアレンジレシピ!翌日に美味しいカレーうどん!

鍋を食べ終えて残ってしまった汁。

すぐに雑炊に出来ればいいのですが、もうお腹いっぱいということもありますよね。

そんな時は、味噌鍋の残り汁で作るあったかレシピ、カレーうどんがお勧めです。

特別な調味料は必要ありません。

旨味の詰まった味噌鍋の残り汁から作る美味しいカレーうどん、そのアレンジレシピをこれからご紹介します。

【材料】(2人分)
・うどん 2玉
・味噌鍋の残り汁 400cc
・カレー粉 大さじ2
・麺つゆ 大さじ2
・白菜 2枚
・人参 1/2本
・鶏もも肉100g
・ネギ 1/2本

【作り方】

①鍋の残り汁を入れて、適当な大きさに切った鶏肉、白菜、人参、ネギを入れます。

②鍋にカレー粉を入れ、カレー粉が溶けたら麺つゆを入れます。

③うどんを入れて、全体が温まったら出来上がりです。

野菜は、他のお好みの野菜を入れても構いません。

また、肉も、鶏肉ではなく、牛肉や豚の薄切り肉を使っても良いです。

きのこ類や油揚げなどを入れてもさらに味が深まり美味しく仕上がります。

材料に火を通すときに、汁が煮詰まった場合には、水やお湯を足してください。

そうすることによって、煮詰まりを防ぎ、うどんに美味しさが絡みやすくなります

前日に食べた味噌鍋の残り汁をアレンジして出来る、美味しいカレーうどんをお試しください。

味噌鍋の残り汁で驚きのアレンジレシピ!ほかほかの炊き込みご飯!

上の項では、味噌鍋の残り汁で作るアレンジレシピとして、雑炊、カレーうどんをご紹介してきました。

次にご紹介するレシピは、ほかほかの炊き込みご飯です。

このレシピでは、調味料は味噌鍋で残った残り汁のみです。

炊き込みご飯の素や他の調味料は必要ありませんので、簡単ですね。

それでは、味噌鍋の残り汁から出来る、ほかほかの炊き込みご飯のアレンジレシピをこれからご紹介していきます。

【材料】
・米 3合
・味噌鍋の残り汁 炊飯器の釜の分量に合わせて適量
・人参 1/2本
・しめじ 1/2パック
・しいたけ 3コ
・油揚げ 1枚
・塩、醤油 適量
・刻み海苔 適量

【作り方】

①お米3合を釜で研ぎ、味噌鍋の残り汁を釜の中に入れます。

②人参、しめじ、しいたけ、油揚げを細かく切り、釜の中に入れます。

③炊飯器をスタートさせ、炊き上がったら出来上がりです。

お好みで、鶏肉を刻んで入れていただいてもOKです。

もし、汁が足りない場合は、水を足してください。

その際、味見をして味が薄い場合は、塩や醤油を足して、味を調整してください。

ご自分で味見をして塩分を調整出来るので、減塩を気にされる方にもお勧めです。

味噌鍋の残り汁が大変身!子供も大人も大好きになるチーズシチューに!

冬に身体が温まる味噌鍋ですが、同じように体が温まる料理のひとつに、シチューがあります。

そこで、味噌鍋の残り汁をアレンジして作るチーズシチューをご紹介します。

【材料】(2人分)
・味噌鍋の残り汁 200cc
・鶏肉 200g
・玉ねぎ 1コ
・人参 1本
・ほうれん草 2束
・バター 適量
・コンソメ 1コ
・水 300cc
・生クリーム100g
・粉チーズ 適量
・塩、コショウ 適量

【作り方】

①鶏肉、玉ねぎ、人参を一口大に切り、ほうれん草は軽く下茹でしてから適当な大きさに切ります。

②鍋にバターを入れて溶かしたら、玉ねぎ、人参を焦がさないように炒めます。

③ほうれん、味噌鍋の残り汁、コンソメ、水を鍋に加えて、沸騰したら弱火にして煮込みます。

④鍋の具に火が通ったら、生クリームと粉チーズを加えて煮ます。

最後に味が薄い場合は、塩、コショウで調整してください。

味噌にチーズを足すことによって、味噌のコクを残しながら、チーズが味噌の強さをほどよく消してくれるので、普段のシチューとまた違った濃厚なシチューが出来上がります。

子供が好きだと言われるシチューですが、さらに大人も満足出来るアレンジレシピです。

しかも、味噌鍋の残り汁を使うだけで、いつもと違った味わいのシチューを召し上がることが出来るでしょう。

ぜひ一度お試しください。

味噌鍋の残り汁をアレンジして作る身体に優しい野菜ポタージュ

ここまでは、味噌鍋の残り汁を使ってのアレンジレシピをいくつかご紹介してきました。

ここでは、寒さで冷えた身体をポカポカ温める野菜ポタージュのレシピをお教えします。

【材料】(2人分)

・玉ねぎ 1/2コ
・人参 1/2本
・ジャガイモ 1コ
・味噌鍋の残り汁 300cc
・牛乳 200cc
・バター 10g
・オリーブオイル小さじ2杯
・塩、コショウ 適量
・クルトン、乾燥バジル お好みで

【作り方】

①玉ねぎをみじん切りにし、人参、ジャガイモを小さく切ります。

②弱火の鍋にバターを入れて、溶かしながらオリーブオイルを入れます。

③そこに玉ねぎを入れ、透明になるまで炒めます。

④次に人参、ジャガイモを入れ、全体がしんなりするまで炒めます。

⑤そこに鍋の残り汁を足して煮込みます(15分)。

⑥鍋の材料の粗熱が取れたら、全てをフードプロセッサーの中に入れ、スイッチを入れ撹拌します。

⑦しばらく攪拌したら、牛乳を加え、トロトロになるまで撹拌を続けます。

⑧鍋にフードプロセッサーの中身を移して温め、塩、コショウで最後に味を調えます。

⑨お皿に盛り、クルトン、乾燥バジルを浮かべて出来上がりです。

寒い冬、外で凍えた身体を温めるには最適のレシピです。

ポタージュなので、疲れた胃腸にも負担なく、栄養が取ることが出来ますね。

冷え性に悩む方は擦りショウガを少し混ぜてみてください。

より身体の芯から温まることが出来るでしょう。

味噌鍋の残り物全てを使う豚肉白菜あんかけ

ここまでご紹介してきたレシピは、全て味噌鍋の残り汁で作るものでした。

皆さんは鍋が終ったときに、全て食べきれずに残ってしまった経験があるかと思います。

最後にご紹介したいレシピは、味噌鍋の汁だけでなく、鍋の具やまだ生のカットした野菜まで全て片づけられるものになっています。

それでは、味噌鍋の残り物を全て取り込んだアレンジレシピをご紹介します。

【材料】(2人分)
・残った味噌鍋 残っているだけ
・豚バラ肉 200g
・白菜 3枚
・もやし 1袋
・オイスターソース 大さじ1杯
・醤油 小さじ1杯
・ショウガ 1カケ
・ニンニク 1カケ
・塩、コショウ 適量
・片栗粉 適量

【作り方】

①フライパンに油を入れ、みじん切りにしたニンニクを入れます。

②豚肉を入れて炒めたら、塩、コショウをします。

③豚肉に切った白菜をいれて炒め、白菜がしんなりしてきたら、もやしと水を入れます。

④残っている味噌鍋をフライパンに入れ、オイスターソース、醤油ショウガを入れて混ぜ合わせます。

⑤最後に水溶き片栗粉を加えたら完成です。

味噌鍋で色々なジャンルの料理を楽しもう

さて、今回は味噌鍋の残りで作るいくつかのアレンジレシピをご紹介してきましたが、いかがでしたか?。

アレンジレシピでは、定番の雑炊だけでなく、色々なジャンルの料理がつくれることが分かっていただけたかと思います。

味噌鍋の残りを使って、いつもの料理が一味違ったものとして作れる喜びをぜひ味わってください。