たまにはズボラ飯もいいんじゃない?醤油マヨネーズご飯

大好物は醤油マヨネーズご飯、そう聞いたらどう思いますか?

「ガサツな人だなあ」と思って呆れる人もいるかもしれませんね。

ですが、忙しく働いて一人暮らしをしていたりすると、自分だけが食べるものに毎食毎食、手間と時間をかけるのは面倒です。

そんな時は、ズボラ飯で済ませてしまいませんか?

美味しい醤油マヨネーズご飯の作り方、ズボラ飯が好きになるかもしれない漫画についてもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

食いつきが違う!?子供が喜ぶ夕飯のおかずメニューをご紹介

近年では、共働きな家庭が増えていますよね。食事を担ってくれているお母さんの帰宅が遅いと、自然...

味噌作り体験がしたい!大阪で味噌作りができる教室は?

日本人にとってお味噌汁は欠かせないものですよね。味噌を使って料理することは沢山ありますが、そ...

江戸時代の人々の食生活とは?現代との食生活の違いについて

江戸時代の人々は、どのような食生活を送っていたのでしょうか?現代と比べて何が違うのかお話した...

玄米を浸水なしで調理する際に圧力鍋を使う場合の疑問と不安

圧力鍋は時短調理に最適の家電で、忙しい女性にはとても使い勝手の良い調理器具となります。玄米も浸...

トランス脂肪酸って何?禁止されている国とその理由とは?

「アメリカでトランス脂肪酸の食品への添加を禁止」というニュースが、2018年に流れました。ト...

ふだん何気なく食べているお米の1合は何人前なの?

和食のときや、お弁当などでも食べているお米。食事内容に気を使っていたり、食費をきちんとさせたい...

【濃口・減塩・薄口】醤油大さじ1杯の塩分を徹底調査!

今、世界的に塩分を控えることがすすめられています。日本では、成人男子の1日の食塩目標量は...

精製塩・食塩・天然塩の違いから、安全性や使い方までご紹介

健康ブームもあいまって、減塩思考の方が増えてきましたね。流通している塩は、精製塩と天然塩...

意外と知らないエタノールとアルコールの違いと活用法

あなたは「アルコール」とは何か知っていますか?こう聞かれて、まず「お酒」を思い浮かべた方は多い...

醤油容器の変遷、陶器からガラスヘ、瓶からプラスチックへ

醤油は食卓に欠かせない存在です。最近は調味料の地位を、日本のみならず世界でも確立していま...

食用色素について!どんなもので黒は作れる?作り方教えます

皆さんは、食用色素って聞いたことがありますか?お菓子作りを趣味としている方は、特によくご存知だ...

どうしたらいい?手作りした甘酒から麹のような変な臭いが!

「せっかく作った甘酒なのに変な臭いがする…」そんな経験はありませんか?腐っているのか、そ...

食パンでお手軽&美味しい朝食を♪相性抜群の卵をフル活用!

忙しい朝食に重宝する食材と言えば”卵”ですね。そのまま焼いて目玉焼き、トロトロ食感のスクランブ...

醤油に飽きたら味噌焼きうどん!レシピやお店をご紹介!

焼きうどんというと、醤油味かソース味だと思っていませんか。いま、味噌焼きうどんがアツいんです...

電子レンジだけではもったいないグリル機能も活用するレシピ

火加減が不要で、ほったらかし調理がOKな電子レンジレシピは人気です。ところが、電子レンジの「...

スポンサーリンク

ズボラ飯は必要!ご飯をシンプルに美味しく

自炊をする方は、以前よりも増えたのではないでしょうか。

外食は高いです。

スーパーやコンビニでおかずを買うのも、味に飽きてきます。

インターネット上でレシピを誰でも発信できますし、動画アプリも人気ですね。

そんな中で最近、よく耳にするのが「時短」です。

やはり、皆さん忙しい中でどれだけ効率良く美味しいものを食べられるのか、興味があるということなのでしょう。

「ズボラ飯」は究極の時短レシピです。

聞いたことが無い人もいるかもしれませんので、簡単にご説明すると、「手近な食材で簡単に安く作れる食事」のことです。

「料理というのも気が引けるような食べ物」、なのに美味しい。

醤油マヨネーズご飯や卵かけご飯、ゆでただけの野菜、電子レンジでチンしただけの料理など、すぐに食べられるところが魅力です。

母親が、「時間ないからあれ食べて」と出していたようなものが多く、「死ぬ直前に食べたいのは?」という問いの答えになることも多いです。

ズボラ飯なんて貧乏くさい、下品、そう思っているあなたにこそ食べてほしい、そう考えて記事を書きました。

醤油マヨネーズご飯はこんな時に!

冷蔵庫の中が空で、あるのは冷凍ご飯だけ、くたくたに疲れ切っていて、でもお腹は空いている。

そんな時に、あなたはどうしますか?

デリバリーを頼みますか?

そうしたら、人に会わなければいけません。

いっそ食べないという人もいるかもしれませんね。

でも、お腹が空いていると、眠れないかもしれませんよ。

食事を抜くと血糖値が急激に上昇する、ということもあります。

なんだか、洗脳しているみたいになってしまいましたが、そんな時に試していただきたいのが、醤油マヨネーズご飯です。

マヨネーズだけでも美味しいのですが、醤油をチョイ足しすることで、しょっぱさと風味が加わります。

我が家では、マヨネーズご飯というと、いつもこれでした。

ちなみに、醤油もマヨネーズも、いちいち計るのではなくて、ほぼ適当でいいのです。

でも、醤油のかけ過ぎには注意してくださいね。

ご飯は、パンよりも腹持ちが良く、添加物など余分なものも入っていないため、健康に良い主食です。

噛む回数が多いので満足度も高く、冷えたご飯なら便秘解消にも効果的です。

わさびや明太子、ツナ缶、納豆、小ネギなどを加えると、飽きない味になります。

醤油マヨネーズご飯には栄養はない?

「醤油マヨネーズご飯なんて、何の栄養も無い...」と思われるかもしれません。

確かに、ビタミン類はほとんど、とれません。

でも、醤油には健康効果もあります。

ちょい足し程度では期待できませんが、普段から醤油の味を好きになっておくと、自然と和食中心の食生活になることでしょう。

〇醤油の健康効果

・フラノン類

香気成分の一つで、醤油の香ばしい風味のもとです。

ビタミンCの、およそ1,5倍の抗酸化作用があります。

アンチエイジングに効果がある、ということです。

・殺菌効果

病原菌や食中毒を減らし、殺菌する効果があります。

たまり醤油漬けなどのお漬物にも、使用されていますよね。

〇醤油の種類

・淡口醤油

主に、関西地方で愛されています。

塩分が多く、澄んだ淡黄色です。

また、甘酒が入っていて柔らかい口当たりです。

・濃口醤油

醤油といったら、濃口醤油です。

バランスの取れた味で、お料理にも、もってこいです。

・白醤油

小麦を脱皮・精白した後、蒸した小麦にほんの少しの大豆を入れて作る醤油です。

淡口醤油よりもさらに淡い、琥珀色のきれいな醤油です。

・たまり醤油

濃厚な口当たりで、中部地方で多く作られる醤油です。

大豆濃度が濃く、色も濃く、うまみが強いです。

・再仕込み醤油

大豆と小麦からつくっていく麹に、普通は食塩水を加えまずが、その代わりに醤油を加えます。

醤油で仕込むので「再仕込み」ということで、香り、色、味がまったり濃厚です。

いろいろな醤油で、醤油マヨネーズご飯を楽しんでみませんか?

醤油マヨネーズご飯とダイエット

醤油マヨネーズご飯は、ダイエットには良くないのでしょうか。

ご飯を抜いているような、とてもストイックな人には、もちろんオススメできません。

ですが、「マヨネーズご飯はダイエットに良い!」ということが、過去に話題になったこともあります。

その理由は、卵のタンパク質が筋肉の生成を助け、油と酢が血糖値の急激な上昇を抑える、ということです。

ちなみに、マヨネーズ大さじ一杯当たりのカロリーは、110kcalです。

「ダイエットに良い!」というのは言い過ぎですが、お菓子やパンを間食するよりは健康的、ということは言えると思います。

また、マヨネーズをカロリーハーフにしてみたり、醤油を減塩タイプにするのも、体を労わっている気分になれるのでおすすめですよ。

さらに、マヨネーズ好きなら、高級マヨネーズを試してみるのも良いでしょう。

250gで1,250円(税抜き)の、「卵を味わうマヨネーズ」(キューピー)なら、コクがあって濃厚で、マヨネーズに惚れ直すかもしれません。

醤油マヨネーズはご飯以外でも活躍

醤油マヨネーズは、ご飯以外にも使えます。

例えば、醤油焼きそばにマヨネーズをかけたり、野菜にかけたり、焼きスルメにかけたり。

野菜は、ゆでたブロッコリーやカリフラワー、生のレタスやきゅうりに付けても美味しいです。

健康に気を使ってノンオイルのドレッシングをかけたり、塩だけで食べていたり、そのまま食べていたりするのも素敵なことです。

でも、醤油マヨネーズが好きなら、たまには自分を甘やかしても良いのではないでしょうか。

醤油多めの配分なら、太る心配もありません。

食欲が出て、いつもより多く野菜が食べられたら一番です。

また、焼きスルメに醤油マヨネーズは、定番です。

一味唐辛子をプラスしたりします。

お酒好きな人は、考えただけでお酒が飲みたくなる、幸せな味ですね。

もし、「ズボラ飯なんて貧乏くさい」と思っているような背筋の伸びた人が、付き合っている彼氏の家や友達の家で出された時に、パクパク食べてみても良いのではないでしょうか。

きっと、ギャップがあると思われ、周りの人の目には魅力的にうつることでしょう。

ご飯を美味しく食べる!ズボラ飯を世に広めた漫画

最後に、ズボラ飯を扱った人気漫画をご紹介しましょう。

醤油マヨネーズご飯のような、簡単で美味しいけれど料理とは言い難いレシピがたくさん載っています。

漫画のタイトルは「花のズボラ飯」です。

主人公の花ちゃんは、長期出張中の旦那さんの帰りを待ちながら、毎日モリモリ食べています。

子供もいなく、マメとは言えない旦那さんで、暗くなりがちな境遇ですが、花ちゃんはいつもポジティブです。

一人でダジャレを言ったり、歌ったりしながらご飯を作り、幸せそうに食べる様子を見ていると、こんなお母さんがいたら楽しそう、と思います。

人によっては、「ちょっと受け付けない...」という感想も抱くかもしれませんが、ズボラ飯の世界をのぞいて、ほのぼのした気分になれる、人気漫画です。

他にも、人気漫画の中で、重度のマヨネーズ好きで知られているのは、「銀魂」の土方十四郎です。

何にでもマヨネーズをかけます。

もともとの食べ物が判明できないくらいにかけます。

さすがに、絶対に覚えたくない習慣ですね。

たまには自分をゆるめよう

ダイエット中だったり、筋トレで体作りをしていたりすると、毎日毎日、タンパク質中心の減塩レシピだったり、玄米を食べていたりしますよね。

でも、疲れていて、どうしても食欲がわかない時、忙しくて食材が無い時、ふと醤油マヨネーズご飯が食べたくなることもあるかもしれません。

そのようなとき、たまになら自分を甘やかして、どこか懐かしい味を楽しんでみるのも良いかもしれません。

ただし、お茶碗一杯よりも少なめが適量で、マヨネーズのかけ過ぎは厳禁ですよ!