玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

おすすめはどれ?オーガニックドレッシングのギフトのご紹介

      2018/01/09

おすすめはどれ?オーガニックドレッシングのギフトのご紹介

お祝い事にギフトは欠かせないものです。

しかし、何を贈ったら喜んでもらえるか、悩んでしまう事が多いと思います。

どのご家庭でももサラダを作る事が多いと思うので、ドレッシングをギフトにしてみてはいかがでしょうか?

今回の記事では、体に良いオーガニックドレッシングのギフトをご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

家庭での味噌の作り方!大豆1kgの作りやすい分量でご紹介!

最近は発酵食が美容と健康に良い効果を与えると見直され、味...

田楽の味噌レシピをご紹介!残ったときのアレンジも

囲炉裏端で田楽を食べたことはありますか? 田楽は豆腐や...

豚肉の味噌焼きは驚きのカロリー控えめなダイエット料理

豚肉の味噌焼きは美味しくて、それだけでご飯がいくらでも食...

味噌汁の塩分濃度は何パーセントなのか?計算方法もご紹介

日本の食卓に欠かせない味噌汁。 しかし、塩分が高くて高...

手前味噌の作り方のコツは?初めてならビニール袋がおすすめ

最近、手作りの味噌が話題になっています。 手前味噌とも...

絶品!本格味噌鍋がカンタンに3ステップで完成!レシピ6選

鍋といえば、鍋つゆが命です。 後は好きな具材を入れるだ...

味噌汁の簡単レシピをご紹介!一人分を作る便利な方法は?

一口すするとホッとする味噌汁は、食卓の一品として欲しくなり...

別茹でなし!味噌煮込みうどんのレシピ!乾麺使用で時間短縮

うどん料理を作るとき、皆さんは市販の茹でうどんを使います...

美味しい味噌ラーメンの作り方は?簡単・本格両方紹介!

ラーメンは、とんこつや鶏を煮て、時間がかかるイメージです...

味噌入り鍋はおいしいうえに栄養満点!人気レシピの作り方

味噌入り鍋は体が温まりますし、野菜の甘味と味噌のコクが一...

手作り味噌の容器の大きさは?口の広さや大きい方がよい理由

近頃は、手作り味噌の材料や、容器がネット通販で買いやすく...

簡単な味噌汁のレシピ!栄養豊富なオクラを食べてみましょう

意外に知られていませんが、オクラは栄養が豊富です。 特...

焼きおにぎりに味噌を塗ってシソを添えると味と香りがアップ

焼きおにぎりには、味噌と醤油味があります。 こんがり焼...

ズッキーニを相性の良い味噌とチーズで美味しく食べよう!

みなさんは、ズッキーニを食べたことはありますか? ラタト...

手軽でおいしい味噌汁の作り方!なすの定番・斬新レシピ

なすの味噌汁と言えば定番の味噌汁の具のうちの一つかと思い...

毎年味噌を手作りするならホーロー。おすすめする5つの理由

手作り味噌のおいしさを一度知ったら、やみつきになってしま...

寒い冬にはユリ根の味噌汁はいかが?意外に豊富なレシピ公開

冬の高級野菜、ユリ根はどんな食べ方が好きですか? とは...

自家製味噌の製造販売の許可を取る方法と必要な資格の取り方

味噌は材料があれば、誰でも製造をすることができます。 ...

味噌鍋、旬の食材や冷蔵庫のもの全てをおいしく食べる作り方

冬と言えば鍋、鍋の定番のひとつは味噌鍋ですね! 味噌は...

発酵食品パワーをおかず味噌で手軽に!6つの作り方をご紹介

味噌は古くから「医者いらず」と言われるほどの発酵食品で、...

スポンサーリンク


ドレッシングの種類はいろいろある

ドレッシングのギフトの前に、ドレッシングにはどのようなものがあるのかを、ご紹介します。

スーパーにたくさんのドレッシングがありますが、ドレッシングはどのような原材料で作られているのでしょうか?

まず、ドレッシングと言っても、オニオン・シーザー・フレンチドレッシングなど味も色もバラバラですので、基本のドレッシングの4種類を、簡単にご紹介します。

☆イタリアドレッシング

水・酢またはレモン汁・植物油・ピーマン・砂糖・ハーブ・香辛料を合わせたドレッシング。

☆フレンチドレッシング(ヴィネグレットソース)

酢・植物油・塩・胡椒を合わせたドレッシング。

☆和風ドレッシング

醤油をベースにした、ドレッシング。

醤油のほかに、酢と植物油が入っているものが標準的なものです。

多彩なバリエーションがあり、青のり・わさび・シソなどの、和の素材が使われていることが多いです。

☆中華ドレッシング

ごま油などで、甘辛く味付けしたドレッシング。

中華ドレッシングは、オーガニックのものをあまり見かけないのですが、他の種類はオーガニックのものも多くあります。

オーガニックと一般のドレッシングの違いは?

スーパーにある安価なドレッシングには、添加物が多く入っています。

しかし、サラダを生で食べるのが苦手な方にとっては、ドレッシングはなくてはならないものです。

オーガニックと一般のドレッシングでは、どのくらい違いがあるのか、2つの違いを比べていきましょう。

・一般のドレッシング

スーパーなどで売っている、安価なドレッシングには油・酢・野菜以外に、着色料・保存料・増粘剤などの、添加物が入っています。

トランス脂肪酸も入ってるため、かけ過ぎはおすすめできません。

・オーガニックのドレッシング

ギフトでドレッシングを贈るのであれば、オーガニックがおすすめです。

オーガニックのドレッシングに使われているのは、オーガニックの野菜です。

しかも、酢や油もオーガニックのものが使われているのです。

調味料も最低限の砂糖・塩などで作られているため、体にやさしいのです。

ただし、ドレッシングはカロリーが高く、塩分も入っているため、かけ過ぎは逆効果です。

素材の味を引き立てる程度にかけましょう。

ギフトにドレッシングを贈るのはあり?

ギフトを贈る時に、何を贈ったらよいのか迷う事はありませんか?

お菓子・ジュース・調味料などたくさんありますが、ドレッシングも選択肢のひとつに挙げられると思います。

ドレッシングは、一人暮らしの方や子どもがいる家庭まで、幅広く使う事が出来ます。

特に、一人暮らしの方や子どもは、生の野菜を食べるのが難しいものです。

おいしいドレッシングでおいしいサラダにすれば、食べやすいですよね。

また、自分で買うドレッシングは、いつもの味ばかりになりがちです。

ギフトで自分で買わないような味のドレッシングをもらうと、いつものサラダも違う気分になり、食事がちょっと楽しくなりませんか。

さらに、ギフト向けのおしゃれなパッケージのドレッシングも最近では増えています。

内祝いでドレッシングのギフトを選ぶ方も多いのです。

特に、オーガニックのドレッシングが人気です。

体にやさしいオーガニックのドレッシングであれば、どんな方にも喜んでもらえますね。

ギフトで人気のドレッシングの種類は?

ドレッシングには種類がたくさんあるため、どの種類をあげたらいいか悩むと思います。

シーザー・オニオンなどの定番の味から、レモン・ゆずなどのさっぱり系もあるため、好みが大きく分かれます。

そこで、ギフトに人気の味をご紹介しますので、選ぶ時の参考にしてください。

☆和風ドレッシング

日本人の好きな醤油をベースにしているため、クセのない味です。

味のバランスもよく、素材の味を楽しみながら和を感じれます。

嫌いという人は少ないので、悩んだら和風ドレッシングにしておけば間違いないでしょう。

☆シーザードレッシング

濃厚な味のため、サラダ以外に肉とも相性が良いのが特徴です。

カロリーは高いため、控え目に使うのをおすすめします。

☆ごまドレッシング

濃厚で香ばしいごまドレッシングは、子どもから大人まで好きな味です。

どんなサラダとも相性がよく、和洋問わず使えます。

上記3種類は、オーガニックのものがたくさん販売されています。

どの年代の方も好き嫌いが少ない味です。

個性もそれぞれ違うので、人気の3種類でギフトを作ってみてはいかがでしょうか?

おすすめのオーガニックドレッシングのギフト

オーガニックドレッシングと言っても、スーパーや専門店など、いろいろな場所で買えますね。

どのようなギフトを買えば良いのか悩むと思いますので、具体的におすすめのドレッシングをご紹介します。

☆実身美(さんみ) 『酵素ドレッシング』

人気のオーガニックカフェ『実身美(さんみ)』。

野菜で野菜を食べるがコンセプトの、ヘルシーな酵素ドレッシングがおすすめです。

非加熱で作られているため、生野菜の生きた酵素を摂り入れる事が出来ます。

☆purified 『ご縁で産まれたドレッシング』

農家の人たちの想いを込めた『purified』。

完全無添加・無農薬の有機・自然栽培の野菜原材料を基に作られています。

野菜は、有機・自然農法の農家さんから仕入れているので、まさに自然がたっぷり詰まったドレッシングです。

☆やさい料理 夢 『ベジドレ』

市販のドレッシングの油は、遺伝子組み換えをした菜種油・コーン油などを高温で熱して作られますが、『やさい料理 夢』の『ベジドレ』は、低温圧搾の菜種油が使われています。

原材料も生野菜が半分以上入っているため、酵素がたっぷり詰まったドレッシングです。

余ったオーガニックドレッシングの活用レシピ

ギフトでもらったドレッシングが、あまり好みではなかった時、冷蔵庫に入れっぱなしになっていませんか?

ドレッシングはサラダにかける以外にも、使い方がありますので、いつもと違う使い方をして、ワンランク上の味を目指してみませんか?

『鶏もも肉のマリネ焼き』

【材料 2人分】

・鶏もも肉 1枚
・玉ねぎ 1/2個
・ピーマン 2個
・しめじ 1/2パック
・ドレッシング 大さじ3

【作り方】

①鶏もも肉をひとくち大に切り、薄切りした玉ねぎと一緒に、ドレッシングに漬け込みます。

②ピーマンは乱切り、しめじは食べやすい大きさにほぐします。

③水気を切った①と②を、塩胡椒して中火で焼きます。

④鶏もも肉の両面を焼いたら、大さじ2杯ほどの水(分量外)を入れて、蓋をして弱火で蒸し焼きにします。

中まで火が通れば、出来上がりです。

ドレッシングの酸味で、お肉が柔らかくなるので、どのドレッシングでも使えます。

フレンチ・レモンドレッシングなどの、さっぱりしたドレッシングがおすすめです。

ごま・シーザードレッシングなど濃度があるものは、焼いてる時に焦げやすいので、気をつけて下さい。

オーガニックのドレッシングなら体にも良く、うまく野菜を摂り入れる事が出来ますよ。

サラダのお供のドレッシング

サラダが苦手な方は、子どもから大人までたくさんいます。

肉・魚だけでは、栄養価が偏るため、もっとサラダを食べたいとは思いますが、なかなか難しいものです。

そんな時は、ドレッシングを使って、サラダを食べる機会を作っていきましょう。

ただし、かけ過ぎるとドレッシングの味だけになるので、あくまでもサラダの味を引き立てるだけにしましょう。

 - 食文化・食生活