玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

赤ちゃんがはじめて食べる離乳食はオーガニックを使うべき?

      2018/01/09

赤ちゃんがはじめて食べる離乳食はオーガニックを使うべき?

赤ちゃんが産まれたら、はじめてのことがいっぱいです。

はじめは寝ている時間が多いですが、気付けば寝返り・はいはいをし、はいはいが始まると離乳食をスタートする家庭が多いです。

はじめてのごはんは、オーガニックの食材を使うべきなのでしょうか?

離乳食をどのようにはじめれば良いかをご説明します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カロリー不足で眠くなる?ダイエット中の眠気の正体とは?

みなさんは、ダイエット中に眠くなったことありませんか? ...

1日の摂取カロリーが低いだけではないバランスの良い食生活

自分の年齢と性別の、1日に必要なカロリーをご存知ですか。...

カロリーと栄養バランスが大切!一日の男子高校生の食生活

男子高校生は朝・昼・夜のご飯の他に間食を含めて、一日に2...

人気の冷凍食品パスタと手作り冷凍パスタのカロリーをご紹介

全国どこのスーパーでも、コンビニエンスストアや百貨店、生...

外食メニューはバナナ5本のカロリーより高い?低い?

暑い夏ですが、水着を着るためにカロリーを抑えたダイエットを...

人気が急上昇!夏でも美味しい納豆150gのカロリーと栄養素

納豆は好きですか。 私は大好きですが、独特の臭いとネバ...

トランス脂肪酸とは?トランス脂肪酸がゼロの油はあるのか?

みなさんは、トランス脂肪酸はどのようなものかご存知でしょ...

トランス脂肪酸が気になるマーガリンに「ゼロ」が存在?

バターを買いたいけれどカロリーや値段が気になる……でもパ...

気になる着色料、粉末と液体の使い方!こんなメリットも

鮮やかな色のケーキ、クッキー、砂糖菓子。 どれも見た目...

日本のお菓子や氷菓の着色料の青は天然色素を使用で安心安全

お菓子やかき氷、アイスクリームに青を使っているものがあり...

牛すじ煮込みの味噌の種類や味付けの種類などを詳しく解説

梅雨が明けて、夏が本格的にはじまってきました。 そんな...

新しい未来化農業が作るオーガニック野菜のメリットを応援

野菜は好きですか。 野菜はビタミンやミネラルを摂取する...

栄養満点の甘酒!酒粕が苦手な人でも美味しく飲めちゃう方法

甘酒は「飲む点滴」とも呼ばれ、健康にも美容にも効果アリと...

江戸時代の藩の役職、食べ物にまつわる面白いものがあった!

今も昔も、食べ物にまつわる職業はたくさんあります。 江...

豚バラ肉200gのカロリーは?美味しいレシピのご紹介!

豚肉で美味しい部位といったら、豚バラ肉ですよね。 噛めば...

味噌ラーメンのワンランクアップレシピ!極旨スープの秘訣!

味噌ラーメンには、醤油ラーメンや豚骨ラーメンにはない魅力...

たけのこ+味噌+バターはおいし過ぎる禁断の組み合わせ!?

春を呼び込む食材のたけのこ。 日本料理には欠かせない存...

ブロッコリーの味噌汁はとても美味しい!手軽にできるレシピ

みなさん、ブロッコリーをどうやって食べていますか? 蕾...

味噌を摂り入れて健康に!味噌大さじ1杯の糖質を知ろう!

味噌というと発酵食品で、「大豆=イソフラボン=身体に良い...

ハタハタを鍋で食べるときの味付けは味噌?醤油?

秋田の冬の味覚といえば「ハタハタ」。 日本海側で比較的...

スポンサーリンク


赤ちゃんの離乳食はいつから?

離乳食と言っても、大きく3つの段階があります。

初期・中期・後期があり、それぞれごはんの味付け・形状などが違います。

●初期(5~6ヶ月)

離乳食初期は、スプーン1杯のごはんを1日1食あげることからはじめます。

1ヶ月ほど経ったら、野菜を煮込んだスープや、ペーストにしたものをあげましょう。

この時期は、味付けなどはせずに、素材の味を生かしたごはんを作ります。

●中期(7~8ヶ月)

離乳食中期になると、1日2食おかゆ・スープ・おかずの3品を食べます。

まだ口の中で噛むことができないので、細かく切ったり柔らかくして、赤ちゃんの歯茎で潰せるものを作りましょう。

味付けは風味程度に付ければ大丈夫です。

●後期(9~11ヶ月)

離乳食後期になると、歯も生え始めて、1日3食ごはんを食べます。

歯で噛む練習もするため、歯茎で潰せる固さ(5mmほど)の大きさを意識して作りましょう。

味付けは、徐々にバリエーションを増やしていきますが、ソース・ケチャップなどの濃い味や、香辛料などの刺激が強いものは控えます。

はじめてのごはんなので、オーガニックの食材を使って、体に優しいごはんがおすすめです。

離乳食でよく使う食材

離乳食は、赤ちゃんがはじめて食べるごはんのため、卵・牛乳・小麦粉などアレルギーになりやすいものは、避けた方がいいです。

離乳食でよく使う食材をご紹介します。

●野菜
野菜と言ってもたくさんの種類があります。

ごぼうやレンコンなどの根菜類はアクが強く、玉ねぎやニラなどの刺激が強いものは、離乳食が慣れてからにしましょう。

おすすめは、見た目も鮮やかで、甘みのある人参やブロッコリーです。

オーガニックなら、農薬の心配も少ないです。

●魚
離乳食中期ごろになると、魚を食べ始めることが多いです。

基本的には、白身魚を使いましょう。

●調味料

離乳食でよく使う調味料は、塩・醤油・味噌です。

少量しか使いませんが、毎日食べると、どんどん体に蓄積されていきます。

添加物・保存料が入っている安価な調味料はおすすめしません。

購入時に原材料をよく見て、なるべく添加物などが入っていない、オーガニックのものを選びましょう。

赤ちゃんの離乳食に便利な器具

離乳食は、まな板・鍋・お玉などのいつもの調理器具でできますが、離乳食は普段の料理よりも、手間暇がかかります。

毎日、大人のごはんと赤ちゃんの離乳食を作るのは大変なので、あると便利な調理器具をご紹介します。

☆小鍋
大人のごはんとは違い、離乳食は少量で十分です。

家庭の鍋では大きすぎてしまう場合は、離乳食用に小鍋があれば便利ですよ。

☆マッシャー
離乳食は大人のごはんと違い、食材を小さくする必要があります。

離乳食初期となると、食材をペースト状にしないと、子どもが上手く食べれなかったり、お腹の中で消化するのに時間がかかります。

マッシャーがあれば、加熱した食材を簡単に潰すことができて、スムーズに作れますよ。

オーガニックの食材なら、皮ごと潰せば、栄養も効率よく摂ることができます。

☆おかゆポット
離乳食は、はじめにおかゆを食べますが、離乳食初期の子どもが食べる量はスプーン1~2杯と少なく、離乳食後期でも茶碗1杯分ほどです。

多く作って冷凍してもいいですが、作りたてでないと食べない子供もいます。

そんなときに便利なのが、おかゆポットです。

おかゆポットがあれば、炊飯器で大人のごはんと一緒に、離乳食のおかゆを作ることができます。

オーガニック食材を使った赤ちゃんの離乳食・初期

離乳食を作るときは、野菜はみじん切り・角切りなど、細かくしてから加熱すると、火の通りが早いです。

また、皮には農薬が付いてるので、皮を剥いてから調理しましょう。

オーガニックの食材で皮を使う場合は、よく洗って細かく切れば大丈夫ですが、アクが強い食材は、皮を剥いた方が良いです。

では、栄養価高くアレルギーの心配も少ない人参を使い、手軽に作れるレシピを2つご紹介します。

☆人参がゆ

【材料】
・10倍がゆ 30グラム
・人参 10グラム

【作り方】
①人参を蒸す、または茹でて、柔らかくなったら人参をマッシャーで潰します。

②10倍がゆと①を合わせて出来上がりです。

☆人参とさつまいものスープ

【材料】
・人参 30グラム
・さつまいも 30グラム
・水 100グラム

【作り方】
①人参とさつまいもを5ミリの角切りにして、一緒に分量の水で茹でます。

②野菜が柔らかくなったら、煮汁は捨てずにマッシャーで野菜を潰します。

離乳食初期は、素材の味を覚えてもらうために、出汁や調味料などは入れなくて大丈夫です。

大人が食べると、味がしなくて美味しくないと感じますが、ごはんをはじめて食べる赤ちゃんの舌は真っ白です。

味の濃いものを食べると、その味に慣れてしまい、薄味のごはん食べなくなってしまう可能性がありますので、注意が必要です。

オーガニック食材を使った赤ちゃんの離乳食中期~後期

離乳食中期以降は、どんどん大人のごはんに近付いていきます。

食材の大きさ・固さは、赤ちゃんのアゴを動かす練習に、歯茎で潰せる固さで、サイコロ状にします。

中期以降は、大人のごはんの、味付けする前のものを分けることができます。

では、赤ちゃんと大人のごはんを、一度に作れるレシピをご紹介します。

☆野菜たっぷりミネストローネ

【材料 (大人用で3~4人分)】
・ツナ 1缶
・玉ねぎ 1玉
・人参 1/2本
・じゃがいも 2個
・キャベツ 1/6個
・トマト缶 1缶

【作り方】
①野菜はすべて5ミリ角のさいの目切りにし、ツナは油をきっておきます。

② ①の材料を鍋に入れ、トマト缶・水を加えます。

③野菜が柔らかくなったら、赤ちゃん用で取り分けしましょう。

野菜の甘みが出ているため、味付けしなくても十分に味がします。

④大人用はコンソメ・塩を入れて、味付けをして出来上がりです。

オーガニック野菜を使えば、皮付きのまま切っても大丈夫です。

季節に合わせて、食材を変えることができるため、飽きることのないレシピです。

旅行にも持ち運べるオーガニックベビーフード

自宅にいるときは、できたての離乳食を食べる機会が多いですが、赤ちゃんが大きくなれば、外出する機会が増えます。

子供用ランチのあるレストランもありますが、離乳食はほとんどありません。

自宅で作ったものを、タッパーなどに入れても、衛生面が不安です。

そんなときに、安心して食べられる、オーガニックのベビーフードをご紹介します。

☆はたけのみかた

旬の野菜を使い、手作りで野菜の風味がしっかりしています。

野菜の作り手の顔もわかります。

中期以降の離乳食には、肉・魚が入ったメニューもありますよ。

☆ベビーオルジェンテ

有機・無農薬の旬の野菜を使い、出汁には天然の鰹節・昆布を使って、手仕込みで作っています。

土作りからこだわって作られた野菜は、栄養がたっぷり詰まっています。

☆グリーンマインド

無添加で作られた、赤ちゃんのためのおかゆです。

月齢に合わせて、とろとろのおかゆから、粒が残ったおかゆまで、成長に合わせて選ぶことができます。

ゆっくり進めよう

はじめはひと口も食べなかったり、すぐに口から出したりと、なかなか離乳食を食べないこともあります。

しかし、焦らずに子どものペースに合わせて、ゆっくり進めてください。

ごはんの時間が楽しいと思えると、自然と食べるようになるので、なるべく家族団らんでごはんを食べましょう。

 - 健康管理