玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

オーガニックフルーツは冷凍すると品質が落ちるって本当?

      2017/12/31

オーガニックフルーツは冷凍すると品質が落ちるって本当?

オーガニックフルーツというと、身体に良さそうというイメージが強いのではないでしょうか。

ですが、近所では手に入らないこともあります。

生のものですと、なおさら、あまり目にする機会がありません。

そこで、冷凍のものでしたら、手に入りやすいのでおすすめです。

生ではなく、あえて冷凍ものを買うときに、どんな利点があるのかをご説明します。

また、冷凍のオーガニックフルーツを使ったレシピも、併せてご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

家庭での味噌の作り方!大豆1kgの作りやすい分量でご紹介!

最近は発酵食が美容と健康に良い効果を与えると見直され、味...

田楽の味噌レシピをご紹介!残ったときのアレンジも

囲炉裏端で田楽を食べたことはありますか? 田楽は豆腐や...

豚肉の味噌焼きは驚きのカロリー控えめなダイエット料理

豚肉の味噌焼きは美味しくて、それだけでご飯がいくらでも食...

味噌汁の塩分濃度は何パーセントなのか?計算方法もご紹介

日本の食卓に欠かせない味噌汁。 しかし、塩分が高くて高...

手前味噌の作り方のコツは?初めてならビニール袋がおすすめ

最近、手作りの味噌が話題になっています。 手前味噌とも...

絶品!本格味噌鍋がカンタンに3ステップで完成!レシピ6選

鍋といえば、鍋つゆが命です。 後は好きな具材を入れるだ...

味噌汁の簡単レシピをご紹介!一人分を作る便利な方法は?

一口すするとホッとする味噌汁は、食卓の一品として欲しくなり...

別茹でなし!味噌煮込みうどんのレシピ!乾麺使用で時間短縮

うどん料理を作るとき、皆さんは市販の茹でうどんを使います...

美味しい味噌ラーメンの作り方は?簡単・本格両方紹介!

ラーメンは、とんこつや鶏を煮て、時間がかかるイメージです...

味噌入り鍋はおいしいうえに栄養満点!人気レシピの作り方

味噌入り鍋は体が温まりますし、野菜の甘味と味噌のコクが一...

手作り味噌の容器の大きさは?口の広さや大きい方がよい理由

近頃は、手作り味噌の材料や、容器がネット通販で買いやすく...

簡単な味噌汁のレシピ!栄養豊富なオクラを食べてみましょう

意外に知られていませんが、オクラは栄養が豊富です。 特...

焼きおにぎりに味噌を塗ってシソを添えると味と香りがアップ

焼きおにぎりには、味噌と醤油味があります。 こんがり焼...

ズッキーニを相性の良い味噌とチーズで美味しく食べよう!

みなさんは、ズッキーニを食べたことはありますか? ラタト...

手軽でおいしい味噌汁の作り方!なすの定番・斬新レシピ

なすの味噌汁と言えば定番の味噌汁の具のうちの一つかと思い...

毎年味噌を手作りするならホーロー。おすすめする5つの理由

手作り味噌のおいしさを一度知ったら、やみつきになってしま...

寒い冬にはユリ根の味噌汁はいかが?意外に豊富なレシピ公開

冬の高級野菜、ユリ根はどんな食べ方が好きですか? とは...

自家製味噌の製造販売の許可を取る方法と必要な資格の取り方

味噌は材料があれば、誰でも製造をすることができます。 ...

味噌鍋、旬の食材や冷蔵庫のもの全てをおいしく食べる作り方

冬と言えば鍋、鍋の定番のひとつは味噌鍋ですね! 味噌は...

発酵食品パワーをおかず味噌で手軽に!6つの作り方をご紹介

味噌は古くから「医者いらず」と言われるほどの発酵食品で、...

スポンサーリンク


オーガニックフルーツは冷凍ものは品質が落ちる?

フルーツを買うときに、みなさんはフレッシュ(生)のものを買いますか?

それとも、冷凍されたものを買いますか?

冷凍のフルーツは、フレッシュ(生)のフルーツよりも健康的ではないと思われがちです。

しかし、実はそうでもないのです。

生のフルーツは収穫したあと、長い時間をかけて、卸や配送などの流通を経ていきます。

しかも、店頭に並んでから実際に口にするまで、どんどん栄養価が失われているのです。

しかし、冷凍のフルーツは、収穫仕立てを急速に冷却します。

そして、現在では、卸や配送の流通システムの温度管理は、しっかりしています。

それらを利用しているので、栄養面では損失が少なく済んでいるのです。

生のオーガニックフルーツは、通信販売以外で買おうとすると、オーガニックスーパーマーケットや、たまに開催されるマルシェくらいでしか売っていません。

上記の理由から、オーガニックフルーツを買うときは、フレッシュ(生)のものに、こだわる必要がありません。

そういうときは、あえて栄養価の損失が少なくて済む、冷凍のオーガニックフルーツを買うという選択肢もあるのです。

珍しいオーガニックフルーツはあえて冷凍で

有機栽培のため、化学農薬・化学肥料が使われていないオーガニックフルーツ。

環境にもやさしく、身体にも良いということはわかっていても、近所でなかなか買えないものです。

しかし、前述したように、冷凍でも買うことができます。

そこで、普段買えないような珍しい品種のフルーツを、冷凍されているものを買って
、楽しむのがおすすめです。

例を挙げてみます。

◇カシス

ポーランドが最大の生産地で、アントシアニンが豊富です。

◇ダークスイートチェリー

トルコが最大の生産地で、とても甘くて美味しいのが特徴です。

◇アセロラ

ブラジルが最大の生産地で、ビタミンCが豊富です。

これらのフルーツは、生のものが手に入ることは少ないです。

近年では、食マーケットのIT化と流通システムが発達してきています。

味覚センサーでの精査や、冷凍食品を運ぶのに、最適な温度帯での運送が可能になっています。

冷凍でしたら、栄養価の損失も少なく済み、身体に良い珍しいオーガニックフルーツを、自宅にいながら楽しむことができるのです。

冷凍フルーツをアイスクリームの代わりに!

冷凍のオーガニックフルーツには、メリットがたくさんあることが、お分かりいただけたでしょうか。

ところで、体型の気になる夏場、ダイエットをする人も多いと思います。

また、夏場でなくても、体型維持のために甘いものを控える人もいるでしょう。

しかし、冷たくひんやりとした口当たりのいいアイスクリームは、ダイエット中でも食べたくなるものです。

そこで気になるのが、アイスクリームのカロリー・脂肪・糖分です。

それらを気にしないようにするため、アイスクリームの代わりに、冷凍されたオーガニックフルーツを食べるのもおすすめです。

フルーツは、アイスクリームよりもカロリーが低くて健康的です。

夏場でしたら、アイスを食べたいという欲求を、冷たくて美味しい冷凍フルーツが満たしてくれるはずです。

しばらく室温に出しておいて、半解凍したフルーツをサクサクと食べると、ほど良い食べ応えがあって、少量でも満足感があります。

フルーツに含まれている果糖は、砂糖の主成分・ショ糖と違い、ゆっくりと血糖値をあげます。

そのため、太りにくいと言われています。

しかし、糖分が多いことに違いはないので、食欲に任せてたくさん食べるのは、よくありません。

冷凍オーガニックフルーツをアレンジ!スムージーレシピ

収穫仕立てを急速冷却した、鮮度の高い冷凍フルーツは、そのまま食べても美味しいものです。

しかし、毎日冷凍フルーツでは、飽きてしまいますよね。

また、おもてなしで使いたいときもあるでしょう。

そんなときは、アレンジをしてみましょう。

ひと工夫して、オーガニックならではの、栄養価を活かすのがポイントです。

冷凍ものの鮮度を活かしたアレンジにして、味覚も視覚も、いつもとは少し違ったものに変化させましょう。

ここからは、冷凍オーガニックフルーツを利用したレシピをご紹介します。

【材料】

・オーガニック冷凍ストロベリー 75g
・オーガニック冷凍ブルーベリー 75g
・オーガニックりんごジュース 100ml~150ml
・ミントの葉 数枚

【作り方】

①冷凍のストロベリー、ブルーベリーをミキサーに入れ、ピューレ状になるまでミックスします。

②りんごジュースをミキサーに入れ、さらに混ぜます。

途中、様子を見て、滑らかさを調整してください。

②グラスに注ぎ入れて、ミントの葉をのせます。

冷凍のフルーツを利用することで、氷を入れなくても、冷たく仕上がります。

冷凍フルーツならではの、水っぽくならないスムージーが楽しめます。

オーガニックフルーツのジャムレシピ

オーガニックでしたら、皮ごと食べられますので、ジャムにするのもおすすめです。

【材料】

・オーガニック冷凍ブルーベリー 500g
・オーガニックはちみつ 70g
・オーガニックレモン汁 小さじ1

【作り方】

①冷凍のブルーベリーを鍋に入れて、弱火~中火にかけます。

②ブルーベリーの形が崩れてきたら、はちみつを入れます。

そして、焦がさないように注意しながら、木ベラでよく混ぜます。

③ ②の鍋にレモン汁を入れ、お好きな固さになる、少し手前で火を止めます。

④あら熱を取り、煮沸消毒した瓶に入れて冷蔵庫で保存します。

ジャムを保存する瓶は、煮沸消毒でなくとも、アルコールで丁寧に消毒する方法でも構いません。

添加物を使っていないジャムなので、長期保存を避け、早めに食べ切ってください。

ここでは、ブルーベリーを使ったレシピですが、ミックスベリーを使っても美味しく出来上がります。

市販のものだと、高価なオーガニックフルーツのジャムを、手作りしてみるのはおすすめです。

彩りが綺麗なフルーツサンド

せっかくフルーツを使うのですから、フルーツならではの、綺麗な彩りを楽しみたいですね。

【材料】

・サンドイッチ用パン 8枚
・クリームチーズ 100g
・生クリーム 30~50cc
・砂糖 小さじ2
・レモン汁 小さじ1
・オーガニック冷凍ミックスベリー 300~400gくらい

【作り方】

①ミックスベリーは凍ったまま使用するので、直前に冷凍庫から出します。

②クリームチーズは、常温で柔らかくしておきます。

または、600ワットの電子レンジで、20秒温める方法でも大丈夫です。

③柔らかくしておいたクリームチーズに、生クリーム・砂糖・レモン汁を加えます。

生クリームは、チーズクリームの固さを見ながら、加える量を調節します。

④なめらかになるまで混ぜます。

⑤食パンに④のチーズクリームを塗り、ミックスベリーをのせます。

⑥さらにチーズクリームのせて、パンをのせやすいように平らにします。

⑦食パンをのせて、包丁で切ります。

出来上がったものを切ってみると、フルーツとチーズクリームの色の対比が綺麗になっているのが分かると思います。

フルーツを使用するので、可愛く仕上がります。

休日のちょっと贅沢なブランチや、急なおもてなしに、冷凍のオーガニックフルーツを使って作ってみてはいかがでしょうか。

鮮度・栄養価に心配ない冷凍フルーツ

現在では、冷凍技術や流通が発達しています。

そのため、冷凍のオーガニックフルーツは、鮮度・栄養価が損なわれません。

世界中の珍しいオーガニックフルーツを収穫して、そのままの鮮度・栄養価で楽しむこともできます。

レシピを確認して、ぜひ作ってみてください。

 - その他食材