玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

炊飯器の蒸気対策を教えて!スライド式などの食器棚のご紹介

      2017/12/27

炊飯器の蒸気対策を教えて!スライド式などの食器棚のご紹介

炊飯器から立ち上る蒸気量は、けっこう多いですよね。

炊飯器の蒸気が食器棚へ繰り返し付着すると、次第に棚が劣化してしまいます。

早めに何か対策をしておけば、状態の良いままキープできますね。

そこで今回は、炊飯器の蒸気対策に有効な、スライド式などの食器棚についてご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

トランス脂肪酸の含有量にこだわった日本のマーガリン

みなさんは、トランス脂肪酸をご存知ですか? トランス脂...

トランス脂肪酸が含まれたマーガリンの代用となるものは何?

パンに塗るのに欠かせないマーガリン。 そのマーガリンに...

野菜ジュースに頼りたいけど、どれくらいの栄養がとれるの?

野菜ジュースの種類は沢山ありますが、種類によってとれる栄...

家庭での味噌の作り方!大豆1kgの作りやすい分量でご紹介!

最近は発酵食が美容と健康に良い効果を与えると見直され、味...

田楽の味噌レシピをご紹介!残ったときのアレンジも

囲炉裏端で田楽を食べたことはありますか? 田楽は豆腐や...

豚肉の味噌焼きは驚きのカロリー控えめなダイエット料理

豚肉の味噌焼きは美味しくて、それだけでご飯がいくらでも食...

味噌汁の塩分濃度は何パーセントなのか?計算方法もご紹介

日本の食卓に欠かせない味噌汁。 しかし、塩分が高くて高...

手前味噌の作り方のコツは?初めてならビニール袋がおすすめ

最近、手作りの味噌が話題になっています。 手前味噌とも...

絶品!本格味噌鍋がカンタンに3ステップで完成!レシピ6選

鍋といえば、鍋つゆが命です。 後は好きな具材を入れるだ...

味噌汁の簡単レシピをご紹介!一人分を作る便利な方法は?

一口すするとホッとする味噌汁は、食卓の一品として欲しくなり...

別茹でなし!味噌煮込みうどんのレシピ!乾麺使用で時間短縮

うどん料理を作るとき、皆さんは市販の茹でうどんを使います...

美味しい味噌ラーメンの作り方は?簡単・本格両方紹介!

ラーメンは、とんこつや鶏を煮て、時間がかかるイメージです...

味噌入り鍋はおいしいうえに栄養満点!人気レシピの作り方

味噌入り鍋は体が温まりますし、野菜の甘味と味噌のコクが一...

手作り味噌の容器の大きさは?口の広さや大きい方がよい理由

近頃は、手作り味噌の材料や、容器がネット通販で買いやすく...

簡単な味噌汁のレシピ!栄養豊富なオクラを食べてみましょう

意外に知られていませんが、オクラは栄養が豊富です。 特...

焼きおにぎりに味噌を塗ってシソを添えると味と香りがアップ

焼きおにぎりには、味噌と醤油味があります。 こんがり焼...

ズッキーニを相性の良い味噌とチーズで美味しく食べよう!

みなさんは、ズッキーニを食べたことはありますか? ラタト...

手軽でおいしい味噌汁の作り方!なすの定番・斬新レシピ

なすの味噌汁と言えば定番の味噌汁の具のうちの一つかと思い...

毎年味噌を手作りするならホーロー。おすすめする5つの理由

手作り味噌のおいしさを一度知ったら、やみつきになってしま...

寒い冬にはユリ根の味噌汁はいかが?意外に豊富なレシピ公開

冬の高級野菜、ユリ根はどんな食べ方が好きですか? とは...

スポンサーリンク


炊飯器の蒸気対策①スライド式の食器棚を購入

ご家庭の炊飯器のタイプによっては、蒸気が出るものもあります。

現在、家庭に広く普及しているのは、昔からあった、蒸気が出るタイプではないでしょうか。

蒸気をそのまま放置しておくと、そのうち棚が傷んでしまいます。
棚を劣化させないためには、蒸気が棚に付着しないように、炊飯することが大切です。

また、炊飯器を食器棚に収納しておいても、収納場所の高さが足りなければ、炊飯器の蓋を全開にできません。

そのため、使い勝手が悪くなってしまいます。

そこで、今回ご紹介する「スライド式の食器棚」について、お伝えしていきます。

スライド式の食器棚は、蒸気が出るときに、上に天井を作らないように使用することができます。

その名の通り、炊飯器を置く場所がスライド式になっています。

ご飯を炊飯するときに、スライドを引き出すことで、食器棚に水蒸気が付くのを防止する効果があります。

炊飯器を使用時だけ引き出して、あとは棚にしまっておけるので、衛生的に使用することも可能です。

すでに食器棚を購入している人でも、炊飯器を置くスライド棚だけを購入することも可能です。

デメリットとしては、棚をスライドさせることでキッチンスペースが狭くなり、料理をする際などに、邪魔になってしまうことです。

炊飯器の蒸気対策②MOISS(モイス)を使用した食器棚を購入

前項では、すでに利用されている人も多いと思われる、スライド式の家電収納備え付けの食器棚についてお話しました。

ここでは、これから新しく食器棚を買おうと予定している人におすすめな「MOISS(モイス)」が使ってある、食器棚をご紹介します。

MOISS(モイス)が使ってある食器棚を購入すれば、そもそも蒸気対策がされているので、あとで蒸気対策のためだけに、何かを追加購入する必要がありません。

MOISS(モイス)とは、天然素材で環境にも人にも優しい、適湿化素材です。
調湿機能だけでなく、耐火性・静菌・消臭性能などの効果もあります。

そのため、食器棚だけでなく、スチームオーブンや住宅の内装材としても使われています。

このMOISS(モイス)には、家電から発生する不要な蒸気を吸収させて、発散させる効果があります。

炊飯器やレンジを置く場所の上に、調湿機能をもつMOISS(モイス)が使われていることにより、水蒸気が直接食器棚の板に付着することを防止してくれるのです。

スライド式より進化を遂げた蒸気排出ユニットを購入

家を新築する人は、スライド式の食器棚よりも、蒸気排出ユニットを取り入れる人も多いのではないでしょうか。

蒸気排出ユニットは、価格が少し高いかもしれませんが、スタイリッシュなデザインで効果も抜群です。

スマートなデザインのものが多いので、狭くなりがちなキッチンスペースが広く使えます。

キッチンスペースが広くとれれば、調理の際の動きもスムーズに行えるでしょう。

ここでは、便利な蒸気排出ユニットについてご紹介します。

炊飯器などのキッチン家電から出る高温の蒸気は、キャビネットの劣化を加速させてしまう原因となります。

蒸気排出ユニットは、強力なファンで蒸気を吸い込み、庫外へ排出してくれます。

炊飯器やポットなどを庫内に収納したままでも使えるので、キッチンスペースを、さらに広く使えるのも魅力的です。

2つの屋内分岐ブレーカーから、2回路を接続することができます。

そのため、収納庫の2つのコンセントそれぞれで、炊飯器やポットなどの消費電力の大きい家電を同時に使えます。

また、吸込みファン、モーターなどの風洞構造の最適化により、低騒音化が実現されています。

毎日使うものだからこそ、なるべくなら、音は静かなほうが良いですよね。

蒸気排出ユニットを活用することで、快適な家事ライフを楽しめるかもしれません。

手軽!蒸気汚れ防止シートを活用

スライド式の食器棚やMOISS(モイス)を使用した食器棚や、蒸気排出ユニットに買い換えるのは、経済的にもきびしいという人に、おすすめなアイテムをご紹介します。

それは「スチーム汚れ防止シート」です。

炊飯器の上だけではなく、ほこりがたまりやすい、電子レンジの上にも貼ることができます。

水や蒸気を通さない素材なので、炊飯器や電子レンジ台の天面を、抜かりなく守ってくれます。

このスチーム汚れ防止シートの最大の利点は、何度でも簡単に貼ったり、はがせることにあります。

例え、汚れが溜まってきても、すぐに張り替えることができます。
清潔を保ちたいキッチンには、うってつけのアイテムでしょう。

使用方法も簡単です。

多くのメーカーが同じような商品を販売していますが、繰り返し使うことを考慮すると、ノリ残りしない吸着タイプを選ぶと良いでしょう。

600~3,000円で購入可能なので、とてもリーズナブルですよね。

主婦が喜ぶポイント満載のスチーム汚れ防止シートを、ぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか。

手作りでスライド式の収納棚を作ってみよう

棚板をスライドさせれば、炊飯器から出る蒸気が棚板に当たることもありませんよね。

そこで、日曜大工が得意な人は、手作りでスライド式の収納棚を作ってみるのも、ひとつの方法です。

【作り方】

①引き出したときに、上の棚板から炊飯器が出ないと困ってしまいます。

スライドレールの移動距離の確認を、スライドレールを購入する前に、しっかりしておきましょう。

スライドレールは、下になる部分を左右に1本ずつ、戸棚にビス止めしましょう。

②棚板を設置しましょう。

棚板をスライドレールへ、ビス止めします。

棚板の幅が食器戸棚ギリギリの場合は、多少でも曲がって取り付けてしまうと、奥側がきつくなって動かなくなってしまうので注意しましょう。

③棚板に、取っ手を取り付けましょう。

取り付ける取っ手には、様々なデザインやカラーがあります。
大きさに気をつけて、自分の好みのものを選びましょう。

棚板に穴を開けて、下からボルトを通して、取っ手にねじ込めば、簡単に取り付けられます。

④中に収納する炊飯器のために、食器戸棚の中にコンセントを取り付けましょう。

食器戸棚の後ろに穴を開け、電線を通せるようにします。

蒸気カットの高級炊飯器もいかが?

炊飯器の価格は、まさにピンきりです。

ご飯は毎日食べるものだから、可能な限り美味しく食べたい!と考える人も多く、高級炊飯器が注目されています。

高価な炊飯器は、内釜に使われている素材や、炊飯の方法などに大きな特徴があります。

そこでおすすめしたいのが、日立アプライアンスの圧力スチーム炊き「ふっくら御膳 RZ-YW3000M」です。

圧力をかけた状態で蒸気を発生させるので、ふかふかして甘みのあるご飯を炊くことができます。

何度もお伝えしますが、よく使われている通常の炊飯器は、炊飯中に沢山の蒸気が発生します。

そのため、棚の上部が蒸気や熱で劣化しないように、守らなければいけません。

蒸気対策として、炊飯器置き場が用意されている食器棚を使っている人も多いです。

このタイプは、食器棚の上部に蒸気がつかないように、炊飯中は炊飯器が載っている棚ごとスライドさせて、外に出せるシステムになっています。

ですが、決して広くはないキッチンにおいて、あくせくと動き回る場所に「出っ張り」があるのは、思いのほか邪魔なものです。

その反面、日立アプライアンスのRZ-YW3000Mは、沸騰マックスのときでも、それとなく目視できるくらいの蒸気しか発生しません。

そのため、、蓋が開く空間さえあれば、どこにでも置いておくことが可能なのです。

炊飯器をどこに置こうかお悩みの方や、美味しいご飯を毎日食べたいと強く願う方にとっては、この高級炊飯器は、極めてうれしい仕様になっていると思います。

蒸気対策には便利なアイテムを活用しよう

炊飯器は使用時に引き出せる収納か、湯気をファンで排出できる収納を選択しないと、蒸気や熱が溜まって、収納棚が傷みやすくなってしまいます。

炊飯器の収納場所に困っている方は、本当に多いと思います。

毎日使う炊飯器だからこそ、日々の蒸気ストレスを減らすためにも、今回ご紹介した蒸気対策アイテムの活用を、検討されてみてはいかがでしょうか。

 - 食文化・食生活