玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

お弁当にもおすすめ!果物の缶詰の冷凍デザートの作り方

      2017/12/10

お弁当にもおすすめ!果物の缶詰の冷凍デザートの作り方

お弁当で、主食の楽しみのほかに、もうひとつのお楽しみといえば、デザートですよね!

デザートには、果物を持っていく方も多いと思います。

でも、お弁当を作る頻度が多いと毎回、生の果物を入れるのは経済的にも、ちょっと厳しいかも…。
そんなときは、果物の缶詰を活用しましょう。

冷凍することで、保冷剤代わりにもなりますよ。

ひんやり冷たく美味しいデザートを召し上がれ!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

おからを電子レンジで簡単おやつに!蒸しパンをおいしく作る

電子レンジおやつとして人気なのが蒸しパンです。 材料を...

電子レンジで手軽に作れるお菓子!カップケーキのレシピ集!

小さな子どもがいる家庭では、おやつのお菓子を用意するのも...

電子レンジでもトーストは作れる?!オーブンがなくてもOK!

ほとんどの方がトーストを作るのに、トースターやオーブンを使...

味噌作りの容器はどんな材質が最適?プラスチックでもいい?

日本人にとって欠かせない調味料の味噌。 食の欧米化が進...

醤油を刷毛で料理に塗りたい!おすすめの商品や使い方は?

近頃は健康に気を使う人が増え、醤油や味噌なども「減塩」のも...

カロリーゼロは万能ではない!どんな食品でも摂りすぎに注意

カロリーゼロの食品を利用したことがありますか。 小腹が...

カロリーは1日に摂って使って!健康で綺麗な女性を目指そう

皆さんはダイエットをしたことがありますか? 女性であれ...

カロリーはダイエットとは全く関係ないの?多面的に解説

カロリーを抑えればダイエットできるという話をよく耳にしま...

必要カロリーはそれぞれ違う?女性の一日に必要なカロリー

暑い日が続き、今年はいわゆる「酷暑」といわれています。 ...

カロリーが気になるなら牛乳とヨーグルトどちらがおすすめ?

カロリー制限中やダイエット中でも必要な栄養素はバランスよ...

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

牡丹鍋は味噌味が最強!その歴史と分布・作り方をご紹介

近年はジビエが流行したりと、ちょっと変わったお肉を食べるの...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。 近年、コ...

スポンサーリンク


冷凍に適した果物と適さない果物

オヤツとして、また食後のデザートとして果物を食べると、幸せな気持ちになりますよね。

生だけでなく、缶詰の果物を活用すれば、気軽に果物を摂取することができます。

果物を冷凍するだけで、シャリシャリした食感がたまらない、ひんやりデザートに変身させることができます。

ですが、果物を冷凍する場合は、「冷凍しても美味しいものは何だろう」と考えて、しっかり選んでおくことが大切です。

なぜならば、選び方を間違えてしまうと、果物の食感が悪くなってしまったりして、本来の美味しさを損なってしまうからです。

美味しくなくて廃棄してしまうようでは、せっかくの美味しい果物を、わざわざ無駄にしているのと同じことになってしまいます。

冷凍に不向きな果物。
それは…

☆りんご
☆バナナ
☆スイカ

です。

冷凍庫から出したばかりは、まだ美味しく食べられます。

しかし、お弁当用のデザートとして持参するのには適していません。
りんごとスイカは食感が悪く、バナナは黒く変色して、嫌なヌルヌル食感がします。

では、お弁当用に半解凍でも美味しく食べられる、冷凍に適している果物は何でしょう。

それは…

☆ぶどう
☆パイナップル
☆マンゴー
☆グレープフルーツ
☆オレンジ
☆みかん
☆メロン

です。

ぶどうは皮をむき、グレープフルーツとオレンジは、実を房から出して冷凍しましょう。

みかんは、皮付きのまま冷凍できます。
ですが、皮をむいてからラップに包んで冷凍しておくと、食べるときに楽ですよ。

果物の缶詰は冷凍可能?

果物や水煮などの缶詰は、常温保存が可能なものが多いです。

ほかの食品と違って、保存方法に特に指定はありません。

缶詰に「要冷蔵」「-10度以下で保存」と記載してあるものは、冷蔵保存が必要です。

もともと長期保存が可能な果物の缶詰ですが、冷凍もできるのか気になりますね。

その答えは、イエスです。
桃・みかん・パイナップルの果物の缶詰は、冷凍しても美味しく食べられます。

冷凍するときには、缶詰のシロップを廃棄せずに、一緒に凍らせましょう。

シロップがあることで、果物の乾燥を防止することができ、美味しく保存することができます。

缶詰をそのまま冷凍すると、内部の水分が膨張するなどして、缶が破裂することがあります。
破裂までいかないものの、缶が変形し、中身が冷凍庫内に漏れる可能性も考えられます。

そのため、ジップロックやタッパーなどに移し替えて、冷凍保存するようにしましょう。

食べる際は、完全解凍するとべちゃべちゃになってしまうので、半解凍状態のまま、アイス感覚で食べると良いですよ。

果物の缶詰の種類

金属缶に詰めて密封することで、食品の長期保存を叶えてくれる「缶詰」。
缶詰の種類はとても多く、世界では1200種、日本でも800種くらい作られています。

今や、魚・肉・果物・野菜のみならず、飲みものまでが缶詰に加工されています。

「冷凍しないでください」と記載されているもの以外は、冷凍できるものが多いので、万が一を想定して、家庭に常備しておきたいものですね。

ここでは、果物の缶詰の主な種類をご紹介します。

☆みかん

愛媛、紀州などの国産みかんや、中国産のものがあります。

☆白桃追熟

追熟により、柔らかく甘味が強いのが特長です。

半分にカットされているので食べやすいですし、さらにカットを加えても、味の劣化を最小限に抑えることができます。

☆黄桃

良質な黄桃を、あっさりしたライトシロップで仕上げてあります。
ゼリーなどのデザートの材料としても、よく使われています。

☆パイン

タイ産で、パインの甘味が強いです。

☆レッドチェリー

形や色、味にこだわった良質なもののみ使用されています。
さわやかな口当たりと、芳醇な香りがします。

☆マンゴー

良質なマンゴーをダイス状にカットしてあります。

お弁当には冷凍した果物の缶詰を使うと便利

お弁当のデザートには、冷凍した果物の缶詰を使うと、生の果物を買うより安上がりで便利です。
保冷バックに入れておけば、冷たくて美味しいので、暑い夏には特におすすめです。

【材料 お弁当3~4回分】

・みかん缶詰 1缶
・パイナップル缶詰 1缶
・お皿 平なもの
・クッキングシート 適量
・ラップ 適量
・ジップロック 2枚

【作り方】

①平なお皿にクッキングシートを敷き、水切りした缶詰の果物を、それぞれが重ならないように並べます。

②ラップをかけたら冷凍庫に入れ、カチコチに凍らせます。

③完全に凍ったら、ラップを外し、クッキングシートを剥がします。

④ジップロックに移し変えておくと、ストックしておけるので、ヨーグルトのトッピングや、お弁当用のデザートに気軽に使えます。

◎冷凍した果物の缶詰を使ったサラダ

【材料 4人分】

・ヨーグルト(プレーン) 1/2パック
・りんご 1/2個
・バナナ 1本
・キウイ 1/2個
・みかん缶詰 1/2缶
・パイナップル缶詰 1/2缶
・桃の缶詰 1/2缶
・缶詰のシロップ 大さじ2

【作り方】

①好きな缶詰のシロップを大さじ2とっておき、水気を切っておきます。

②リンゴ以外の果物を、食べやすいサイズにカットします。

③ ①と②をジップロックに平らに入れて、冷凍庫で凍らせます。

④りんごも食べやすいサイズにカットします。

⑤ボウルに全ての材料を入れ、和えましょう。

果物の缶詰を使った冷たいデザートの作り方

果物の缶詰を使った、美味しいデザートの作り方をご紹介します。

◎桃とみかんのシャーベット

果物の缶詰とヨーグルトを混ぜるだけで簡単に作れます。
スキムミルクを使うので、カルシウムも摂取できますよ

【材料 2人分】

☆桃のシャーベット

・桃の缶詰 40g
・プレーンヨーグルト 30g
・スキムミルク 1g
・砂糖 3g(小さじ1)

☆みかんのシャーベット

・みかん缶詰 40g
・プレーンヨーグルト 30g
・スキムミルク 1g
・砂糖 3g(小さじ1)
・ミントの葉 少量

【作り方】

①桃とヨーグルト、砂糖をフードプロセッサーを使って混ぜましょう。

②みかんとヨーグルト、砂糖をフードプロセッサーを使って混ぜましょう。

③混ぜたら、それぞれバットに入れ、冷凍庫で凍らせます。

④凍って固まったら、フードプロセッサーで混ぜる行為を2回繰り返しましょう。

⑤器に盛りつけて完成です。

◎マンゴーシャーベットパフェ

マンゴーとみかんの缶詰で作ります。

【材料 4人分】

・マンゴー缶詰 1個
・みかん缶詰 1個
・レモン果汁 20cc
・はちみつ 大さじ1
・市販品バニラアイス 2個
・スーパーのミックスカットフルーツ 1パック
・ブルーベリージャム 大さじ1
・ホイップ(市販品) 大さじ1

【作り方】

①マンゴーの缶詰、みかんの缶詰をミキサーに入れます。

②シロップは廃棄して、レモン果汁とはちみつを入れ、よく混ぜましょう。

③ビニール袋に入れて、冷凍庫へ入れ、凍ったらボウルに出し、フォークを使ってシャーベット状にします。

④容器にバニラアイス、マンゴーシャーベット、バニラアイスの順番で入れます。

⑤カットフルーツとホイップ、ブルーベリージャムをのせたら完成です。

果物の缶詰だけじゃない!冷凍しても美味しいデザートとは?

ここまで、果物の缶詰を使ったデザートの作り方をご紹介してきました。

最後に、スーパーやコンビニで売っているデザートも冷凍して、美味しく食べてしまいましょう。

おすすめは…

☆ゼリー
☆プリン
☆チーズケーキ
☆シュークリーム
☆クリームパン
☆スイートポテト
☆みたらし団子

です。

ゼリーは定番で、夏場の子供のオヤツとしてよく出されますね。

ゼラチンを使って固めてあるプリンは、冷凍しても美味しく食べられます。
しかし、焼きプリンや蒸しプリンは、冷凍すると食感がボソボソになってしまうので、冷凍には不向きです。

チーズケーキに関しては、ベイクドチーズケーキでもレアチーズケーキでも大丈夫です。
チーズ味のアイス感覚で、美味しく食べることができます。

みたらし団子を冷凍するイメージは、あまりありませんよね。
意外なことに、みたらしのタレがシャリっとして、とても美味しいんですよ。

興味がある方は、ぜひ試してみてください。

どのデザートも半解凍の状態で食べるのがおすすめなので、お弁当のデザートにする場合は、保冷剤と一緒に持参すると良いでしょう。

便利な果物の缶詰を活用しよう

いかがでしたか。

果物を缶詰にすることで、生よりも栄養価が高くなるという報告もあります。

さらに、冷凍することで、冷たいデザート作りも簡単にできます。

お弁当作りの食費の節約や、普段のデザート作りにも果物の缶詰は活躍してくれます。

 - その他食材