玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

甘酒は米麹で作られたものを選んでダイエットしよう!

      2017/12/03

甘酒は米麹で作られたものを選んでダイエットしよう!

甘酒といえば、行事で飲むくらいで、普段は好んで飲まないという人は多いのではないでしょうか。

米麹で作られた甘酒は、ダイエットや美容に良いとされています。

そんな甘酒の魅力を知れば、飲みたくなること間違いなしですよ。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

自然製法でもトランス脂肪酸フリーのバターは存在しない?

2018年6月にアメリカでは、トランス脂肪酸の使用の規制...

味噌を詰める容器がガラスであるメリットと注意点とは?

味噌というと、スーパーで売られているパック入りの味噌が一...

麦味噌を作ってみよう!試しに2kgを容器に詰めてみよう

麦味噌をご存知ですか? 九州や愛媛県、山口県ではメジャ...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。 多くの人が、精...

カロリーの一日に必要な摂取量はどれくらいなのでしょうか?

飽食の時代と言われて久しい現代、生活習慣病に悩む人々も増...

お茶碗一杯分のカロリー消費にはどんな運動をどれくらい?

秋、食事が美味しくなる季節です。 ついつい箸が進み、食...

枝豆はカロリーが低くてダイエットに最適って本当なの?

夏から秋にかけての旬といえば、枝豆ですよね。 最近は芸能...

おにぎりと大福のカロリーと満足度の比較をしてみた結果…!

お弁当の定番はおにぎりという方も多いのではないでしょうか...

ドライトマトにはどんな栄養がある?カロリーはどれぐらい?

ドライトマトといえば、美容・健康・ダイエットに効果があると...

5kgダイエットするために必要な消費カロリーは?方法は?

年々、付きやすく、落ちにくくなってきました。 これは体...

食事が進まない2歳児!1日に必要とするカロリーの目安は?

かわいい盛りの2歳児は、「魔の2歳児」といわれるぐらいで...

自分のカロリー消費量を知ろう!1日の活動強度ごとに解説

あなたは、自分の体が1日にどれくらいのカロリーを消費して...

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持ってい...

玄米を浸水のために冷蔵庫を使う時の注意点とポイントとは?

冷蔵庫はとても便利な家電で、玄米の保存にも浸水のためにも...

スープジャーで楽しむ!栄養満点な玄米のあたたかいリゾット

健康やダイエットのために、玄米はとても効果的です。 昼...

マクロビは玄米食がメイン!そこに潜む「危険」とは?

海外のセレブも導入していることで日本にも広まった「マクロビ」...

玄米を土鍋で炊く場合、水の量はどれくらい入れれば良いの?

健康ブームに乗って見直されている玄米ですが、炊飯器ではな...

私たちの生活に馴染深くて体に良い玄米やお茶の歴史を教えて

お米もお茶も、私たちの食生活の根幹をなす大変歴史ある食材で...

玄米の早炊き方法を色々紹介!玄米でいつもの食卓をご馳走に

玄米は精白米よりも、炊き方が面倒、普通の炊き方では固くて...

すごい健康パワー!緑茶や玄米茶に含まれる優れた効能とは?

私たちの食生活に、お茶は切っても切り離せない存在です。 ...

スポンサーリンク


米麹から作られた甘酒はダイエットや美容に効果的

現在、甘酒は飲んで痩せることができるとして、女性の間で話題になっています。

また、甘酒でダイエットする方法は、手軽に誰でも始めることができます。

甘酒さえ用意すれば、他には何も要りませんし、用意してしまえば、すぐに始めることができます。

また、ダイエットに使う甘酒には、アルコールは含まれていません。
そのため、誰でも飲むことができます。

どういうことかというと、甘酒は2種類の方法で作られています。

ひとつめは、酒粕と砂糖を水に溶かすことで作られる方法です。
この方法では、酒粕が使われていますので、わずかですが、アルコールが含まれます。

ふたつめは、米麹とお粥、水を発酵させることで作られる方法です。
この方法は、お酒を使っていませんので、アルコールが入っていないのです。

そして、ダイエットに適しているのはふたつめの、米麹から作られた甘酒です。
米麹から作られた甘酒なら、アルコールが飲めないという人も、気にせず飲むことができます。

さらに、甘酒は痩せるだけでなく栄養満点で、美容にも、とても効果的です。
飲めば、女性に嬉しいメリットがたくさんあります。

この米麹から作られた甘酒のダイエットと、美容に良い理由をみていきましょう。

米麹から作られた甘酒の魅力①

まず、米麹から作られた甘酒には、たくさんのアミノ酸や酵素が含まれています。

酵素は100種類以上含まれており、人が体内では作ることができないアミノ酸も、9種類含まれています。

アミノ酸は、私たちにとって、様々な良い働きを行なってくれます。

代表して例に挙げると、血液に含まれている女性の敵とも言える、コレステロールなどの脂質を代謝してくれ、血液をサラサラにしてくれます。

血の中の脂質を抑えてくれることから、体重が増えてしまうのを、抑えてくれる効果があります。

血液をサラサラにすることで、動脈硬化などの予防にもつながります。

酵素も痩せるためには必要不可欠なもので、脂質を消化し、代謝を促進させます。

また、甘酒にはビタミンB群もたくさん含まれています。
炭水化物に含まれている糖質を、エネルギーに換えるには、ビタミンB群が必要不可欠です。

私たちの体内にビタミンB群がないと、カラダの糖質が代謝されないまま、蓄積してしまいます。
もちろん、蓄積されるということは、太ってしまう原因になります。

しかし、甘酒に含まれているビタミンB群は、90%以上の糖質を吸収してくれます。

糖質を吸収することで新陳代謝を促進させ、カロリーの消費に繋がります。
結果、痩せやすいカラダになるので、ダイエット成功に繋がります。

米麹から作られた甘酒の魅力②

また、他にも甘酒を飲んで痩せる理由、美容に良い理由があります。

甘酒には、乳酸菌も含まれているのです。

この乳酸菌は体内の腸にまで、しっかりと働きかけて、腸内の環境を整えてくれます。
腸内の環境を整えてくれることによって、腸の働きは活性化します。

活性化すれば、体内の老廃物を便として、体外にしっかり排出してくれて、デトックス効果が見込めます。

体内は綺麗になり、痩せやすいカラダにもなりますので、一石二鳥です。

さらに、米麹から作られる甘酒は、カロリーがとても低いです。

おちょこ1杯分とされている約30mlで、カロリーがわずか25kcal程度しかありません。
甘酒はこんなに低カロリーなのに、比較的に満腹感が得やすくなっています。

なぜかというと、甘酒にはブドウ糖が含まれているからです。
ブドウ糖は満腹中枢を刺激してくれますので、満腹感を得やすいです。

食べ過ぎを防止してくれますし、小腹が減ったときに飲めば、間食を控えることもできます。

また、ブドウ糖は速やかに消化されるので、ダイエットに向いています。

そして、甘酒にはコウジ酸が含まれています。
コウジ酸は美白に、とても効果的と言われています。

ダイエットついでに、美白にもなれるなら、女性にとって嬉しいことだらけですね。

甘酒のダイエットに適した飲み方

米麹で作られた甘酒が、ダイエットにも美容にも、かなり効果的なことが分かったところで、甘酒をどう飲めばいいかご紹介します。

ダイエットに効果的だという、代表的な飲み方は2つあります。

1つめは、毎日食べる3食のうちの1食を、甘酒に置き換えるという飲み方です。

こちらはご飯の代わりということですから、無理なく続けられそうな朝がおすすめです。

2つめは食前に飲む、またはおやつの代わりに飲むという飲み方です。
食事はしっかり摂りたいという人は、こちらの方法が良いでしょう。

どちらの飲み方でも効果はあるので、続けやすいほうで行ってみてください。

ただし、甘酒の飲む量は、多くて1日200cc程度にしておきましょう。

飲み過ぎは糖尿病になる恐れや、下痢になる恐れがあります。

何にしても、やり過ぎは良くありません。
コツコツ続けるようにしてくださいね。

ダイエットのための甘酒を選ぶ基準

甘酒と言っても、たくさんの種類があります。

どれが良いのか分からないという人に、参考程度に選び方をご紹介します。

甘酒を選ぶ基準は、米麹から作られた甘酒なら、どれでも効果があるので、値段や好みで選ぶと良いです。

甘酒ダイエットは、コツコツ続けないと意味がありませんので、続けやすい値段、続けやすい好みの味で選ぶことが大切です。

ですが、より効果を得ようと思うのなら、生の甘酒を選ぶことを、おすすめします。

なぜならば、先ほどご紹介した、痩せるために必要な酵素やビタミンBというのは、熱に弱くなっています。

生の甘酒は、熱が加わっていないので、効果が感じやすく、おすすめです。

とは言っても、生でなくても、もちろん効果はあります。
ですので、色々試してみて、自分に合った甘酒を探すことが大切です。

しかし、毎日甘酒を飲むことをずっと続けるとなると、飽きてしまいがちです。

そのため、最後に、甘酒のアレンジ方法をご紹介したいと思います。

甘酒のアレンジ方法

最も試している人が多い、甘酒をアレンジする方法としては、豆乳割りです。

無調整の豆乳に、お好みの量の甘酒を入れて飲みます。
豆乳自体も栄養満点で、美容にも良いので、両方とも摂取しましょう。

また、豆乳が加わることで、まろやかさが出て、甘酒の甘みによって飲みやすくなります。

豆乳だけ、甘酒だけで飲むよりも、美味しいと評判です。

また、ソーダで割るのもおすすめです。

夏にドロッとした甘酒は気が引けるという人も、炭酸で割るのでスッキリとして、スッと飲めてしまいます。

そのほかにも、レモン汁を入れると、癖がなくなって飲みやすくなります。

甘酒よりも、炭酸水を多めにするのが、美味しく飲むコツだそうです。

他にも、ネットでは様々な方法でアレンジしている人がいますので、参考にしてみるといいでしょう。

自分に合った方法を見つけて、米麹で作られた甘酒でダイエットを成功させましょう。

無理なくダイエットを

過度な食事制限など、無理をしたダイエットは、ストレスがかかります。

ストレスは、肌や体調に影響してしまいます。

甘酒によるダイエットなら、無理なく続けられますし、美容効果もありますので、ぜひ挑戦したいですね。

 - 健康的なダイエット