玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

家庭でジャガイモを植え付け&芽出し、芽かきで育ててみよう

      2017/12/02

家庭でジャガイモを植え付け&芽出し、芽かきで育ててみよう

実は、ジャガイモは家庭栽培に向いていると、皆さんはご存知でしたか?

ジャガイモは思っている以上に育てやすく、また簡単に育てることができます。

今回は、ジャガイモを育てるために必要な植え付けや芽出し、芽かき作業についてご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

甘酒を麹から作るには?便利な電子レンジを使った作り方

甘酒を麹で作ってみたいと思われませんか? 麹で作る甘酒...

甘酒を麹から手作りしたい!市販の麹はどこで手に入る?

甘酒には、酒粕でできたアルコール入りのものと、麹で作られ...

甘酒は米麹を使ったものがおすすめ!健康&美をゲットしよう

飲み物は何が好き?という問いかけに「甘酒です!」と答える...

甘酒を麹から作るにはどうするの?スープジャーでも作れる?

麹で作る甘酒は、自然な甘みで私たちをホッとさせてくれます...

甘酒を麹で作るには?ご飯を使う方法とご飯を使わない方法

甘酒は美味しいだけでなく、健康づくりや体力回復のために飲...

ミニトマトの栽培には連作障害がつきもの?その対策法とは

ミニトマトは、見た目もかわいくて、栄養満点ですから、家庭...

自由研究はこれで決まり!ジュースに含まれる砂糖の量を研究

小学校や中学校が長い休みに入る夏休みや冬休みなど、自由研...

お弁当にもおすすめ!果物の缶詰の冷凍デザートの作り方

お弁当で、主食の楽しみのほかに、もうひとつのお楽しみとい...

ビタミンcは酸化を防ぐ?食品が酸化すると変色する理由とは

私たちは食事を摂って、必要な栄養素を体内に摂り入れていま...

米ぬかを肥料として使う方法は?虫がわいてしまったら?

米ぬかはコイン精米所などで、無料で手に入りますね。 ぬ...

お米の浸水は一晩置いても問題なし?美味しい炊き方とは

お米はちょっとのひと手間で美味しくなる食材です。 主食...

お米にカビが生えて臭い!その原因と対策を探ろう!

お米にカビが生えて、嫌な臭いがしたらショックですよね。 ...

ご飯を冷蔵庫に入れたときの保存期間と美味しく食べる方法

冷蔵庫に入れたご飯は味が落ちて、パサパサとした食感になりま...

卵の栄養は黄身と白身で違うの?安心で安全な卵の選び方とは

卵は、昔から栄養価が高いとされている食材ですよね。 黄...

米粉を使ったレシピに唐揚げがある!レパートリーを増やそう

米粉は、小麦アレルギーの方も食べられることから、現在注目...

お米に茶色の虫がいる!予防の仕方と対処法を教えて!

米びつの中に茶色い虫が湧いていたら、衝撃ですよね。 し...

栄養価の高い発芽玄米の作り方!ヨーグルトメーカーで作れる

皆さんは、発芽玄米をご存知でしょうか。 身体にとても良...

納豆やレンコンのネバネバ食材を使ってサラダ作りをしよう!

ネバネバ食材の代表とも言える「納豆」。 ひと口に納豆と...

大根の保存方法は?干す方法以外もあるの?

秋から冬にかけてが旬の大根。 つい買いすぎてしまった、...

キッチンのお悩み解決!炊飯器から出る蒸気の対策方法

炊飯器から出る蒸気が、棚に直接当たっているのを見ると、ふ...

スポンサーリンク


ジャガイモは家庭栽培できる

色々な料理にも使えて美味しいジャガイモは、大人から子供まで人気がありますよね。

穀物に分類されるジャガイモは、エネルギー源としては優れているものの、カロリーが多いだけだと思われがちです。

しかし、ビタミンCやビタミンB1・B6などのビタミン類、カリウムやマグネシウムなどのミネラル、食物繊維なども含まれており栄養バランスにも優れています。

ジャガイモは春(2月後半~3月前半)・秋(8月後半~9月前半)に植えることができ、植えてから収穫するまでが100日ほどと言われています。

また、畑でなくプランターでも育てることができるので、家庭でもチャレンジしやすいです。

ジャガイモは芽出しと芽かき、そして植え付け方法さえ覚えれば、簡単に育てることができます。

ほくほく系の男爵、煮崩れしにくいメークイン、他にもいろいろな種類のあるジャガイモですが、育てて食べればきっと美味しさ倍増です。

この記事では、ジャガイモを育てるために必要な芽出し、芽かきを中心にご紹介します。

それでは、一緒に見ていきましょう。

ジャガイモを植え付けする前に芽出しをしよう

ジャガイモは、まず植え付けをする前に、芽出しをする必要があります。

芽出しというのは、ジャガイモから少し芽が出ている状態にすることです。

先に少し芽を出しておくほうが生育に良く、発芽が促進されるほか、黒あざ病菌などの病気の予防にもつながります。

ですから、必ず芽出しは行いましょう。

まず、芽出しをする前に、種となるジャガイモを選びます。
基準ですが、40~60gの大きさのものを選ぶと良いです。

これより小さいものはそのまま、大きいものは縦半分に切って植えましょう。

切るときは、芽の数が均等になるように縦で切り分けます。

そして、風通しの良い所に数日おいて、切り口を乾かしてから植えます。
乾かさずに植え付けてしまうと、腐る原因になります。

もし数日おけない場合は、草木灰などを切り口にまぶすことで、腐敗を防ぐことができます。

しかし、秋植えの場合は、ジャガイモが腐りやすく、育ちが悪い傾向があります。

できれば、切らなくても良い大きさの、35g前後の小ぶりなジャガイモの方がオススメです。

種イモを決めたら芽出しする方法

芽出しする種イモを選んだら、日差しのあるところにおいておきましょう。

温度を10~20度に保てる場所がベストです。

ただし、強い日差しを浴びたり、雨がかからないようにしましょう。
種イモを腐敗させてしまう可能性があります。

また、暗い場所に置いてしまうと、白っぽく弱い芽が生えてきて、生育が困難になります。

適した環境で2~3週間放置しておけば、芽が出てきますので、芽出しはこれでOKです。

ただし、芽出しが不必要なジャガイモの種類もありますので、事前にちゃんと調べてから、芽出しを行ってくださいね。

芽出しが終わったら、やっとジャガイモを植え付けることができます。

しかし、これで収穫まで放置というわけにはいきません。

次は、芽かきという作業をしなければなりません。
芽かきさえ終われば、大きな仕事はもうありませんので頑張りましょう。

植え付けしたら芽かきをしよう

芽かきという作業は、たくさんの立派なジャガイモを収穫するためには、必ずしなければならないことです。

ジャガイモを植え付けて、1ヶ月ほどするとジャガイモの芽は10cmほどに成長します。

このくらいになったときが、芽かき作業を行う良いタイミングになります。

植えたジャガイモを見てみると、たくさんの芽が出ていると思います。

芽かきとは、たくさん出ている芽の中から元気な芽だけを残して、ほかの芽は抜いてしまうことを言います。

せっかく生えている芽を抜いてしまうのは、もったいないと思ってしまいますよね。

しかし、たくさんの芽を残しておくとジャガイモの実はなりますが、栄養が分散されてしまって、小さいものばかりになってしまいます。

もったいないですが、多くても残すのは2本までにして、立派なジャガイモにするためにも、ほかの芽は全て抜いてしまいましょう。

芽を抜く際は、残しておく芽の根元を、手で押さえながら行いましょう。
そうすると、上手に引き抜くことができますよ。

オススメの植え付けの方法

ジャガイモを植え付ける際、通常は芽を上にします。

しかし、逆さ植えという方法もあり、初心者の人にもオススメですので、ご紹介します。

逆さ植えとは文字通り、あえて芽を下にして植えて育てることです。
本当に逆さに植えて大丈夫なの?と、不安になってしまいますよね。

ですが、芽を下にすることでストレスを与え、生育を促進させることができるのです。

さらに、強い芽だけが生き残り、弱い芽が生えてこないので、芽かきなどの作業が楽になります。

また、芽かきは自分で良い芽だと思って残していても、実際は良い芽を選べていない可能性もあります。

先ほどご説明したように、逆さ植えだと強い芽が出やすいうえ、弱い芽が生えてこないです。
そのため、初心者でも、良い芽を選ぶことができる可能性が、かなり上がります。

逆さ植えのメリットは、まだあります。

逆さ植えをすると、通常の植え方よりも出てくる芽の数は少ないですが、太くて強い芽が出るので生育も良いのです。

強い芽が出ることで太い枝になり、しっかり葉も出ます。

元気の良い葉がたくさんの養分を作ってくれるので、大きなジャガイモができやすいです。

作り慣れていない初心者の人には、かなりオススメな方法と言えますので、逆さ植えに挑戦しても良いかもしれません。

ジャガイモを育てる流れ

最後に、ジャガイモを育てるための、一連の流れをご紹介します。

ジャガイモを育てる前に、まず土づくりをする必要があります。

ジャガイモはpH5.0~6.0を好むので、植え付けを行う2週間前くらいに苦土石灰、有機肥料をまいて、耕しておきましょう。

初心者の人は市販で培養土を買って使うと、そのまま植え付けできるので便利ですよ。

ジャガイモを植えるためには、15cmほどの深さが必要です。

土の準備ができたら、種イモを植え付けていきますが、隣のジャガイモから30cm以上離して植えるようにしましょう。

種イモを並べた上に、5cmほどの土をかけます。

芽が10cmほど伸びて来たら、芽かきを行います。
その作業が終わったら、残った芽の根元部分に土を寄せます。

そこから、さらに20cmくらい伸びたら、もう一度、土を寄せます。

ここまでが、一連の大まかな作業になります。

次は、いよいよ収穫です。

ジャガイモの葉っぱが黄色くなったら、収穫しましょう。

収穫は晴れの日が続いて、土が乾いているときに行ってください。

収穫した後は、日光に当ててジャガイモの表面を乾かし、乾かし終えた後は、日の当たらないところで保存してください。

ジャガイモを家庭栽培のはじめの一歩に

ジャガイモを作ることは、作業さえ知っていれば、意外と簡単なのですね。

畑でなくプランナーでも栽培できることから、家庭でも作りやすいです。

家庭栽培に挑戦してみたいという人は、ジャガイモ作りをはじめの一歩にしてみてはいかがですか。

 - その他食材