玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

賞味期限が切れた卵は大丈夫?生・半熟・ゆで卵で違いは?

      2017/11/30

賞味期限が切れた卵は大丈夫?生・半熟・ゆで卵で違いは?

冷蔵庫には、いつも卵がありますね。

安売りをしていると、つい2パック、3パックと買いすぎてしまうこともあるのではないでしょうか。

心配なのは、賞味期限ですよね。
生で、半熟で、ゆで卵では、いつまで食べられるのでしょう。

それぞれ調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

電子レンジで手軽に作れるお菓子!カップケーキのレシピ集!

小さな子どもがいる家庭では、おやつのお菓子を用意するのも...

電子レンジでもトーストは作れる?!オーブンがなくてもOK!

ほとんどの方がトーストを作るのに、トースターやオーブンを使...

味噌作りの容器はどんな材質が最適?プラスチックでもいい?

日本人にとって欠かせない調味料の味噌。 食の欧米化が進...

醤油を刷毛で料理に塗りたい!おすすめの商品や使い方は?

近頃は健康に気を使う人が増え、醤油や味噌なども「減塩」のも...

カロリーゼロは万能ではない!どんな食品でも摂りすぎに注意

カロリーゼロの食品を利用したことがありますか。 小腹が...

カロリーは1日に摂って使って!健康で綺麗な女性を目指そう

皆さんはダイエットをしたことがありますか? 女性であれ...

カロリーはダイエットとは全く関係ないの?多面的に解説

カロリーを抑えればダイエットできるという話をよく耳にしま...

必要カロリーはそれぞれ違う?女性の一日に必要なカロリー

暑い日が続き、今年はいわゆる「酷暑」といわれています。 ...

カロリーが気になるなら牛乳とヨーグルトどちらがおすすめ?

カロリー制限中やダイエット中でも必要な栄養素はバランスよ...

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

牡丹鍋は味噌味が最強!その歴史と分布・作り方をご紹介

近年はジビエが流行したりと、ちょっと変わったお肉を食べるの...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。 近年、コ...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。 春...

スポンサーリンク


卵の賞味期限は?

日本人が大好きな卵は、価格も安定していて、栄養満点で、なくてはならない食べものです。

まずは、卵の賞味期限について知っておきましょう。

卵に表示されている賞味期限は、安心して「生食」できる期限を表しています。

夏場ですと産卵後16日以内、春・秋ですと産卵後25日以内、冬場ですと産卵後57日以内とされています。

しかし、冬場であったとしても、2ヶ月近く賞味期限がある卵は売っていないですよね。

通常、季節を問わず、卵をパックした後、2週間程度を賞味期限にしている場合が多いようです。

しかし、冬場ですと、2ヶ月近くも持つなんて驚きですね。

これらのことを考えると、表示してある賞味期限が過ぎたからといって、すぐに卵が食べられなくなるわけではないとわかりましたね。

卵の賞味期限は、安心して生で食べられる期間と考えましょう。
過ぎてしまっていた場合、しっかり加熱して食べると良いですよ。

保存状態によっては、賞味期限内であっても腐敗している可能性もあります。

不安でしたら、においを確認し、異常を感じたら廃棄した方が安心です。

賞味期限は、生の卵を安心して食べられる期間ということでした。

それでは、加熱してある半熟卵はどうなのでしょう。

半熟卵の場合

前項を踏まえると、生の卵は賞味期限を過ぎたら食べないほうが良い、ということがわかりましたね。

次に考えるのは、半熟卵についてです。

半熟卵は、加熱はしてありますが、生の部分もありますよね。
しかし、一度は熱を通してあるのですから、大丈夫なような気もします。

そもそも、なぜ生卵は賞味期限が過ぎたら危険なのでしょう。

それは、サルモネラ菌が増殖してしまうからです。

サルモネラ菌は、食中毒の原因菌として有名ですよね。
吐き気や腹痛、発熱、下痢などを引き起こす食中毒です。

このサルモネラ菌を死滅させるのに必要な加熱条件は、75℃で1分以上です。
これで、サルモネラ菌は死滅します。

ゆで卵の場合、中心温度が75℃で1分以上加熱するには、沸騰した状態で5分以上ゆでることが必要です。

半熟卵の場合、とろとろの部分が、十分に加熱されていない状態ということになります。
生と同じ状態なのです。

そのため、半熟卵も生卵と同じように、賞味期限を過ぎたら食べないほうが良いというのが答えです。

半熟卵だけではありません。
もし、目玉焼きにしたとしても、黄身の中心までしっかり火が通るように、加熱する必要があります。

賞味期限が切れたら半熟卵はNG!

生卵、半熟卵ともに賞味期限内に食べたほうが良いということでした。

しかし、ゆで卵の賞味期限は違います。
ゆで卵にするのであれば、生卵の賞味期限が切れてから、10日程度は大丈夫だそうですよ。

しっかり中心まで火を通した、固ゆで卵にしてくださいね。

しかし、これも保存状態によるので、卵の状態をよく確認してから食べましょう。

ゆで卵にした後の賞味期限も気になりますね。

加熱したのだから、そこからしばらく持ちそうな気もします。

ゆで卵は、しっかり加熱してあり、殻にひびが入っていなければ、2ヶ月持つと言われています。
しかし、これは5℃で保存した場合です。

一般家庭では、固ゆで、ひびなしの状態でも、冷蔵庫の10℃保存で3~4日程度を目安にしましょう。

もし、ひびが入ってしまったら、その日のうちに食べきります。
さらに、「殻をむいた半熟卵」「殻をむいたゆで卵」も、当日中に食べたほうが良いですよ。

いつ、ひびが入ったかわからないものは、食べるのを控えたほうが安全です。

ゆで卵だけでなく、生卵であっても、ひびは危険です。
ひびが入ってしまうと、サルモネラ菌が通常よりも早く増殖し、傷みやすくなってしまいます。

ひびが入ってしまったら、その日のうちに加熱調理して食べるか、いつひびが入ったのか分からなければ、食べないほうが良いでしょう。

生卵が最も賞味期限が長い

卵は、加熱したほうが長期保存できるのではないかと思って、ゆで卵にして保存している人もいますよね。

実は、これは間違いなのです。

生卵の卵白には、「リゾチーム」という名前の酵素が含まれています。
この酵素は、強力な殺菌作用を持ち、「溶菌酵素」とも呼ばれています。

菌を分解する作用を持っているので、その作用によって、菌の増殖を防いでくれるのです。

しかし、このリゾチームは、加熱されることによって破壊されてしまいます。
そうなると、菌と戦ってくれる酵素が働かなくなり、菌が増殖しやすくなってしまいます。

つまり、腐りやすくなってしまうのです。
ですから、賞味期限内でしたら、生卵のままで保存したほうが卵の品質を保つことができるのです。

生卵・半熟卵は、賞味期限内に食べることが大切です。

賞味期限を過ぎたら、しっかり火を通して、ゆで卵の場合は、3~4日以内に食べきるようにしましょう。

卵は洗っちゃダメ

卵はサルモネラ菌の心配があるので、洗ったほうが良いのでは、と考える人もいると思います。

しかし、卵は洗ってはいけません。

卵の殻の表面には、クチクラ層という膜があります。
この膜は、卵の内部に細菌が入り込むのを防ぐ働きをしてくれています。

このクチクラ層は、水で洗うと、すぐに剥がれてしまいます。
そうすると細菌が入り込みやすくなり、菌が増殖しやすくなってしまうのです。

また、卵の殻には気孔という穴が空いているのですが、水で洗ってしまうと、その穴から雑菌と一緒に水が卵の中に入ってしまいます。

これでは、わざわざ賞味期限を短くしているのと同じことになります。

通常、スーパーなどで販売されている卵は、次亜塩素酸ナトリウム溶液などで洗浄されてあります。

さらに、紫外線殺菌をしてから出荷しているところもありますので、きちんとしたところで販売されている卵であれば、心配することはありません。

もし卵が汚れていても、水で洗わずに、ふき取るくらいにしておいたほうが、鮮度を保つことができるのです。

最後に、半熟の卵がおいしい、子供が喜ぶレシピをご紹介します。

新鮮卵で半熟のふわふわオムライスを作ろう

卵の賞味期限が分かりましたので、新鮮なうちは半熟のオムライスを作ってみましょう。
ふわふわで、子供も喜びますよ。

【材料】

・玉ねぎ 1/4個
・鶏ひき肉 50g
・バター 20g
・塩こしょう 適量
・ケチャップ 大さじ2~3.5
・ご飯お茶碗 1杯

☆卵 1個
☆牛乳 大さじ1.5
☆マヨネーズ 小さじ1
☆塩 ひとつまみ

・サラダ油 適量

【作り方】

①玉ねぎをみじん切りにします。

②フライパンにバターを溶かし、鶏ひき肉を色が変わるまで炒めます。
玉ねぎを入れ、透き通るまで、さらに炒めます。

③塩こしょう、ケチャップを入れ、馴染ませます。

④ご飯を入れ、炒めます。

⑤炒めたご飯を、先にお皿に盛り付けておきます。

⑥ボウルに☆の材料を入れ、卵を切るように混ぜます。

⑦フライパンで、サラダ油を熱します。
フライパンが温まったら、⑥を一気に入れましょう。

⑧ふちの卵が固まってきたら、ふちから中央に向かって菜箸で寄せます。
フライパンを傾けながら寄せると、きれいな円形になりますよ。

⑨卵が固まり切らない半熟のうちに、火を止め、滑らせるように、炒めたご飯の上に載せます。
ケチャップをかけて出来上がりです。

もし、卵の賞味期限が過ぎてしまっていたら、半熟ではなくて、しっかりと火を通したオムライスにしてくださいね。

しっかり焼いた卵のオムライスもおいしいですよ。

卵の賞味期限を知り無駄をなくす

卵の賞味期限が思ったよりも長くて、驚いた人もいるのではないでしょうか。

「生」なので、腐りやすいと思われがちですが、殻に守られているので、意外と長く保存しておけますね。

新鮮なうちは、卵かけごはんや半熟卵、温泉卵にしましょう。
そして、賞味期限を過ぎてしまったら、しっかり加熱する料理で早めに食べることを心がけましょう。

賞味期限が過ぎても、すぐに捨てなくても良いということがわかったので、卵を無駄にせずに済みますね。

 - その他食材