玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

タンパク質をしっかり食べてスリムに!体脂肪を分解する方法

      2017/11/30

タンパク質をしっかり食べてスリムに!体脂肪を分解する方法

痩せたいと思ったとき、まず何から始めたら良いのでしょうか。
食事を制限して運動をすれば痩せるはずだと、思いがちですよね。

しかし、この方法だと、逆に脂肪を貯めやすい体になってしまうのです。

そこで、しっかり摂りたいのが「タンパク質」です。
タンパク質を摂ることで、体脂肪を分解して燃焼しやすい体質にすることができます。

これから、その理由と正しいダイエット方法について、お話ししていきます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

自然製法でもトランス脂肪酸フリーのバターは存在しない?

2018年6月にアメリカでは、トランス脂肪酸の使用の規制...

味噌を詰める容器がガラスであるメリットと注意点とは?

味噌というと、スーパーで売られているパック入りの味噌が一...

麦味噌を作ってみよう!試しに2kgを容器に詰めてみよう

麦味噌をご存知ですか? 九州や愛媛県、山口県ではメジャ...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。 多くの人が、精...

カロリーの一日に必要な摂取量はどれくらいなのでしょうか?

飽食の時代と言われて久しい現代、生活習慣病に悩む人々も増...

お茶碗一杯分のカロリー消費にはどんな運動をどれくらい?

秋、食事が美味しくなる季節です。 ついつい箸が進み、食...

枝豆はカロリーが低くてダイエットに最適って本当なの?

夏から秋にかけての旬といえば、枝豆ですよね。 最近は芸能...

おにぎりと大福のカロリーと満足度の比較をしてみた結果…!

お弁当の定番はおにぎりという方も多いのではないでしょうか...

ドライトマトにはどんな栄養がある?カロリーはどれぐらい?

ドライトマトといえば、美容・健康・ダイエットに効果があると...

5kgダイエットするために必要な消費カロリーは?方法は?

年々、付きやすく、落ちにくくなってきました。 これは体...

食事が進まない2歳児!1日に必要とするカロリーの目安は?

かわいい盛りの2歳児は、「魔の2歳児」といわれるぐらいで...

自分のカロリー消費量を知ろう!1日の活動強度ごとに解説

あなたは、自分の体が1日にどれくらいのカロリーを消費して...

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持ってい...

玄米を浸水のために冷蔵庫を使う時の注意点とポイントとは?

冷蔵庫はとても便利な家電で、玄米の保存にも浸水のためにも...

スープジャーで楽しむ!栄養満点な玄米のあたたかいリゾット

健康やダイエットのために、玄米はとても効果的です。 昼...

マクロビは玄米食がメイン!そこに潜む「危険」とは?

海外のセレブも導入していることで日本にも広まった「マクロビ」...

玄米を土鍋で炊く場合、水の量はどれくらい入れれば良いの?

健康ブームに乗って見直されている玄米ですが、炊飯器ではな...

私たちの生活に馴染深くて体に良い玄米やお茶の歴史を教えて

お米もお茶も、私たちの食生活の根幹をなす大変歴史ある食材で...

玄米の早炊き方法を色々紹介!玄米でいつもの食卓をご馳走に

玄米は精白米よりも、炊き方が面倒、普通の炊き方では固くて...

すごい健康パワー!緑茶や玄米茶に含まれる優れた効能とは?

私たちの食生活に、お茶は切っても切り離せない存在です。 ...

スポンサーリンク


エネルギー消費に必要な筋肉はタンパク質で作られている

まず、タンパク質についてお話します。

タンパク質とは、脂質・炭水化物と並ぶ3大栄養素のひとつで、主に体の組織を作る働きがあります。

人の体の組織のほとんどがタンパク質からできており、筋肉や骨を形成するコラーゲン・細胞膜・皮ふ・髪の毛・血液にも含まれています。

ですから、体にはなくてはならない、重要なものなのです。

もし、タンパク質が不足して、体を維持するのに必要な血液や皮ふが作られないと、生命に危険が及びます。
危険な状態にならないように、体は筋肉を分解して、不足したタンパク質を補おうとします。

筋肉は体を動かすだけでなく、熱を生み出してエネルギーを消費する働きがあります。
筋肉が分解されて減ってしまうと、エネルギーの消費量も減ってしまいます。

そのため、エネルギーが消費されないと、体脂肪を分解する必要もなくなってしまうので、痩せるのは難しくなってしまうのです。

分解しやすい脂肪としにくい脂肪

タンパク質によって作られる筋肉は、熱を生み出すことで、エネルギーを消費します。
これによって、体脂肪を分解して燃焼させる働きがあることがわかりましたね。

実は、脂肪にも分解しやすい脂肪と、しにくい脂肪があるのをご存知でしょうか?

それは、褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞です。

褐色脂肪細胞は、体脂肪を分解してエネルギーを消費する働きがあります。
この脂肪細胞を増やせば良いのでは?と思いますが、この細胞は年を重ねるにつれて減っていきます。

増やすことはできませんが、規則正しい生活やバランスの良い食生活によって、その働きを活発にすることはできます。

一方、白色脂肪細胞は、体内で消費しきれなかったものが中性脂肪になり、体脂肪として体に蓄えられたものを言います。

この脂肪は消費しないと、どんどん増えていき、肥満の原因になってしまうのです。
それは、なんとか避けたいですよね?

では、次に、体脂肪を減らすには、どうしたらよいか見ていきましょう。

体脂肪を分解して燃焼させるために必要なこととは?

体脂肪として蓄えられた中性脂肪を減らすには、まずエネルギーを消費して、中性脂肪を遊離脂肪酸とグリセロールに分解する必要があります。

そのためには、有酸素運動を行うことが効果的です。

分解された遊離脂肪酸は、有酸素運動をすることで、エネルギーとして消費されます。

しかし、消費しきれなかったものは、肝臓に送られて、また中性脂肪に合成されてしまいます。

中性脂肪に再合成されないためにも、20分以上の有酸素運動が重要なのです。

また、多くのエネルギーを消費するには、筋肉量を増やすことも効果的です。

筋肉は熱を生み出して、エネルギーを消費します。
筋肉量を増やすことで、少しの運動でもたくさんのエネルギーが消費され、痩せやすい体になるのです。

そのためには、筋肉を作るタンパク質を、食事からたくさん摂ることと、無酸素運動をする必要があります。

無酸素運動は、筋トレや短距離走など、負荷の高い運動のことです。
これを長い期間続けることで、筋肉が作られて、基礎代謝を上げることができます。

また、無酸素運動によって作られた乳酸は、成長ホルモンを分泌させます。
この成長ホルモンは、代謝を上げて脂肪を燃焼しやすくしてくれる働きがあります。

このように、体脂肪を分解し燃焼させるためには、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせて行うことで、より高い効果が得られるのです。

タンパク質を摂らずに運動すると筋肉を分解し始める?

運動をするには、タンパク質を摂る必要性があることがわかりましたね。

では、タンパク質をしっかり摂らず、ただ食事量を減らして運動をすると、どうなるでしょうか?

タンパク質は体の組織を作る働きがあるので、不足すると筋肉を分解して補おうとします。

そうなると、筋肉量は減ってしまい基礎代謝が落ちるので、運動をしてもエネルギーが、うまく消費できなくなります。

さらに、髪の毛にはツヤがなくなり、皮ふは荒れやすく、爪も薄くなるなどの問題も起こりやすくなります。

エネルギーが消費されなくなると、食事摂取量が少なくても、少ないエネルギーで活動できるように体が調整し、体脂肪も貯めやすい体質になってしまうのです。

そうなってしまってから食事を減らすダイエットを辞めて、今までの食事量に戻すと、一気にリバウンドをしてしまいます。

リバウンドは誰しも、したくないですよね。

それでは、食事からしっかりタンパク質を摂るには、どのような食材選びをすると良いか考えてみましょう。

高タンパク質な食材とは?

まず、タンパク質が多く含まれる、代表的な食材からご紹介します。

それは、肉・魚・卵・大豆製品です。

肉は、鶏肉・豚肉・牛肉など、よく食卓に並ぶものから、羊肉のような食卓には珍しいものがあります。

肉の種類によっても、タンパク質の含有量は変わりますが、一番重要なのは脂身が多いか少ないかです。

バラ肉などの脂身が多い部分だと、タンパク質の含有量は減ってしまいますので、ささみやムネ肉などの脂身の少ない部分を選ぶようにしましょう。

魚も同じで、脂の少ないものの方が、タンパク質の含有量は多くなります。

ですが、脂肪が多い魚にはDHAやEPAなどの良質な脂肪酸を多く含まれており、これは血中の中性脂肪を減らす働きもあるため、適度に摂取することをおすすめします。

卵もタンパク質を多く含みますが、その調理法によっては、甘く味付けをしたりすると、砂糖を使い過ぎる可能性もあります。

そこで、ゆで卵にすると簡単で、味もシンプルに食べられるのでおすすめです。

大豆製品には、大豆・豆腐・納豆・豆乳などがあり、これらは低カロリーでもあるので、毎日摂り入れたい食材です。

他にも、ブロッコリーなどの野菜類にも、タンパク質が比較的多く含まれているものがあります。

これらを上手に組み合わせて、運動をしても筋肉が分解されないように、高タンパク質の食事を摂っていきましょう。

間違った食べ方で体脂肪が増える?正しい高タンパク質食の摂り方

これらの食材をやみ雲に食べていくと、カロリーオーバーになって体脂肪が増えてしまったり、運動をしても効率的に体脂肪を分解できない場合があります。

そうならないためにも、上手な選び方をご紹介します。

タンパク質は、複数のアミノ酸が結合してできています。

アミノ酸の中には体内で合成できない、必須アミノ酸というものがあります。
体内で合成できないということは、食事から摂っていく必要があるのです。

この必須アミノ酸を多く含む食品ほど、良質なタンパク質が摂れる食品ということになります。

良質なタンパク質を含む食品のほとんどが、肉・魚・卵などの動物性食品です。

植物性食品は、タンパク質を多く含んでいるものでも、必須アミノ酸を含む食品はあまりありません。
ですが、その中でも大豆製品はアミノ酸のバランスが良く、積極的に摂って欲しい食品です。

このように、良質なタンパク質を多く含む動物性食品ですが、植物性食品に比べると高カロリーです。

食べ過ぎるとカロリーオーバーになってしまうので、脂身の少ない動物性食品を選ぶとともに、なるべく大豆製品を毎日1回は摂り入れるようにしましょう。

タンパク質の摂取量の目安は、普通の人で「1(g)×体重(kg)」で、運動量や筋肉量の多い人はその1.5~2倍量が必要になってきます。

運動量が多く、必要量が食事からすべて摂れない方は、プロテインのサプリメントの活用も効果的です。

ダイエットにはタンパク質が必須!

良いダイエット方法は、筋肉を付けて、体脂肪を分解し消費することです。

そのためにも、タンパク質をしっかり摂って運動し、筋肉を増やすことが大切ということがわかりましたね。

安易な食事制限はカロリー不足になり、健康も損なってしまいます。
正しい食事と運動で、美しい体型を手に入れましょう。

 - 健康的なダイエット