コーヒーにミルクを入れるなら、だんぜんクリープで決まり!

ちょっとしたひと休みに、コーヒーを飲みますよね。
疲れているときには、甘めのミルクを入れたコーヒーが飲みたくなりませんか?

コーヒーに入れるミルクは、クリープがおすすめです。

なぜ、クリープがおすすめなのか、コーヒーに入れるミルクについて、今回はお話ししていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

食生活改善のためのレシピ!どんな料理なら毎日続けられる?

現代はストレス社会。忙しくて不規則な毎日に栄養の偏った食事を続けていれば、いずれ生活習慣病の罠...

オーガニック食品をギフトにしてみよう!

近年、オーガニック食品が人気ですが、注目されている理由は何でしょうか。また、「おすすめのオーガ...

インドではカレーを食べる時など食事の際は左手は使わない?

皆さんは、インド料理って好きですか?日本でも大人気のインド料理・・・ランチタイムやディナータ...

どうしたらいい?手作りした甘酒から麹のような変な臭いが!

「せっかく作った甘酒なのに変な臭いがする…」そんな経験はありませんか?腐っているのか、そ...

オーガニック野菜が高い!安く仕入れるための3つの方法とは

この記事では、人気のオーガニック野菜について詳しくご説明していきます。オーガニックの意味につ...

食用色素について!どんなもので黒は作れる?作り方教えます

皆さんは、食用色素って聞いたことがありますか?お菓子作りを趣味としている方は、特によくご存知だ...

沖縄の味噌汁はもはやおかず並み!簡単美味な作り方もご紹介

長寿番付で日本一になったことのある沖縄。沖縄で暮らす人々は、昔から長寿なことで知られています...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。春を告げる山菜として人気が高いのがふきのと...

生きた菌が作り出す醤油の微生物と美味しい味の関係とは!?

醤油は古くから親しまれてきた発酵調味料です。醸造品とも言われますが、発酵に必要な物がお酒やビ...

アメリカ料理の特徴は?肥満男性、女性は玄米ダイエットを!

常に世界において、注目度が高い国・・・アメリカ。アメリカといえば、世界一の経済大国で有名です...

江戸時代の藩の役職、食べ物にまつわる面白いものがあった!

今も昔も、食べ物にまつわる職業はたくさんあります。江戸時代、各藩にも食べ物や食事にまつわる役...

江戸時代の庶民の食事はどんなものを?現代の日本人との違い

現代は身分の差もなく、農業も機械などを使い効率よく作物を収穫することができ、好きなものを食べること...

白米よりも玄米のほうが価格が高い?なぜ?どうして?謎解明

お米は、日本の主食ですよね。そんなお米を、誰でも買いに行ったことがあると思います。ス...

味噌煮込みうどんは名古屋!有名店や家庭のレシピをご紹介!

名古屋メシの定番レシピと言えば、味噌煮込みうどんですよね。鍋で煮込むうどんなのに、冬はもちろ...

男性の一人暮らしで必要な1か月の生活費の平均はいくら?

男性の一人暮らしで必要な1か月の生活費はどのくらいだかご存知ですか?20代で社会人になると一...

スポンサーリンク

あなたはコーヒーにミルクを入れる派?入れない派?

あなたはコーヒーを飲む際に、ミルクを入れる派ですか、入れない派ですか。

カフェでコーヒーを注文すると、砂糖とミルクが付いてきますよね。

自宅で来客があったときのために、粉末クリームの「クリープ」を常備しているお家もあります。

どちらにも対応できるようにの配慮ですよね。

子どもの頃は砂糖とミルクが入っていないと飲めなかったけれど、大人になってから砂糖・ミルクなしのブラックで飲んでいるという人も多いですね。

砂糖・ミルク入りのコーヒーなんて、コーヒーとして認めない!とまで言う人もいるようです。

ただ、これは好みの問題なので、どちらが良い、悪いというわけでもありませんよね。

しかし、日本では、やはり砂糖・ミルクなしのブラックで飲む人が多いようです。

日本人はシンプルな味付けを好みますので、そのままの素材の味を楽しみたいという人が、多い傾向にあるようです。

ちなみに、世界的にみると、コーヒーには砂糖・ミルクを入れる方が、一般的な飲み方とされています。

カフェの本場イタリアでも、エスプレッソには大量の砂糖を入れて飲みます。

ブラックで飲むのが普通だと思っている、日本人の方が世界的には珍しいのです。

しかし、そんな日本人でも、クリームの入った優しいコーヒーが飲みたくなるときがあるはずです。

今回は、コーヒーのミルクについてお話したいと思います。

コーヒー用のミルクには2種類ある

実はミルクには、植物性と動物性の2種類があります。

コーヒー用のミルクと言えば、個包装になっているポーションタイプのものを思い浮べると思います。

安価で、常温で保存でき、賞味期限も長くなっています。
このようなコーヒー用ミルクは、植物性のものです。

植物油脂にお水を添加して、乳化剤で均一にしています。
コーヒー用ミルクといっても、乳製品が含まれていないことが多いです。

動物性というと、牛乳や生クリームです。

きちんとした喫茶店やカフェに行くと、コーヒーにはミルクピッチャーに入った牛乳や、生クリームが付いてきます。

牛乳や生クリームは賞味期限が短く、高価なので使いにくいという欠点もありますが、味わいの違いがはっきりしています。

そのため、コーヒーが美味しいお店は、動物性のクリームを使っていることがほとんどです。

植物性のコーヒー用ミルクは、乳製品ではありませんので、使用するのはあまりおすすめしません。

ただ、お家でコーヒーを飲むときに、わざわざ牛乳や生クリームを用意するのは大変ですよね。

普段はミルクなしの人でも、優しいミルクコーヒーが飲みたいときもあります。

そのようなときに、活用してほしいのが「クリープ」です。

コーヒー用のミルクにはクリープがおすすめ!

クリープは、粉末状のクリームパウダーです。

クリープのメリットは、なんといっても保存性です。
牛乳や生クリームは、賞味期限が短く、冷蔵庫で1週間程度しか持ちません。

しかし、クリープは粉末になっているため、常温でも1年程度保存できます。

冷蔵庫で保存する必要もないため、冷蔵庫がない場所でも置いておけます。

例えば、冷蔵庫のない職場に置いておけば、ミルクコーヒーが飲みたいときでも、すぐに飲むことができますよね。

さらに、うれしい点があります。
粉末のため、コーヒーを薄めることなく、冷ますことなく使えることです。

牛乳や生クリームを使ってミルクコーヒーを作ると、コーヒーが薄まってしまいますし、冷たい牛乳では、コーヒーをぬるくしてしまいます。

これではコーヒーではく、「コーヒー牛乳」になってしまいます。

粉末クリームであるクリープを使えば、そのような心配はありません。
ミルクのおいしさがぎゅっと詰まった、濃厚な、温かいミルクコーヒーを楽しむことができます。

なぜクリープが良いの?

しかし、それでは、ほかのクリームパウダーでも同じなのではないかと思いますよね。

クリープは、ほかのクリームパウダーとは違うのです。

実は、クリームパウダーは、植物性のものが多く出回っています。

植物性のミルクについては、前の項でお話しましたよね。
あまりおすすめしません。

しかし、クリープは、ミルクから生まれた粉末クリームです。
クリープは日本で唯一、ミルクから生まれた成分を原料にした、粉末クリームなのです。

牛乳の味が凝縮されており、乳脂肪分が含まれています。
香料や着色料も不使用です。

ミルクから作られているからこそ、まろやかで甘い風味を持っています。

クリープだけを舐めるのが好きという人がいるくらい、濃厚で甘くて、リッチな味わいです。

コーヒーとの相性を考えて作られているので、コーヒーともベストマッチです。

牛乳よりも、クリープを入れる方がコーヒーが美味しくなるとも、言われているんですよ。

クリープの甘さとクリーミーさは、牛乳には出すことのできない、コーヒーの美味しさを引き出しているのです。

クリープはコーヒーだけじゃない!

クリープの魅力は、ほかにもあります。

クリープというと、コーヒーや紅茶に入れるものと思いますよね。

しかし、前項でお話しましたが、クリープはミルクから作られています。

ですから、牛乳や生クリーム代わりに、料理に使うこともできるのです。

牛乳や生クリームと違って保存性が高いので、常備しておけば手軽に、料理にコクやクリーミーさをプラスすることができます。

牛乳を使う料理には、ほとんど使えます。

余ってしまったら、ぜひ料理に活用してみましょう。

★クリームパスタ
牛乳にクリープを足すと、濃厚クリームになります。

★オムレツ
牛乳代りにクリープを足すと、まろやかなオムレツになりますよ。

★ビーフシチュー
クリープのコクで濃厚に仕上がります。

★ナポリタン
クリープがトマトの酸味を和らげて、クリーミーにしてくれます。

ほかにも、ホワイトソース・クリームシチュー・ポタージュ・ポテトサラダなどに使うのも、おすすめですよ。

アイスクリームやミルクゼリーなどの、お菓子作りに使うこともできます。

クリープが余ったら!クリープ活用レシピ

牛乳を買い忘れたから作れない!となりがちなクリームシチューも、クリープがあれば作れます。

クリープが余ってしまったときにも使えます。
あえて、クリープで作ってみるのもアリですよ。

★クリープのかぼちゃシチュー

【材料】

・かぼちゃ 1/4個
・玉ねぎ 1個
・鶏肉 200g
・ブロッコリー 1/2個
・バター 大さじ2
・にんにくすりおろし 1片
・塩コショウ 少々
・お水 1.5ℓ
・シチュールウ 230g
・クリープ 大さじ4
・じゃがいも 1個

【作り方】

①かぼちゃは種を取り除き、ひと口大に切っておきます。
鶏肉・玉ねぎ・ブロッコリーは、ひと口大に切ります。

②鍋にバターを入れ、かぼちゃ・玉ねぎ・鶏肉・にんにくすりおろしを入れて炒めます。
塩コショウで、下味をつけておきます。

③鶏肉の色が変わり、玉ねぎがしんなりしてきたら、お水を加えて、煮立たせます。
アクが出てくるので、取りましょう。

④ブロッコリーを加えて、さらに7~8分煮ます。

⑤シチュールウを加えて、溶かします。
溶けたら、クリープを加えます。

⑥ジャガイモの皮をむき、生のまますりおろしてシチューに加えます。
煮込んで、とろみがついたら完成です。

クリープのミルクの風味で、牛乳なしでも、まろやかなシチューになります。

コーヒーだけではないクリープの魅力、ぜひお試しください。

もっとクリープを活用しよう

コーヒー用ミルクと言っても、種類があることに驚きましたね。

動物性と植物性では、風味に大きな違いがありますので、気にしてみると良いですよ。

クリープが、料理にも使えるということを知らなかった人もいると思います。

余ったクリープは、ぜひ活用してください。
もちろん、コーヒーのお供にも使ってくださいね。