玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

麦茶を作る容器の名前って何だっけ?容器を選ぶポイントは?

      2017/11/16

麦茶を作る容器の名前って何だっけ?容器を選ぶポイントは?

世の中には、たくさんのものが存在しますが、けっこう名前が分からないものもありますよね。

例えば、夏に活躍する、麦茶の容器!
「麦茶を入れる・作る」といったことだけで、名称が分からないですよね。

いったい、何と呼べばいいのでしょうか。
また、どんな容器が使いやすいのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カロリーゼロ甘味料の魅力とは?人気商品の特徴や用途を探る

1973年にお茶の間に初めて登場した、低カロリー甘味料「シュ...

米麹の甘酒はスーパーで買える!手軽な手作り甘酒もご紹介!

アミノ酸を豊富に含み、健康に良い飲み物として、甘酒は近年ブー...

オーガニックや無添加食品はやっぱり安心!おすすめ5選

現代はたくさんの食品に囲まれ食べることに困らない豊かな時代と...

1人暮らし向け電子レンジとオーブンレンジのおすすめ8選!

これから1人暮らしを始める方、1人暮らしで電子レンジやオーブ...

グルテンフリーなパンなら市販のアレルギー除去米粉パンを!

パン屋さんに並ぶさまざまな種類のおいしそうなパン。 そ...

甘酒や麹は市販の健康食品の中でも大人気!おすすめ理由詳細

今の食生活を改めて見つめてみた時に少し不安を感じることはあり...

味噌鍋にご飯を入れて美味しい雑炊を作るレシピをご紹介

味噌鍋を食べた後のスープを使って、うどんや雑炊を作ると美味し...

冬に食べたい味噌煮込み料理のレシピ!人気の食材は?

味噌煮込みの料理というと、恐らく誰もがイメージするのは愛知県...

味噌と豆腐でメインのおかずになる料理の作り方をご紹介

豆腐をそのまま使うだけでなく、より美味しく食べるために、豆腐...

バランスの良い食生活改善はダイエットだけでなく美容効果も

私たちは、食生活改善をすることでダイエットになり美容にも効果...

食事改善で便秘を軽減し、運動の継続で更に効果が見込める!

体に何らかの病的症状が見られた時、つい、薬に頼ってしまう傾向...

健康のためには食事改善!タンパク質はプロテインで補おう!

ダイエットやメタボリックシンドロームの予防のためには、食事改...

食事改善とダイエットを家事をしながら成功させてみよう!

健康のために、食事改善とダイエットに取り組んでいる方も多いこ...

海老と味噌を使ったヘルシー料理で美味しく食事改善を図ろう

健康の秘訣は、バランスの良い食事と適度な運動です。 食...

メタボリックシンドロームは食事改善で生活習慣病も防ごう!

飽食の時代と言われ、食べ物にあふれた生活を私たちは送っていま...

カロリーが高い食品や食材は一番太る?色々な食品を比較

カロリーが高いと太る、カロリーが低いと太らないと、よくいわれ...

美味しくて健康に良いと評判のオーガニックティーとは?

健康志向の現代人に、オーガニックティーが人気になっています。...

豚肉の味噌鍋レシピは色々!自分だけのオリジナルレシピ作り

寒い時には、身体が温まる味噌鍋レシピは最高ですね。 豚...

豆腐に味噌マヨネーズを合わせ栄養効果を上げるレシピを紹介

豆腐は、手軽に摂れるたんぱく質食品です。 歯が痛い時や...

子どものころから食生活改善!痩せるだけではないダイエット

私たちのほとんどは、ダイエットと痩せるという言葉を同じ意味と...

スポンサーリンク


麦茶を作る原材料の種類と名前①

夏になると、水分補給をたくさんするようになりますから、水出しなどで、たくさん作れる麦茶が欠かせませんよね。

麦茶はカフェインが入っていないので、家族みんなで飲めるお茶です。

麦茶を入れる容器の名前を知る前に、少し麦茶のお話をしますね。

麦茶には、種類があります。

【六条麦茶】

一般的な麦茶の種類です。
タンパク質によって、焙煎したときに良い香りに変わります。

アルキルピラジンという麦茶に含まれた成分が、サラサラな血液にしてくれます。
ミネラルが含まれているので、利尿作用が働き、むくみを解消するのに効果的です。

【二条麦茶】

麦茶にも使われていますが、ビールや焼酎など、お酒の材料としても使われています。

六条麦茶と比べると、香りと苦みが、少し抑えられます。
効能は六条麦茶と、ほぼ同じです。

【四条麦茶】

他の大麦よりも、タンパク質が多いのが特徴です。
扱いにくいことから、麦茶としては日本では、ほぼ流通していません。

麦茶を作る原材料の種類と名前②

【はと麦茶】

こちらは麦ではなく、イネ科の植物になります。
香ばしい香りが特徴で、スッキリとした味わいです。

はと麦に含まれるヨクイニンという成分は、シミ・ソバカス・ニキビなど、肌トラブルに効果があります。

【胡麻麦茶】

サントリーの特定保健用食品扱いの麦茶です。
大麦・はと麦に加え、黒ゴマや大豆、血圧を下げる効果のある、胡麻ペプチドを配合しています。

【赤ちゃん麦茶】

原材料はメーカーによって、さまざまです。
統一して言えることは、赤ちゃん用に薄められているということです。

このように、たくさんの原材料から、麦茶は作られています。

家族みんなで飲める麦茶ですが、注意点がいくつかあります。

・自宅で麦茶を作るときは、麦茶は日持ちしないので、1~2日で飲み切る量を目安に作りましょう。
・体を冷やす効果が麦茶にはありますので、飲み過ぎには注意しましょう。
・小麦アレルギーの方は、小麦成分と似ている、はと麦を飲む際は医師に相談しましょう。

以上のことに注意しながら、麦茶を飲みましょう。

では、本題の麦茶を作る容器の名前を、次項で見ていきましょう。

麦茶を作る容器の名前

麦茶を作る容器の名前のひとつ、「冷水筒(れいすいとう)」というものがあります。

冷水筒とは麦茶以外でも、お水や飲みものを入れて、その名の通り、冷蔵庫に入れて冷やすことができる容器です。

性質は、プラスチック製、ガラス製などがあります。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

【プラスチック製】

とても軽いので、1~2ℓと大容量作れるサイズが豊富です。
価格もリーズナブルで、万が一落としたときも、割れる心配がありません。

難点は、洗うときに傷つきやすいので、その傷に汚れが付着し、カビが生える原因になってしまいます。
長く使っているものは、そういった所を点検し、新しいものと交換することも大切です。

【ガラス製】

ガラス製は、傷が付きにくく、付いた汚れも落としやすいです。

衛生的なことを考えるとおすすめですが、プラスチック製と比べると少々重く、落とした場合は割れてしまう可能性のあるので、取り扱いには注意が必要です。

いろいろな名前がある麦茶を入れる容器

麦茶を作る容器として挙げられる名前は、他に「ピッチャー」というものがあります。

ピッチャーとは、コップやグラスに飲みものなどの液体を、注ぐための容器を意味します。
素材は、アクリル製やガラス製があります。

アクリル製はガラス製をしのぐ透明性で、耐久性があります。
万が一、破損してしまうことがあっても、ガラス製のように破片が飛び散る心配が少ないです。

麦茶を入れるだけではなく、ビールを入れる「ビールピッチャー」や、ミルクを入れるための「ミルクピッチャー」などと、用途によって呼び名は変わります。

横置きできるものも販売されているので、冷蔵庫の隙間に置けて便利ですよ。

これらの麦茶を入れる容器は、いろいろな呼び方をされています。

・ガラスポット
・水出しポット
・麦茶ポット
・ポット冷茶
・冷水ボトル
・ガラスジャグ
・ウォーターピッチャー
・ウォーターポッド

麦茶を作る容器の選び方

いろいろな名前で呼ばれている麦茶の容器ですが、使いやすいものを選びたいですよね。

ご自身にベストな容器を選ぶポイントを、ご紹介します。

【容量・サイズ】

容量ですが、子供でも持ち運びが楽で、少量の麦茶を作りたいときなどは、1ℓのものがおすすめです。
家族みんなで飲む場合は2ℓのものなど、環境に合わせて選びましょう。

サイズですが、購入しても、冷蔵庫に入らないと困ってしまいますよね。

容器に取っ手が付いている場合など、邪魔にならず、すぐに取り出せる場所に収まるかをチェックしましょう。

【素材】
プラスチック製が良いのか、ガラス製が良いのか、先ほどご紹介した容器の特徴を参考にしてみてくださいね。

【注ぎやすさ】
簡単に蓋を開けられるかどうかが、注ぎやすさに直結します。

簡単に開けられるものでも、中には漏れやすい容器もあるので、蓋の密着性も併せてチェックしましょう。

注ぎ口が狭く、くぼんでいない容器だと、少々注ぎにくい傾向があります。
口コミや商品レビューを見て、実際に使った人の意見を参考にしてみるのもいいですね。

【洗いやすさ】

麦茶は茶渋が付きますし、衛生面を考えても、洗いやすい容器がおすすめです。
パーツが少なくて、簡単に取り外しのできる容器がいいですよ。

また、容器の開口部が狭いと、手を入れて洗えないので、開口部が広めで洗いやすいかどうかをチェックしてみましょう。

便利な機能で麦茶の容器を選ぶ

同じような容器でも、メーカーは便利に使えるように工夫をしています。
そういった機能面でも、麦茶を入れる容器選びの基準になります。

【耐熱製】
耐熱かどうかは、商品の名前やラベルに書いてありますので、チェックしてみてください。

耐熱の容器なら、お湯で沸かした麦茶も、そのまま容器に移せます。
耐熱温度が100℃以上であれば、熱湯消毒も可能なので、お手入れも簡単にできます。

しかし、注意しなくてはならないことがあります。

熱いものを入れて、いきなり容器の蓋をしてしまうと、圧力の関係で、容器そのものが割れてしまう危険があります。

常温まで冷めてから、蓋をしましょう。

【横置き】
飲みものは、冷蔵庫のドアポケットに置くことが多いと思います。

取り出しやすく、漏れる心配もないですよね。

ですが、ドアポケットは他の飲みものでいっぱいで置けない、大容量の容器がいいけれど、ドアポケットに収まらない、といったときは、横置きができる容器が活躍します。

横にしても漏れにくい、蓋の密着性をチェックしましょう。

【茶パック入れ・茶こし】
麦茶を作るお茶パックが、取り出しやすいように配慮されている容器や、茶葉を入れる茶こしが付属されている容器も販売されています。

お茶パックや茶葉が、ずっと容器に入っているのは、衛生的にも良くありませんし、味も変わってしまいますよね。

この機能があると、お茶ができたらすぐに取り出せるため、便利です。

愛着の持てるものを選ぼう

実は、いろいろな呼び方のあった、麦茶の容器。
ご家庭で、どんな風に呼ぶか、決めるのも面白いですよ。

毎日のように、お使いになるのであれば、ご自身が扱いやすい容器を選びましょう。

お気に入りのものが見つかれば愛着も持てますし、日々の暮らしが、豊かになりますよ。

 - 食文化・食生活