玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

知らなかった!?ヨーグルトを作る生物の役割と効果

      2017/11/09

知らなかった!?ヨーグルトを作る生物の役割と効果

ヨーグルトを作るのに、必要な微生物である乳酸菌。
普段、ヨーグルトを食べていても、特に気にすることもないですよね。

しかし、乳酸菌はヨーグルトを美味しく作ってくれるだけでなく、私たちにとても良い効果を発揮する、大切な役割をしているのをご存知でしょうか。

今回は、乳酸菌の働きについてや、簡単に自家製ヨーグルトを作る方法をご紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

トランス脂肪酸の含有量にこだわった日本のマーガリン

みなさんは、トランス脂肪酸をご存知ですか? トランス脂...

トランス脂肪酸が含まれたマーガリンの代用となるものは何?

パンに塗るのに欠かせないマーガリン。 そのマーガリンに...

野菜ジュースに頼りたいけど、どれくらいの栄養がとれるの?

野菜ジュースの種類は沢山ありますが、種類によってとれる栄...

家庭での味噌の作り方!大豆1kgの作りやすい分量でご紹介!

最近は発酵食が美容と健康に良い効果を与えると見直され、味...

田楽の味噌レシピをご紹介!残ったときのアレンジも

囲炉裏端で田楽を食べたことはありますか? 田楽は豆腐や...

豚肉の味噌焼きは驚きのカロリー控えめなダイエット料理

豚肉の味噌焼きは美味しくて、それだけでご飯がいくらでも食...

味噌汁の塩分濃度は何パーセントなのか?計算方法もご紹介

日本の食卓に欠かせない味噌汁。 しかし、塩分が高くて高...

手前味噌の作り方のコツは?初めてならビニール袋がおすすめ

最近、手作りの味噌が話題になっています。 手前味噌とも...

絶品!本格味噌鍋がカンタンに3ステップで完成!レシピ6選

鍋といえば、鍋つゆが命です。 後は好きな具材を入れるだ...

味噌汁の簡単レシピをご紹介!一人分を作る便利な方法は?

一口すするとホッとする味噌汁は、食卓の一品として欲しくなり...

別茹でなし!味噌煮込みうどんのレシピ!乾麺使用で時間短縮

うどん料理を作るとき、皆さんは市販の茹でうどんを使います...

美味しい味噌ラーメンの作り方は?簡単・本格両方紹介!

ラーメンは、とんこつや鶏を煮て、時間がかかるイメージです...

味噌入り鍋はおいしいうえに栄養満点!人気レシピの作り方

味噌入り鍋は体が温まりますし、野菜の甘味と味噌のコクが一...

手作り味噌の容器の大きさは?口の広さや大きい方がよい理由

近頃は、手作り味噌の材料や、容器がネット通販で買いやすく...

簡単な味噌汁のレシピ!栄養豊富なオクラを食べてみましょう

意外に知られていませんが、オクラは栄養が豊富です。 特...

焼きおにぎりに味噌を塗ってシソを添えると味と香りがアップ

焼きおにぎりには、味噌と醤油味があります。 こんがり焼...

ズッキーニを相性の良い味噌とチーズで美味しく食べよう!

みなさんは、ズッキーニを食べたことはありますか? ラタト...

手軽でおいしい味噌汁の作り方!なすの定番・斬新レシピ

なすの味噌汁と言えば定番の味噌汁の具のうちの一つかと思い...

毎年味噌を手作りするならホーロー。おすすめする5つの理由

手作り味噌のおいしさを一度知ったら、やみつきになってしま...

寒い冬にはユリ根の味噌汁はいかが?意外に豊富なレシピ公開

冬の高級野菜、ユリ根はどんな食べ方が好きですか? とは...

スポンサーリンク


私たちの生活と微生物

私たちの身近には、たくさんの微生物がいます。

微生物とは、細菌・ウイルス・原生動物など、たくさんの目に見えない生物たちのことです。
空気中にも、水の中にも、私たちの体内にも、そこら中に存在しています。

細菌やウイルスと聞くと、悪いイメージばかり思い浮かんでしまいますが、微生物は色々な働きをして、私たちの生活に役立ってくれています。

例えば、乳酸菌と聞けば、馴染みのある名前で、良いイメージも浮かんでくるのではないでしょうか。

乳酸菌は生育に必要なエネルギーをつくるために、ブドウ糖・乳糖などの糖類、炭水化物を分解して、乳酸を作り出してくれる細菌です。

この乳酸菌は、味噌・バター・チーズなど、発酵食品に使われています。

食品によって使う乳酸菌は違いますが、今回はヨーグルトを作るために必要な生物である乳酸菌について、お話ししていきます。

ヨーグルトを作るときに使われる微生物

まず、ヨーグルトを作るには、牛乳を発酵させる必要があります。
そのためには、スターターと言われるものを使用します。

スターターとは種菌のことで、ヨーグルトを作るときに、原料である牛乳に添加する生物のことです。

乳酸菌と言っても、種類はたくさんあります。
よく聞く名前だと、ビフィズス菌やブルガリア菌などです。

乳酸菌によってできた乳酸が酸味を出し、牛乳のたんぱく質を固めることで、ヨーグルトは出来上がります。

国際機関では、ヨーグルトのスターターは、ブルガリア菌とサーモフィラス菌の2つに制限されています。

しかし、日本にはスターターに制限は特になく、スターターには色々な種類の乳酸菌を組み合わせることができるので、メーカーによって使われる乳酸菌も割合もさまざまです。

とは言っても、スターターはヨーグルトの風味や食感に、かなり大きく影響を与えます。

一般的には、ブルガリア菌とサーモフィラス菌を同じ割合で使用すると、酸味・風味ともに良いと言われています。

なので、日本においても、この2つが使用されていることが多いようです。

2つの微生物を組み合わせて作る理由

なぜ、数種類の乳酸菌を組み合わせてヨーグルトを作るかというと、もちろん美味しいヨーグルトを作ることができるからです。

今回は、一般的に使われるブルガリア菌とサーモフィラス菌の2つの組み合わせでお話ししますが、この2つはヨーグルトを美味しくする部分が違います。

どういうことかと言うと、ブルガリア菌はヨーグルトの風味を良くし、サーモフィラス菌はヨーグルトの舌触りを良くしてくれるのです。

ヨーグルトの良さを引き出す部分が違うので、組み合わせて使えば、一層美味しくなるのです。

また、この2つの微生物はかなり相性が良く、一緒にいたほうが、乳酸生成を活発に行ってくれます。

ブルガリア菌は正常に細胞分裂するために蟻酸(ぎさん)が必要になるのですが、サーモフィラス菌は代謝するときに蟻酸を出します。

ですので、サーモフィラス菌と一緒にいることで、ブルガリア菌は問題なく蟻酸を得ることができるのです。

また、サーモフィラス菌は乳たんぱくの分解力が弱いですが、ブルガリア菌は乳たんぱく分解力が比較的強いので、一緒にいることでしっかり生息できます。

お互いを補い合うことで増殖して、たくさんの乳酸を生成し、乳酸発酵を高め合うことで、美味しいヨーグルトを作ることができるのです。

ブルガリア菌とサーモフィラス菌は、最高のパートナーなのです。

菌がヨーグルトにもたらす色々な効果

ヨーグルトに使われるブルガリア菌やサーモフィラス菌は、風味や食感だけでなくヨーグルトに良い効果を発揮してくれます。

まず、乳酸菌から酸が作られることでヨーグルトは酸性になり、病原菌や腐敗菌を抑制してくれます。
このおかげで、ヨーグルトは保存性を高め、長く保存できるようにしてくれます。

ヨーグルトは、牛乳よりも日がもつのは、このためです。

他にも、乳酸発酵されたことにより、ヨーグルトは消化されやすく、吸収されやすい形に変わります。
ですので、お腹を壊しやすい人も、ヨーグルトだと食べることができます。

また、乳酸菌は私たちの体内に入ることで、胃や腸の働きを受け、私たちに良い効果をもたらしてくれます。
消化を促進させ、便通を良くするほか、免疫力を高めて、有害な物質を除去してくれるのです。

実は乳酸菌は、整腸作用に効果のある薬品を作るのにも使われているほど、効果があるのです。

乳酸菌自体は、体内に入る前は生きています。
体内に入り、腸にたどり着くまでに死んでしまうこともありますが、効果には問題はありません。

乳酸菌は、私たちにとって、とても強い味方な生物なのですね。

ヨーグルトを作る方法①

スターターである乳酸菌さえあれば、ヨーグルトは私たちでも作ることができます。
意外と簡単に作ることができますので、ぜひ自家製ヨーグルトを作ってみてください。

その乳酸菌なんて生物を、どこで手に入れるの?と思うかもしれません。

懸命に探す必要はなく、市販のヨーグルトの中に乳酸菌が潜んでいるので、これを使います。

市販のヨーグルトと牛乳さえ用意すれば、自家製ヨーグルトは作ることができます。

ヨーグルトの選び方ですが、まずプレーンのものをオススメします。
ゼラチンや甘味料、ゲル化剤などが入っていないものを選んでください。

そして、自分の好みの乳酸菌や、味のものを選ぶようにしましょう。

用意するものは

・プレーンヨーグルト 100g
・牛乳 1ℓ
・容器と保温するもの

です。

ヨーグルトを作る方法②

容器に、プレーンヨーグルトを入れます。
そして、鍋に牛乳を入れ、沸騰させます。

沸騰した牛乳を35度~40度ほどに冷ました後、プレーンヨーグルトを入れた容器に、かき混ぜながら少しずつ加えていきます。

そして、保温したまま、5時間ほど置いたら完成です。

ヨーグルトは40度前後のときに活発に発酵するので、ヨーグルトメーカーなしで作るときは、発泡スチロールなどで、しっかり40度くらいで保温できる状態にしてください。

ゆすってみて、固まっていれば、できています。
作ったものは、なるべく早めに食べきりましょう。

自家製のヨーグルトをスターターとして使って、新たにヨーグルトを作ると、安く作り続けることができますが、変質には気を付けてください。

衛生面的にも何か異変を感じたら、すぐに処分するようにしてください。

自家製のものだと、何回か作ると乳酸菌が弱ってきてしまって、上手くできないこともあるようです。
数回作ったら、また市販のヨーグルトで、1から作ることをオススメします。

乳酸菌のことを知ったら、微生物に良いイメージも持てたのではないでしょうか?
ヨーグルトは健康にも良いですし、自家製のものを作って食べてみてくださいね。

乳酸菌の魅力

乳酸菌にも様々な種類がいて、働きが少しずつ違うというのは、とてもおもしろいですね。
その種類によって、作るヨーグルトにも変化が出るのも、とてもおもしろいです。

そう考えれば、メーカーによってヨーグルトが少しずつ、風味や食感が変わってくるのも納得です。

使っている乳酸菌の違うヨーグルトを食べ比べたり、作ってみるのも面白いかもしれませんね。

 - その他食材