夜中にアイスを食べたら太る?太らないアイスの食べ方は?

夜中に、アイスが無性に食べたくなった経験がある人は、多いのではないでしょうか。

しかし、「太る」という考えが真っ先に思い浮かび、食べるのを我慢する人もいるでしょう。

ここでは、夜中でも気にせずに、アイスを食べられる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

チーズダイエットの方法教えます!実践してブログにのせよう

みなさん、グラタンやピザは好きですか?これらを作るのに、なくてはならない材料のひとつに、チー...

脂肪燃焼スープダイエットの回復食は美味しい玄米リゾットを

野菜スープを1週間食べ続ける「脂肪燃焼スープダイエット」をご存知でしょうか。これは、短期集中...

楽しくカロリー消費ができるウォーキングの消費量と計算方法

色々な自治体で、肥満予防や健康のために、ウォーキングでカロリー消費をすることを勧めています。...

毎日の食生活改善でしっかり栄養摂取して上手にダイエット

みなさんは、ダイエットは痩せることだと思っていませんか?実際、痩せることを、「ダイエット」の言...

ダイエットではカロリーの高いメニューに特に気をつけよう!

自分の体重を減らすために、または生活習慣病の予防のためにダイエットを考えている方も多いでしょう。...

食べる断食!?七号食ダイエット!リバウンドしない方法は?

断食と聞くと食べ物は食べずに体重を落とすイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。しかし...

片栗粉と小麦粉のカロリー差は?栄養成分の違いと使い分け

普段の料理やお菓子作りでよく使い、外食でも口にする機会の多い片栗粉や小麦粉。何気なく口にしていて...

30代専業主婦の摂取カロリーの目安は?おすすめダイエット法

専業主婦になって太りやすくなったという女性はいらっしゃいませんか?その理由の一つとして、20代...

食事改善のダイエットとは?痩せることだけが目的ではない

本来、ダイエットという言葉はイコール「痩せる」ということではありません。美容や健康維持のため...

米ぬかには、ダイエット効果がある!?米ぬかのパワーとは!

米ぬかってご存知でしょうか。米ぬかは、玄米を白米に精米する過程で出てくる、茶色い粉のことを言い...

オムライスやパスタのカロリーは?ダイエット中はNGなの?

洋食の代表選手であるオムライスやパスタには、根強い人気がありますよね。できれば毎日でも食べたい...

玄米80gのカロリーや栄養とダイエットに活かす方法とは?

玄米は薄皮に包まれている分、よく噛んで食べる必要があるため、満腹感を得やすいダイエット向きのごは...

カロリー制限中の人必見!ダイエットに効く肉と米の食べ方

カロリーが気になる方にとっては、何がダイエットに効果的なのか気になるものですよね。食生活を野...

体重が気になる人も大丈夫!カロリーオフなクッキーレシピ

普段口にしているクッキーはバターたっぷり、小麦粉もしっかり入っていて、なかなかカロリー控えめとは...

1000キロカロリーの一食は多い?摂ったら動いてしっかり消費

私たちが一日に最低限、何もせずに必要とするエネルギーを基礎代謝と言います。成人女性の場合は、...

スポンサーリンク

夜中のアイスは太るのか?

夜中に無性にアイスを食べたくなってしまった場合、食べるか食べないかで悩んだ経験のある人は多いでしょう。

夜中はこれから寝る人がほとんどなので、寝る前にお菓子であるアイスを食べてしまうのは、少し悩んでしまうものです。

その理由として、最も大きく挙げられるのが「太る」ということです。
ダイエット中や食事制限中であれば、特にこのことを気にしてしまいますよね。

また、ダイエット中などであれば、甘いものが食べたくなってしまう人も多いので、夜中のアイスの誘惑に負け、食べてしまって後悔してしまう人もいるでしょう。

しかし、夜中のアイスでも低カロリーなアイスであれば、そこまで気にすることもありません。
そのため、夜中にアイスを食べたからといって、太るというわけではないのです。

しかし、夜中に高カロリーなアイスを食べてしまえば、摂取したカロリーを体が消費しきれずに、脂肪となって蓄積されるため、やはり太る原因となってしまいます。

つまり、夜中にアイスが食べたくなったら、低カロリーなものを食べるのが鉄則です。
その低カロリーアイスとは、どんなアイスなのかを、次項でご紹介します。

夜中にアイスを食べるならコレ!

太るということを気にして、夜中にアイスを食べることを我慢する人は、とても多いです。
しかし、ダイエット中などでは、我慢しすぎてしまうと、その反動でドカ食いしやすくなります。

そのため、我慢のし過ぎは、よくありません。
ですが、だからといって、何でもかんでも食べていいというわけではありません。

夜中にアイスを食べるのであれば、カロリーの低いアイスを知っておきましょう。
そうすることで、食べてから後悔することも少なくなります。

アイスの中でも、最も低カロリーなのは「氷菓」です。
シャーベット状のアイスがそうです。

もし分からない場合は、アイスを買うときなどに、記載を見て確認しましょう。
その記載に「氷菓」と書かれているものが、おすすめの低カロリーアイスとなります。

氷菓と記載があるシャーベット状のアイスで有名なのは、ガリガリ君やスイカバー、あずきバーなどです。
もしも、夜中にアイスが食べたくなったら、こういったアイスを食べることをおすすめします。

アイスは4種類に分けられる

夜中にアイスを食べることは、太ると考えてしまいがちですが、全てのアイスが太る原因となるカロリーを、多くもっているわけではありません。

カロリーの高いアイスもあれば、先ほどご紹介したように、カロリーの低いアイスもあるのです。
そのため、アイスの種類を少し知っていれば、カロリーに気をつけて、アイスを食べることができるのです。

まずは、アイスの種類について見ていきましょう。
アイスの種類は、大きく分けて以下の4つに分けられます。

<アイスの種類>

・アイスクリーム
アイスの中でも、最も乳固形分と乳脂肪分が多く含まれています。
ミルクの風味が濃いので、ミルクの風味をしっかりと感じることができます。

・アイスミルク
アイスクリームと比べると、乳固形分と乳脂肪分が少ないです。
牛乳と変わらないほどの乳成分が含まれています。
なかには、植物油脂が使われているものもあります。

・ラクトアイス
乳固形分は、アイスミルクよりも、さらに少ないです。
アイスミルク同様、植物油脂が使われるものもあります。

・氷菓
乳固形分は、ほとんど含まれていません。
果汁などを凍らせたアイスキャンディーや、かき氷などのシャーベット状のアイスです。

夜中に食べたら太るアイス

夜中にアイスが食べたくなったとき、低カロリーの氷菓が良いと、おすすめしました。
しかし、反対にカロリーが高く、太る原因となってしまうアイスについても知っておきましょう。

アイスの種類は、4種類あることはお話ししました。
その中でも、最もカロリーが低いのは氷菓ですよね。

それ以外の3つのアイス、それぞれの種類のカロリーについて、ご紹介します。

<100g当たりのカロリー>

・アイスクリーム 180kcal
ハーゲンダッツ、パルム、ピノなど

・アイスミルク  167kcal
雪見だいふく、チョコモナカジャンボ、牧場しぼりなど

・ラクトアイス  224kcal
エッセルスーパーカップ、サンデーカップ、白くま、クーリッシュなど

なかでも、ラクトアイスのカロリーは高いものが多いようです。
そのため、特にラクトアイスは夜中に食べると、太る原因となるアイスと言えるでしょう。

思っていたよりもアイスのカロリーが高く、驚いた方も多いのではないのでしょうか。
食べる前には、アイスのカップや袋に記載された、アイスの種類を見て、確認してみましょう。

アイスの食べ過ぎは太るだけではない

夜中にアイスを食べるのであれば、低カロリーの氷菓がおすすめと、何度もお話ししました。
しかし、夜中ではなく日中だとしても、毎日アイスを食べていると太る原因となります。

アイスの食べ過ぎは、カロリーの摂り過ぎで太ってしまいますが、それだけではないのです。

暑い夏に、冷たいアイスを食べたくなる人は、非常に多いです。
アイスを食べることで、体の温度が下がるため、その瞬間は涼しく感じます。

ですが、食べ過ぎてしまうと、その体を冷やしてしまうことが原因となり、体調を崩してしまう人も少なくありません。

また、アイスには脂肪分が多く含まれているものが、とっても多いです。

そのことが原因となり、脂肪分を摂り過ぎて、肌にニキビや肌荒れが起こってしまうこともよくあります。

このように、アイスの食べ過ぎは太るだけではないのです。
アイスを食べるときには、アイスの種類や含まれている成分を考えて、アイスを選んで食べられると良いですね。

太りにくいアイスの食べ方

アイスを食べるときには、含まれている成分やカロリーなどを考えることが大切です。

そのため、夜中にアイスが食べたくなったら、太らないためにも、低カロリーの氷菓を選ぶなどの工夫が必要です。

しかし、シャーベット状の氷菓ではなく、アイスクリームなどが、どうしても食べたいと思ってしまうこともあるでしょう。

そういった場合は、箱の中に小分けになって売られている、小さめのサイズのアイスクリームを、ひとつだけ食べるなどの工夫をしましょう。

また、ダイエット中などであれば、日中にアイスを食べることを我慢している人が多いですよね。
そういった場合は、1日の中でも最も太りにくいとされている、15~18時の間にアイスを食べましょう。

このように、太る原因をできるだけ少なくするアイスの食べ方は、さまざまあるのです。

工夫して、ダイエット中もおいしくアイスを食べましょうね。

夜中にアイスを食べるならラクトアイスはNG

ラクトアイスは、安くて容量が多いものがほとんどです。
そのため、アイスの中でも高カロリーとなります。

夜中にアイスを食べるなら氷菓、氷菓が嫌なら小分けになった小さ目のアイス。
そして、カロリーの高いラクトアイスはNGということが、太る原因を防ぐアイスの食べ方です。