魚の切り身の賞味期限を伸ばす方法。知っておくと絶対役立つ

スーパーで買ってきた、切り身の魚の賞味期限は、どのくらいあるのかご存知ですか?

今回は、魚の切り身の保存方法や、賞味期限を伸ばす方法を解説していきます。
また、魚の切り身の賞味期限を考えて料理するレシピもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

味噌煮込みうどんのレシピは意外と簡単 八丁味噌料理もご紹介

味噌煮込みうどんと聞いて名古屋を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。愛知県の郷土料理と...

自宅で簡単に作れる!味噌ちゃんこ鍋のおすすめレシピ

これからの寒い時期には、鍋料理が食べたくなる人も多いのではないでしょうか。鍋料理は調理方法も...

かぼちゃの収穫後はどうすればいい?知って得する保存方法。

かぼちゃは収穫後すぐ食べる事はしないのをご存じでしょうか?かぼちゃは「採れたてが新鮮で美味しい...

白菜の保存方法とは?野菜は干すことでメリットが沢山ある!

寒さが厳しくなると出番が増す野菜のひとつが、白菜ですよね。白菜は、鍋料理や漬け物に欠かせない...

免疫力を高めて健康に良い?大根を家庭菜園で栽培&保存方法

大根は、野菜のうちで、一番多彩な品種を持っているのを知っていましたか?大根と言えば、美味...

味噌汁で定番の具材じゃがいも!下ごしらえやレシピもご紹介

味噌汁は毎日のように飲むという人もいるのではありませんか?こちらの記事で重点を置きたいのが、...

名物盛岡じゃじゃ麺を家で堪能!味噌を使ったレシピを紹介!

盛岡じゃじゃ麺は、わんこそば・盛岡冷麺とあわせて盛岡三大麺と呼ばれる麺料理です。ちょい辛...

旬のたけのこを美味しく味わおう!味噌和えのレシピ3選

たけのことは、みなさんがご存知のとおり、竹の芽の部分です。たけのこの成長は早く、10日もすれ...

チーズケーキの種類や違いはどのようなものがあるの?

ひと口にチーズケーキと言っても、見てみれば色々な種類があり、それぞれに特徴的な違いがあります。...

わけぎを活用するレシピとは?味噌と合わせるのがおすすめ!

みなさんは普段の手料理に「わけぎ」を使う機会がありますか?わけぎを使うレシピはどんなものがあ...

美味しくて健康に良いと評判のオーガニックティーとは?

健康志向の現代人に、オーガニックティーが人気になっています。余分なものを含まないオーガニック...

チョコレートの種類&カフェインレスとノンカフェインの違い

チョコレートにも、カフェインが含まれているのをご存知でしたか?カフェインには、覚醒作用やリラ...

冬が旬の野菜!かぶの味噌汁はカロリーがどれくらいあるの?

かぶは、普段の食卓では、どちらかというと脇役的存在ですよね。しかし実は、大切な栄養素がぎ...

味噌漬けの作り方が知りたい!あんな食材も絶品料理に?!

みなさんは、味噌漬けの食材を食べたことがありますか?市販のものは食べたことがあるという方は多...

チーズ料理はミモレットチーズを使って低カロリーでおいしく

よく、チーズはカロリーが高いと言われます。フランス原産のミモレットチーズも、実際にはカロリー...

スポンサーリンク

魚の切り身の賞味期限と消費期限

まず始めに、釣ってきた魚をさばいた場合の賞味期限はどのくらいでしょうか?
保存方法にもよりますが、魚の賞味期限の明確な基準はないようです。
魚は生ものですから、できるだけ早く食べた方が良いでしょう。

ここでひとつ、賞味期限と消費期限の違いについて説明します。

生魚の消費期限は、およそ5日以内と言われています。
消費期限を過ぎたものは、味も質も落ちていますので、食べるのは避けてください。

しかし、魚の賞味期限は、保存方法によって違ってきます。
スーパーで貼ってある賞味期限は、味を損なわないで食べられる基準ですから、賞味期限が切れたから食べられない訳ではありません。

生魚で一番先に悪くなるのは、内臓です。
魚は丸1匹よりも、頭と内臓は取り除き、切り身にした方が日持ちします。

もちろん、常温保存の場合は、数時間しか持ちません。
そのため、冷蔵庫で保存する必要があります。

魚を切り身にする場合は、サバなどの青魚は足が速いので、塩や酢で締めることで日持ちするようになります。
※足が速いとは日持ちしない魚のことを言います。

魚の切り身は種類別で賞味期限に違いが出る

魚の切り身は、冷蔵庫や冷凍庫に保管することで、賞味期限が伸びます。
基本的に魚の切り身を冷凍庫で保存した場合は、約1か月くらい持ちます。

しかし、魚には足が速い魚と日持ちする魚がいます。
その違いは、大きく分けて2つあります。

ひとつは、食中毒になる物質を多く含んでいるかです。
特に、青魚と呼ばれるサバやイワシは、ヒスタミン含有量が多いです。

このヒスタミンは、温度が高くなると増殖します。
ヒスタミンを身体に入れてしまうと、食中毒を起こしてしまいます。

アレルギー症状に似ていることから、アレルギー食中毒と言われています。
めまい・吐き気・下痢などの症状が出ます。
特に、体力のない子供や年配者は、注意が必要です。

そして、もうひとつ、魚の切り身に血合いが多いか少ないかです。
血合いとは、白身の魚にも赤身の魚にもあります。
魚の切り身の中で、色が少し濃い部分です。

魚の賞味期限は、血合いの量とも言えます。
血合いは、魚の筋肉で鉄分が多く含まれている部分です。
酸化に弱いので、魚が悪くなるときは、血合いから悪くなっていくのです。

まぐろ等は血合いが多いので、賞味期限も短いと言えます。
逆に、白身魚は血合いが少ないので、賞味期限が長いと言えます。

魚の切り身を調理するときも、見た目が悪いからと、魚の血合いの部分を切り落とすことがあります。
それは魚の劣化が早いことや、魚の味が落ちることから来ています。

魚の切り身を調理する時に火を通すからよいではなく、魚の下処理はとても大切です。
手間をかけることは、食中毒対策にもなるのです。

スーパーで売っている魚の切り身の賞味期限は

魚の切り身が、賞味期限はどのくらいか調べてみました。

魚の切り身のパックに貼ってある、ラベルに記載されている賞味期限です。
結論からお話しますが、丸の魚でも切り身でも、賞味期限は変わらないという結果でした。

まずは、スーパーの生の魚は、購入から2~3日程度のところに、賞味期限が設定されています。
そして、イワシやアジといった青魚でも比べましたが、特別に賞味期限が短いモノはありませんでした。

これは、最近の冷蔵技術の発達により、適切な温度で保管されている証拠でもあります。

魚の切り身も生の魚と同様に、購入してから2~3日くらいが賞味期限に設定されています。
冒頭で話した通り、魚の切り身でもスーパーでは、設定されている賞味期限は一緒です。

また、塩サバや酢で締めたサバでも、同じく賞味期限は2日後くらいに設定されていました。
魚の切り身は、スーパーでは賞味期限は全て、2日から3日に設定されているのですね。

ちなみに、刺身は賞味期限が当日か翌日に設定されています。

魚の切り身の保存方法と賞味期限

スーパーで買ってきた、魚の切り身をパックに入れてそのまま、冷蔵庫に保存していませんか?
それでは賞味期限がもたないどころか、魚を美味しく調理することができません。

先程お話した通り、スーパーの賞味期限は冷蔵保存で2~3日です。

そのため、スーパーで買ってきた魚の切り身は、なるべく早く調理する必要があります。

以下の方法は、少しでも賞味期限を伸ばすための方法です。

〇魚の切り身の水分を拭き取る

魚の切り身を購入するときに、なるべく水分が出ていないモノを選んでください。
この水分、ドリップが魚の嫌な臭いの元です。

冷蔵保存するときもパックから一度取り出し、必ずキッチンペーパーで水分を拭き取ってから保存してください。
そして、タッパーやビニール袋に入れて保存してください。

〇調味料に魚の切り身を漬け込む

ぶりの照り焼きや味噌漬けなど、調理が決まっているのであれば、その下味の調味料に漬けておくと保存性が高まり、賞味期限が伸びます。

また、調理するときに時短にもなり、味が染みて美味しくなります。

魚の切り身冷凍保存と賞味期限

魚の切り身を冷凍庫で保存する場合は、保管期間も長くなります。

冷凍保存は賞味期限も長くなりますが、魚の保存方法を間違えてしまうと、魚に嫌な臭いがついてしまいます。
また、冷凍庫の臭いも魚に移ってしまいます。

そこで、魚の切り身をきれいに洗うことが、ポイントになります。

何度もお話していますが、魚から出る水分が魚の臭みの元です。
そして、魚の血合いも酸化の原因と、臭いの原因でもあります。

スーパーで買ってきた魚の切り身を冷凍庫に保管するときは、必ず切り身を水で洗ってください。

そして、魚の切り身の血合いを、きれいに落としましょう。
それから、魚の切り身に空気を触れさせないよう、空気をシャットアウトします。

魚の切り身は、とてもデリケートです。
空気に触れると、どんどん品質は落ちていきます。

また、魚の切り身を重ねて保存しないでください。
魚の切り身は1枚1枚、ビニール袋に入れて保存するか、または1枚1枚、サランラップでぴったり包んで冷凍庫に保存してください。

魚の切り身の賞味期限を気にしない料理

何はともあれ、魚の切り身は、賞味期限の長さ関係なく、早めに食べてしまいましょう。

そんな魚の切り身の簡単な下処理方法は、焼き魚の場合は、焼く前に切り身に塩を振り、魚の水分を出しましょう。

そして、一度水で洗い流してから、キッチンペーパーで水分を拭き取ってから焼いてください。
このひと手間が、焼き魚を美味しくさせます。

ここから、ぶりやまぐろの切り身の照り焼きレシピです。
魚の切り身、4切れに対しての調味料です。

★醤油 大さじ1
★酒 大さじ1
★生姜汁 少々

漬け込んで焼いてもよいですし、フライパンで焼いてから、調味料を絡めてもよいです。

そして、魚の切り身の味噌漬けは、切り身を酒でのばしたお味噌を塗って焼くだけです。
焦げやすいので、注意して焼いてください。

最後に魚の切り身ですから、サバやイワシはお酢で締めて、白身魚は塩昆布やとろろ昆布で締めておくと、翌日は美味しい昆布締めになります。

魚の切り身の賞味期限は気にしてください

魚の切り身の賞味期限は短いので買ってきたら、なるべく早く食べたほうが良いです。
そして、生ものですから、食中毒に気をつけて調味してください。

ポイントは魚の切り身は一度洗ってから、水分をよく拭き取ってから調理すること。
また、切り身は、保存するときも買ってきたままではなく、下処理が大切です。