栄養満点!干し野菜作りのススメ。乾燥は電子レンジで簡単に

野菜をたくさん食べたいけれど、野菜はすぐに悪くなってしまいますし、下処理も面倒ですよね。
忙しいときには、つい野菜が少ないメニューになってしまいます。

そんなときに役立ててほしいのが、野菜を乾燥させた「干し野菜」です。

作り方は難しくありません。
電子レンジでも作れますよ。

干し野菜の魅力についてお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

精製塩・食塩・天然塩の違いから、安全性や使い方までご紹介

健康ブームもあいまって、減塩思考の方が増えてきましたね。流通している塩は、精製塩と天然塩...

食生活改善ダイエットが上手くいかないアメリカの事情とは?

アメリカ発のダイエット法や運動マシーン、よくテレビでやっていますね。しかし、○○で大成功した...

文明開化の味?牛鍋のレシピ!醤油味も味噌味も簡単に!

牛鍋を食べられるお店は、現在減りつつあるようです。そんな牛鍋は、本来味噌味だったということはご...

お米の産地を表示するには農産物検査が必要。その資格とは

私たちが何気なく毎日食べているお米は、農家からJAなどの流通経路を通して、食卓に届いています。...

機械のなかった昔はお米のもみすりなども全て手作業だった?

今は、何でも機械がやってくれる便利な世の中になりました。もちろん、私達が毎日食べているお米の...

江戸時代の人々の食生活とは?現代との食生活の違いについて

江戸時代の人々は、どのような食生活を送っていたのでしょうか?現代と比べて何が違うのかお話した...

コーヒーのブラックって砂糖入り?無糖で飲むのは日本だけ?

現在、世界中で飲まれているコーヒーですが、日本だけでしか通用しないコーヒーの常識があるってご存知...

オーガニックや無添加の食品が必要なわけを知っておこう!

現代は魅力的な食べ物がいっぱいです。パッケージを見ただけでイメージが湧き、美味しそうに感じま...

サンドイッチのパンは焼く派?それとも焼かない派?

サンドイッチのパンは焼く派ですか?それとも、焼かない派ですか?なかには、パンを焼く・焼かな...

美味しい醤油作りは製造工程が肝心!ろ過の重要性と技術

醤油は古くから日本の食卓に欠かせない存在です。美味しく製造するには、原材料はもちろん、製造中...

醤油の人気はアメリカだけではない!世界に広がる和食文化

平成25年12月に、和食がユネスコ無形文化遺産に登録されて、もうすぐ5年です。和食は一食でバ...

日本の農業が直面している問題点とは?どんな解決策がある?

今、日本の農業が危機にあると聞きますが、どんな問題があるのでしょうか。今回は、日本の農業が抱...

味噌を海外旅行のお供にしたい!機内持ち込みに味噌はOK?

長期休暇があるときは、飛行機で海外旅行に出かける人は多いですよね。それに問わず、学生さんの海...

醤油が食卓に「おいしい」をもたらす!人気の5種をご紹介

いつの時代でも、おいしい食材は人々を魅了してきました。そして、食べ物の良さを存分に引き出す調...

玄米を浸水なしで調理する際に圧力鍋を使う場合の疑問と不安

圧力鍋は時短調理に最適の家電で、忙しい女性にはとても使い勝手の良い調理器具となります。玄米も浸...

スポンサーリンク

電子レンジでも作れる干し野菜

冷蔵庫が登場する前、昔は食品を長期保存するために、「干す」という加工方法が使われていました。

干しシイタケや切り干し大根など、昔から食べられてきましたよね。
近年、この「干す」という加工方法が見直されています。

乾燥トマトが話題になったことがありましたよね。

今では、半ドライのレシピや、電子レンジを使ったレシピも登場し、干し野菜に挑戦しやすくなっています。

干し野菜のメリットを、ご紹介していきますね。

まず、1つめの干し野菜のメリットは、栄養価が高くなるということです。

天日干しで干すことによって、野菜に含まれるビタミンD・ビタミンB群・カルシウム・鉄分・ナイアシンなどの栄養価が上がることがわかってきました。

ビタミンDは、骨を強くし、風邪の予防効果があります。

腸からのカルシウムの吸収をよくする働きがありますので、カルシウムと一緒に摂ると効果的です。

実はカルシウムは、ビタミンDが不足してしまうと、体に吸収されません。

一般的に、魚などに多く含まれているビタミンDですが、干し野菜にすると、野菜の中で生成されます。

日の光を浴びることによって生成されるのですが、実は人間も日光浴をすると、ビタミンDが生成されます。

野菜も日光浴で、栄養価を上げてあげましょう。

乾燥させた野菜は保存性とおいしさが上がる

干し野菜のメリット2つめは、長期保存ができるということです。
干すことによって水分が抜けますので、乾物のように長期保存が可能になります。

すぐに悪くなってしまう野菜も、干し野菜にすれば、数週間保存することもできます。

干し野菜の保存の仕方は、密閉容器もしくはジップロック袋に入れて、冷暗所か冷蔵庫で保管します。

干し野菜は、湿気や水分が大敵です。
乾燥状態を保つために、乾燥剤を一緒に入れておくのがおすすめです。

天日干しで数日かけて、じっくり乾燥させた干し野菜であれば、常温でも数週間から半年程度保存ができます。

電子レンジで作った干し野菜は、完全に水分が抜けていないことがあるので、ジップロック袋に入れて冷凍庫で保存するのがおすすめです。

3つめのメリットは、旨みが凝縮されることです。
野菜のえぐみや青臭さが抜け、甘みが増します。

野菜の水分が抜けて、旨味が凝縮されるのです。

また、干すことによって野菜が温められ、野菜の酵素が活性化し、旨みが生成されると考えられます。

野菜にはアミラーゼという酵素が含まれていますが、これが日の光によって活性化し、でんぷんを分解して、ブドウ糖や麦芽糖に変えてくれます。

野菜自体の歯触りも変わりますので、苦手な野菜でも干し野菜にすることによって、食べられるかもしれません。

主婦にうれしい干し野菜のメリット

4つめのメリットは、調理の時短です。

野菜は、皮をむいたり、湯通ししたり、下準備が面倒ですよね。
時間に余裕があるときに、干し野菜を作ってストックしておくと、忙しいときに役立ちます。

干し野菜は、すでに水分が抜けて、乾燥している状態です。
火が通りやすく、味が染みこみやすくなっています。

冷蔵・冷凍してある干し野菜を、煮物や炒めものに加えるだけで、野菜不足を解消できます。

旨味も凝縮されていますから、簡単なのに、とてもおいしい料理が作れます。
野菜不足に悩んでいる人には、うれしいですよね。

5つめのメリットは、野菜を使い切れることです。

たくさんもらってしまった野菜、使い切れなかった野菜、中途半端に余ってしまった野菜など、困ってしまいますよね。

野菜は傷むのが早いですから、ちょっと置いておくと、すぐにダメになってしまいます。

冷蔵庫に入れるにも、限界があります。

そんなときに、干し野菜です。
干しておけば保存性が上がりますし、カサが減りますので、冷蔵庫にたくさん入れることができます。

天気が悪くても電子レンジでも作れますので、たいへん便利です。

これで、野菜を無駄にせずに済みます。
困ったら、干し野菜を思い出してください。

干し野菜は乾燥させるだけで簡単!

干し野菜のメリットについてお話ししてきました。

それでは、干し野菜を作ってみましょう。

作り方は簡単です。

お好きな野菜をスライス、千切りにします。
ザルなどに載せて、日の当たる場所に広げて干します。

湿気に弱いので、乾燥している日や、乾燥している場所の方が作りやすいです。

風通しと日当たりが良ければ、室内でも大丈夫ですよ。

野菜を干す時間は、干す野菜によって変わってきます。

水分が多いもの、厚いものは時間がかかりますので、どの程度まで乾燥させたいかを、見ながら乾燥させます。

しっかり乾燥させた干し野菜が作りたいのであれば、4~5時間の天日干しを数日繰り返します。
半ドライ程度で良いのであれば、3~4時間の天日干しでも、十分旨味が凝縮された干し野菜になります。

干し野菜が作りやすい「干し野菜ネット」も売られていますので、一気にたくさん作りたいという人は、こちらを使うのもおすすめです。

コンパクトなので、広いスペースがないというときにも役立ちます。

干し野菜は、天日干しで作るのがおすすめですが、時間がない・場所がないという人もいますよね。
そんなときは、簡単に電子レンジで作ってみましょう。

忙しいときは電子レンジで時短乾燥

忙しいとき、ちょっとした時間で干し野菜が作れたら良いですよね。
そんなときは、電子レンジを使って作りましょう。

5mm厚くらいにスライスした野菜(根菜がおすすめ:レンコン、ごぼうなど)を5分ほど水にさらして、でんぷんを抜きます。

電子レンジのターンテーブル、もしくは耐熱皿にオーブンシートを敷いておきます。
しっかり野菜の水気を取り、ターンテーブルか耐熱皿に重ならないように並べます。

ドーナツ状に並べ、中心を開けておくと良いですよ。

ラップをせず、電子レンジの600wで7~8分加熱します。
加熱が終わったら、ケーキクーラーなどの上に野菜を広げ、15~20分ほど乾燥させます。

そうすると、野菜がカリッとしてくると思います。

密閉容器などに入れて、冷蔵庫で保管しましょう。

トマトなどの水分の多い野菜は、半ドライがおすすめです。

電子レンジですと、一度にたくさんの量を乾燥させることができませんので、1回で100g以下にしてください。

野菜を洗って同じ大きさに切り、しっかり水気を取ります。

ターンテーブルか耐熱皿にオーブンシートを敷き、野菜をドーナツ状に並べます。
ラップをせず、600wで1分20秒ほど加熱します。

加熱時間は、様子を見て調節してください。
加熱した後は再び、しっかり野菜の水気を取り、日当たりの良い場所で半日くらい天日干しします。

半ドライの状態ですので、ジップロック袋に入れて冷凍庫で保存してください。

3ヶ月程度は保存ができます。

電子レンジでドライフルーツも作れる!

干し野菜が自宅で作れるのですから、果物も同じようにできたら、うれしいですよね。

ドライフルーツはスーパーで買うと、値段が高くてなかなか手が出ません。

こちらも自宅で作ってしまいましょう。

ドライフルーツは、干し野菜と同じく天日干しで作るのが一般的です。
ただ、乾燥に大変時間がかかるので、一般家庭で作るのは大変です。

ですので、干し野菜と同様に、電子レンジを使います。

電子レンジについているオーブン機能を使って、ドライフルーツを作ってみましょう。

【作り方】

①まず、お好みの果物を用意します。

レモンやオレンジでしたら、皮ごと乾燥させます。
バナナやキウイなどは、皮をむいて乾燥させましょう。

②果物を3~5mm厚にスライスします。

③天板にオーブンシートを敷き、スライスした果物を並べます。

④電子レンジに入れて、オーブン機能の設定をします。
予熱なしで、100℃に設定し、30分乾燥させます。

⑤果物によっては焦げ付いてしまうことがありますので、必ずこまめに様子を見てください。

果物によって、加熱時間を調節します。
途中で裏返すと、しっかり乾燥ができます。

⑥乾燥したら完成です。

カリカリのチップスにしたいならしっかり乾燥、半ドライが好きでしたら、柔らかめに仕上げるなど、お好みで調節してください。

乾燥させてあっても果物ですので、1週間以内に食べきるようにしましょう。

干し野菜は優良食材

手軽に作れて、しかもおいしさも栄養価も保存性も上がるのですから、干し野菜は文句なしの優良食材ですね。

干し野菜は、野菜がたくさん食べられるので、野菜不足を感じている人にもおすすめですよ。

たくさんのメリットがある干し野菜を、ぜひ取り入れてみてくださいね。