日本が誇る和食料理に対し海外の反応から最高評価が見える

日本に旅行に来る外国人のお目当ては、観光やシュッピング、そしてグルメです。

日本食と呼ばれるラーメン、お寿司、天ぷら等の料理は海外の反応はとても良く、和食は健康に良いと海外ではとても人気があります。
そして、日本の料理が次々輸出されていて、海外の反応も様々です。

日本が誇る日本食の素晴らしさを海外からフォーカスします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

江戸時代の食事事情!江戸の武士・庶民は何を食べていた?

江戸時代の食事は、現代と大きく異なっています。しかし、米が主食であったことは現在と変わりなく...

材料色々な味噌チゲのレシピ!魅力満載の韓国料理について

日本の和食と同様に、韓国料理も健康食として、世界中から注目を集めています。韓国の家庭料理のひ...

江戸時代の庶民の食事はどんなものを?現代の日本人との違い

現代は身分の差もなく、農業も機械などを使い効率よく作物を収穫することができ、好きなものを食べること...

サンドイッチのパンは焼く派?それとも焼かない派?

サンドイッチのパンは焼く派ですか?それとも、焼かない派ですか?なかには、パンを焼く・焼かな...

醤油のパッケージが新しくなって変わった?使い方や置き場所

スーパーの陳列棚にある醤油は、200~450mlほどの小型のものや、密封容器、一滴ずつ注ぐノズル...

米ぬかから肥料を作る。発酵させてぼかし肥料にしよう

家庭菜園をしていると、だんだんと土に詳しくなってきたり、肥料にも詳しくなってきますよね。肥料...

九州や北陸は醤油が甘い?原料や製造方法、おいしい使いかた

九州の醤油が甘い、という話は有名です。これに対して、一般的な醤油といえば塩気があるイメー...

旦那さんのお弁当を作るメリットや毎日作り続けるコツとは?

皆さんはお昼ご飯はお弁当ですか?それとも外食ですか?家計のため、健康のために、旦那さんの...

オーガニック料理とは?レシピとおすすめのお店をご紹介

人気が高まりつつある、オーガニック料理。しかしまだ聞いたことがない、あまり知らない、という方...

夏は冷蔵庫内の温度が高い!冷えにくい原因を知って節電を!

冷蔵庫は、必ずキッチンにある家電ですよね。普段、あまり気にしたことがないかも知れませんが、冷...

炊飯器蒸気シートとは?蒸気を防ぐ驚きの方法をご紹介

食器棚に炊飯器を置いておくと、蒸気が棚を劣化させてしまいますよね。今回は、それを防ぐ蒸気シー...

塩や砂糖の適した収納場所は!?片付け上手になれる収納術

毎日の調理にかかせない調味料に、塩と砂糖があります。使用頻度が高い塩と砂糖ですが、どこに、ど...

おいしい味噌を保存したい!タッパーを使う時の注意点とは?

味噌を保存する場合には、100均でも購入できて、手軽に使えるタッパーが便利ですが、保存容器として...

食パンでお手軽&美味しい朝食を♪相性抜群の卵をフル活用!

忙しい朝食に重宝する食材と言えば”卵”ですね。そのまま焼いて目玉焼き、トロトロ食感のスクランブ...

どうしてアメリカのfdaはトランス脂肪酸を禁止にしたの?

2018年6月より、アメリカではトランス脂肪酸の食品への添加を原則全面禁止にしました。これは...

スポンサーリンク

日本好きな方の料理に対する海外の反応は

日本の料理で、特に海外で反応が良い食べ物と言えば、やはりお寿司です。
寿司バーのオーナーシェフが、外国人に正しいお寿司の食べ方を教える動画がサイトに上がっていて、海外で反響を呼びました。
外国人は、この動画で予習してから日本に来ると言います。

そして、焼き肉は和牛と言うブランドが海外で反応も良く、神戸牛、松阪牛は特に有名です。
ラーメンも中華料理ではなく、日本の料理として大人気になりました。
特にラーメンの出汁の取り方に、海外の反応は最高です。

唐揚げやトンカツといった揚げ物も海外では反応も良く、トンカツの揚げ方は日本の料理の職人芸として定着しています。

確かにトンカツの仕込みや揚げ方は、海外の料理工程にはないものです。
焼き鳥と並ぶ唐揚げもまた、種類の豊富さに驚かれるようです。

そして、餃子も外国人に大人気です。
餃子は本場中国を抜かしていて、フランスでは、餃子にシャンパンやワインを合わせるそうです。

まさに世界に誇る日本食の文化は、海外の反応はとても良いのではないでしょうか?

日本の定番料理で海外の反応が良い居酒屋メニュー

外国人から好かれている日本食と言えば寿司や天ぷら、焼肉といったイメージですが、むしろB級グルメ的な食べ物が人気です。

SUSHIだけではなく、TAKOYAKIやAGEDASHIなどの英語も誕生しているほどです。

そんな色々な日本料理が食べられると、外国人の観光客には居酒屋人気があります。
海外の反応も良いので、居酒屋がガイドブックに載っている程です。

そんな居酒屋B級グルメランキングは以下の通りです。

〇第1位 たこ焼き

大阪のB級グルメとして有名なたこ焼きは、外はカリッと中はふんわりとした食感が海外でも人気があります。
タコを食べる習慣がない国でも、日本のタコの柔らかさに驚くそうです。
甘辛いソースも、日本独特の味で美味しいと評判です。

〇第2位 枝豆

居酒屋で、外国人からも絶大なる人気の一品。
日本人と同じ感覚で、最初にスピードメニューとして注文する人が多いそうです。

海外では、茹でた枝豆をニンニクで炒める料理が反応も良いそうです。
ですから、居酒屋で外国人は、醤油やラー油、ガーリックなどを枝豆にディップして食べたりします。

〇第3位 揚げ出し豆腐

揚げ出し豆腐は日本料理として、本当に海外の反応も良い料理です。
私も海外の知り合いが、揚げ出しを頼むのを目撃しています。

海外では、大豆食品の豆腐はヘルシーな食べ物だという考えが広まっているようです。
揚げ出し豆腐にかける出汁、海外では日本の出汁にとても反応します。

お土産では、鰹節や昆布がとても人気です。
商店街等では、外国人がカップ味噌汁を、まるでコーヒーでも飲むように歩く姿が印象的です。

海外の反応を見ながら日本の料理を作るのなら

海外で日本の料理を作るときに特に海外で反応が良く、簡単に料理できるものを紹介します。

まずは、焼き鳥です。
海外ではバーベキューをするときに、焼き鳥がとても反応良いようです。
焼き鳥のタレが、まさに日本食です。

そんな焼き鳥タレは3:1:1と言われます。
〇醤油 大3
〇砂糖 大1
〇みりん 大1
〇酒 大1
〇水 大1
すりおろしニンニク少々

これらすべてを混ぜて、鍋で火にかけるだけです。

また、照り焼きのソースは海外の反応を見てもお墨付きです。

トンカツはパン粉が無ければ、フランスパンや地方のパンで作ることもできます。

しかし、トンカツソースは日本から持っていくべきです。
なぜなら、トンカツのソースも日本独自のものだからです。

このトンカツソースで、焼きそばも日本料理として人気があり、喜ばれるようです。

そして、つゆの素も1本あると便利なようです。
つゆの素で作る肉じゃがは、とても反響が良いでしょう。

そんな、つゆの素を使う料理は簡単で、日本独自の料理でもあります。

最後に、カレーライスは、いまや完全に日本料理です。
カレーライスを食べに、わざわざ日本に来る海外の方もいるぐらいです。

日本の料理店が海外出店

日本が誇る、海外に進出しているチェーン店の第1位は本当に驚きました。
海外で成功している日本料理の外食チェーン店を見るとそのまま、海外の反応が良い日本食が、とても良く分かります。

☆第1位は、私も驚きです。
熊本のラーメンチェーン店です。

【味千ラーメン(拉麺)】は、海外で689店舗もあります。
そのうち、ラーメンの本場の中国では、594店舗もあります。

日本のとんこつラーメンのインスタントが海外で爆発的に売れているのは、味千ラーメンの影響だとも言われています。
日本ラーメン界のパイオニア!
海外のラーメンブームの火付け役になったお店です。

☆第2位は、牛丼チェーン店の【吉野屋】です。
海外に630店舗です。
(中国354店舗、アメリカ100店舗など)
日本では、誰もが知っている牛丼チェーンですね。

☆第3位は、ミートソースバーガーで有名な【モスバーガー】です。
海外316店舗です。

台湾の236店舗が最多で、台湾の屋台文化にマッチしたのでしょう。
日本生まれのライスバーガーが、台湾の朝の定番メニューになっています。

☆第4位は、ステーキ肉で人気店【ペッパーランチ】です。
海外155店舗です。

シンガポールの36店舗が最多です。
さらに、同じ会社の【いきなりステーキ】がアメリカにも出店しましたね。

また、日本のきめ細かいサービスが受けています。
日本の食文化が海外で反応があるのは嬉しいことです。

5位のトンカツ店に続いて、カレー屋、居酒屋と日本の定食屋さんと、もちろん回転寿司店もランクインしています。
海外の反応の良いお店は、そのまま日本に来る外国人が好きな日本食と言えるでしょうね。

日本の料理は健康食として海外の反応はスゴイ

和食が世界に注目されています。
まさに、世界に誇るジャパンコンテンツのひとつです。

日本料理は、主食・主菜・副菜が揃っていて、栄養バランスがとても良く、ダイエットに最適と海外の反応が良いのです。

和食は基本一汁三菜、これにご飯と漬物が加わり、日本の伝統的な献立となります。

汁は、野菜や海産物、豆腐などが入った味噌汁です。
三菜は、ご飯を美味しく食べるための副菜です。

具だくさんのお味噌汁を食べることは、食べ過ぎを防ぐことができます。

特に日本料理が海外の反応が良いのは、低脂肪、低カロリーであること。
伝統的な和食は、米を中心とする穀類、野菜、魚介類と海藻が主な食材です。
脂肪分といえば、魚介類の良質な油を摂っています。

海外、特に欧米文化の肉食と比べると、日本食は脂肪分が少なく、カロリーが低い食事が多いのも和食の魅力のひとつです。

日本料理の淡い味つけは、素材の良さを活かした薄口の味付けになっています。

そんな和食の美味しさのひとつに、”旨味”があります。
この旨味こそが、海外の反応、日本料理の魅力でもあります。

昆布や鰹節でとった出汁を使った繊細な料理の数々、煮物や汁物など、さまざまな料理に旨味が活用されています。

この旨味は日本料理の奥行きのある味を生むだけでなく、使う調味料を減らせるというメリットもあります。

それから、旬の食材の栄養素を壊さずに、そのまま生かして食べるのも日本料理です。
食に季節感があることも、日本料理の魅力でもあります。

日本の料理で海外の反応が良い食材とは

日本の料理が、無形文化遺産に登録されました。
和食に対する海外の反応は、世界中で年々高まってきています。

そこで、日本らしい食材で、海外でも一般的に販売されているものをピックアップします。

◎豆腐
海外でも、そのまま「TOFU」で販売されています。
大豆を原料とした豆腐は、ヘルシーで低カロリーで料理のアレンジがしやすい点が、海外でも人気があります。

◎ZENパスタ
しらたきの乾燥したものです。
こんにゃくが原料なので、カロリーを大幅に抑えてダイエットできると、イタリアで特に好評のようです。

◎醤油
日本の調味料の代名詞です。
英語では、SOY SAUCE(ソイソース)と呼ばれています。
醤油は、世界100か国以上で販売されているそうです。

◎照り焼きソース
海外でも、大人気にです。

◎わさび
海外では、肉のソースやピザソースなどに使われているそうです。

このように、日本の調味料は世界にも通用します。

日本の料理に対する海外の反応はメジャー級

海外に行くと日本でなじみのある食材やお菓子などが、意外な形で売られていて驚くことがあります。

日本の料理が海外で反応が良いというよりも市民権を得ているのです。

欧米では、和食がヘルシーだからとダイエットの食事メニューに勧めるようです。

それからハンバーガーを食べるようにラーメンをすすり、忙しい海外のビジネスマンが味噌汁のカップを片手におにぎりを食べながら歩いています。

日本に来た海外の方は、まだまだ奥深い日本の食文化に驚いて帰っていきます。
他の食文化よりもグローバルな文化が日本にはあるのです。