一人暮らしの社会人が食費を2万に抑えるたった「3つ」の方法

一人暮らしでは、生活するために様々な費用がかかります。

ここでは、その生活費用の中でも最も削ることのできる「食費」についてまとめました。

この食費は、ある3つの方法を実践するだけで、たったの2万円に抑えることが可能です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

美味しい醤油作りは製造工程が肝心!ろ過の重要性と技術

醤油は古くから日本の食卓に欠かせない存在です。美味しく製造するには、原材料はもちろん、製造中...

醤油の熟成!作り手が求める味は長さや回数によって決まる

醤油は原料を熟成して作る、発酵食品です。実は、同じ発酵食品の納豆やキムチと比べて、熟成の方法...

家庭菜園で使った土をもう1度使いたい!土は再生できる?

家庭菜園を毎年楽しんでいる人にとって、土の管理は大変ですよね。通常、プランターや庭で家庭菜園...

九州や北陸は醤油が甘い?原料や製造方法、おいしい使いかた

九州の醤油が甘い、という話は有名です。これに対して、一般的な醤油といえば塩気があるイメー...

オーガニック食材を使った料理は奥深い意味をもつ

皆さんは、オーガニックやオーガニック料理という言葉を聞いたことがあるでしょうか。聞いたことはあ...

江戸時代の食文化や生活習慣について&武士の日常生活とは?

江戸時代とは、徳川家康による天下統一と江戸幕府開府から、明治維新までの期間を言います。実...

江戸時代の庶民の日常生活が知りたい!恋愛・お給料などは?

皆さんは江戸時代というと、どういったイメージをお持ちでしょうか?江戸時代の生活については、い...

必見!日本全国の醤油メーカーの取り組み&海外への展開

醤油は今、国内だけでなく世界中で、大切な調味料として多くの人に使われています。国内の醤油メー...

お米の産地を表示するには農産物検査が必要。その資格とは

私たちが何気なく毎日食べているお米は、農家からJAなどの流通経路を通して、食卓に届いています。...

醤油醸造所が取り組む売上確保と伝統を守る姿をご紹介

2018年1月現在、醤油醸造所・メーカーの数は約1500と言われていますが、昭和初期には7000...

玄米を浸水なしで調理する際に圧力鍋を使う場合の疑問と不安

圧力鍋は時短調理に最適の家電で、忙しい女性にはとても使い勝手の良い調理器具となります。玄米も浸...

子供が夕飯を食べない原因は?楽しく食事をするためのコツ!

子供が夕飯を食べない・・!と悩んでいるお母さんは多いですよね。子供が夕飯を食べない原因は様々...

お米が臭い!?お米の匂いを取る方法や保存の仕方教えます

日本の主食であるお米。とても馴染みが深い食べものですね。しかし、炊いたときに「あれ?臭い...

お米が主食の国は日本以外にどこ?世界中のお米料理について

お米を生産している国は、日本以外に世界でたくさん生産されているってご存知でしたか?日本はお米...

クックパッドで和食の作り方を検索!人気の和食メニューは?

私達日本人が普段食べている食事は、和食の方が多いと思います。和食は、当たり前のように身近にあ...

スポンサーリンク

一人暮らしで最も抑えられるのは食費

賃貸物件を借りて、一人暮らしをしている社会人は多いですよね。
家賃・水道代・電気代・保険代など、生活していくために支払うものは少ないとは言えません。

生活していくために、必ずかかってしまう費用ですが、抑えられるものは、できるだけ抑えていきたいものです。

家賃などは決められているため、それ以下にすることは、もちろん自分ではできません。

そんな生活費の中でも、最も抑えることのできる費用があります。
それが、飲み物や食べ物を購入する際にかかる「食費」です。

この食費は、ある3つのことをすると、たったの「2万円」に抑えることが可能なのです。
食費を2万円に抑えると、浮いたお金を貯金したり、趣味にお金をかけられたりと、生活に余裕が生まれます。

自分が好きに使うことのできるお金が増えると、心にも余裕が生まれるものです。
食費を2万円にするために、ある3つのことをしていると、さらに、メリットがいくつもあります。

まずは、3つのことを1つずつ、メリットと共にみていきましょう。

一人暮らしの食費を2万にする【自炊】

まず1つめの、食費を2万円にする方法は「自炊」です。
これは、ほとんどの人が思い浮かべたことなのではないでしょうか。

一人暮らしを経験したことのある人は、分かると思いますが、食費は意外とかかってしまうものです。
さらに、女性に比べ、男性の方が、この食費がかかってしまうことが多いです。

なぜなら、比較的自炊をする人が少ないからです。
その点で見ると、女性の方が簡単に食費を2万円に抑えることができると言えるかもしれません。

話しは戻りますが、食費は意外とかかっていると言いました。
そのことについて、具体的に考えてみましょう。

コンビニやスーパーなどでご飯を買うと、お弁当などの他にも飲み物なども買ってしまいがちです。
そのため、1食分の買い物だとしても、500円くらいは使うことが多いでしょう。

1ヶ月を30日と計算すると、1日約1,500円(約500円×3食)だと、毎月約45,000円の食費がかかってしまう計算になります。

これ以外にも友達との食事や、仕事の付き合いの食事などもありますが、これは食費と勘定するか交際費と勘定するかは、事前に考えておきましょう。

これを自炊に変えるだけで、浮くお金は、とっても多いのが分かりますよね。

自炊するメリットは食費が浮くだけではない

先ほどに続き、自炊をすることについてです。
一人暮らしでは、知らないうちに、意外と食費がかかってしまっていることが多いです。

いつも、コンビニやスーパーなどでお弁当やジュースなどを買っていては、食費が2万円どころではありません。

さらに、出来合いのものを買ってばかりでは、体にも良くありません。
なぜなら、手作りではないものもあるので、添加物が多く含まれていたり、味が濃く作られていたりするからです。

そういった生活を続けていると、健康面に問題が出てきます。
肥満になってしまったり、野菜不足から肌荒れや便秘などのトラブルも考えられます。

しかし、自炊をすることで、その問題を解決することができるのです。

コンビニで買ったサラダよりも、自分で野菜を買ってきてサラダを作る方が、野菜の栄養を十分に摂ることができます。

また、塩分や脂質などを抑えて料理することもできます。
つまり、自炊生活をすることは、食費が抑えらえるだけでなく、健康面にも良いというメリットがあるのです。

一人暮らしの食費を2万にする【スーパー】

食費を2万円に抑えるためには、自炊をすることが、最もいい方法だと何度もお話ししました。
しかし、自炊をするためには、料理に使う材料が必要となります。

野菜やお肉、お魚など、材料といっても様々あります。
その材料を買う場所として、多くの人が選ぶのが、「スーパー」ですね。

自炊しようと思い、住んでいる賃貸物件から近いスーパーで材料を揃えたものの、意外と高くついてしまったという経験をしたことのある人は多いのではないでしょうか。

また、そんなことがきっかけとなって、「自炊しないで買った方が良い」と思い、自炊をやめてしまった人も数多くいるでしょう。

これから一人暮らしをする人は、賃貸物件探しをする際に、近くに安いスーパーがあるかも視野に入れて探すことが、とても重要になります。

近くに安いスーパーがあれば、食材を安く買い揃えることが可能です。
そのため、自炊もしやすくなるのです。

もし、すでに賃貸物件で暮らしていて、近くに安いスーパーがないという人は自転車などを購入して、ちょっと遠いスーパーに行ってみるのも1つの方法です。

一人暮らしの食費を2万にする【お菓子】

3つめの、一人暮らしの食費を2万円にする方法とは、無駄遣いしないということです。
その無駄遣いとは、「お菓子」などを買ってしまうことです。

当たり前のように、毎日お菓子をコンビニなどで買ってはいませんか?

ジュースなどの飲料水もお菓子として考えると、自分で気づかないうちに、お菓子に食費をかけている人は多いのです。

このお菓子を我慢すれば、食費に余裕が出るだけでなく、他のメリットも考えられます。

それは、ダイエットなどに繋がるというメリットです。

小さなお菓子でも、砂糖や脂質などを使っているものがほとんどで、カロリーもそれなりにあります。
そのカロリーは、消費されずに残ると、体に脂肪として蓄えられるのです。

太ってしまった原因がお菓子という人は、なおさら、お菓子を我慢して食費を浮かせてみることをおすすめします。

肌荒れなどに悩んでいる人も、その原因はお菓子かもしれません。

お菓子を我慢しすぎてストレスを溜めてしまうものよくありませんが、食費のためと思い、まずは一度、お菓子を食べない生活をしてみましょう。

3つの方法以外で一人暮らしに節約できること

このたった3つの方法で、食費は2万円に抑えることが可能です。

しかし、一人暮らしでは、食費以外にも様々な費用がかかってくるので、些細なことから節約していくことが大切です。

例えば、電子マネーやポイントカードなどは、しっかりと使うことです。
紙のクーポンなども同じです。

こういったポイントには有効期限がある場合も多く、気づかずに使わないで、損をしてしまっている人も多いのです。

そのポイントでコンビニのお菓子が安く購入できたり、クーポンで飲食店のメニューが安く食べられたりと、お得に使うことができる場合がよくあります。

また、そのポイントが多く付く日に買い物をしたりすると、お得なポイントも貯まりやすいです。
お得なものは、しっかりと上手に使うことで、我慢ばかりしないストレスフリーな節約に繋がります。

そして、コンビニで買い物をするなら、商品が安くなっている時間に行ったりするのも1つの方法です。

3つの方法で誰でも食費を2万円にできる!

一人暮らしでは、意外と食費がかかってしまっている人が、とっても多いです。

しかし、たった3つのことを守ると、食費を抑えることができます。
食費を2万円にすることをきっかけに、ダイエットなどを考えてみてもいいですね。