チョコレートを毎日食べると健康に良いって本当?効果は?

チョコレートを毎日食べると、「太る」と考えている人は、きっと多いでしょう。

その一方で、チョコレートは「健康に良い」という話を聞いたことがある人も多いと思います。

実際はどうなのでしょうか?

ここでは、その疑問を解消できるようにまとめています。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

命に関わることも!醤油で熱を出すことはやめましょう!

醤油は私たちにとって大変身近な存在であり、日本が戦争をしていた時、体調不良を装うため使われていた...

美肌は食から!食生活改善でニキビや毛穴の開きを解消しよう

肌の悩みで最も多いといわれる、ニキビや毛穴の開き。効果があると言われる色んな化粧品を使ってみ...

辛い過食嘔吐を克服しよう!~克服するための食事内容~

「過食症」をご存知の方は多いと思います。異常な食欲を感じ、自分で食欲のコントロールができなくな...

甘酒をおいしく作るには、麹を多めに入れないといけないの?

甘酒を作るとき、材料の麹を多めにすれば酵素たっぷりのおいしい甘酒に仕上がります。しかし、それで...

赤ちゃんに飲ませる粉ミルクはオーガニックが良い!?

赤ちゃんに飲ませる粉ミルクですが、成分を気にしたことがありますか?実は、粉ミルクには様々な添加...

ブドウ糖の名前は点滴で有名?ブドウ糖を食品で効果的に補給

皆さんは、ブドウ糖の名前を聞いた事はありますか?体調不良で点滴をした事がある方は、一度はブド...

身長180cmの日本人男性の平均体重はいくつ?理想の体重は?

もっと筋肉をつけてムキムキになりたい!または、もっとスリムになりたい!皆さんにはこういった理...

女性の体調改善に豆乳!イソフラボンで女性パワーをアップ!

女性の体は一生を通じてはもちろん、大変短いサイクルで変わりやすく、とてもデリケートです。女性ホ...

子供が白米を食べない!その対策と楽になる考え方を紹介!

子供が白米を食べてくれないということに悩むママは多いようです。栄養失調になってしまうのでは・...

カロリーについて学び、女性が1日に必要とする量を知ろう

ダイエットをした事のある方なら、カロリーという言葉に無関心ではいられないかと思います。しかし...

自由研究はこれで決まり!ジュースに含まれる砂糖の量を研究

小学校や中学校が長い休みに入る夏休みや冬休みなど、自由研究という宿題を課せられますよね。今年...

一人暮らしで食事を作るのはめんどくさい!解決する方法は?

実家にいるときは、何も言わないでもご飯の準備ができていましたよね。しかし、実家を離れて一人暮...

脂質とカロリー、どっちに気をつければいいの?糖質は?

ダイエットには、脂質やカロリーの制限が必要不可欠だと思います。しかし、これらのどっちに特に気をつ...

体が水を吸収する時間と排出するまでの時間はどのくらい?

あなたは体の「水分吸収」について、どのくらい知っていますか?ほとんどの人が、この水分吸収につ...

マーガリンよりバターの方がトランス脂肪酸の量は少ない

トランス脂肪酸という名前、既にご存知の方は多いと思います。『トランス脂肪酸=マーガリン』とい...

スポンサーリンク

チョコレートを毎日食べると太る?

多くの人に「太ってしまう食べ物」と、思われがちなチョコレートですが、実際はそんなことはありません。

このチョコレートの原料は、「カカオ豆」です。
チョコレートを食べて太るのは、このカカオではありません。

ほとんどのチョコレートに入っている「砂糖」が、大きな原因です。

チョコレートというと、甘い味を想像する人は多いですよね。
しかし、その甘い味は砂糖であり、カカオだけでは甘さがありません。

チョコレートが甘いのは、カカオではなく、砂糖が理由だったのです。

そして、この砂糖ですが、食べるとすぐにブドウ糖に変わるという特徴を持っています。

ブドウ糖は脳が働くために欠かせないエネルギーなので、砂糖も体に必要なものです。

そのため、砂糖は太るからといって、食べてはいけないというものではありません。

しかし、毎日のように砂糖を摂りすぎてしまうと、体がそのカロリーを消費しきれません。
消費されない余分なカロリーは脂肪となるため、太る原因となってしまいます。

話しは戻りますが、チョコレートで太ってしまう原因は、カカオではなく砂糖なのです。

毎日チョコレートを食べると健康に良い?

先ほどは、チョコレートを食べることで、太ってしまうのは砂糖が原因ということをお話ししました。

次は、チョコレートを毎日食べることについてです。

「チョコレートを食べると健康に良い」と、聞いたことがある人は多いでしょう。
実際に、チョコレートは健康面に、非常に良い効果を与えてくれます。

それは、チョコレートの原料である、カカオが大きな理由です。

そのため、カカオが多く含まれたチョコレートのほうが、健康に良いということになります。

最近では、砂糖がたくさん使われたチョコレートよりも、カカオ率が高く甘さ控えめのチョコレートに、注目が集まっています。

健康のために、毎日チョコレートを食べるのであれば、カカオ率が高いチョコレートを選ぶことをおすすめします。

カカオ率の高いチョコレートですが、カカオの量が多いため、普段よく目にする砂糖の多いチョコレートよりも、少し値段が高いことが特徴です。

しかし、健康のことを考えると、気にならないほどの値段と言えるかもしれませんね。

チョコレートのカカオポリフェノール

チョコレートに含まれるカカオは、健康に良いです。
そのため、カカオ率が高いチョコレートを食べることで、体に良い効果があります。

なぜ、そのカカオが健康に良いのかをお話しします。

カカオには、「カカオポリフェノール」が、たっぷりと含まれています。
ポリフェノールという言葉を、耳にしたことがある方は多いでしょう。

りんごや赤ワインなどにも、ポリフェノールは含まれています。

しかし、このポリフェノールは、自然の食べ物から摂ることが難しいのです。
つまり、カカオに含まれた、たっぷりのカカオポリフェノールは貴重なのです。

自然の物からポリフェノールを摂るのが難しい、ということを知っている人は少ないでしょう。

また、カカオはお菓子としてはもちろん、料理にも比較的使いやすい食べ物です。
カカオは利用しやすい食品のため、カカオポリフェノールを毎日摂ることは難しいことではないのです。

次では、カカオポリフェノールの持つ効果について、みていきましょう。

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールの持つ効果

<血圧低下>
カカオポリフェノールには、血圧を下げてくれるという働きがあります。
高血圧の方にもカカオは、毎日食べることをおすすめしたい食品と言えます。

<動脈硬化予防>
カカオポリフェノールは、強い抗酸化作用を持っています。

人間の体は弱アルカリ性を保っていますが、老化などによってサビてしまうと、酸化してしまいます。
その酸化を抑えてくれる働きを、カカオポリフェノールは持っているのです。

<抗ストレス>
チョコレートを食べると、落ち着いたり精神が安定すると感じることはありませんか。

それは、カカオポリフェノールがストレスによるホルモンを、抑えてくれる働きが大きく関係しているのです。
心や体にストレスを感じているとき、カカオを摂ることで、ストレスを軽減することができます。

<美容効果>
肌は年齢とともに、老化(酸化)してしまいます。
肌の老化の原因となる、活性酸素の引き起こすトラブルを、カカオポリフェノールで防ぐことができます。

<アレルギー改善>
アレルギーにも活性酸素が関係しています。

カカオポリフェノールは、トラブルとなるアレルギーの因子の働きを抑える働きを持っています。

これが、チョコレートのカカオポリフェノールの持つ効果です。
効果を知ると、カカオを毎日食べることが健康に良い理由が分かりますね。

チョコレートを食べると便秘改善にも

カカオが多く含まれたチョコレートを毎日食べることは、体にとても良いです。

カカオポリフェノールの持つ様々な効果は、お伝えできたと思います。

しかし、お伝えしたことのほかにも、まだまだ良い効果はあるのです。

その効果をひとつひとつ挙げてしまうと、あまりにも長くなってしまうので、ここではひとつだけご紹介します。

その良い効果とは、「便秘改善」が期待できるということです。

カカオには、便秘に良いことで多くの人に知られている「食物繊維」がたっぷりと含まれています。

なかでも、カカオには、リグニンという「不溶性食物繊維」が、とても多いです。
腸の中で水分を吸収して膨らむため、便のかさが増え、便を促してくれます。

また、それだけではなく、カカオには「カカオプロテイン」というものも含まれています。
これは、腸内環境を整えてくれる働きを持った成分です。

カカオは、便秘に悩んでいる人に嬉しい、便秘改善が期待できる効果を持った自然食品なのです。

毎日のチョコレートで食べ過ぎはNG

カカオは、毎日積極的に摂りたい「スーパーフード」だということは、お分かりいただけましたか?

カカオを食べることで、体には嬉しいことがたくさんあります。
カカオが多く含まれたチョコレートなら、さらに、その効果が期待できます。

毎日食べるのであれば、砂糖の少ないカカオ率の高いチョコレートがおすすめです。

そうではない、砂糖が多いチョコレートを毎日食べていては、反対に、体に悪い影響を与えてしまいます。

砂糖を摂り過ぎが続いてしまうと、低血糖症や糖尿病などの病気にかかる確率も上がります。

<低血糖症>
砂糖を多く含む食べ物などを、過剰摂取することが原因で起こります。
症状には、空腹感・動悸・手足の震え・冷や汗・頭痛などが挙げられます。

<糖尿病>
主な原因は肥満ですが、見た目では太っていないような人も、内臓脂肪が多いと肥満となります。

体に入ったブドウ糖が、エネルギーとして上手に摂ることができません。
そのため、エネルギーを摂ってもうまく摂れず、体がエネルギー不足となってしまうのです。

このように、砂糖の過剰摂取は、肥満へと繋がるだけではないのです。

カカオを毎日食べることは良い!

カカオは、体にとても良い自然食品だということが、お分かりいただけたでしょうか。

また、チョコレートで太ってしまうのは、カカオではなく砂糖が原因なのです。

体に良いとされるチョコレートを選ぶ時は、カカオ率に注目してみてくださいね。