チョコレートを毎日食べると健康に良いって本当?効果は?

チョコレートを毎日食べると、「太る」と考えている人は、きっと多いでしょう。

その一方で、チョコレートは「健康に良い」という話を聞いたことがある人も多いと思います。

実際はどうなのでしょうか?

ここでは、その疑問を解消できるようにまとめています。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

うちの子落ち着きがない?赤ちゃんが食事用椅子に座らない!

離乳食を始めた頃、まだお座りするのがやっとで、1日1回の食事の時間を楽しみにしていた方も多いのでは...

醤油の原料やアレルギーと遺伝子組み換えの情報について

醤油といえば、必ず家にある調味料ですよね。醤油って昔からあって当たり前のものだけど、何を原料...

アボカド1個で2食分作るとカロリーオフと栄養のダブル効果

「森のバター」とも表現されるのが、メキシコ原産の果物「アボカド」です。栄養満点なのですが、1...

知らない人も多い?グリコーゲンとグルコースの違いとは

どこかで「グリコーゲン」や「グルコース」という単語を、耳にしたことはありませんか?聞いたこと...

妊娠中の時期別食事のカロリー目安とおすすめの食べ物とは!

妊娠中は、自分とお腹の赤ちゃんの2人分の栄養が必要なので、普段の食生活はとても重要になりますよね。...

離乳食の進め方は個人差がある?6ヶ月でスタートは遅いの?

赤ちゃんが生まれて、初めての育児にようやく慣れてきたのは何か月の頃でしょうか。ねんねばかりして...

上白糖とグラニュー糖のカロリー比較と特徴を活かした使い方

同じお砂糖を使うなら、普通の砂糖よりグラニュー糖のほうが高級な感じがする、コーヒーや紅茶はグラニ...

醤油に含まれる注目すべき栄養素とは?摂り過ぎにも注意!

日本独自の伝統的調味料として親しまれている「醤油」ですが、具体的にどのような栄養が含まれているのか...

油もので体調が悪くなる?脂肪を分解してくれる食品を知ろう

油っこい料理で胃がもたれてしまう…そんな経験をしたことがある人は多いはずです。朝起きた時に...

イカフライのカロリーとは!?お菓子系おつまみの食べ方

お菓子なのかおつまみなのかわかりにくい食品、「イカフライ」。揚げてあるのでカロリーも高めだけ...

食事改善で便秘を解消!女性におすすめの便秘解消メニュー!

便秘は、女性に比較的多くみられる排便のトラブルです。便秘の原因には、現代の慌ただしい環境による...

バナナがビタミンCを破壊してしまう、という説の過去と現在

バナナを食べるとビタミンCが破壊されると聞いた事がある人もいらっしゃるのではないでしょうか?他に...

女性の体調改善に豆乳!イソフラボンで女性パワーをアップ!

女性の体は一生を通じてはもちろん、大変短いサイクルで変わりやすく、とてもデリケートです。女性ホ...

食生活改善開始!一人暮らしと単身赴任の場合はどうする?

食生活改善は、一人ではなかなかできないと思う方も多いようです。しかし、大学や社会人で一人暮らし...

カロリーゼロのゼリーは本当にカロリーや糖質がゼロなのか?

健康志向を反映してか、巷にはカロリーゼロや糖質ゼロをうたう食品が溢れています。食事には気を配...

スポンサーリンク

チョコレートを毎日食べると太る?

多くの人に「太ってしまう食べ物」と、思われがちなチョコレートですが、実際はそんなことはありません。

このチョコレートの原料は、「カカオ豆」です。
チョコレートを食べて太るのは、このカカオではありません。

ほとんどのチョコレートに入っている「砂糖」が、大きな原因です。

チョコレートというと、甘い味を想像する人は多いですよね。
しかし、その甘い味は砂糖であり、カカオだけでは甘さがありません。

チョコレートが甘いのは、カカオではなく、砂糖が理由だったのです。

そして、この砂糖ですが、食べるとすぐにブドウ糖に変わるという特徴を持っています。

ブドウ糖は脳が働くために欠かせないエネルギーなので、砂糖も体に必要なものです。

そのため、砂糖は太るからといって、食べてはいけないというものではありません。

しかし、毎日のように砂糖を摂りすぎてしまうと、体がそのカロリーを消費しきれません。
消費されない余分なカロリーは脂肪となるため、太る原因となってしまいます。

話しは戻りますが、チョコレートで太ってしまう原因は、カカオではなく砂糖なのです。

毎日チョコレートを食べると健康に良い?

先ほどは、チョコレートを食べることで、太ってしまうのは砂糖が原因ということをお話ししました。

次は、チョコレートを毎日食べることについてです。

「チョコレートを食べると健康に良い」と、聞いたことがある人は多いでしょう。
実際に、チョコレートは健康面に、非常に良い効果を与えてくれます。

それは、チョコレートの原料である、カカオが大きな理由です。

そのため、カカオが多く含まれたチョコレートのほうが、健康に良いということになります。

最近では、砂糖がたくさん使われたチョコレートよりも、カカオ率が高く甘さ控えめのチョコレートに、注目が集まっています。

健康のために、毎日チョコレートを食べるのであれば、カカオ率が高いチョコレートを選ぶことをおすすめします。

カカオ率の高いチョコレートですが、カカオの量が多いため、普段よく目にする砂糖の多いチョコレートよりも、少し値段が高いことが特徴です。

しかし、健康のことを考えると、気にならないほどの値段と言えるかもしれませんね。

チョコレートのカカオポリフェノール

チョコレートに含まれるカカオは、健康に良いです。
そのため、カカオ率が高いチョコレートを食べることで、体に良い効果があります。

なぜ、そのカカオが健康に良いのかをお話しします。

カカオには、「カカオポリフェノール」が、たっぷりと含まれています。
ポリフェノールという言葉を、耳にしたことがある方は多いでしょう。

りんごや赤ワインなどにも、ポリフェノールは含まれています。

しかし、このポリフェノールは、自然の食べ物から摂ることが難しいのです。
つまり、カカオに含まれた、たっぷりのカカオポリフェノールは貴重なのです。

自然の物からポリフェノールを摂るのが難しい、ということを知っている人は少ないでしょう。

また、カカオはお菓子としてはもちろん、料理にも比較的使いやすい食べ物です。
カカオは利用しやすい食品のため、カカオポリフェノールを毎日摂ることは難しいことではないのです。

次では、カカオポリフェノールの持つ効果について、みていきましょう。

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールの持つ効果

<血圧低下>
カカオポリフェノールには、血圧を下げてくれるという働きがあります。
高血圧の方にもカカオは、毎日食べることをおすすめしたい食品と言えます。

<動脈硬化予防>
カカオポリフェノールは、強い抗酸化作用を持っています。

人間の体は弱アルカリ性を保っていますが、老化などによってサビてしまうと、酸化してしまいます。
その酸化を抑えてくれる働きを、カカオポリフェノールは持っているのです。

<抗ストレス>
チョコレートを食べると、落ち着いたり精神が安定すると感じることはありませんか。

それは、カカオポリフェノールがストレスによるホルモンを、抑えてくれる働きが大きく関係しているのです。
心や体にストレスを感じているとき、カカオを摂ることで、ストレスを軽減することができます。

<美容効果>
肌は年齢とともに、老化(酸化)してしまいます。
肌の老化の原因となる、活性酸素の引き起こすトラブルを、カカオポリフェノールで防ぐことができます。

<アレルギー改善>
アレルギーにも活性酸素が関係しています。

カカオポリフェノールは、トラブルとなるアレルギーの因子の働きを抑える働きを持っています。

これが、チョコレートのカカオポリフェノールの持つ効果です。
効果を知ると、カカオを毎日食べることが健康に良い理由が分かりますね。

チョコレートを食べると便秘改善にも

カカオが多く含まれたチョコレートを毎日食べることは、体にとても良いです。

カカオポリフェノールの持つ様々な効果は、お伝えできたと思います。

しかし、お伝えしたことのほかにも、まだまだ良い効果はあるのです。

その効果をひとつひとつ挙げてしまうと、あまりにも長くなってしまうので、ここではひとつだけご紹介します。

その良い効果とは、「便秘改善」が期待できるということです。

カカオには、便秘に良いことで多くの人に知られている「食物繊維」がたっぷりと含まれています。

なかでも、カカオには、リグニンという「不溶性食物繊維」が、とても多いです。
腸の中で水分を吸収して膨らむため、便のかさが増え、便を促してくれます。

また、それだけではなく、カカオには「カカオプロテイン」というものも含まれています。
これは、腸内環境を整えてくれる働きを持った成分です。

カカオは、便秘に悩んでいる人に嬉しい、便秘改善が期待できる効果を持った自然食品なのです。

毎日のチョコレートで食べ過ぎはNG

カカオは、毎日積極的に摂りたい「スーパーフード」だということは、お分かりいただけましたか?

カカオを食べることで、体には嬉しいことがたくさんあります。
カカオが多く含まれたチョコレートなら、さらに、その効果が期待できます。

毎日食べるのであれば、砂糖の少ないカカオ率の高いチョコレートがおすすめです。

そうではない、砂糖が多いチョコレートを毎日食べていては、反対に、体に悪い影響を与えてしまいます。

砂糖を摂り過ぎが続いてしまうと、低血糖症や糖尿病などの病気にかかる確率も上がります。

<低血糖症>
砂糖を多く含む食べ物などを、過剰摂取することが原因で起こります。
症状には、空腹感・動悸・手足の震え・冷や汗・頭痛などが挙げられます。

<糖尿病>
主な原因は肥満ですが、見た目では太っていないような人も、内臓脂肪が多いと肥満となります。

体に入ったブドウ糖が、エネルギーとして上手に摂ることができません。
そのため、エネルギーを摂ってもうまく摂れず、体がエネルギー不足となってしまうのです。

このように、砂糖の過剰摂取は、肥満へと繋がるだけではないのです。

カカオを毎日食べることは良い!

カカオは、体にとても良い自然食品だということが、お分かりいただけたでしょうか。

また、チョコレートで太ってしまうのは、カカオではなく砂糖が原因なのです。

体に良いとされるチョコレートを選ぶ時は、カカオ率に注目してみてくださいね。