手を抜きたい時に作る。夏に食べたい冷やしうどんメニュー

暑い夏は、ご飯を作るのも、なんだかだるくなってしまいますよね。

そんな時に作りたい、簡単に作れる冷やしうどんのメニューをいくつかご紹介します。

手を抜いているのに美味しい冷やしうどんの作り方は、忙しい主婦ならぜひ、知っておくといいですよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

トウモロコシなどを主食としている世界の国々を紹介します!

日本人の主食と言えば、お米ですよね。では、トウモロコシを主食としている国ってどこなのでしょう...

アメリカ料理の特徴は?肥満男性、女性は玄米ダイエットを!

常に世界において、注目度が高い国・・・アメリカ。アメリカといえば、世界一の経済大国で有名です...

地鎮祭や上棟式の準備が分からない!お酒の種類はどうする?

一生のうちで、家を建てるという経験は何度もあるわけではありませんね。人生で一度の出来事なので...

江戸時代の生活ってどんな生活?農民の生活、食生活について

皆さんが思い描く江戸時代の農民の生活は、洋服や家は古く、苦しい生活を強いられているというイメージを...

長岡名物!醤油おこわのルーツは?蒸し器がなくても大丈夫?

一般的に赤飯といったら、白いもち米に小豆やささげが入ったもの。ほのかにピンク色に染まったご飯は...

カロリーオフの豆乳は体に危険を及ぼす恐れがある?

健康によいとされ、日頃から親しまれている豆乳ですが、無調整豆乳などの豆乳本来の味が苦手な人もいるので...

醤油に飽きたら味噌焼きうどん!レシピやお店をご紹介!

焼きうどんというと、醤油味かソース味だと思っていませんか。いま、味噌焼きうどんがアツいんです...

醤油の発祥に迫る!醤油は試行錯誤が生んだ日本の文化的遺産

我々の食卓に欠かせない醤油は、日本のみならず海外でも調味料のひとつとして定着しつつあります。...

栄養満点の干し野菜を作ろう!乾燥ネットで簡単に作れます!

野菜の食べ方はいろいろありますが、まず干し野菜が頭に浮かぶ人は少ないと思います。干し野菜は、...

エコな野菜作りをしよう!肥料に米ぬかを使ってみませんか

ガーデニングや家庭菜園などで、ご自宅で土いじりを楽しむ人も増えてきましたね。まず野菜や花を育...

カロリーオフのお菓子は買う派?手作り派?どっちがお勧め?

食事制限やダイエットしてる方にとって、カロリーオフのお菓子は罪悪感がなく食べられるお菓子だと思い...

味噌の保存容器にガラスを使う!美味しい保存の仕方とは?

現在、家庭での味噌の保存容器としては、ホーロー、タッパー、ガラスなど、色々な材質のものから選べま...

家庭菜園の土づくりで、畑にすき込む堆肥の量はどれくらい?

家庭菜園を始めるには、まず土づくりをすることになります。土づくりでは堆肥を使うことになります...

玄米を浸水なしで調理する際に圧力鍋を使う場合の疑問と不安

圧力鍋は時短調理に最適の家電で、忙しい女性にはとても使い勝手の良い調理器具となります。玄米も浸...

バタークッキーは手作りする?人気のお店で買う?

おやつに、お土産に、小腹がすいたときに、クッキーを食べると元気になりますね。おいしくて、かわ...

スポンサーリンク

夏バテ対策に!サラダキムチうどん

まず、1つめにご紹介するメニューは、暑い夏にピッタリなうどんです。
夏バテで食欲がない人は、キムチパワーで暑い夏を乗り切りましょう。

【材料】(2人前)

・冷凍うどん 2玉
・卵黄 2個
・きゅうり1/2本
・ササミ お好みの量

<キムチだれ>

・キムチ150g
・味噌 小さじ1/2
・お酢 小さじ1
・醤油 小さじ2
・砂糖 小さじ1/2
・白ごま 適量

【作り方】

①冷凍うどんをレンジで温め、氷水で締めます。
(生うどんの場合も、記載されている方法で茹でたら、氷水で締めます)

②キムチを細かく刻み、ボウルに入れます。(食感が欲しい場合は、大きめにカットしましょう)
※キッチン用のはさみを使うと簡単です。

キムチだれの調味料も一緒のボウルへと入れ、混ぜ合わせます。

③きゅうを千切りにし、ササミも食べやすい大きさに、ほぐしておきます。
※生肉からササミを作る場合は、レンジなどで加熱すると簡単です。

④大きめの器に、氷水で締めて水を切ったうどんを盛ります。

うどんの上にきゅうり、ササミ、キムチだれをきれいにトッピングしたら、卵黄をのせて完成です。

トマトなどの野菜を足しても、美味しく食べられます。

夏のお昼におすすめのメニュー!冷しゃぶうどん

2つめにご紹介するのは、暑い夏のお昼に出てくると嬉しいうどんメニューです。

【材料】(2人前)

・冷凍うどん 2玉
・きゅうり 1/2本
・レタス 2枚
・コーン缶 大さじ2
・薄切り豚肉 100g
・大トマト 1/2個(ミニトマトでもOK)
・ドレッシング お好みのもの

【作り方】

①冷凍うどんをレンジで温めて、氷水で締めます。

②豚肉をサッと茹でて、ザルに上げたら冷ましておきます。
(茹ですぎると硬くなってしまうので、注意しましょう)

③きゅうりを千切りにし、レタスは食べやすい大きさに、ちぎっておきます。

トマトも同様に、食べやすい大きさにカットしておきます。
コーン缶を開けて、水をきります。

④うどんをお皿に盛り、具材をトッピングしていきます。

⑤お好みのドレッシングをかけて完成です。

ドレッシングは好きなものをかけられるので、家族それぞれ自分が好きな味でうどんを楽しむことができます。

簡単で火もあまり使わないため、簡単に作ることができますし、お皿も1人1枚なので、洗い物も少なくて済みます。

食欲がない時に良いメニュー!胡麻味噌坦々うどん

3つめにご紹介するメニューは、食欲がおちやすい夏にピッタリの、食欲が出るうどんです。

【材料】(2人前)

・鶏ひき肉 140g
・冷凍うどん 2玉

(A)
・ごま油 大さじ1
・にんにくチューブ 3cm
・しょうがチューブ 3cm
・豆板醤 小さじ2
・鷹の爪(輪切り) 適量

(B)
・ポン酢 大さじ2
・砂糖 大さじ1
・味噌 大さじ1~2(お好み)
・マヨネーズ 大さじ1
・白ごま 大さじ1
・ごま油 大さじ1
・レタス お好みの量

【作り方】

①(B)の調味料を、全て混ぜておきます。

②冷凍うどんをレンジで温めて、氷水で締めます。

③フライパンを熱し、(A)を入れて、中火で軽く炒めます。

④そこへ鶏ひき肉を入れて、火が通るまで炒めます。

⑤器にレタスを敷いておきます。

⑥レタスの上にうどんを盛り、炒めたひき肉を乗せます。

⑦ ①をかけたら完成です。

(B)のたれは、自分の好みに合わせて、分量を調整してください。

辛いのがお好みの方は、鷹の爪を多くすると、さらにピリ辛になり、美味しく召し上がれます。

夏だからこそ食べたいメニュー!ツナキムチの豆乳うどん

4つめにご紹介するうどんは、1度食べるとクセになる、夏におすすめしたいメニューです。

【材料】(2人前)

・冷凍うどん 2玉
・きゅうり 1/2本
・ツナ 1缶
・キムチ 適量
・万能ネギ 適量

<豆乳ピリ辛だれ>

・しょうがチューブ 1cm
・マヨネーズ 大さじ1
・豆板醤 小さじ2
・コチュジャン 小さじ2
・醤油 大さじ1
・ごま油 小さじ1
・豆乳 200ml

【作り方】

①冷凍うどんをレンジで温め、氷水で締めます。

②ボウルに豆乳ピリ辛だれの調味料を順に入れて、よく混ぜておきます。
豆乳を最後に入れると、たれが混ざりやすいです。

③きゅうりを千切りにします。
万能ネギは小口切りにしてください。

キムチはそのままでもいいですが、切った方が食べやすいです。

④ツナ缶を開けて、油を切っておきます。

⑤大きめの丼ぶりにうどんを乗せて、②のピリ辛だれを入れます。

⑥きゅうり・ツナ・キムチをトッピングして、最後にネギを散らしたら完成です。

辛いのがお好きな方は、豆板醤やコチュジャンの量を増やすと、さらに美味しくなります。

また、辛いのが苦手な方は、量を減らすのがおすすめです。

しらすと梅と大葉の冷やしうどん

5つめにご紹介するのは、暑い夏に食べたくなる、さっぱりとした酸っぱいうどんメニューです。

【材料】(2人前)

・冷凍うどん 2玉
・しらす(ちりめんじゃこでもOK) 40g~60g
・大葉 8枚
・梅干し お好みの量
・油揚げ(薄揚げ) 2枚
・めんつゆ 適量

【作り方】

①冷凍うどんをレンジで温め、氷水で締めます。

②油揚げをキッチンペーパーなどで軽く押さえて、油を切ります。

③1cm幅に縦に切り、オーブントースターなどで、カリカリになるまで焼き上げます。

④めんつゆを、お好みの濃さに水で薄めておきます。

⑤大葉を千切りにします。
梅干しは種を取り除いて、ペースト状になるまで包丁で叩きます。

⑥どんぶりにうどんを乗せ、その上に大葉を盛ります。
さらに、大葉の上にシラスを乗せて、梅干しを乗せましょう。

⑦カリカリの油揚げをトッピングしたら、完成です。

酸っぱいので食欲も出て、食べやすいうどんメニューです。

また、うどんではなく、お蕎麦やそうめんなどでも美味しく作ることができます。

簡単!火を使わない薬味うどん

夏になると、台所で火を使うのが、暑くて嫌になる人も多いはずです。

最後にご紹介するメニューは、火を使わないで作れる簡単なうどんです。

【材料】(2人前)

・冷凍うどん 2玉
・鶏もも肉 1枚
・万能ネギ お好みの量
・ニラ 8本くらい
・しょうがチューブ 1cm
・ポン酢 適量
・食べるラー油(ラー油でもOK) 適量

【作り方】

①冷凍うどんをレンジで温め、氷水で締めます。

②鶏もも肉を耐熱容器へとそのまま入れ、火が通るまでレンジで加熱します。
粗熱がとれるまで、置いておきます。

③万能ネギを小口切りにし、にらはみじん切りにして、ボウルへと移します。

④ネギやニラがひたひたになるよりも、少なめのポン酢を入れます。

⑤さらに、生姜、ラー油を入れてよく混ぜ合わせます。

⑥粗熱の取れた鶏肉を、食べやすい大きさに一口大に切ります。

⑦器にうどんを盛り、鶏肉を乗せます。
その上に③を乗せたら完成です。

みじん切りにしたみょうがなどの薬味を、③に合わせても、美味しくいただくことができます。

冷やしうどんは夏にピッタリ

簡単に作れる、おすすめの冷やしうどんメニューをご紹介しましたが、いかがでしたか?

きっと、すぐにでも実践したくなるような、気になるメニューがあったと思います。

楽に作ることもできますが、なにより、うどんメニューはお皿やどんぶりが、ひとつで済むので後片付けも、とっても楽ですね。