玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

牛乳と生クリームを使ってアイスクリームを作ろう

      2017/09/18

牛乳と生クリームを使ってアイスクリームを作ろう

牛乳は、どこのご家庭でも常備してある飲み物ですよね。

同じ乳製品の生クリームは、常備とまではいきませんが、お菓子作りなどで、よく使うという人もいますね。

この2つを使って簡単にデザートが作れます。

それは、アイスクリームです。

まずは、牛乳や生クリームについてお話しますので、そのあとにアイスクリームを作りましょう!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

美味しい玄米ご飯のカロリーは炊く前と炊いた後でどう違う?

お米は玄米でも精白米でも、炊く前と炊いた後では、水の量が...

「トランス脂肪酸フリー」のマヨネーズについて知りたいこと

「トランス脂肪酸フリーのマヨネーズ」と聞くと、体にいいマ...

電子レンジでパンを温めるときにアルミホイルは使えるの?

私たちの生活のなかで、もはや電子レンジはなくてはならない...

濃厚とろとろ茶碗蒸しを電子レンジで作る秘訣はチーズにあり

みなさんは、茶碗蒸しは好きですか? お店で出される茶碗...

電子レンジのターンテーブルにケーキ型をのせて手作りケーキ

小さい子どものため、ケーキを焼きたいという人のために、便利...

チューブタイプのバターに含まれるトランス脂肪酸への疑問

チューブタイプのバターと聞くと、いつもは固く感じがちなバ...

自然製法でもトランス脂肪酸フリーのバターは存在しない?

2018年6月にアメリカでは、トランス脂肪酸の使用の規制...

味噌を詰める容器がガラスであるメリットと注意点とは?

味噌というと、スーパーで売られているパック入りの味噌が一...

麦味噌を作ってみよう!試しに2kgを容器に詰めてみよう

麦味噌をご存知ですか? 九州や愛媛県、山口県ではメジャ...

カロリーと脂肪の量がうまく絡む豚肉と部位の深い関係

肉の部位とカロリーは大きく関係します。 多くの人が、精...

カロリーの一日に必要な摂取量はどれくらいなのでしょうか?

飽食の時代と言われて久しい現代、生活習慣病に悩む人々も増...

お茶碗一杯分のカロリー消費にはどんな運動をどれくらい?

秋、食事が美味しくなる季節です。 ついつい箸が進み、食...

枝豆はカロリーが低くてダイエットに最適って本当なの?

夏から秋にかけての旬といえば、枝豆ですよね。 最近は芸能...

おにぎりと大福のカロリーと満足度の比較をしてみた結果…!

お弁当の定番はおにぎりという方も多いのではないでしょうか...

ドライトマトにはどんな栄養がある?カロリーはどれぐらい?

ドライトマトといえば、美容・健康・ダイエットに効果があると...

5kgダイエットするために必要な消費カロリーは?方法は?

年々、付きやすく、落ちにくくなってきました。 これは体...

食事が進まない2歳児!1日に必要とするカロリーの目安は?

かわいい盛りの2歳児は、「魔の2歳児」といわれるぐらいで...

自分のカロリー消費量を知ろう!1日の活動強度ごとに解説

あなたは、自分の体が1日にどれくらいのカロリーを消費して...

玄米の炊き方と、含まれるとされる「毒」との関係性とは?

玄米は健康に良い食品なので注目される分、「毒」を持ってい...

玄米を浸水のために冷蔵庫を使う時の注意点とポイントとは?

冷蔵庫はとても便利な家電で、玄米の保存にも浸水のためにも...

スポンサーリンク


牛乳と生クリームの違いとは

美味しいアイスクリームを作るには、牛乳と生クリームが欠かせませんよね。
ところで、牛乳と生クリームは、何がどう違うのかご存知ですか?

牛乳と生クリームは、どちらも同じ乳製品です。
原材料はもちろん「牛の乳」ですよね。

だとしたら、どのような部分が、牛乳と生クリームを商品として分けているのでしょうか。

牛乳は、「牛の乳」の乳脂肪分を粉砕機で細かく砕き、その乳脂肪分を均等化して、殺菌処理をしてできたものです。

牛の乳はそのままですと、乳脂肪分がくっつき合っていて、飲みづらいものなのです。
また、無脂乳固形分8%以上、乳脂肪分3%以上の生乳100%で作られたものと定められています。

つまり牛乳は、乳脂肪分の粉砕処理と、殺菌処理を行っただけの、そのままの「牛の乳」と言えます。
実は、スーパーなどでもよく見かける低脂肪牛乳は、「牛乳」ではありません。

ラベルを見ていただくと、お分かりになるかと思いますが、「乳飲料」となっています。
加工乳の括りに入っているのです。

生クリームはこのようにして作られる

一方、生クリームは、「牛の乳」から遠心分離機を使って乳脂肪分を取り出し、それを濃縮して作られます。
乳脂肪分のみで作られていますので、「クリーム」と表記されます。

「純正」という名前が付くものが「生クリーム」です。

●乳脂肪分が18%以上のものは「ライトクリーム」
●乳脂肪分が30%以上のものは「ホイップ用」

と分けられています。
スーパーなどで売られている「ホイップ」ですが、生クリームとは違う商品です。

これは、植物性油に添加物を加えて、加工して作られています。
生クリームは、乳脂肪分を濃縮して作られますが、さらに、乳脂肪を分離させるとバターになります。

アイスクリームにも欠かせない牛乳、生クリーム、さらにバターは、生活に必要な食材ばかりです。
いろいろな食材を提供してくれる牛には、感謝しなければなりません。

生クリーム代用のマメ知識

それでは、生クリームがないとき、牛乳から生クリームを作れるのでしょうか。
牛乳は、ほとんど「牛の乳」そのままのものです。

生クリームは、その乳脂肪分から作られます。

同じものなのですから、牛乳から生クリームを作る、ということもできそうな気がしますが、それは無理なのです。

牛乳に含まれている乳脂肪分は、大体3.5%程度です。
生クリームの乳脂肪分は、30%以上ですから、どんなに煮詰めても牛乳は生クリームにはなりません。

しかも、加熱した段階で生ではなくなってしまいます。
生クリームの代用として、牛乳に乳脂肪分を足すという方法があります。

それには、乳脂肪分で作られているバターを使います。
バターを溶かして牛乳に加えて、生クリームの代わりにすることができます。

「牛乳3:バター1」という割合にすると、乳脂肪分の数値上では、生クリームになります。

ただし、バターの香りが強く出てしまいますので、ホイップクリームやアイスクリームなど、生クリームの風味が必要な料理に向きません。

煮込み料理などで、代用として使いたいときなど、限られた使用方法でしか使えません。

牛乳と生クリームで基本のアイスクリームレシピ

牛乳と生クリームについてお話してきました。
その2つの材料を使ったアイスクリームは、季節を問わずに食べたくなりますね。

アイスクリームなんて、簡単にコンビニでもスーパーでも買えますが、改めて作ってみると、その優しい味に癒されてしまいますよ。

まずは、基本のレシピを学んでみましょう。

【材料】

・牛乳 300ml
・生クリーム 100ml
・卵黄 3個分
・砂糖 75g

牛乳は成分無調整のもの、生クリームは乳脂肪40%以上のもの、卵は新鮮なものを用意してください。

【作り方】

①ボウルに卵黄と砂糖を入れ、泡だて器で混ぜ合わせます。
砂糖がしっかり溶けるまで混ぜます。

②生クリームと牛乳を合わせて、鍋で温めます。
鍋のふちがフツフツとしてきたら、火から外し、泡だて器で混ぜながら、①のボウルに少しずつ加えていきます。

③口当たりを滑らかにしたい場合は、ザルでこします。
気にならないのであれば、こさなくても大丈夫です。

④氷水を当てるなどして冷やします。
冷えたら、容器に流し込み、冷凍庫で凍らせます。

きちんとふたをするか、ラップをして保存してください。

⑤2~3時間で、ふちが固まってきます。
取り出して、スプーンなどで全体をかき混ぜましょう。

そのあとも、30分おきにかき混ぜます。

⑥3~4回繰り返すと、滑らかな食感のアイスクリームに仕上がります。

手作りアイスは、香料などが含まれていないため、冷凍庫の匂いが移りやすいです。
保存の時は、きちんとふたをするか、ラップをして冷凍庫に入れ、早めに食べましょう。

牛乳だけで作るミルクアイス

基本のアイスクリームのレシピが分かりましたね。
上の項でご紹介したレシピは、牛乳と生クリームを使った、ちょっと豪華なアイスクリームでした。

続いては、もう少しシンプルな牛乳だけで作るミルクアイスをご紹介します。

【材料】

・牛乳 300ml
・卵黄 70g
・砂糖 60g

牛乳は成分無調整のもの、卵は新鮮なものを用意します。

【作り方】

①卵黄を別のボウルに入れ、泡だて器で溶きほぐしてから、砂糖を加えます。

②牛乳を鍋に入れ、温めます。
鍋のふちがフツフツしてきたら、①のボウルに加え、泡だて器でよく混ぜ合わせます。

混ざったら、鍋に戻します。

③弱火から中火くらいの火加減で、木ベラで混ぜながら温めます。
このとき、焦げやすいので注意してください。

再び、鍋のふちがフツフツしてきたら、火を止めてボウルに移します。

④氷水をボウルの底に当て、混ぜながら冷まします。

⑤冷めたら氷水から外し、高速のハンドミキサーで2分程度泡立てます。

⑥保存用の容器に流し込み、冷凍庫で凍らせて完成です。

最後に、ハンドミキサーで空気を含ませるので、凍らせている最中にかき混ぜる必要がありません。

生クリームが余ったらアイスを作ろう

牛乳だけで作るミルクアイスは、お母さんが作ってくれたような懐かしい味ですね。
今度は、生クリームで作る簡単アイスです。

ホイップクリームが余ってしまった時の再利用にもなりますので、覚えておくと便利ですよ。

【材料】

・生クリーム(ホイップクリーム) 100cc
・卵 1個
・砂糖 大さじ2
・バニラエッセンス(なくてもOK)

卵は新鮮なものを用意してください。

【作り方】

①卵を、卵黄と卵白に分けます。

②卵白を泡立て、メレンゲを作ります。

③別のボウルを用意し、生クリームを入れます。
砂糖を入れ、ツノが立つくらいまで泡立てます。

ホイップクリームであれば、この工程は省きます。

④メレンゲのボウルに溶いた卵黄を加えて、混ぜ合わせます。
バニラエッセンスがあれば、ここで入れます。

⑤メレンゲと生クリームを泡だて器で混ぜ合わせ、容器に流し入れます。

⑥冷凍庫で凍らせて出来上がりです。

牛乳なしで作るのですが、思ったよりさっぱりと食べられます。

生クリームは、料理で使っても余ってしまうことが多いので、このように活用すると、最後まで美味しく食べられますね。

手作りの味を大切に

いかがでしたでしょうか。

牛乳と生クリームのアイスクリームは、優しい味わいで懐かしい気持ちになります。

なんでも簡単に買えてしまう世の中ですが、手作りの味に敵うものはありません。
ぜひ1度、作ってみてください。

 - その他食材