玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

ホワイトチョコで決まり!バレンタインのおすすめレシピは?

      2017/09/16

ホワイトチョコで決まり!バレンタインのおすすめレシピは?

恋する女の子が、相手に想いを伝えるきっかけになるバレンタインデー。

甘いチョコレートに想いを込めて相手に渡す、シンプルで分かりやすく、しかし女子力もアピールできる絶好のチャンスですよね!

チョコレートは大きく分けて3種類がありますが、今回は、ホワイトチョコをバレンタインのおすすめチョコとして、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

外食メニューはバナナ5本のカロリーより高い?低い?

暑い夏ですが、水着を着るためにカロリーを抑えたダイエットを...

人気が急上昇!夏でも美味しい納豆150gのカロリーと栄養素

納豆は好きですか。 私は大好きですが、独特の臭いとネバ...

トランス脂肪酸とは?トランス脂肪酸がゼロの油はあるのか?

みなさんは、トランス脂肪酸はどのようなものかご存知でしょ...

トランス脂肪酸が気になるマーガリンに「ゼロ」が存在?

バターを買いたいけれどカロリーや値段が気になる……でもパ...

気になる着色料、粉末と液体の使い方!こんなメリットも

鮮やかな色のケーキ、クッキー、砂糖菓子。 どれも見た目...

日本のお菓子や氷菓の着色料の青は天然色素を使用で安心安全

お菓子やかき氷、アイスクリームに青を使っているものがあり...

牛すじ煮込みの味噌の種類や味付けの種類などを詳しく解説

梅雨が明けて、夏が本格的にはじまってきました。 そんな...

新しい未来化農業が作るオーガニック野菜のメリットを応援

野菜は好きですか。 野菜はビタミンやミネラルを摂取する...

栄養満点の甘酒!酒粕が苦手な人でも美味しく飲めちゃう方法

甘酒は「飲む点滴」とも呼ばれ、健康にも美容にも効果アリと...

江戸時代の藩の役職、食べ物にまつわる面白いものがあった!

今も昔も、食べ物にまつわる職業はたくさんあります。 江...

豚バラ肉200gのカロリーは?美味しいレシピのご紹介!

豚肉で美味しい部位といったら、豚バラ肉ですよね。 噛めば...

味噌ラーメンのワンランクアップレシピ!極旨スープの秘訣!

味噌ラーメンには、醤油ラーメンや豚骨ラーメンにはない魅力...

たけのこ+味噌+バターはおいし過ぎる禁断の組み合わせ!?

春を呼び込む食材のたけのこ。 日本料理には欠かせない存...

ブロッコリーの味噌汁はとても美味しい!手軽にできるレシピ

みなさん、ブロッコリーをどうやって食べていますか? 蕾...

味噌を摂り入れて健康に!味噌大さじ1杯の糖質を知ろう!

味噌というと発酵食品で、「大豆=イソフラボン=身体に良い...

ハタハタを鍋で食べるときの味付けは味噌?醤油?

秋田の冬の味覚といえば「ハタハタ」。 日本海側で比較的...

味噌汁の作り方はとても簡単!顆粒だしを活用しよう!

最近は味噌汁やだし煮などを作る際、顆粒だしを使った作り方...

電子レンジでも鶏肉は簡単に料理できる!種類や栄養もご紹介

鶏肉を使った料理はたくさんあります。 ささみなどヘルシ...

電子レンジで手軽に調理!卵を使う絶品デザートレシピ

デザートを手作りしたいけど、毎日忙しくて時間がなかったり...

りんごは電子レンジでおいしくなる!スイーツレシピをご紹介

甘くてみずみずしいりんごはそのまま食べてもスイーツにして...

スポンサーリンク


バレンタインの始まり

バレンタインとは、どこの国発祥のイベントなのか、ご存知ですか?

その昔、戦地に赴く若者の兵士が、故郷に愛する人を残したままだと士気が下がるとローマ帝国皇帝は考え、若者同士の結婚を禁じたところから始まります。

愛し合っているにも関わらず、結婚できない若者を不憫に思ったキリスト教司祭のバレンタインさんは、秘密で若者同士を結婚させていました。

後にそのことが原因で処刑されてしまうバレンタインさんですが、その処刑された日が、現代で言う2月14日なのです。

意外にも、処刑の日が「恋人たちの愛の日」として、現代まで残っているというわけです。

日本でバレンタインが広まったのは、昭和11年のことでした。
洋菓子店のモロゾフが「バレンタインデーにチョコレートを送る」として売り出したのです。

その他にも、色々な会社がバレンタインにチョコを贈ろうという風に消費者におすすめしていたおかげで、ここまで盛り上がるイベントになったのです。

最近では、チョコレートもミルクチョコやホワイトチョコ、ビターチョコなど色々な種類が売られているようになったので、見た目にも華やかで贈る人も貰う人も楽しみですよね。

日本と海外でバレンタインは違う

海外でのバレンタインは、男性から女性に送ったり、お互いに告白しあう日という風習があるようで、女性から男性に告白という風習は、日本独自のもののようです。

海外では恋人だけでなく、家族同士でプレゼントを贈り合ったり、贈るものもチョコレートに限らず、お花・アクセサリー・メッセージカードなどと、日本とは少し違う形でのイベントデーなのです。

親しい人同士で贈りあうという風習は、日本の「義理チョコ」に似ていますが、女性同士で贈る「友チョコ」は、日本独特のような気がしますね。

贈るものは、チョコレートに限定する必要はないということも頭に入れておくと、甘いものが苦手な人に贈るときには、悩まなくても良さそうです。

しかし、なぜ日本では女性から男性へ贈るというイベントとして、定着したのでしょう。

それは、日本女性の奥手な部分、慎ましい部分、しっかりとした貞操観念からくるものなのではないかという説があるようです。

つまり、こういったイベントがなければ、日本女性は自分から相手に想いを伝えることが難しいのではないかということが、チョコレートを贈ることをおすすめした企業の策略だったのでは、ということです。

それ以降、日本ではホワイトチョコなど多くの種類のチョコレートを、相手を想い浮かべながら選び、贈るようになっていったのです。

ホワイトチョコはなぜ白い?バレンタインのおすすめは?

バレンタインデーでチョコレートを選ぼうにも、種類が色々ありますよね。

チョコレートの甘さは、カカオの含有量と糖分で決まるのですが、普通のブラウンのチョコレートとホワイトチョコレートでは、カロリー・食感・原料なども違うのです。

まず、何と言っても、あの見た目の白さが気になりませんか?
チョコレートの原料は、カカオ豆です。

その、カカオ豆から取れるチョコレートの原料は、実は2種類あるのです。

ひとつは、普通のブラウンのチョコレートに使われる「カカオマス」、もうひとつはホワイトチョコレートに使われる「カカオバター」です。

カカオマスは、カカオ豆から皮や胚芽を取り除いたものを、すり潰して固めてできたもので、色は茶色です。

カカオバターは、カカオ豆の脂肪分で、白っぽい色をしています。

カカオマスは色や風味の素で、カカオバターは、なめらかな口どけの素だそうです。

もう察していただけたかと思いますが、ホワイトチョコレートはカカオマスを含まず、カカオバターを主な原料として作られているので、白いのです。

そういえば、普通のミルクチョコレートに比べてみて、ホワイトチョコレートは、なめらかな食感のものが多いですよね。

甘いものが好きな人に渡すバレンタインデーならば、ホワイトチョコレートはおすすめです。

ホワイトチョコレートをおすすめする理由

バレンタインに贈るチョコレート。
なぜ、ホワイトチョコレートをおすすめするか、理由を説明していきます。

まず、見た目のかわいさです。
あの白い見た目、いかにも女の子らしくてかわいいですよね。

しかも、バレンタインと言えば、思い浮かぶのは、普通のブラウンのチョコレートではないでしょうか。

同じ人に他の子も渡していたとして、自分の贈ったチョコレートがホワイトチョコレートだったら、見た目のインパクトは絶大です。

ホワイトチョコの白さに、開けてビックリ。
印象に残ること間違いなしです。

ホワイトチョコレートは、他のチョコレートよりも格段に食感や口どけが良いので、おすすめです。

そして、もうひとつ、理由があります。

男性は、意外とホワイトチョコレート好きが多いということです。
あの独特の風味と食感が好きな男性は、意外と多いのだそうです。

ただし、ホワイトチョコレートは、「嫌い」という人もいるので、事前のチェックは欠かせません。

ホワイトチョコレートを使ったおすすめレシピ

では、バレンタインにもってこいの、ホワイトチョコレートを使ったおすすめレシピをご紹介していきます。

◎ホワイト生チョコ

【作り方】

①生クリーム60mlをお鍋に入れて火にかけ、沸騰直前まで熱します。

②先に刻んでおいたホワイトチョコレート300gを、火からおろしたお鍋に入れ、完全に溶けきるまで溶かします。

③ラム酒を大さじ1杯入れて混ぜ、ラップを敷いておいた型に流し入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて、一晩冷やします。

④固まったらラップごと型から外し、温めた包丁で切って、粉砂糖をまぶしたら出来上がりです。

材料も洗い物も少なくて、簡単です。

◎抹茶とホワイトチョコのマフィン

【作り方】

①常温に戻しておいたバター50gと砂糖50gと、はちみつ15gをボールに入れ、泡立て器でよく混ぜます。

②そこに、常温に戻しておいた卵1個とプレーンヨーグルト50gを入れて、さらに混ぜます。

③ ①に、薄力粉40g・ベーキングパウダー3gを合わせてふるっておいたものを、さっくりと混ぜ合わせ、大まかに混ざったところで抹茶5gもふるい入れ、さっくりと混ぜます。

④砕いたホワイトチョコレートを混ぜ合わせて、カップの7分目くらいまで入れます。

⑤170度に予熱しておいたオーブンで、20分ほど焼けば出来上がりです。

ホワイトチョコレートだからこそ、抹茶の色がきれいに出て、おすすめです。

バレンタインはラッピングも重要

バレンタインで作るレシピが決まったら、次におすすめしたいのが、ラッピングです。

今は100円均一や雑貨屋さん、ホームセンターなどにも、ラッピング用品は数多く売られていて、どれを買えば良いか迷ってしまいますよね。

一番重要なのは、手作りしたそのお菓子に、合っているかどうかということです。

例えば、生チョコやトリュフなどは、型崩れが気になりますので、箱タイプがおすすめです。

クッキーやブラウニーは、少量でお腹がいっぱいになるので、少しだけ入れられる袋タイプがおすすめです。

照れ屋さんな彼に渡すなら、あまり可愛すぎるデザインよりも、シンプルなもののほうが良いかもしれません。

おしゃれなデザインのものが多く、ついついはしゃいで、自分の好みのものを買ってしまいそうですが、贈る相手の気持ちを考え、選ぶことが大切です。

ホワイトチョコレートでかわいいお菓子ができたとしても、ラッピングがいまいちだと、印象も良くないかもしれません。

落ち着いて選びましょう。

バレンタインは勝負の日!相手にとって、一番うれしいものを贈ろう

いろいろなレシピやラッピングを研究して、贈る相手のことを考える、その時間こそ素晴らしいものです。

恋人同士でも、友達でも、職場の先輩でも、家族でも、色々な気持ちを伝えるチャンスのバレンタインデー。

ぜひ、その気持ちを相手に伝えられるよう、がんばってください。

 - 食文化・食生活