賢い主婦は知っている!毎日の献立の決め方にはコツがあった

あなたは、毎日のご飯の献立に悩んでいませんか?

ご飯を作るよりも、その献立を考えるほうが面倒くさい、という方もいるようです。

献立で悩んでいる間にも、献立の決め方が上手な賢い主婦は、すでにご飯の準備に取り掛かっているのです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

食用色素について!どんなもので黒は作れる?作り方教えます

皆さんは、食用色素って聞いたことがありますか?お菓子作りを趣味としている方は、特によくご存知だ...

離乳食完了期からスプーンを使う練習を始める。その方法は?

離乳食に慣れてくると、赤ちゃんが自分でご飯を食べたい!と思うようになってきますよね。しかし、...

江戸時代へタイムスリップ!食事は将軍だけ特別だったのか?

現代の日本は、様々な食べ物を手にすることができる「飽食」の時代だと言われています。では、江戸時...

必見!日本全国の醤油メーカーの取り組み&海外への展開

醤油は今、国内だけでなく世界中で、大切な調味料として多くの人に使われています。国内の醤油メー...

お弁当を彩る色とは?野菜が綺麗な簡単レシピも必見!

「お子様のため」「健康のため」「節約のため」などの理由から、手作りのお弁当を作る人が増えています...

自然製法でもトランス脂肪酸フリーのバターは存在しない?

2018年6月にアメリカでは、トランス脂肪酸の使用の規制が始まりました。日本でもトランス脂肪...

1歳半の子が食事を噛まずに丸飲み?噛まない原因と改善方法

生後5か月頃にスタートした”離乳食”も1歳半過ぎには卒業を迎えます。食材を柔らかくしたり裏ごし...

日本はアメリカの輸入品に頼らないといけない?食料品その他

日本とアメリカの貿易の関係は、切り離せません。よく日本は、アメリカの輸入で支えられていると言...

お米の産地を表示するには農産物検査が必要。その資格とは

私たちが何気なく毎日食べているお米は、農家からJAなどの流通経路を通して、食卓に届いています。...

醤油醸造所が取り組む売上確保と伝統を守る姿をご紹介

2018年1月現在、醤油醸造所・メーカーの数は約1500と言われていますが、昭和初期には7000...

【濃口・減塩・薄口】醤油大さじ1杯の塩分を徹底調査!

今、世界的に塩分を控えることがすすめられています。日本では、成人男子の1日の食塩目標量は...

アメリカのお菓子はどんなものがある?作り方は簡単!?

お菓子といえば、フランスなどのヨーロッパを思い浮かべることが多いかと思います。でも、アメリカ...

この電子レンジの料理器具があれば時間もスペースも有効活用

「最近よく聞く電子レンジ料理器具を使いこなしたい」人は必見です。100円ショップやインターネ...

味噌の大豆つぶしにミキサー・ミル・フープロどれがいい?

料理を作り慣れてくると、味噌も手作りしたくなりますよね。味噌作りで意外に大変な工程は、大豆をつ...

野菜をどこで買いますか?時代と共に変わりつつある販売方法

農業従事者の高齢化が進む一方で、新規で就農する若者を応援するという動きがあります。新規就農す...

スポンサーリンク

無駄な買い物が多い主婦は献立の決め方が下手

冷蔵庫の中がごちゃごちゃとしている人は、献立の決め方が下手なようです。

その理由として、「食材の種類」「消費期限」などを把握できていないことが挙げられます。

こういったことが把握できていないと、買い物で無駄なものを買ってしまうことが多くなります。

例えば、冷蔵庫にトマトが入っているのに、トマト料理をつくるために、スーパーで無駄にトマトを買ってしまうのです。

そして、新しく買ってきたトマトを調理に使い、冷蔵庫のトマトは使われないまま、消費期限が過ぎてしまうのです。

食材も、お金も無駄になってしまいますよね。

反対に、冷蔵庫の中が、すっきりとしていて、整理されている人はどうでしょうか。

すっきりとしていることで、冷蔵庫を開けた時に、毎日食材の確認が、ひと目でできます。

消費期限も把握しやすく、優先的に使わなければいけない食材も分かります。

そのため、早めに使わなければいけない食材を使った料理を考えることもよくあります。

これがあるだけでも、簡単にご飯の献立を決めることができるのです。

毎日の献立決めを簡単にするなら

毎日の献立決めを簡単にするため、1番最初にしておきたいのは、冷蔵庫の中を綺麗にすることです。

先ほども言いましたが、冷蔵庫の中がすっきりとしている人は、献立の決め方も上手です。

冷蔵庫の中が、ごちゃごちゃなのであれば、まずは冷蔵庫を一度、綺麗にする必要があります。

食材がいっぱい入っているなら、冷蔵庫の食材がなくなるまで、買い物に行くのをやめましょう。
そうすることが、賢い主婦になるための第一歩です。

そして、買い物をする時は、賢い主婦がしている方法で買い物をしましょう。

分かりやすいように、例を挙げてみます。

「ハンバーグ」を作るために、ひき肉、玉ねぎ(数個)を買うとします。
さらに、サラダになる「キャベツの千切り」を作るため、キャベツ(1玉)も買ったとしましょう。

ひき肉は全部使ったとしても、玉ねぎ、キャベツなどは余ってしまうことがほとんどです。

この玉ねぎとキャベツを使う「焼きそば」を作るとして、豚肉を買います。

さらに豚肉が余ることを考え、玉ねぎと豚肉で「豚丼」を作ろうと考え、買い物をしていくのです。

キャベツが余っていたら、千切りでご飯に乗せて豚丼にもできますよね。
この方法で買い物をすることで、献立を毎日考える必要がなくなります。

賢い主婦がしている献立の基本を覚えよう

献立を決めることが苦手な人は、賢い主婦の献立の決め方を知っておきましょう。

毎日献立を考えていると、似たような料理になってしまうこともあります。

そうならないように、献立の基本のバランスを覚えましょう。

それが「一汁三菜」です。

一汁三菜の一汁とは「汁物」です。
スープやお味噌汁などの料理です。

三菜とは「主菜」「副菜A」「副菜B」ということです。
主菜はメインで、魚・肉・卵・豆腐などを使った料理です。

副菜Aと副菜Bは、野菜・きのこ・いも・海草などの料理です。

主食となるご飯を合わせて、一汁三菜で、基本的には5品になります。

ただの基本の献立というだけで、必ずしも一汁三菜というわけではありません。

この基本参考にすると、バランスの良い献立を決めやすくなるのです。
献立の決め方は、主菜であるメインから考えて、副菜を決めていくと簡単です。

唐揚げを作ろうと思うなら、昨日の主菜は何だったかを考え、似た料理にならないようにしましょう。

賢い主婦の毎日の献立の決め方のコツ①

先ほどの、賢い主婦の毎日の献立の決め方をより詳しくみていきましょう。

唐揚げを作ろうと思うなら、昨日の主菜が何だったのか考えます。
その時に考えるのは、どんな調理方法だったのかが重要です。

調理方法には、焼く・揚げる・炒める・煮る・蒸すなどがあります。

唐揚げは、「揚げる」といった調理方法なので、昨日の主菜が、揚げ物ではなかったのかが重要になるのです。
昨日が天ぷらで、今日が唐揚げだと、揚げ物が続いてしまいます。

油物が続いてしまうことで、肥満にも繋がります。
健康面を考えると、あまり良いとは言えませんよね。

そのため、昨日は揚げ物だったから、今日は油を使わない「蒸す」「湯でる」調理方法にしようという風にも、考えることができるのです。

これは、主菜だけでなく、副菜にも同じことが言えます。

昨日の調理方法と被らないようにするだけでも、献立を決めるのが、とても簡単になります。

このように、使った材料だけでなく、調理方法からでも献立を決めることができるのです。

賢い主婦の毎日の献立の決め方のコツ②

毎日の献立決めが楽になる方法は、まだあります。
それは、味付けが被らないようにすることです。

家庭料理では、お店のように中華風・和風・洋風といったように、完璧に料理が統一されていないことも多くあります。

例えば、メインが餃子だったとしても、汁物は中華風のスープではなく、和風のお味噌汁ということです。

これは、家庭料理ならではであり、ひとつの献立の中に和洋中が混ざっていることは、とても良いことなのです。

味付けが被りにくく、栄養の偏りも少なくなります。

反対に、和洋中がきちんと統一されていると、味付け方法も被ってしまうことが少なくありません。

和食で例を挙げてみると、主菜でサバの味噌煮、汁物でお味噌汁などです。
これでは、どちらも味噌を使っているので、栄養が偏ってしまう原因となります。

また、洋食では、ミートスパゲッティとミネストローネなどが挙げられます。
似たような味なうえに、トマトという食材をどちらも使っているため、栄養が偏ってしまいますね。

和洋中を統一しない献立の決め方なら、献立を考えるのが楽になります。

現代ならではの献立の決め方

現代では、どの家庭でもインターネットを使う環境があるのではないでしょうか。

インターネットというとPC(パソコン)をイメージする人もいますが、スマートフォンなどの携帯電話機でも使うことができます。

このスマートフォンで使うことのできるアプリは、数えきれないほどです。

ゲームをするアプリだけでなく、勉強ができるアプリや、道を案内してくれるアプリなどバリエーションが豊富です。

そんな人気が高いアプリのひとつとして、挙げられるのは、料理のレシピが分かるアプリです。

短い動画で料理の作り方を説明しているものが多く、ほとんどの人が利用したことがあると言えるかもしれません。

このアプリを使い、毎日献立を決めているという人も多いはずです。

アプリを使った献立の決め方は、献立を考えるのが苦手な人にピッタリかもしれません。

料理名を入れなくても、食材名だけで様々な料理が出てくるので、献立に悩んでしまったときは、活用してみてはいかがでしょうか。

毎日献立を決めるのは実は簡単

毎日の献立を決めるのが大変だと感じる方に、簡単に献立が考えられる方法をご紹介しました。

これを読んだら、献立を決めるのが、少しは楽になりませんか。

献立決めで悩んでいる人は、深く考えすぎているのかもしれませんね。