玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

レタスとキャベツの栄養素を比較!食物繊維が多いのはどっち

      2017/09/29

レタスとキャベツの栄養素を比較!食物繊維が多いのはどっち

レタスとキャベツは、栄養素のひとつとも言われる「食物繊維」が多いとよく聞きますよね。

この食物繊維が多いのは、どちらか知っていますか?

ここでは、レタスとキャベツのそれぞれの栄養素と、食物繊維のアレコレをまとめました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カロリーゼロは万能ではない!どんな食品でも摂りすぎに注意

カロリーゼロの食品を利用したことがありますか。 小腹が...

カロリーは1日に摂って使って!健康で綺麗な女性を目指そう

皆さんはダイエットをしたことがありますか? 女性であれ...

カロリーはダイエットとは全く関係ないの?多面的に解説

カロリーを抑えればダイエットできるという話をよく耳にしま...

必要カロリーはそれぞれ違う?女性の一日に必要なカロリー

暑い日が続き、今年はいわゆる「酷暑」といわれています。 ...

カロリーが気になるなら牛乳とヨーグルトどちらがおすすめ?

カロリー制限中やダイエット中でも必要な栄養素はバランスよ...

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

牡丹鍋は味噌味が最強!その歴史と分布・作り方をご紹介

近年はジビエが流行したりと、ちょっと変わったお肉を食べるの...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。 近年、コ...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。 春...

文明開化の味?牛鍋のレシピ!醤油味も味噌味も簡単に!

牛鍋を食べられるお店は、現在減りつつあるようです。 そん...

自然薯はとろろ以外にもレシピが豊富!味噌汁にしても美味!

自然薯は、一般的にはとろろにして食べることが多いですよね...

トランス脂肪酸は危険?マーガリンに多いって本当?

近年、マーガリンはトランス脂肪酸が多いから体に悪いという...

トランス脂肪酸を含まない油を選んで健康生活を送りましょう

心血管系疾患リスクや、その他の健康被害に影響を及ぼすこと...

スポンサーリンク


栄養素は大切?栄養不足だと?

栄養素と言えば、タンパク質・脂質・炭水化物・無機質・ビタミンです。

これらは、「5大栄養素」と言われ、私たち人間が生きていくうえで、欠かせない栄養です。

この栄養素が足りていない「栄養不足」になってしまうと、どうなるか分かる人は多いでしょう。

栄養不足になることで、免疫力の低下に繋がり、体に悪い影響を与えてしまいます。
免疫力が低下してしまうと、体を守る力が弱くなってしまうのです。

そのため、細菌やウイルスなどに感染してしまいやすく、病気にかかりやすくなってしまいます。

栄養不足が原因で、何か特定の病気にかかりやすくなるというわけではありません。
免疫が低下してしまうことで、体調不良なども含め、全ての病気の原因となってしまうのです。

人間の体には、栄養素が非常に重要だと言うことがわかりますね。

そして、この重要な5大栄養素ですが、最近では、ある栄養素が「第6の栄養素」として重要視されています。

それが、レタスやキャベツにも含まれている「食物繊維」です。

栄養素の働きを知っていると

前項では、人間の体に欠かすことのできない5大栄養素について、少しだけ触れました。

その5大栄養素が体にどんな働きをするのか、細かく理解している人は少ないのではないでしょうか。

それは、レタスやキャベツに含まれ、第6の栄養素と言われる「食物繊維」でも同じことが言えます。

栄養素が持つ働きについて知ることは、とても大切なことです。

なぜなら、その情報は無駄になるものではなく、健康的な生活を送っていくうえで、欠かせない知識になるからです。

その栄養素の働きを詳しく知っていると、どういったことに繋がるのでしょうか。

例えば、栄養素のひとつである「タンパク質」で考えてみましょう。

タンパク質は簡単に言うと、体を作っている筋肉・血液・髪・皮膚などの材料となります。

タンパク質が多く含まれた食べ物には、肉類・魚介類・卵類・大豆製品・乳製品が挙げられます。
この食べ物を適量食べていると、もちろんですが、タンパク質不足にはなりません。

そのため、筋肉量の減少、集中力や思考力の低下、肌や髪のトラブルから体を守ることができるのです。

タンパク質の働きを知っていると、そのトラブルが起こったときも、「タンパク質不足だ」ということに自分で気づくことができるでしょう。

レタスやキャベツの食物繊維の働き

栄養素の働きを知っていると、より健康的な食事を摂ることができます。

先ほどのタンパク質の働きに続いて、「食物繊維」の働きについて知っておきましょう。

第6の栄養素と言われる食物繊維は、「不溶性」と「水溶性」の2つに分けられます。
この2つの食物繊維は、それぞれ違う特徴を持っています。

●不溶性食物繊維

不溶性食物繊維には、水に溶けにくい特徴があります。
腸の中で便を固めてくれて、排便を促してくれるのです。

ちなみに、レタスやキャベツに含まれているのは、この不溶性食物繊維です。

●水溶性食物繊維

反対に、水溶性食物繊維は水に溶けやすい特徴を持っています。
水に溶けやすいため、腸内の便が水分を吸水しやすく、便のかさが増えるため、排便しやすくなります。

食物繊維は、この2種類に分けられるのです。

レタスとキャベツの栄養素を比較

レタスとキャベツには、食物繊維が豊富なイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。

食物繊維だけでなく、その他の栄養素にも注目し、レタスとキャベツを比較してみましょう。

<レタスとキャベツそれぞれ100gあたりの量>

・エネルギーは、レタスが12kcal、キャベツが23kcal

・カリウムは、レタスもキャベツも200mg

・カルシウムは、レタスが19mg、キャベツが43mg

・マグネシウムは、レタスが8mg、キャベツが14mg

・βカロテン当量は、レタスが240mcg、キャベツが50mcg

・ビタミンKは、レタスが29mg、キャベツが78mg

・ビタミンCは、レタスが5mg、キャベツが41mg

・リンは、レタスが22mg、キャベツが27mg

・食物繊維総量は、レタスが1.1g、キャベツが1.8g

ご覧の通り、食物繊維はキャベツの方が多いです。

ちなみに、レタスは1個で約300gくらいの重さです。
そして、キャベツは約1,200gくらいの重さなので、レタスの4倍重いのです。

レタス1個分、キャベツ1個分を比較すると、キャベツの方が圧倒的に食物繊維の量が多いです。

レタスの優れた栄養素

レタスとキャベツの栄養素を比較しましたが、食物繊維はキャベツの方が多いことが分かりました。

しかし、レタスがキャベツよりも圧倒的だったのが、「β(ベータ)カロテン」です。

βカロテンと聞いても、ピンとこない方は多いでしょう。

この項目では、レタスに豊富に含まれているβカロテン(βカロチン)に注目してみましょう。

まず、βカロテンは自然界に存在する赤色・黄色・橙赤色などの天然色素である、カロテノイドのひとつです。

βカロテンは体内に吸収されると、ビタミンAに変えられる性質をもった栄養素です。

この栄養素は、強力な抗酸化力をもっているため、体に良い影響を与えてくれます。
その良い影響とは、視力の回復や、皮膚や粘膜などの免疫機能を正常に保つことです。

そのため、美肌効果や、がん予防、体の成長にも欠かせない栄養素と言えます。

レタスには、体に良い影響を与えてくれるβカロテンが、豊富に含まれているのです。

しかし、βカロテンの栄養素だけに偏ってしまうと、反対に、体には悪い影響を与えてしまうので注意が必要です。

キャベツの優れた栄養素

最後は、キャベツに含まれる優れた栄養素についてです。

レタスとキャベツを比較したとき、食物繊維が多かったのはキャベツですが、それだけではありません。

圧倒的に多かったのは、「ビタミンC」です。

私たち人間の体には、ビタミンCが「1日100mg必要」と言われています。

キャベツは、葉の色が濃い方が、ビタミンCが多く含まれています。

そのため、内側よりも外側の緑色が濃い葉の方が、ビタミンCが多いことになります。

この外側の大きめの葉を約3枚食べるだけで、ビタミンCを100mg摂取することができますよ。

そして、このキャベツに含まれるビタミンCの効果についてみていきましょう。

ビタミンCは、果物や野菜に多く含まれる水溶性のビタミンです。

美肌にはビタミンCが良いということは、多くの人が知っていると思いますが、それだけではありません。

ビタミンCには免疫力を高めて、風邪や感染症などのウイルスから体を守る効果もあります。

反対に、ビタミンCが不足してしまうと、肌荒れや、傷の治りが遅れる、免疫力低下などに繋がってしまうのです。

意識して、ビタミンCが豊富なキャベツを食べたいですね。

レタスもキャベツも優れた栄養素を持っている

なんだか見た目が似ているレタスとキャベツですが、優れた栄養素はそれぞれ違うのです。

栄養素や、その働きについて知っていると、健康的な食事を意識しやすいです。

ひとつの栄養素を摂りすぎてしまうことには注意して、バランスの良い食事で、適度に栄養を摂りましょう。

 - その他食材