カラメルの作り方は簡単!プリンだけじゃないカラメルレシピ

甘くて、ほんのり苦みのあるカラメルソース。

プリンとの相性は、言うまでもないですよね。

デザートに使われている印象ですが、実は私たちの生活に身近なものなのですよ。

そんなカラメルに関するお話と、基本のカラメルソースの作り方から、簡単カラメルレシピまでご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

癒しの香り☆バニラビーンズとバニラエッセンスの違いとは?

アイスクリームやプリンなどの美味しい香りのもと「バニラ」甘い匂いを嗅ぐだけででうっとりしてしまいま...

電子レンジで時短&楽チン!豆腐とキムチを使ったレシピ

いろいろなジャンルのレシピに使える便利な豆腐とピリッとした辛さと歯ごたえが魅力のキムチ。この...

味噌鍋で温まろう!味噌鍋の具に使う肉の種類別レシピ!

毎年やってくる寒い冬。寒さを感じると「体を芯まで温めたい」と思いますよね。そんなときにも...

豚肩ロースブロックをオーブンで焼いて絶品ローストポーク!

お肉のオーブン料理というと、ローストビーフが定番ですが、実は豚肩ロースを使ったローストポークも絶...

ショートニングの特徴を再確認!代用できるのはバターだけ?

お菓子作りやパン作りが趣味の人にはなじみのある「ショートニング」。実際、どんなものなのか、同じ...

大根や人参の根菜類の栄養は?根菜類の味噌汁は栄養満点!?

冬になると美味しい根菜類は、栄養もあって食卓に並ぶ頻度も増えますよね。多くの方が日々とり入れて...

トウモロコシ栽培は上級者向け!?受粉のコツをつかもう!

トウモロコシは鮮度が落ちやすいため、収穫したてを食べるのが、一番おいしい野菜です。もぎたてを...

オーガニックドライフルーツのマンゴーの効果・効能は?

南国のフルーツというイメージの強いマンゴーは、ジュースで飲むという人は多いのではないでしょうか。...

まだあまり知られていないオーガニックギーのおすすめの理由

インドの5000年という長い歴史のある伝承医学アーユルヴェーダ。その中で珍重されているのがギ...

酸っぱいのに酸性ではなくアルカリ性食品な梅干しの栄養効能

梅干しって、食べると酸っぱさが口の中に広がりますよね。酸っぱいことから酸性食品だと、勘違いし...

小麦粉とバターで作ろう!絶品お菓子と楽しい料理のレシピ

思えば小麦粉とバターでできるお菓子や料理は本当に数多くありますよね。おもてなし料理やパーティー料...

味噌煮込みうどんの作り方いろいろ 簡単レシピやアレンジも

味噌煮込みうどんと聞いて名古屋を思い浮かべる方も多いでしょう。確かに、名古屋の味噌煮込みうど...

美味しいメレンゲのお菓子は低カロリー?高カロリー?

卵黄だけをお菓子や料理に使った後、卵白だけが余ることがありますね。卵白を良く泡立てると、真っ...

ナスを栽培する際に発生するアブラムシの原因とその対策方法

夏野菜の代表ともいえるナスは、家庭菜園でも人気があります。焼きナス・煮物・炒め物・グラタン・...

味噌漬けした肉の作り方!安い肉が美味しい肉に変わるかも?

味噌漬けした肉は風味も良く、柔らかいものが多いですが、なぜなのでしょうか?安い肉は硬い事が...

スポンサーリンク

多様に使われているカラメル

欧米では、ずっと昔から、家庭料理で使われていたカラメル。
19世紀ごろになると、飲料やビール、お菓子などにも利用されました。

日本にやってきたのは、大正~明治の初期にドイツからです。

原料を砂糖とした国産のカラメルが販売されて、佃煮などの料理に使われていました。

日本が経済成長を遂げると洋食が広がり、加工された食品も多くなってきたことから食品産業も発展して、カラメルも多様化されるようになったのです。

日本のみならず、世界各国の食品や飲料に使われているカラメルの用途として挙げられるのは、次の通りです。

☆清涼飲料水
☆アルコール飲料
☆醤油
☆味噌
☆ソース類
☆調味料
☆漬物
☆お菓子
☆生菓子
☆加工食品
☆乳製品
☆医薬品
☆化粧品およびペットフード

など。

飲料に使うとき、食品に使うときと、それぞれの性質に合わせて調合されています。

カラメルはお菓子以外にも、多様な使われ方をしています。

そんなカラメルは、ご家庭でも簡単に作ることができます。

次項では、カラメルソースの基本的な作り方をお伝えします。

簡単!カラメルソースの基本的な作り方

☆カラメルソース

甘さの中にも、ほろ苦さがあり、プリンはもちろんのこと、冷たいアイスクリームや、果物のソテーも美味しいですよ。

【材料 プリン約8個分】

・グラニュー糖 大さじ4
・お湯 大さじ2

【作り方】

1)
鍋に、グラニュー糖を入れて弱火にかけます。

2)
鍋をゆすりながら、グラニュー糖を溶かして全体が色づくようにしましょう。
このとき、スプーンなどで、かき混ぜないでください。

3)
大きな泡が小さくなって、濃い飴色になったら、火を止めます。

4)
そこにお湯を少しずつ入れて、濃度を調整します。
お湯を入れたときにハネるので、火傷に注意しながら入れてください。

5)
カラメルが固まらないうちに、プリンの容器などに流し入れましょう。

カラメルソースを保存したいときは、お湯を加える工程で、お湯の分量を倍にしてください。

濃度を薄くしておけば、固まりにくくなります。

グラニュー糖があれば、簡単に作ることができます。

原材料を変えてもカラメルはできるの?

お菓子を作るときに欠かせないカラメルですが、原材料が砂糖と書いていたり、グラニュー糖と書いてあったりと、どちらを使えば良いか迷いますよね。

材料が異なると、どういった味の変化があるのでしょうか。

作り方は同じで、原材料を変えたカラメルの特徴を見ていきましょう。

☆細目グラニュー糖

風味があり、ほろ苦さと、鼻に抜ける香りが特徴です。
カラメルの王道と言って良いでしょう。

☆上白糖

細目グラニュー糖と比べると、風味よりもカラメルの甘さが引き立ち、ほろ苦さと香りは柔らかく感じます。

☆粉糖(オリゴ糖入り)
見た目は他の砂糖と変わらないですが、サラッとしています。
ほろ苦さは、やや弱いです。

☆キビ砂糖

見た目は、白い砂糖を使ったときよりも濃く、黒に近い茶色に仕上がります。
味は黒糖のアメや、べっこう飴に近いです。

ほろ苦さよりも、風味が強く仕上がります。

☆ブラウンシュガー

作るときに粘り気が出るので、180℃に達するまでに焦げ付いてしまいます。

130℃くらいで火を止めると、黒蜜のような味のソースができます。
王道のカラメルソースではないものの、和風のお菓子に合います。

原材料が違うだけで、それぞれ味の変化が起きました。
使う料理で変えてみても良いし、お好みのカラメルも見つかるかもしれませんよ。

では、カラメルを使った簡単レシピを見ていきましょう。

簡単!カスタードプリンの作り方

カラメルソースと言ったらプリン。

簡単で美味しいカスタードプリンのレシピです。

☆カスタードプリン

【材料 70mlプリン型8個分】

・全卵 2個
・卵黄 4個

・グラニュー糖 80g
・牛乳 2カップ
・カラメルソース プリン8個分
・バター 少量

【作り方】

1)
バターをプリン型の内側に、薄く塗っておきます。

2)
カラメルソースを、プリン型に流し入れて冷まし、カラメルを固めておきましょう。

3)
耐熱容器にグラニュー糖と牛乳を入れて、600wの電子レンジで約1分加熱します。

4)
ボウルに全卵と卵黄を入れたら、泡立て器で溶きほぐし、(3)を少しずつ加えます。

このとき、泡立てないように混ぜてください。

5)
(4)をこしながら、(2)の容器に流しいれます。

6)
フライパンに3枚重ねたキッチンペーパーを敷いて、(5)を並べて、熱湯を方の半分まで入れてください。

7)
フタをしたら弱火にかけて、12分蒸していきましょう。
軽く揺らすと表面が揺れて、バランスよく弾力がありそうなら大丈夫です。

冷蔵庫で冷やせば出来上がりです。

型から抜くときは、型が入るぐらいのボウルにお湯を入れて、型の外側を10秒浸ければ、盛り付けやすくなります。

カラメルバナナケーキの作り方

バナナの自然の甘みなので、子どものおやつにもピッタリのケーキです。

見た目は、手の込んだケーキに見えますが、作り方は簡単ですよ。

☆カラメルバナナケーキ

【材料 18cm型】

・バナナ 2本
・ヨーグルト 300g
・砂糖80g
・塩 ひとつまみ
・卵 2個
・レモン汁 小さじ1
・薄力粉大さじ3
・ベーキングパウダー 小さじ1/2
・カラメルソース 砂糖大さじ4・水大さじ2

【作り方】

1)
バナナの皮を剥いて、5mm幅の輪切りにします。

2)
カラメルソースを作ります。

3)
型にクッキングシートを敷いて、カラメルを流し込み、そのうえにバナナを敷き詰めていきましょう。

4)
ボウルに砂糖・塩・ヨーグルトを入れて、泡立て器でよく混ぜ、溶いた卵とレモン汁を加えて、さらによく混ぜます。

最後に、振るった薄力粉とベーキングパウダーを加えて、しっかり混ぜてください。

6)
型に(5)流し入れて、170℃に予熱したオーブンで40分焼けば出来上がりです。

作り方は簡単!果物をソテーするだけ

カラメルソースの基本的な作り方でも、少しお話しましたが、果物のソテーと相性抜群です。

☆りんごのカラメルソテー

りんごは炒めることで甘みが増し、とっても美味しくなります。

【材料】

・りんご 1個
・砂糖 大さじ5
・バター 大さじ1
・シナモン お好み
・バニラアイスクリーム お好み

【作り方】

1)
りんごの皮を剥いたら、小さめのいちょう切りにします。

2)
フライパンにりんごを敷いて、砂糖を全体にまんべんなく振りかけます。
時折、混ぜながら周りが少しずつカラメル色になるまで、強火のままじっくりと待ってください。(あまりいじらなくて大丈夫です)

3)
濃い飴色になったら火を止めて、バターを絡めて、お好みでシナモンを振りかけましょう。

4)
器に盛り付けて、バニラアイスクリームを添えれば出来上がりです。

アイス以外にも、パンにのせたり、ヨーグルトとも合いますよ。

粗熱をとってからジップ付きの袋に入れれば、冷凍保存も可能です。

簡単なのに、満足感が得られる一品ですよ。

味のアクセントになるカラメル

難しそうなカラメル作りですが、焦がさないように注意すれば、材料もシンプルで、簡単に作ることができます。

甘いデザートでも、カラメルのほんのりとした苦みがアクセントになり、上品な味わいになりますよ。

今回ご紹介した他にも、カラメルを使ったレシピはたくさんありますので、ぜひ作ってみてください。