玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

カラメルの作り方は簡単!プリンだけじゃないカラメルレシピ

      2017/09/24

カラメルの作り方は簡単!プリンだけじゃないカラメルレシピ

甘くて、ほんのり苦みのあるカラメルソース。

プリンとの相性は、言うまでもないですよね。

デザートに使われている印象ですが、実は私たちの生活に身近なものなのですよ。

そんなカラメルに関するお話と、基本のカラメルソースの作り方から、簡単カラメルレシピまでご紹介していきます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

外食メニューはバナナ5本のカロリーより高い?低い?

暑い夏ですが、水着を着るためにカロリーを抑えたダイエットを...

人気が急上昇!夏でも美味しい納豆150gのカロリーと栄養素

納豆は好きですか。 私は大好きですが、独特の臭いとネバ...

トランス脂肪酸とは?トランス脂肪酸がゼロの油はあるのか?

みなさんは、トランス脂肪酸はどのようなものかご存知でしょ...

トランス脂肪酸が気になるマーガリンに「ゼロ」が存在?

バターを買いたいけれどカロリーや値段が気になる……でもパ...

気になる着色料、粉末と液体の使い方!こんなメリットも

鮮やかな色のケーキ、クッキー、砂糖菓子。 どれも見た目...

日本のお菓子や氷菓の着色料の青は天然色素を使用で安心安全

お菓子やかき氷、アイスクリームに青を使っているものがあり...

牛すじ煮込みの味噌の種類や味付けの種類などを詳しく解説

梅雨が明けて、夏が本格的にはじまってきました。 そんな...

新しい未来化農業が作るオーガニック野菜のメリットを応援

野菜は好きですか。 野菜はビタミンやミネラルを摂取する...

栄養満点の甘酒!酒粕が苦手な人でも美味しく飲めちゃう方法

甘酒は「飲む点滴」とも呼ばれ、健康にも美容にも効果アリと...

江戸時代の藩の役職、食べ物にまつわる面白いものがあった!

今も昔も、食べ物にまつわる職業はたくさんあります。 江...

豚バラ肉200gのカロリーは?美味しいレシピのご紹介!

豚肉で美味しい部位といったら、豚バラ肉ですよね。 噛めば...

味噌ラーメンのワンランクアップレシピ!極旨スープの秘訣!

味噌ラーメンには、醤油ラーメンや豚骨ラーメンにはない魅力...

たけのこ+味噌+バターはおいし過ぎる禁断の組み合わせ!?

春を呼び込む食材のたけのこ。 日本料理には欠かせない存...

ブロッコリーの味噌汁はとても美味しい!手軽にできるレシピ

みなさん、ブロッコリーをどうやって食べていますか? 蕾...

味噌を摂り入れて健康に!味噌大さじ1杯の糖質を知ろう!

味噌というと発酵食品で、「大豆=イソフラボン=身体に良い...

ハタハタを鍋で食べるときの味付けは味噌?醤油?

秋田の冬の味覚といえば「ハタハタ」。 日本海側で比較的...

味噌汁の作り方はとても簡単!顆粒だしを活用しよう!

最近は味噌汁やだし煮などを作る際、顆粒だしを使った作り方...

電子レンジでも鶏肉は簡単に料理できる!種類や栄養もご紹介

鶏肉を使った料理はたくさんあります。 ささみなどヘルシ...

電子レンジで手軽に調理!卵を使う絶品デザートレシピ

デザートを手作りしたいけど、毎日忙しくて時間がなかったり...

りんごは電子レンジでおいしくなる!スイーツレシピをご紹介

甘くてみずみずしいりんごはそのまま食べてもスイーツにして...

スポンサーリンク


多様に使われているカラメル

欧米では、ずっと昔から、家庭料理で使われていたカラメル。
19世紀ごろになると、飲料やビール、お菓子などにも利用されました。

日本にやってきたのは、大正~明治の初期にドイツからです。

原料を砂糖とした国産のカラメルが販売されて、佃煮などの料理に使われていました。

日本が経済成長を遂げると洋食が広がり、加工された食品も多くなってきたことから食品産業も発展して、カラメルも多様化されるようになったのです。

日本のみならず、世界各国の食品や飲料に使われているカラメルの用途として挙げられるのは、次の通りです。

☆清涼飲料水
☆アルコール飲料
☆醤油
☆味噌
☆ソース類
☆調味料
☆漬物
☆お菓子
☆生菓子
☆加工食品
☆乳製品
☆医薬品
☆化粧品およびペットフード

など。

飲料に使うとき、食品に使うときと、それぞれの性質に合わせて調合されています。

カラメルはお菓子以外にも、多様な使われ方をしています。

そんなカラメルは、ご家庭でも簡単に作ることができます。

次項では、カラメルソースの基本的な作り方をお伝えします。

簡単!カラメルソースの基本的な作り方

☆カラメルソース

甘さの中にも、ほろ苦さがあり、プリンはもちろんのこと、冷たいアイスクリームや、果物のソテーも美味しいですよ。

【材料 プリン約8個分】

・グラニュー糖 大さじ4
・お湯 大さじ2

【作り方】

1)
鍋に、グラニュー糖を入れて弱火にかけます。

2)
鍋をゆすりながら、グラニュー糖を溶かして全体が色づくようにしましょう。
このとき、スプーンなどで、かき混ぜないでください。

3)
大きな泡が小さくなって、濃い飴色になったら、火を止めます。

4)
そこにお湯を少しずつ入れて、濃度を調整します。
お湯を入れたときにハネるので、火傷に注意しながら入れてください。

5)
カラメルが固まらないうちに、プリンの容器などに流し入れましょう。

カラメルソースを保存したいときは、お湯を加える工程で、お湯の分量を倍にしてください。

濃度を薄くしておけば、固まりにくくなります。

グラニュー糖があれば、簡単に作ることができます。

原材料を変えてもカラメルはできるの?

お菓子を作るときに欠かせないカラメルですが、原材料が砂糖と書いていたり、グラニュー糖と書いてあったりと、どちらを使えば良いか迷いますよね。

材料が異なると、どういった味の変化があるのでしょうか。

作り方は同じで、原材料を変えたカラメルの特徴を見ていきましょう。

☆細目グラニュー糖

風味があり、ほろ苦さと、鼻に抜ける香りが特徴です。
カラメルの王道と言って良いでしょう。

☆上白糖

細目グラニュー糖と比べると、風味よりもカラメルの甘さが引き立ち、ほろ苦さと香りは柔らかく感じます。

☆粉糖(オリゴ糖入り)
見た目は他の砂糖と変わらないですが、サラッとしています。
ほろ苦さは、やや弱いです。

☆キビ砂糖

見た目は、白い砂糖を使ったときよりも濃く、黒に近い茶色に仕上がります。
味は黒糖のアメや、べっこう飴に近いです。

ほろ苦さよりも、風味が強く仕上がります。

☆ブラウンシュガー

作るときに粘り気が出るので、180℃に達するまでに焦げ付いてしまいます。

130℃くらいで火を止めると、黒蜜のような味のソースができます。
王道のカラメルソースではないものの、和風のお菓子に合います。

原材料が違うだけで、それぞれ味の変化が起きました。
使う料理で変えてみても良いし、お好みのカラメルも見つかるかもしれませんよ。

では、カラメルを使った簡単レシピを見ていきましょう。

簡単!カスタードプリンの作り方

カラメルソースと言ったらプリン。

簡単で美味しいカスタードプリンのレシピです。

☆カスタードプリン

【材料 70mlプリン型8個分】

・全卵 2個
・卵黄 4個

・グラニュー糖 80g
・牛乳 2カップ
・カラメルソース プリン8個分
・バター 少量

【作り方】

1)
バターをプリン型の内側に、薄く塗っておきます。

2)
カラメルソースを、プリン型に流し入れて冷まし、カラメルを固めておきましょう。

3)
耐熱容器にグラニュー糖と牛乳を入れて、600wの電子レンジで約1分加熱します。

4)
ボウルに全卵と卵黄を入れたら、泡立て器で溶きほぐし、(3)を少しずつ加えます。

このとき、泡立てないように混ぜてください。

5)
(4)をこしながら、(2)の容器に流しいれます。

6)
フライパンに3枚重ねたキッチンペーパーを敷いて、(5)を並べて、熱湯を方の半分まで入れてください。

7)
フタをしたら弱火にかけて、12分蒸していきましょう。
軽く揺らすと表面が揺れて、バランスよく弾力がありそうなら大丈夫です。

冷蔵庫で冷やせば出来上がりです。

型から抜くときは、型が入るぐらいのボウルにお湯を入れて、型の外側を10秒浸ければ、盛り付けやすくなります。

カラメルバナナケーキの作り方

バナナの自然の甘みなので、子どものおやつにもピッタリのケーキです。

見た目は、手の込んだケーキに見えますが、作り方は簡単ですよ。

☆カラメルバナナケーキ

【材料 18cm型】

・バナナ 2本
・ヨーグルト 300g
・砂糖80g
・塩 ひとつまみ
・卵 2個
・レモン汁 小さじ1
・薄力粉大さじ3
・ベーキングパウダー 小さじ1/2
・カラメルソース 砂糖大さじ4・水大さじ2

【作り方】

1)
バナナの皮を剥いて、5mm幅の輪切りにします。

2)
カラメルソースを作ります。

3)
型にクッキングシートを敷いて、カラメルを流し込み、そのうえにバナナを敷き詰めていきましょう。

4)
ボウルに砂糖・塩・ヨーグルトを入れて、泡立て器でよく混ぜ、溶いた卵とレモン汁を加えて、さらによく混ぜます。

最後に、振るった薄力粉とベーキングパウダーを加えて、しっかり混ぜてください。

6)
型に(5)流し入れて、170℃に予熱したオーブンで40分焼けば出来上がりです。

作り方は簡単!果物をソテーするだけ

カラメルソースの基本的な作り方でも、少しお話しましたが、果物のソテーと相性抜群です。

☆りんごのカラメルソテー

りんごは炒めることで甘みが増し、とっても美味しくなります。

【材料】

・りんご 1個
・砂糖 大さじ5
・バター 大さじ1
・シナモン お好み
・バニラアイスクリーム お好み

【作り方】

1)
りんごの皮を剥いたら、小さめのいちょう切りにします。

2)
フライパンにりんごを敷いて、砂糖を全体にまんべんなく振りかけます。
時折、混ぜながら周りが少しずつカラメル色になるまで、強火のままじっくりと待ってください。(あまりいじらなくて大丈夫です)

3)
濃い飴色になったら火を止めて、バターを絡めて、お好みでシナモンを振りかけましょう。

4)
器に盛り付けて、バニラアイスクリームを添えれば出来上がりです。

アイス以外にも、パンにのせたり、ヨーグルトとも合いますよ。

粗熱をとってからジップ付きの袋に入れれば、冷凍保存も可能です。

簡単なのに、満足感が得られる一品ですよ。

味のアクセントになるカラメル

難しそうなカラメル作りですが、焦がさないように注意すれば、材料もシンプルで、簡単に作ることができます。

甘いデザートでも、カラメルのほんのりとした苦みがアクセントになり、上品な味わいになりますよ。

今回ご紹介した他にも、カラメルを使ったレシピはたくさんありますので、ぜひ作ってみてください。

 - その他食材