キャンプ料理を自慢したい!ブログでおしゃれキャンプに挑戦

話題になったグランピングなどが影響して、キャンプブームが到来しています。

キャンプブームの火付け役には、ブログやSNSの影響もあるようですね。

キャンプを楽しむ料理のコツや、おしゃれに楽しめるアイテムなどをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

醤油を使った焼きそばを食べよう!レシピとおすすめの店

焼きそばっておいしいですよね。醤油を隠し味に、自分で作るのもおすすめです。今回は、醤油味...

自然製法でもトランス脂肪酸フリーのバターは存在しない?

2018年6月にアメリカでは、トランス脂肪酸の使用の規制が始まりました。日本でもトランス脂肪...

精製塩・食塩・天然塩の違いから、安全性や使い方までご紹介

健康ブームもあいまって、減塩思考の方が増えてきましたね。流通している塩は、精製塩と天然塩...

オーガニックお菓子が食べたい!レシピや買えるお店をご紹介

アレルギー体質の方も少なくないこの頃、食の安全に関心のある方も多いのではないでしょうか。ご家...

ビーフシチューを夕飯の献立に加えて楽しい食卓を

ビーフシチューと言えば人気の高い洋食ですが、その実態はなんなのでしょうか?今回は、そのビーフシチ...

1歳半の子が食事を噛まずに丸飲み?噛まない原因と改善方法

生後5か月頃にスタートした”離乳食”も1歳半過ぎには卒業を迎えます。食材を柔らかくしたり裏ごし...

なぜトランス脂肪酸はアメリカで禁止なの?日本での対応は?

トランス脂肪酸の食品への添加がアメリカで禁止になったことを受け、日本でも禁止にすべき、規制を設け...

【濃口・減塩・薄口】醤油大さじ1杯の塩分を徹底調査!

今、世界的に塩分を控えることがすすめられています。日本では、成人男子の1日の食塩目標量は...

江戸時代の経済をまわした藩や石高について詳しく知ってみる

江戸時代、経済をまわしていたのは、お金ではなくお米でした。藩や石高という言葉を、小学校の頃に...

ベトナム料理のチャオトムから見えてくるベトナム料理の深さ

ベトナム料理と言われて何を思いつきますか?生春巻きやフォーが非常にポピュラーですよね。ベトナ...

ふだん何気なく食べているお米の1合は何人前なの?

和食のときや、お弁当などでも食べているお米。食事内容に気を使っていたり、食費をきちんとさせたい...

電子レンジ使用NGでオーブン使用OKのステンレス製品への疑問

同じように食品を温める機能を持っていても、電子レンジとオーブンでは使用できる調理器具や食器が違う...

家庭菜園の土づくりで、畑にすき込む堆肥の量はどれくらい?

家庭菜園を始めるには、まず土づくりをすることになります。土づくりでは堆肥を使うことになります...

意外と知らないエタノールとアルコールの違いと活用法

あなたは「アルコール」とは何か知っていますか?こう聞かれて、まず「お酒」を思い浮かべた方は多い...

味噌を詰める容器がガラスであるメリットと注意点とは?

味噌というと、スーパーで売られているパック入りの味噌が一般的ですよね。ガラスの容器入りの味噌...

スポンサーリンク

キャンプ料理の定番といえば

キャンプの楽しみといえば、大自然と一体になって過ごす解放感や、日常生活のせわしなさを忘れてゆっくりした時間を過ごせることですね。

その中でも一番の楽しみは、キャンプ料理なのではないでしょうか。

自然の中で火を焚き、屋外で食事を楽しむと料理もいつもより美味しく感じます。

では、いくつかキャンプ料理の定番を挙げてみます。

☆バーベキュー

キャンプの定番ですね。
調理自体が簡単で、大人数でも楽しめる上に盛り上がります。

食材の味をそのまま楽しむのでもよいですし、下味を漬けておけば一気に上級者のバーベキューですね。

☆串焼き

こちらも定番と言っていいですね。

肉や野菜を串刺しにして、たれに漬けておくだけで、あとは焼くだけで簡単です。
焼き鳥を焼いても美味しいですよ。

☆ダッチオーブン料理

キャンプ好きのブログによく出てくるダッチオーブン。
ダッチオーブンとは金属製のふた付き鍋で、ふたの上に炭火が乗せられるようになっています。

焼く・煮る・燻すなど多様な使い方が出来ます。

野菜を入れて加熱するだけでも、美味しいホクホクの焼き野菜や蒸し野菜が作れます。

ダッチオーブン料理に興味がある人は、立派なキャンパーの素質ありですね。

ダッチオーブンでキャンプ料理を楽しもう

そんな万能なダッチオーブンですので、使いこなせるようになれば、キャンプで大活躍です。

ダッチオーブン料理の美味しさは、加熱の仕組みによるものです。

下火と上火で全体に熱が行きわたる上に、金属製の重いふたで密閉して、具材を加圧調理できます。
ダッチオーブンで作れる、おすすめ料理をご紹介します。

☆パエリア

・米 2カップ
・サフラン ひとつまみ
・オリーブオイル 大さじ3
・お好みの魚介類 あさり・エビ・イカなど
・鶏肉 200g
・玉ねぎ 1個
・パプリカ赤・黄 各1個
・ピーマン 2個
・にんにく 1片
・レモン 1個
・塩こしょう 適量

ダッチオーブンを熱くしすぎないことがポイントです。

お米が焦げてしまうので、弱火で調理します。

お米は研がずに、透き通るまで炒めます。
無洗米を使うと便利ですよ。

パエリアは、ダッチオーブン料理の中では簡単なので、初心者におすすめです。

☆ビーフシチュー

・牛肉 400〜500g
・玉ねぎ 小1個
・じゃがいも 小3~4個
・グリーンピース 小1缶(85g)
・トマトピューレ 半カップ
・黒ビール 100cc
・にんにく 2〜3片
・小麦粉 大1〜2
・ビーフコンソメ 1〜2個
・ローリエ 1枚
・バター、塩こしょう、水 適量

ダッチオーブンといえば、煮込み料理ですね。

加圧調理により、肉がほろっと柔らかく煮えます。
ビールを加えると、コクのあるシチューに仕上がりますよ。

お子さんがいるのであれば、赤ワインに変えると甘みが出て、食べやすくなりますよ。

ダッチオーブンは調理器具として万能ですし、ブログ・SNS映えするアイテムですので、ぜひ揃えておきたいですね。

キャンプには簡単料理も必要

キャンプ料理には、簡単に作れるという工夫も必要です。

夜ごはん作りは、キャンプの最大のイベントですし、準備も時間をかけて楽しみながらできます。

しかし、朝は忙しいですし、1日遊びきるために朝ごはんはできるだけ簡単に済ませたいものです。

・簡単
・片付けが楽
・満足感が得られる

この3点が大切です。

そんな、キャンプの朝ごはんにおすすめのメニューはこちらです。

☆ホットドッグ

パンに具材を挟むだけの簡単料理です。
ソーセージを焼いてパンに挟むだけですが、キャンプの朝ごはんで食べると一層おいしく感じます。

☆サンドイッチ

簡単さは、ホットドッグに負けません。

地元の新鮮な野菜を挟んで食べるのもいいですね。

前日のバーベキューの残りを挟んでもおいしいですよ。

☆焼きおにぎり

前日に炊いたご飯をおにぎりにして、焼きおにぎりにします。

焼いたご飯の香ばしさが、たまらないですね。

朝はごはんという人におすすめです。

キャンプブログを参考にすると、朝ごはんにホットケーキを食べる人や、地元のフルーツを食べる人など、それぞれキャンプの朝ごはんを楽しんでいるようですね。

おしゃれキャンプでブログ映えを狙う

近年では、ブログやSNSの発達により、写真映えするおしゃれなキャンプというものも登場してきました。

キャンプを楽しむと同時に、おしゃれグッズでこだわりを見せるブログも人気です。

これさえあれば、おしゃれキャンプになるというグッズを集めてみました。

☆ノルディスク テント アルヘイム12.6(6人用)

まるで子供の頃、アニメで見たインディアンのテントのような三角錐の外見です。

シロクマのロゴもおしゃれで可愛く、シンプルなオフホワイトカラーです。
子供なら大喜びですし、可愛いので大人でもテンションが上がる一品です。

☆ヘリノックス HOME コンフォートチェア

キャンプでゆったり過ごすために、チェアも重要なアイテムになってきます。

このチェアは、コンパクトに持ち運びが出来る上に、驚くほどの座り心地の良さを持っています。

キャンプの時はもちろん、お家で使っても文句なしの心地よさです。

☆コールマン 200A ランタン

赤いホーロー製のランタンは、そこにひとつあるだけで、一気に雰囲気を上げてくれます。

山小屋風のオールドスタイルに憧れている人は、ぜひ持っておきたいアイテムです。

☆コールマン ランタン ルミエールランタン

こちらはキャンドル風のガスランタンです。

揺れる炎に優しく癒されます。

次の項では、おしゃれキャンプに欠かせない料理グッズもご紹介していきます。

可愛いグッズをブログで自慢しよう

キャンプの醍醐味は、大自然の中で食べる料理だとお話しましたね。

もちろん、おしゃれキャンプには可愛い調理アイテムも大切です。

☆スノーピーク ワンアクションローテーブル竹

ワンアクションで足が飛び出てくる画期的なテーブルです。
天板が竹材ですので、木目がおしゃれ感をアップさせてくれます。

☆ケメックス コーヒーメーカー

キャンプの楽しみといえば、屋外で飲む淹れたてのコーヒーという人もいるのではないでしょうか。

ガラスと天然木で出来たこちらのアイテムは、専用フィルターを使って、コーヒー本来のコクのある旨みを楽しむことが出来ます。

☆ヨシカワ カフェタイム 木柄ドリップポット

細口のドリップポットです。
シンプルですが持ち手が木製で、おしゃれ感があります。

せっかく楽しむのですから、ポットまでこだわりたいですよね。

IH対応ですので、わざわざ火を起こさなくてもIHヒーターがあれば、お湯が沸かせます。

☆スノーピーク 焚火台 M スターターセット

キャンプではなくても、焚火を見ているのが好きだという人もいますよね。
焚火初心者にも簡単に楽しめる、スターターセットです。

逆四角錐の形状は、設営も簡単です。

火を焚くだけでも、一気にブログ映えする写真が撮れますよ。

最新キャンプはブログ・SNSを活用する

おしゃれキャンプを楽しむには、コツがあります。
現代では、ブログやSNSでいろいろな情報を集めることが出来ます。

それぞれのキャンプスタイルを参考にしながら、自分の好きなキャンプのイメージを膨らませることが大切です。

そのイメージに沿ってアイテムを揃えていけば、自分だけのキャンプサイトを作っていけるのではないでしょうか。

しかし、サイトで自分だけの個性を出すというのは、意外と難しいものです。

ただ好きな道具を並べているだけでは、何がしたいのかわからないという印象になってしまいます。

何か「これ!」というポイントを決めてから全体をレイアウトしていくと、写真映えするサイトになると思います。

焚火をメインに据えるとすれば、それを中心に周りを飾り付けていくと、写真で見ていてもわかりやすくて、おしゃれです。

それから、ブログ映えする写真を撮るには、余計なものをできるだけ置かないようにすることも大切です。

料理の準備のための荷物がばらついていたり、ビニール袋が散乱していると、おしゃれなイメージがグンと下がってしまいます。

使わないものは車に積んで置いたり、可愛いかごを用意して、その中にビニール袋をまとめておくなど、工夫をしましょう。

そうすればすっきりとしたサイトになり、写真映えもして気持ち良く過ごせますよ。

キャンプの楽しみ方

ただキャンプを楽しむだけでなく、写真に撮ったり、同じ趣味の仲間とシェアしたり、楽しみ方は広がっていますね。

キャンプの魅力を知れば、自然の素晴らしさにも、再度気付かされることと思います。

屋外でキャンプをすることは大変な部分もありますが、それを上回る楽しさがあります。

ブログやSNSを見ているだけでなく、ご自分でも挑戦してみましょう。