玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

米ぬかで健康的ダイエット。米ぬかケーキを食べて痩せよう!

      2017/08/30

米ぬかで健康的ダイエット。米ぬかケーキを食べて痩せよう!

女性にとってとてもメリットをもつ米ぬか。
その中でも米ぬかケーキダイエットはかなりテレビの影響もあり話題になりました。

米ぬかケーキダイエットがなぜこんなにも話題になったのかを紹介します。
ぜひ挑戦してみたくなること間違いなしです。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カロリーゼロは万能ではない!どんな食品でも摂りすぎに注意

カロリーゼロの食品を利用したことがありますか。 小腹が...

カロリーは1日に摂って使って!健康で綺麗な女性を目指そう

皆さんはダイエットをしたことがありますか? 女性であれ...

カロリーはダイエットとは全く関係ないの?多面的に解説

カロリーを抑えればダイエットできるという話をよく耳にしま...

必要カロリーはそれぞれ違う?女性の一日に必要なカロリー

暑い日が続き、今年はいわゆる「酷暑」といわれています。 ...

カロリーが気になるなら牛乳とヨーグルトどちらがおすすめ?

カロリー制限中やダイエット中でも必要な栄養素はバランスよ...

豚肉は高カロリーそうだが、ダイエットに向いているのか

豚肉のダイエットが注目されているそうです。 しかし、豚...

外で食べるカロリーが高いご飯メニューとメリットデメリット

一食で最もカロリーが高いご飯と聞かれたら、それはビュッフ...

若人こそ一食のカロリーが大切!おかずだけで500kcal以上を

1日に必要なカロリーを推定必要エネルギー量と言います。 ...

栄養満点の味噌汁の作り方!ほうれん草の下茹での必要性は?

ほうれん草は、お野菜の中でも特に栄養価が高いと言われてい...

味噌汁の具にもやしを使うとこんなに良いことがあります

暑かったり寒かったり、天候の関係で価格の変動が激しくなっ...

冬が旬のぶり!ぶりの風味豊かな味噌汁のレシピとは?

お料理のメインになるぶりですが、味噌汁の具材にしてもとっ...

納豆に味噌や砂糖を加えると美味しい?!色々な納豆の食べ方

食卓に加えると、食べ応えも栄養も十分に発揮してくれる納豆...

牡丹鍋は味噌味が最強!その歴史と分布・作り方をご紹介

近年はジビエが流行したりと、ちょっと変わったお肉を食べるの...

離乳食の味噌汁はいつからOK?作り方と注意すべきポイント

生後5ヶ月頃から始まる離乳食、赤ちゃんが食べる練習をする...

実はおでんに味噌をつけるのが密かな人気!実際に食べてみた

肌寒くなってくると恋しくなってくるのがおでん。 近年、コ...

ふきのとうで作る「ばっけ味噌」が美味しい!保存のコツとは

山菜がスーパーに出回り始めると「春」を感じますね。 春...

文明開化の味?牛鍋のレシピ!醤油味も味噌味も簡単に!

牛鍋を食べられるお店は、現在減りつつあるようです。 そん...

自然薯はとろろ以外にもレシピが豊富!味噌汁にしても美味!

自然薯は、一般的にはとろろにして食べることが多いですよね...

トランス脂肪酸は危険?マーガリンに多いって本当?

近年、マーガリンはトランス脂肪酸が多いから体に悪いという...

トランス脂肪酸を含まない油を選んで健康生活を送りましょう

心血管系疾患リスクや、その他の健康被害に影響を及ぼすこと...

スポンサーリンク


話題になった米ぬかケーキダイエット

米ぬかは美容にいいと言われていますよね。
美容のために使うだけでなく食べるのも良いとされ、また美容だけでなく健康やダイエットにも良いとされています。

特に話題になったのが、魔女たちの22時という番組で取り上げられた米ぬかケーキダイエット。
なんと米ぬかケーキダイエットを紹介した魔女さんは、米ぬかケーキを食べ続けて10か月で17kgの減量に成功したのだそうです。

さらに魔女さんのバストはJカップあったそうですが、そのままバストは減ることなくキープしたままの減量だったそうで、女性にはとても嬉しい痩せ方ですよね。

米ぬかを食べることでこんなに羨ましい痩せ方をする上に、美容にも健康にもいいなんて日常に取り入れるほかありません。

米ぬかをどうやって食べればいいのか分からない人もケーキと聞けば挑戦しやすいのではないでしょうか。

さらにこの米ぬかケーキ、作り方はとても簡単なのです。

米ぬかケーキを作ってみよう

米ぬかケーキのレシピを紹介しましょう。

【材料】
・米ぬか 125g
・ホットケーキミックス 125g
・牛乳または豆乳 150cc
・卵 1個

米ぬかさえ調達すればあとは家にあるものでできてしまいます。

さらに作り方もとても簡単。
すべての材料をボールへ入れしっかり混ぜて、ケーキの型等に流して180℃のオーブンで20分焼くだけです。

これだけでいいの?と思ってしまうくらい簡単すぎますよね。
この分量通りに作って1回分づつ切り分けると20個程できます。

食べない分は1個づつ小分けしてラップにくるんでジップロックに入れ、冷凍保存しておいて食べる分ずつ解凍して食べると良いでしょう。

この米ぬかケーキをご飯の代わりに主食にするだけで痩せることができてしまうそうです。
米ぬかケーキは1個食べるだけでもかなりお腹が膨れるそうなので、ダイエット中に食べ過ぎてしまう心配も無くて安心ですよね。

米ぬかでダイエットが成功する理由

米ぬかケーキの作り方は分かったけれど、米ぬかでどうして痩せることができるのでしょうか。

米ぬかはそもそも玄米全体の95%というたくさんの栄養を持っています。
つまり白米は玄米全体の5%しか栄養がない、ということになりますね。

その中でも米ぬかには食物繊維がとても多く含まれています。

この食物繊維ですが、胃の中の水分を吸収して大きくなります。
ですので、満腹感を与えやすく、食べ過ぎずに済み少量で満足できてしまいます。

さらに食物繊維は、便秘改善にもつながります。
先ほども述べた通り、食物繊維は胃の中で膨らみます。
そして膨らんだ力で腸内を刺激することで老廃物を排出する力をもっています。
腸内をキレイにすることでお通じが良くなり便秘が改善されるのです。

体内の不要物が排出されないと、脂肪となり体の一部となってしまうので太る原因になってしまうのです。

このことから米ぬかを食べることは痩せることに繋がるのです。

また米ぬかにはビタミンEも含まれています。
このビタミンEは女性ホルモンのバランスをコントロールする力を持っています。

米ぬかケーキダイエットでバストがキープできたのは、もしかしたらダイエットによる女性ホルモンの低下をビタミンEがコントロールすることでバストダウンを防いだのかもしれないという説があるそうです。

その他にもたくさんの栄養素を持っているので、米ぬかを食べることはとてもオススメです。

ただし、米ぬかは食べ過ぎてしまうことに注意です。
米ぬかには食物繊維が多く排出の力がとても強いです。
強すぎるために不要物だけでなく、体とって本当は必要なビタミンまで排出してしまう可能性があり、食べ過ぎは便秘改善を通り越してお腹が緩くなってしまいます。

米ぬかの1日の摂取量は大さじ2杯が基準と言われています。
こちらの量を守ることで食べ過ぎにはぜひ注意してくださいね。

米ぬかのオススメな入手、保存方法

そんなケーキダイエットに効果的な米ぬかですが、入手する方法として最もオススメなのは、玄米を購入し、自宅で精米して手に入れる方法です。
もっともできたてホヤホヤの新鮮なものが手に入るのでオススメです。

しかし自身で精米するのは面倒くさいですし、これだけのために自家精米機を買うのもコスト面でつらいです。

そんな人はスーパーだけでなくお米屋さんや精米所で、無料やお安い値段で米ぬかを入手することができます。
入手する際ですが、なるべく新鮮な米ぬかを選んで買う方が良いでしょう。

なぜなら、米ぬかは生ものと同じです。
古くなると酸化してしまうため味が落ちてしまいますので食べるのに向いていません。

ですので、米ぬかは一気に手に入れるよりは、少しずつ新鮮な米ぬかを手に入れた方がいいのですが、たくさんの米ぬかを手に入れた場合は、小分けして冷凍しておいたほうがよいでしょう。

米ぬかは食べる前にひと手間を

では手に入れた生の米ぬか。
さっそくダイエットのために生の米ぬかでケーキを作ろう!というのはオススメできません。

なぜなら米ぬかは食べたことがある人は分かると思いますが、生のままだとかなり癖のある味です。
せっかく食べるならできるだけ食べやすいほうがいいですよね。

米ぬかの癖のある味は前煎りすることでにおいを減らし、かなり和らげることができます。
また前煎りは酸化を防ぎ保存効果もありますので、面倒くさいですが是非することをオススメします。

前煎りの方法はとても簡単です。
フライパンに油をひかず、そのまま米ぬかを入れます。
そして2、3分中火で米ぬかを熱して、水分を飛ばして完成です。

また前煎りした米ぬかの保存期間ですが、冷蔵庫だと大体2週間。冷凍庫だと大体2か月ほどになります。

ひと手間は掛かりますが、ダイエットを継続していくためにも前煎りしてから米ぬかケーキを作ったほうが良さそうですよね。

美味しく米ぬかケーキを食べてダイエットしよう

ここまでお話ししてきたように魅力満点な米ぬかケーキです。
この米ぬかケーキ、もちろんテレビで紹介されたレシピを真似する人が続出しました。

しかしその感想の多くが、『固い、甘くない、美味しくない』というもの。
ダイエットだからと割り切って食べられるならいいですが、やはり美味しく食べたいですよね。

そこで米ぬかケーキを美味しく食べるために、米ぬかケーキダイエットをする人はさまざまな工夫をしています。

固さを和らげるために、牛乳(または豆乳)を増やす。
重曹を入れる。
砂糖を入れて甘くする。
バニラエッセンスを入れて香り付けする。
ハチミツやジャムをつけてスコーンのように食べる。

これらのように様々な工夫やアレンジをして続けられるようにしているみたいです。

ぜひ自分が続けやすい工夫をして米ぬかケーキダイエットを行うと良いですね。

痩せたいならぜひ米ぬかケーキを

米ぬかケーキダイエットは、ダイエットにも効果的な上、美容や健康にも効果的ですので女性にはとても魅力的すぎる方法ですよね。

また空腹を我慢したり、運動を必死に頑張るといった大変な方法でもなく、また作るのも簡単ですので、比較的取り入れやすいです。

食事に少し取り入れるだけでも効果はあるそうですので、ダイエットしてみたい、便秘解消したいという方はぜひ挑戦したいですね。

 - 健康的なダイエット