りんごを使った絶品レシピ!簡単なレシピをご紹介!

ヨーロッパには、「1日1個のりんごは医者知らず」という、ことわざがあります。

それだけりんごには、健康に良い栄養が含まれているということですね。

ここでは、そのりんごが持つ栄養と、りんごを使った簡単なレシピをまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家庭菜園でジャガイモを収穫しよう!上手に育てるコツは!?

皆さんは、ジャガイモは好きですか?ジャガイモは、春と秋の2回植えつけが可能な野菜です。...

オーガニックレモンジュースを使ってみよう!おすすめは?

オーガニックは体に良いけど値段が少し高め、というイメージを持っている人もいると思います。オー...

わけぎを活用するレシピとは?味噌と合わせるのがおすすめ!

みなさんは普段の手料理に「わけぎ」を使う機会がありますか?わけぎを使うレシピはどんなものがあ...

レタスとキャベツの栄養素を比較!食物繊維が多いのはどっち

レタスとキャベツは、栄養素のひとつとも言われる「食物繊維」が多いとよく聞きますよね。この食物...

秋の味覚!味噌汁の具材には旬のさつまいもがおすすめ

秋の旬と聞けば、さつまいもですよね。暑い夏が去り、少し寒くなった秋から冬にかけて、いろいろな...

電子レンジで時短&楽チン!豆腐とキムチを使ったレシピ

いろいろなジャンルのレシピに使える便利な豆腐とピリッとした辛さと歯ごたえが魅力のキムチ。この...

電子レンジで作るポップコーンは体に悪いだけの菓子なのか?

ポップコーンは大人も子供も大好きで、テーマパークでもよく食べているお菓子であるため、栄養があれば...

餃子のおすすめレシピをご紹介!味噌を使って普段と違う味に

餃子が好きな日本人は多いのではないでしょうか。ラーメンと一緒に、ご飯のおかずとして、また...

肉の栄養とは!?肉は食べた方がいい?食べない方がいい?

皆さんはお肉、好きですか!?焼肉食べ放題でお腹いっぱいに食べたり、厚いステーキを口いっぱいに...

味噌炒めのたれを活用!簡単で美味しいレシピをご紹介

こってりとした味噌だれは、野菜やお肉などに非常に合いますよね。味噌で炒めれば野菜であっても、ご...

スイカを種から発芽させてみよう!スイカの栽培方法教えます

夏の暑さで喉の渇きを感じると、食べたくなる果物と言えば?「スイカ」ではないでしょうか?...

りんごの蒸しパンは低カロリーなのか?高カロリーなのか?

お菓子作りが初めての方でも作り方が非常に簡単なりんご蒸しパン。ふわふわで生地が軽く、甘さもや...

珍しい形!ウチワエビで作る美味しい味噌汁の作り方

年中食べられている、子どもから大人まで人気のエビ。お寿司や揚げ物にしても、美味しいですよね。...

知らなかった!?ヨーグルトを作る生物の役割と効果

ヨーグルトを作るのに、必要な微生物である乳酸菌。普段、ヨーグルトを食べていても、特に気にするこ...

バナナ一本の重さはどれくらい?~バナナの種類と栄養~

手軽に手に入れられて、朝食の代わりに、ちょっとしたおやつに便利な食品「バナナ」。多くの人に愛...

スポンサーリンク

医者知らずになる「りんご」の栄養とは

1日1個のりんごで医者知らずになるということわざが、なぜあるのでしょうか。

りんごには、ポリフェノールが含まれています。

このポリフェノールは、強い抗酸化作用を持っています。

生きているのであれば、誰もが月日と共に老化していくものです。
老化とは、体が酸化してサビついてしまうことです。

そして、リンゴポリフェノールの抗酸化作用によって、この老化を防いでくれるのです。
さらに、コレステロール値を下げてくれる働きも、抗酸化作用にはあります。

また、りんごにはアップルペクチンが含まれています。

このペクチンは、腸内環境を良くしてくれる、善玉菌を増やしてくれます。

それだけではありません。
体に不必要な脂肪や、毒素を排出してくれるといった働きもしてくれるのです。

健康維持だけでなく、アンチエイジングなどの美容にも、りんごは効果的と言えるでしょう。

ですが、必ずしも、生で食べるりんごが良いというわけではありません。

このまとめでは、りんごを使った簡単なレシピをご紹介しているので、参考にしてみてください。

赤色のりんごが一番いいの?

りんごといえば、赤色のりんごをイメージしがちですが、緑色や黄色もありますよね。

なんとなく、赤いりんごが栄養が多そうな気もしますが、実際にはどうなのでしょうか。

結論を言うと、りんごの色に関係なく、栄養は豊富に含まれています。

中でも豊富なのは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などです。
これらの栄養は、生ではなくても体に摂り入れることが可能です。

りんごチップ・アップルパイ・スムージーなどでも栄養を摂ることができるのです。

何度も出てきていますが、ヨーロッパでは「1日1個のりんごで医者知らず」と言われていますよね。

日本のりんごは、西洋に比べると大きいです。
そのため、日本では、1日1個ではなく「半分のりんご」で良いと言われています。

1日に半分のりんごでいいなら、簡単に食べることができますよね。

しかし、毎日、生のりんごを食べていては、飽きてしまう日が来ると思います。

飽きてしまっては、半分のりんごですら、食べる気がしなくなってしまうのも仕方ありません。
そうならないように、次は、りんごをアレンジして食べられるレシピをご紹介します。

りんごの丸焼き~簡単レシピ~

りんごの皮を捨ててしまう人は、とっても多いです。

しかし、この捨ててしまいがちな皮には、りんごポリフェノールが含まれているのです。

そんな皮も、丸ごと食べることのできるレシピは、とっても人気です。

りんごを丸ごとそのまま使うので、包丁なども使いません。

料理をするのが面倒だと感じる人でも、簡単と思えるレシピです。

〈材料〉

・りんご 1個
・砂糖(はちみつで代用してもOK)大さじ1
・バター 大さじ1
・シナモン

1)綺麗に洗ったりんごの芯をくり抜きます。
りんごにつまようじを刺して、20ヶ所くらい穴を開けてください。

2)先ほどくり抜いた穴の中に、材料の調味料を半分ずつ2回に分けて入れます。
「砂糖・シナモン・バター」を入れたら、もう一度、同じように入れます。

3)深めの耐熱皿へりんごを入れて、ラップを軽くかけます。
レンジに入れたら、500wで5分ほど加熱します。
(このとき、りんごから汁がいっぱい出てくるので、深い耐熱皿がおすすめです)

4)ラップを取り、トースターに移します。
5分間ほど焼いたら完成です。

りんごに焦げ目がついた場合は、アルミホイルをかけましょう。

りんごとチーズのもちもちナン~簡単レシピ~

次にご紹介するレシピは、チーズとりんごを使ったナンのデザートです。

この2つの材料は、実はとっても相性がいいのです。

一度食べたら、また食べたくなる、癖になるデザートの作り方は、とっても簡単です。

〈材料〉

~生地~

・強力粉 150g
・砂糖 小さじ1
・塩麹 大さじ1/2
・ベーキングパウダー 大さじ1/2
・水 80ml
・バター 大さじ1/2

~クリーム~

・りんご 1個
・クリームチーズ 大さじ4
・牛乳 小さじ2
・塩麹 大さじ1
・砂糖 大さじ2

1)強力粉・砂糖・ベーキングパウダーをよく混ぜ合わせます。
塩麹と水を加えて、よくこねてください。
丸く2つにまとめて、ラップをかけて5分~10分ほど休ませます。

2)1を休ませている間に、クリームを作ります。
レンジでクリームチーズを溶かしたら、牛乳・塩麹・砂糖を入れて、よく混ぜます。
りんごの皮をむいて、お好みの大きさで薄くスライスしたら、先ほどのクリームと合わせておきます。

3)まな板に打ち粉をして、1を麺棒で2mmくらいの厚さに伸ばします。

4)3にりんごクリームを半分にのせ、半分に閉じます。
(閉じしろ部分に水を塗って、指で押さえて止めてください)

5)熱したフライパンにバターを溶かし、4を入れて蓋をします。
中火から弱火で、焼き色がつくまで両面焼いたら完成です。

りんごパイ~簡単レシピ~

りんごのスイーツと言ったら、やっぱりアップルパイですよね。

でも、パイは作ると、時間も手間も掛かってしまいます。

冷凍のパイシートを使って、簡単にできるアップルパイのレシピをご紹介します。

〈材料〉

・冷凍パイシート(10×18cm) 1.5枚
・りんご 1個
・砂糖 30g
・レモン汁 大さじ1/2
・バター
・ジャム(ラフランスやりんごなど)

1)常温で冷凍パイシート解凍しておきます。
1.5枚をつなぎ合わせたら、正方形にします。
パイ皿に合わせて伸ばしてください。

2)バターをパイ皿に薄く塗ります。
パイ皿にパイシートを敷いて、はみ出た部分はカットしてください。
フォークを使って、敷いたパイに数ヶ所穴を開けたら、ラップをして冷蔵庫で30分寝かせます。

3)りんごの皮をむいたら、5mmくらいの厚さにカットします。
カットしたりんごは、塩水に浸けておきましょう。

4)りんご・砂糖・レモン汁を鍋に入れて、10分くらい置きます。
水分が出てきたら、弱火で10分ほど煮詰めて、火を止めます。

5)粗熱が取れたら、パイにリンゴを敷いていきます。

6)オーブンを予熱で温めておきましょう。
190℃で30分くらい焼きます。

7)アップルパイが焼けたら、ジャムを塗って、照りを出します。
型から外し、お皿にのせたら完成です。

りんごのタルトタタン~簡単レシピ~

最後にご紹介するレシピは、フライパンでできるりんごのタルトタタンです。

フライパンなので、時間がとっても短縮できるんです。
さらに、生地はホットケーキミックスを使うので、作り方も簡単です。

〈材料〉

・りんご 1個
・バター 20g
・グラニュー糖 30g
・シナモン

~生地~
・ホットケーキミックス 100g
・卵 1個
・牛乳 60ml

1)りんごは皮ごと使うので綺麗に洗い、芯をくり抜きます。
12等分にカットしてください。

2)ボウルにホットケーキミックス・卵・牛乳を入れます。
泡だて器を使って、滑らかになるまで、よく混ぜてください。

3)熱したフライパンでバターを溶かします。
グラニュー糖をいれ、焦げないように弱火でキャラメルを作ります。

4)キャラメルが盛り上がってきたら、カットしたりんご、たっぷりめにシナモンを入れます。
弱火~中火で、なじむように炒めてください。

5)りんごの表面が柔らかくなったら、りんごをフライパンの中できれいに並べてください。

6)生地を流し入れたら、蓋をして弱火で5~10分くらい焼きましょう。

7)お皿にひっくり返して完成です。

りんごを体に摂り入れよう

りんごには、体には良いことだらけの栄養が含まれているのです。

食欲のない朝でも、果物なら食べられるという人は多いものです。
その果物にりんごを選んでみてはいかがでしょうか。

りんごを使った料理は、いっぱいあります。
きっと自分が好きなりんご料理があるはずです。