きゅうりを使ったいろいろレシピ!大量消費で大助かり

夏野菜の定番と言えば、きゅうりですね。
スーパーで安く手に入る夏に、たくさん食べたい野菜です。

家庭菜園でも人気のきゅうりですが、大量にでき過ぎてしまったという声を聞くこともあります。

そんなきゅうりを、美味しく食べるためのレシピをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

野菜を美味しく!ゴマ味噌炒めのタレ!秘伝のレシピをご紹介

皆さんは味噌炒めはお好きですか?まろやかな甘みとゴマの風味が食欲をそそって、野菜を美味しく食...

カロリー比べ!「洋食パスタ」と「和食そうめん」

パスタは手軽に食べることができる、常備品の味方です。そうめんは、夏の定番メニューとして、また...

ブロッコリーとカリフラワーの中間!?ロマネスコとは?

ロマネスコという野菜、聞いたことありますか?味はブロッコリーに近く、食感はカリフラワーに近いとい...

バナナ一本の重さはどれくらい?~バナナの種類と栄養~

手軽に手に入れられて、朝食の代わりに、ちょっとしたおやつに便利な食品「バナナ」。多くの人に愛...

手作り果物ジュースや濃縮還元ジュースの栄養について調査!

生の果物や野菜で作るフレッシュジュース、とてもおいしいですよね。お店で売っている濃縮還元ジュー...

有機質肥料「油かす」と化学肥料でトマト栽培を成功させる

トマトは、家庭菜園でも人気の野菜です。実を大きく、甘く育てたいですよね。そうなると、重要...

ブロッコリーの味噌汁はとても美味しい!手軽にできるレシピ

みなさん、ブロッコリーをどうやって食べていますか?蕾の部分を炒め物やおひたし、茹でてマヨネー...

カツオは刺身?タタキ?カロリーはどれくらい?

初夏と秋口に鮮魚店やスーパーでよく見かけるカツオ。なぜ、その季節になると出回っているのでしょう...

夕飯の献立は魚がおすすめ!栄養豊富な魚で毎日の健康維持を

日本の和食文化に欠かせない「魚」。現代人の食は変化しつつありますよね。日本の和食文化に欠...

卵の栄養は黄身と白身で違うの?安心で安全な卵の選び方とは

卵は、昔から栄養価が高いとされている食材ですよね。黄身のほうが栄養がありそうなイメージですが...

美容に健康に!もつ鍋レシピ6選!人気の味噌味でこっくりと

皆さん、もつ鍋を食べたことはありますか?もつ鍋は福岡市周辺の郷土料理で、もつのコラーゲンが、美...

魚をたくさんもらったので冷凍保存したい!いつまで持つ?

魚をたくさんもらってしまった、魚が安かったのでたくさん買ってしまったという時、調理に困りますね。...

飲む点滴甘酒!麹入りにはどのような成分があるのだろう?

ここでは、麹でできた甘酒の良さを理解していただくために、成分がどのようなものなのかを、分かりやす...

トマトの種を発芽させる条件は?種の蒔きどきや方法について

トマトの自家栽培をしている方、たくさんいらっしゃいますよね。トマトを苗からの生育ではなく、種か...

グラハムクラッカーってどんなもの?スーパーで売ってるの?

お菓子作りをする人は、「グラハムクラッカー」という名前を見たことがあるかもしれません。一般的...

スポンサーリンク

夏野菜のきゅうりをもっと食べよう

きゅうりは、1年を通してスーパーに並んでいて、値段もお手頃ですので、食卓に上がることが多い野菜ですね。

育てるのが難しくないため、家庭菜園で育てている人もよく見かけます。
ですが、思いがけず大量になってしまうということもあるので、そんなときは消費するのが大変ですね。

きゅうりは、95%が水分で出来ています。

それ以外にはカリウムを含んでおり、利尿作用があるので、体温を下げるという効果もあります。

95%が水分ということで、栄養がほとんど含まれていませんので、「世界一栄養のない野菜」としてギネス認定されているほどなんですよ。

夏バテで食欲がないときも、きゅうりならあっさりして食べやすいですよね。
水分補給もできますので、夏にはきゅうりをもっと食べてほしいと思います。

レシピが漬物とサラダしか浮かばないという人でも、簡単に作れるレシピをこれからご紹介していきますが、スーパーなどで、美味しいきゅうりを選ぶポイントを抑えておきましょう。

〇イボが尖っている

なるべくイボが残っていて、触るとちくちくするものにしましょう。
果肉が硬く、しっかりしているものを選びましょう。

〇形を気にしない

スーパーで並んでいるきゅうりは、形の良いまっすぐなものが売られていますが、野菜直売所などで売られている曲がったきゅうりと味は変わりません。

形が悪い分、安くなっていたりするのでおすすめですよ。

大量のきゅうりを冷蔵保存するには

きゅうりは傷みやすい野菜です。
日持ちしにくく、ほとんどが水分で出来ていますので、日にちが経つと水分が抜けて食感が落ちてしまいます。
常温なら2日まで、冷蔵庫でも5日程度の保存期間になります。

保存するときのポイントは、

◎水気に注意

きゅうりは水気に弱いので、表面に水分が付いていると、そこから腐り始めます。
きゅうりをキッチンペーパーや新聞紙で包み、ラップで包み、水分が抜けるのを防ぎます。

◎立てて収納

きゅうりのヘタの部分を上にして、立てて収納します。

畑になっている状態に近づけると、野菜は長持ちします。
ペットボトルを半分に切ったものや、牛乳パックを切ったものなどを利用してみましょう。

◎野菜室で保存する

きゅうりの保存に最も適している温度は10度~13度です。

あまり冷えすぎると、低温障害を起こします。
野菜室で保存しましょう。

使いかけのきゅうりは、必ずラップをして保存しましょう。
切り口から悪くなっていきますので、できるだけ早く食べる必要があります。

きゅうりの保存方法は、これでわかったかと思いますが、もっと大量に保存したい場合は、どのようにしたら良いのでしょう。

大量保存のレシピなどを次項でご紹介します。

きゅうりを冷凍庫で・大量保存レシピ

大量保存にありがたい、冷凍庫で保存するアイデアレシピをご紹介します。

シンプルに、塩もみして保存するレシピです。

・きゅうり
・塩(きゅうりの重さの1%)

1)きゅうりを薄切りにします。

2)塩もみして、5分ほど置きます。

3)水分を絞ります。

4)小分けにしてラップに包み、冷凍庫で保存します。

続いては、お酢と砂糖に浸けて保存するレシピです。

・きゅうり 1本
・酢 大さじ1
・砂糖 小さじ1
・塩 少々

1)きゅうりを薄切りにします。

2)ジップロックなどの袋に、きゅうりと調味料を入れます。

3)揉みこんで、空気を抜いてから、冷凍庫で保存します。

冷凍したきゅうりは、1ヶ月程度は保存できます。
しかし、2週間以内に食べてしまった方が良いでしょう。

使うときは、自然解凍もしくは、流水で解凍します。
半解凍くらいで水分を絞り、そのまま料理に使えます。

きゅうりのパリパリとした食感はなくなってしまっているので、ポテトサラダに入れたり、和え物などに使いましょう。

チャーハンにきゅうりを入れると、思いがけない美味しさになるのでおすすめですよ。

きゅうりの大量保存レシピ・ピクルス

きゅうりの長期保存といえば、ピクルスですね。
大量消費にもおすすめです。

ピクルスは食事の箸休めになりますし、お弁当にも入れられます。
お酢を使っているので、健康にも良いですよね。

簡単にできる、ピクルスレシピをご紹介します。

・お酢 100g
・水 100g
・砂糖 大さじ3
・塩 小さじ1
・ニンニク 適量
・トウガラシ 適量
・ローレル 1~2枚
・ハーブ類 適量

1)きゅうりを食べやすい大きさに切り、少しの塩で揉んでおきます。

2)お酢と水を合わせます。

3)酢水に、砂糖と塩を加え、かき混ぜます。

4)ニンニク・トウガラシ・ローレル・ハーブ類を加え、鍋に入れます。

5)鍋を火にかけ、沸騰させます。

6)沸騰したらきゅうりを加え、火を止めて冷まします。

7)冷めたら出来上がりです。

ビンに詰めて、冷蔵庫で保存しましょう。
出来上がったピクルスは、冷蔵庫で2週間程度は保存できます。

きゅうりだけでなく、トマトやニンジン、セロリなどを一緒に入れるのもおすすめですよ。
彩りが豊かになって、見た目にも華やかになりますね。

大量のきゅうりはやっぱり漬物で保存

きゅうりが大量にあるときにこそ作れるレシピというのもあります。
せっかくきゅうりが大量にあるのでしたら、1度作ってみましょう。

〇叩ききゅうり

・砂糖
・ごま油
・しょう油
・白ごま

上記の材料を混ぜて、たれを作っておきます。
分量はお好みで調節してください。

きゅうりをジップロックなどの袋に入れ、めん棒で叩きます。

食べやすい大きさに叩いたら、たれを袋に入れて、きゅうりと馴染ませます。

冷蔵庫で冷やして、出来上がりです。

お好みでお酢を加えても、さっぱりして美味しいですよ。

〇きゅうりのパリパリ漬け

ご飯によく合うあの「キュウリの〇ちゃん」風漬物です。

保存にも向いています。

・きゅうり 8本くらい
・みりん 50cc
・しょう油 100cc
・酒 50cc
・お酢 25cc

▽しょうが千切り
▽昆布
▽鷹の爪
▽ゴマ

▽印の調味料はお好みで加えてください。

1)きゅうりを5mmの輪切りにし、塩(分量外)を振っておきます。

2)みりん・しょう油・酒・お酢・▽の調味料(ゴマ以外)を鍋に入れ、沸騰させます。

3)火を消して、水気を切ったきゅうりを加え、冷まします。

4)1~2時間ほど冷ましたら、きゅうりと漬け汁を分けます。

5)漬け汁だけを再び沸騰させます。

キュウリを入れて冷まします。
これを2~3回繰り返します。

6)きゅうりが茶色く使ったら、完成です。

最後にゴマを振りましょう。

サラダに飽きたら!きゅうりの炒め物レシピ

きゅうりは生で食べるか、漬物にして食べるかしか方法がないと思われがちですが、加熱しても美味しく食べられる野菜なんですよ。

大量に消費したいときは、同じような料理では飽きてしまいますよね。
シンプルに炒め物が美味しいので、作ってみてほしいレシピです。

・きゅうり 2本
・卵 2個
・すりおろしショウガ 少々
・しょう油 小さじ1と1/2
・塩ひとつまみ
・ごま油 小さじ1/2
・サラダ油 少々
・鶏がらの素 少々

1)きゅうりは、5mm幅の斜め薄切りにしていきます。
塩と鶏がらの素で、下ごしらえします。

2)卵を溶いておきます。

3)フライパンにサラダ油を熱し、大き目の炒り卵を作ります。
あまり火を通さないうちに、いったん取り出しておきます。

4)フライパンで再度サラダ油を熱し、すりおろしショウガを炒めます。

5)きゅうりを入れて、さらに炒めます。

6)しょう油で味付けし、炒り卵を戻します。

混ざったら出来上がりです。

しょう油は、オイスターソースに変更できます。
中華風の味付けになりますよ。

きゅうりの火の入り具合は、お好みで変えてください。

しんなりがお好きであれば、火を通す時間を少し長めに、シャキシャキ感を残したければ、少し短めに調節してください。

きゅうりのレシピを増やそう

きゅうりはあまりクセのない野菜ですので、毎日食事に出しても、そこまで家族に嫌がられることはないと思います。

しかし、やはり毎日食べるのであれば、アクセントは欲しいですよね。

レシピのバリエーションはいくつ持っていても良いのですから、ぜひ、ご紹介したレシピをいくつか試してみてくださいね。