家庭菜園に挑戦!土づくりや肥料に選ぶ石灰について知ろう

野菜の価格が高騰して、食費がかかるのが大変と憂いている方におすすめなのが、家庭菜園です。

初めての方は、まず土づくりを考えましょう。
作物が育ちやすいように、整えてあげるのです。

土づくりや、肥料におすすめな石灰について、詳しくご説明していきます。

また、石灰以外の肥料についても、記事の最後で少しふれていますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

夫婦二人暮らしの生活費!生活費のうち食費はいくらくらい?

一人暮らしの独身生活から、結婚して夫婦になり、二人での暮らしが始まります。ドキドキワクワクな...

お米を30kg送りたい!オススメの宅配便は?海外に送るには?

美味しいお米を、送りたい。たくさんある宅配便の中で、どこが一番安く送ることができるのでしょう...

夫婦で食費を節約!旦那さんに作ってあげたいお弁当レシピ!

ウキウキワクワクの新婚時代を経て、夫婦二人暮らしの生活に慣れてきたころ意識してくるのは、食費の節約で...

生きた菌が作り出す醤油の微生物と美味しい味の関係とは!?

醤油は古くから親しまれてきた発酵調味料です。醸造品とも言われますが、発酵に必要な物がお酒やビ...

トランス脂肪酸って何?禁止されている国とその理由とは?

「アメリカでトランス脂肪酸の食品への添加を禁止」というニュースが、2018年に流れました。ト...

外国人から人気の日本食!評価が高い日本食ランキング発表!

日本食は、世界中で人気の料理ですよね!そんな日本の食事「和食」について、お話したいと思います...

畑作りは土作りが命。土質別の土壌改良方法お伝えします

畑作りは、土作りが命と言ってもいいかもしれません。そのくらい、作物を育てるのにおいて、土とい...

江戸時代の食事事情!江戸の武士・庶民は何を食べていた?

江戸時代の食事は、現代と大きく異なっています。しかし、米が主食であったことは現在と変わりなく...

クックパッドで和食の作り方を検索!人気の和食メニューは?

私達日本人が普段食べている食事は、和食の方が多いと思います。和食は、当たり前のように身近にあ...

お米の産地を表示するには農産物検査が必要。その資格とは

私たちが何気なく毎日食べているお米は、農家からJAなどの流通経路を通して、食卓に届いています。...

現代と違う?江戸時代の食生活、庶民はどんな感じだったの?

江戸時代の庶民はどのような食事をしていたのでしょう。なんとなく、質素だったり健康的だったりするイ...

お米を美味しく食べるには家庭用無洗米精米機は必需品!

現在、家庭用無洗米精米機を使っている家庭も増えてきています。面倒くさいだけでは?と思ってしま...

おすすめはどれ?オーガニックドレッシングのギフトのご紹介

お祝い事にギフトは欠かせないものです。しかし、何を贈ったら喜んでもらえるか、悩んでしまう事が...

醤油を薄めるには水よりお酢?知って得する料理と醤油の知識

煮物に使った醤油が濃すぎて、薄めるべくついつい水など足したくなります。そうすることによって確...

フランスに行くときは日本のお菓子をおみやげにしよう!

フランスのみならず、世界中で日本のお菓子は人気です。外国の方が、日本のお菓子をたくさん購入し...

スポンサーリンク

家庭菜園の土づくり・肥料におすすめな石灰!

家庭菜園を始めるとき、土づくりと肥料は大切ですよね。

それに欠かせないのが、石灰です。
なぜでしょうか?

土は、酸性・中性・アルカリ性と、性質が異なります。

日本では酸性の雨が降りますから、手を加えていないそのままの土地の土は、ほとんどが酸性です。

ブルーベリー・お茶・まめなど、酸性の土を好む作物もありますが、ほとんどの作物は、中性土壌やアルカリ性土壌を好むものです。

ですから、土に「石灰」と呼ばれるカルシウムを混ぜ、中性からアルカリ性に傾けておかなくてはいけません。
ですが、適当に石灰を撒けば良いわけではありません。
作物によって好む土は違いますし、だいたい15㎡あたりにヒシャクに1杯くらいが標準だと言われています。

石灰を撒きすぎるとアルカリ性になりすぎて、有機物が急速に分解するなどの障害が起きてしまうので、注意が必要です。

このあたりは家庭菜園なので、そこまで本格的にこだわる必要はありませんが、知識として知っておいてください。

また石灰には、いろいろな種類があります。
初めての方はどれを選べば迷うかもしれませんので、次項から違いを説明していきます。

家庭菜園の土を整える石灰!種類と特徴

一般的に売られている石灰には、生石灰・消石灰・苦土石灰・有機石灰があります。

では、それぞれの石灰の特徴についてご説明しますね。

・生石灰(せいせっかい)

酸化カルシウムのことです。
石灰石を焼いたもので、水と混ぜると熱を放出します。

アルカリ分が、とても強いのが特徴です。

極度に酸性に傾いている土壌に向いています。
分量なども注意しないといけないので扱いが難しく、家庭菜園には向いていないかもしれません。

・消石灰(しょうせっかい)

水酸化カルシウムでできています。
生石灰を水分と反応させてつくります。

学校の運動場で使うライン引きに使われているものとして、お馴染みですね。
こちらも、アルカリ分がとても強いものなので、初めての方が使うのは難しいです。

・苦土石灰(くどせっかい)

苦土というのは、マグネシウムという意味で、石灰はカルシウムのことを指します。

こちらは、ドロマイトか、ドロマイト質石灰岩を焙焼してできた石灰肥料です。
アルカリ分も多いですが、マグネシウムを含むので肥料にもなりますし、土壌酸度も調整してくれる優れものです。

・有機石灰(ゆうきせっかい)

貝がらや貝がらの化石でつくった石灰肥料のことです。
この石灰は穏やかに作用しますので、撒いた後すぐに種まき・定植することができます。

微生物を活性化させ、土が固くならないという利点もあります。

家庭菜園には苦土石灰と有機石灰!土質を測る測定器がある

家庭菜園の土づくりや肥料には、苦土石灰と有機石灰がおすすめですので、もう少し詳しくご説明していきます。

まず、苦土石灰です。

苦土石灰は白い粉末状、もしくは粒状の肥料になっています。

苦土石灰の一番の効果は、酸性度の調節です。

苦土石灰に含まれているカルシウムが植物の根を強くして、マグネシウムは葉をつややかに強く育てます。
葉が黄色く枯れるのも、防いでくれるのです。

では、苦土石灰は、どのくらい使うべきなのでしょうか?
こだわって作りたい方は、まず、家庭菜園の土のph値を知りましょう。

苦土石灰を混ぜる前の土質を測ることができる、市販の測定器が便利です。
作物は、その種類によって育ちやすい土の酸性度が違いますので、追求していくのも楽しいものです。

弱酸性から中性など、幅広い土質でも育つ丈夫なものもありますし、弱酸性の土では枯れてしまうものもあるので注意してください。

家庭菜園で育てたい植物が好む土の質、ph値をあらかじめ調べておくといいですね。

苦土石灰を、通常の量混ぜると1回につき、0.5ほどph度数が上昇するといわれていますので、難しい植物を育てたい方は、きちんと測定器で測りましょう。

苦土石灰の適切な量と使用する時の注意点

苦土石灰の量ですが、畑や家庭菜園の場合、1㎡あたり苦土石灰をコップ1〜2杯(100~200g)混ぜます。
鉢植えの土づくりなら、土1ℓあたり3〜5gくらい苦土石灰を使います。

こちらの量を、土にパラパラと撒いて、スコップなどでよく混ぜ合わせればOKです。
苦土石灰が土に馴染むまでは、2〜4週間ほどかかります。

ここで注意したいのは、苦土石灰は肥料と一緒に撒いてはいけないということです。
肥料に含まれる窒素成分と化学反応を起こすと、アンモニア臭を発生させ、土が臭くなってしまいます。

まずは、先に苦土石灰と土を混ぜ、馴染むのを待って肥料を混ぜましょう。

苦土石灰の価格の相場ですが、大きな袋(10~20kg)で500~1,000円ほどです。
粒状の方が加工の工程が複雑なため、100~200円程度高くなっています。

風が強いときにも散りにくく、使いやすいので粒状もおすすめです。

インターネットの通販では、1〜20kgというように自由に量が選べるため、使い方に合わせた量を選びましょう。

苦土石灰は土壌を改良するための肥料としても、優秀な石灰です。

植物の下葉が黄色く枯れてきてしまったときに加えても、マグネシウムが補給されますので、葉が元気を取り戻すことがあるのです。

家庭菜園を始めるなら、苦土石灰は常備しておきたいですね。

家庭菜園の肥料に有機石灰!安全で有機栽培にピッタリ

次に、家庭菜園の肥料としておすすめな、有機石灰についてご説明していきます。

先ほども簡単に書きましたが、有機石灰は散布した後、すぐ植え付けができるので便利です。
これは、貝がらの成分が水に融けにくいため、ゆっくりと酸性の土壌を中和していくためです。

また、水分に反応して、熱やガスが発生することもほとんどありませんし、効果も長く続きます。

逆に考えると、効果が出始めるのに時間がかかるということなのですが、家庭菜園での有機栽培には、一番適した石灰です。

有機石灰は作物をつや良くし、日持ちするように育てるとも言われています。

また、撒きすぎても、悪い影響はありません。
ph値を細かく測定するのが面倒だという方にとっても、多少多めに混ぜても、影響の出にくい有機石灰は安心な方法です。

ただ、苦土石灰などと比べて、高いのが難点です。
値段を見れば、多めに使うのが、もったいなくなるかもしれません。

有機栽培はコストや手間や時間が掛かりますが、育った植物は美しく、とてもおいしく感じられますね。

「手のかかる子」ほどかわいい、ということでしょうか。

家庭菜園で有機栽培したい方におすすめな肥料

肥料には、有機石灰の他にも自然素材を原材料としたものがあります。

自然素材の肥料は有機質肥料と呼ばれ、植物性と動物性の2種類があります。

有機質肥料は植物性のものは、油かす類・草木灰。
動物性のものは、魚かす類・骨粉・鶏ふん・牛ふんなどで作られます。

まず、油かす類ですが、大豆やナタネなどから油を絞ったあとの「かす」が原料です。

ナタネのかす肥料を使うときは、肥料を混ぜたすぐあとに、種や苗を植えると障害を起こすかもしれないので、土に混ぜた2〜3週間後に苗を植えましょう。

油かすを発酵した「発酵油かす」なら、土に混ぜてすぐ種まき・植え付けができます。

次に、牛ふんです。
こちらは、牛のふんや、しきわらを乾燥させ発酵したものになります。

ご存知の通り、独特の臭いがありますが、とてもバランスのいい肥料です。

ナスやピーマンなど、育てる期間が長い野菜に使うこともありますし、スイカやカボチャなどのツルものにもおすすめです。

そして、鶏ふんですが、この肥料は鶏のふんを乾燥・発酵・炭化したものです。
こちらも、比較的栽培期間が長い野菜に使います。

最後に骨粉です。
こちらは、処理施設で処分される家畜の骨を粉砕して、粒状にした肥料です。

チッ素・カリを補う肥料と混ぜて使うのが一般的です。

有機質肥料は、野菜が吸収する速度も遅いようですが、野菜の成長には欠かせない、微生物のエサになる有機質がたくさん含まれているのが特徴です。

家庭菜園で有機栽培に挑戦されたい方は、ぜひ知っておきましょう。

家庭菜園で使われる石灰のことを知ろう

土を整えるときに活躍する石灰は、生石灰・消石灰・苦土石灰・有機石灰がありますが、家庭菜園でよく使用されるのは、苦土石灰・有機石灰です。

苦土石灰は土壌酸度も調整してくれますし、肥料にもなります。
植物の根を強くし、葉を元気にしてくれるため、作物が育てやすく、おすすめです。

有機石灰は貝がらが原料ですので有機栽培に用いられますが、育てるのに手間がかかり、上級者向けです。